平成28年9月25日(日) 北山山林(千歳市) 枝打ち

c0173813_10564283.jpg

9月10日の前回に引き続き北山山林の赤エゾ林の枝打ちです。

c0173813_11015190.jpg

北山山林の赤エゾ林ですが、何と!樹齢約40年の森だそうです。成長の遅い赤エゾとは言え、幹も細く成長が目に見えて遅いように感じます。どうやら一帯の土壌に関係しているらしく、この林は火山灰に覆われ養分が不足しているらしいとのことです。幸いにもオーナーさんは林業関係者ではないので然程気にすることもなく、ご先祖から受け継いだ森を荒れさせないようにと根気よく手入れをしています。一番の悩みは、産業廃棄物の不法投棄です。対策をしてもイタチごっこで後を絶たないそうです。

c0173813_11244023.jpg

笑顔で枝打ちすると成長が早くなるとかならないとか・・・は、分かりませんが、地味な作業なのでお喋りしながら枝を払って行きます。「忘年会、どうする?」とか。
SM君は枝打ちデビューで、優しいSTさんから優しく手解きを受けました。(て、言っておこう)

c0173813_11381475.jpg

手解きの成果は・・・クロスした手が・・・何か違うような気がしますが・・・。

c0173813_11405285.jpg

この日は珍しく、TDさんやNMさんも参加しています。枝が下の方にもあるので、上を向いたり屈んだりとキツイ体勢での作業が続きます。

c0173813_11485969.jpg

昨年大豊作だった例のもの、仕事の都合で参加できなかったFMさんも気になっていたボリボリを探してみましたが、ボリボリの姿はなく代りに生えていたのは綺麗な美味しそうなキノコでした。味噌汁に入れて食べると天国に行けそうな気がします(汗)。

c0173813_11542825.jpg

枝のある内は分かり難かったのですが、枝を払うと仲良し三本組の松が表れました(ST作、タイトル未定)。一本の木から綺麗に枝分かれしています。変わった枝分かれの仕方ですね。

c0173813_12004220.jpg

枝が混んでいて見通しの悪かった林はスッカスカになりました。

c0173813_12161576.jpg

天気は不安定ながら晴れ間も多く結構な汗をかきました。作業終わりは、皆さんタオルを首にかけているので銭湯帰りかと思うような光景です(笑)。私も久し振りの参加だったので、気持よく一日を過ごすことができました。最近、天気が良くなかったので心配していましたが、この日は気温、湿度も調度良い感じで過ごしやすかったと思います。皆さん、お疲れ様でした。Dirty Joke炸裂でSTさんからイエローカード100連発のNMさん、養生して下さい(笑)。

c0173813_12225249.jpg


(菊地)

[PR]

# by woodies | 2016-09-26 12:25 | 活動記録 | Comments(0)  

2016年9月17日(土) 高川山林 風倒木処理等

天気:くもり
活動概要:風倒木処理、検討会
参加者:11名


朝から曇り空です。よく見ると重そうな雲…
「なんとか天気がもちますように」と祈るばかりです。

集合場所に到着して、ラジオ体操で体をほぐしこの日の作業内容に即した危険予知活動をボードに書き出しました。
c0173813_08523229.jpg

本日は、まず先日の台風被害による倒木処理にとりかかります。
立派なニセアカシアが根こそぎ倒れていました。
c0173813_08525242.jpg

ニセアカシアの一部が近くのサクラにかかっています。
梯子と高枝切りを使って、慎重にかかり木をはずします。
c0173813_08531002.jpg
c0173813_08532637.jpg
c0173813_08534160.jpg
倒木は鉈や手ノコで枝を払い細かく処理していきます。

途中で雨がポツポツ降り出し肌寒いくらいだったのに、ニセアカシアのチクチク刺と格闘しながら黙々と手ノコで枝を払っていると、うっすら汗をかくほど体が温まってきます。森の中で体を動かすのは本当に気持ちが良いです。
折れたサクラの枝も混じっていて、ノコを入れるとふわりと良い香りがしました。

みんなでやれば早く終わる!ということで、風倒木の処理は開始から1時間ほどで終了しました。



引き続き高川・荒巻山林で実施した山林調査の結果をもとに、今後の作業方針についての検討会が高川山荘で行われました。

これまでの調査結果を各ゾーンごとに「重要かつ実施難易度が低い」「重要だが実施難易度が高い」「重要ではないが実施難易度は低い」「重要ではないし実施難易度も高い」の項目で書き起こしたマトリクス図を使い、その山林はどのような作業を優先して行っていくかを検討していきます。ん〜、難しい…

c0173813_08535859.jpg
c0173813_08541241.jpg

お昼のメニューはTさんお手製カレーと具だくさんのサラダです。
c0173813_08543658.jpg

午後の部も検討会が続きました。
専門用語が出て来るとついていけなくなる事もありましたが、みなさん本当に森を大切にされているんだなぁと改めて感じた新人会員(私)なのでした。
(芝田)

[PR]

# by woodies | 2016-09-22 18:07 | 活動記録 | Comments(0)  

平成28年9月10日(土) 北山山林(千歳市) 枝打ち

天候: 晴れのち雨
活動: 草刈り・枝打ち
参加: 7名

千歳市にある広大な山林です。
今日はアカエゾマツを育てる作業、“枝打ち”です。
『顔を合わせて談笑』

前回の5月の作業は、長い林道の草刈りでした。
しかし、すでに9月車の行く手を阻む(前方が見えない!)オオアワダチソウなどをかいくぐって進みます。
今月のさらなる作業のため、まずは林道の草刈りをしました。
『晴れたり曇ったり』

途中、重要な作業もありました。
それは「盗難防止」。 山林への立入禁止の鉄パイプごとを持ち去るという輩(やから)もいる。しっかりそれを阻止する。
『盗難防止1』

『盗難防止2』

現地到着。ラジオ体操とKY活動(危険予知)の後、作業開始。
本日は、アカエゾマツの枝打ちです。
「枝打ち」は、無節の(フシがない)良材の生産を主目的とします。
また、間伐とともに林内に光を入れる大切な作業です。
林内に日光を入れることで林床(地面)の下層植生の欠乏を防ぐこと、森林火災の際の延焼を防ぐことも目的とされます。
そのため、林床からある程度の高さまでの枝を打ち払います。
枯れ枝、折れた枝もきれいに払います。
道具は、主に、手ノコ・ナタ・高枝切りです。

打ちます!打ちます!打ちます!

c0173813_22431806.jpg


c0173813_22432826.jpg

打たれました~。

恒例の、ビフォー&アフターです。
<Before>

c0173813_22440073.jpg
<After>

そして、光が射し込むことで新しい生命が生まれるのです。

『ミズナラの成長』

作業に没頭していると、ふと目に留まるものがあります。
森はふしぎだな。キレイだな。生きて、死んで、巡って、また生きて。

c0173813_22442767.jpg


c0173813_22443503.jpg

作業も終盤戦、手ノコの切れ味が良くないです。
マツ類の脂(ヤニ)が道具にくっ付くため、みんなでキレイにします。
混合油でピカピカに磨き上げます。
『道具は大切に』

おいしく昼食をいただき体力チャージ。午後からさらに作業続行。
あり余る気力・情熱・体力に、スコールのような雨がジュジューッと降りそそぎ、本日の作業は終了です。
今年は台風の天災がひどかった。
私たち小さな人間にはなにができるだろう。でもやらねば。
秋ですね。
『あぁ、秋ですね』
(森井)

[PR]

# by woodies | 2016-09-12 22:51 | 活動記録 | Comments(0)  

平成28年8月6日(土) 荒巻山林 枝打ち&掛かり木処理 参加:8人 天候:晴れ

先週に引き続き荒巻山林の赤蝦夷松の枝打ち作業です。
ミーティングとKY活動など、一通りの施行前の打ち合わせを行いました。今日は施行担当のIDさんが休みなので、OT副会長が議長です。作業内容や注意事項、日程などの確認をしました。
KYボードは先週と作業内容が同じなので、日付を書き換えただけ・・・ですね(汗)。ラジオ体操はなしですが、各自ストレッチなどのウォーミングアップをして事故の無いように準備をしました。

c0173813_19055648.jpg

おっと、山林調査WGの主任(?)でもあり、キャンプ部のメンバーでもあるKKさんが「正しい枝打ち」のレクチャーをしてくれました。枝打ちって、ただただ枝を切ればいいのかと思っていましたが、ちゃんと決まりがあるんですね。勉強になります。

c0173813_19224787.jpg

レクチャーの後は作業開始です。
私とMYさんは先週報告した掛かり木処理です。他のメンバーは枝打ちです。

c0173813_19295329.jpg

ほとんど直立状態の掛かり木なので発見するのに少し手間取ってしまいましたが、何とか発見して処理開始です。木々が混んでいて枝がガッチリと掛かっているため、途中で伐っても倒れることはないだろうということで、ダルマ落とし手法です。

c0173813_19394969.jpg

さすがMYさん、ヒョイヒョイと処理してしまいました。
せっかく引っ張って倒そうと思って重たいチルホールを担いできましたが、使う所がなかったです。残念。

c0173813_19553793.jpg

平場の枝打ち作業は順調に進んでいます。

TGさんを撮ろうとカメラを構えるとNGと言われました。メイクしてないからでしょうか?二日酔いだからでしょうか?ノーギャラだからでしょうか?肖像権の侵害で訴えられても嫌なので、この場は勘弁してあげます。

c0173813_20000654.jpg

作業の合間に池を覗いてみると、ドジョウが産卵のため池のあちこちで大はしゃぎです。

c0173813_20034587.jpg

最近、ドジョウなんて見る機会がめっきりと減ってしまったことに気づきます。最後に見たのはいつだろう?今まで幾度となく荒巻山林を訪れていますが、ドジョウが棲んでいるとは驚きです。早速、柳川鍋にしたいところですが、誰が「ドジョウすくい」をするのか?・・・・ジャンケン、ポイ!

c0173813_20163287.jpg

作業の後は、お待ちかね、や・き・に・く です!タレはベル焼き肉のタレでした。
気温も日陰だと暑くもなく快適です。肉や野菜や焼きそばを食べながら、ゆっくりと昼食です。まったりしていて雰囲気が良かったです。肉も美味かったです。

c0173813_20272676.jpg

なぜだか、焼き肉をしているとKH君のことを思い出す人がいますね(笑)。「あいつ、ちゃんとやってんのか?」とか「飯食ってるのか?」とか。みんなで何かを食べる時には、はりきって参加していたからね。

食後は、松脂でベトベトになったノコの手入れに時間を使いました。YNさんが買って何年も放置していた松ヤニ取りスプレーを持ってきてくれたので、OTさんが用意してくれた灯油と松脂の落ち方を比べたりしました。どっちもよく落ちますが、やはり時間が経った汚れは落ちにくいですね。作業直後のお手入れがお勧めです。

(下の写真はノコの手入れをするTGさんを捉えたスクープ写真です。ついに撮影に成功しました)

c0173813_20383776.jpg
c0173813_20391236.jpg

今日はとても天気が良く、時間もゆったりと使えたので楽しく過ごすことができました。で、次回は下山山林(室蘭)の宿泊もありの活動です。ぜひ、参加して下さい。

(菊地)

[PR]

# by woodies | 2016-08-06 20:45 | 活動記録 | Comments(0)  

平成28年7月30日(土) 荒巻山林 枝打ち&未開地視察 参加:6人 天候:くもり

大雨警報の続く道内ですが、札幌近郊は比較的被害も少なく、活動決行となりました。
本日の活動前にOTさんとSJさんの呼びかけで集まったSYさん、MYさんの4人で、平日に道路の草刈りをしてくれていました。山林から遠く離れた隣家の農家さんまでの長い距離を綺麗に整備してくれましたので、雨上がりの林道でもとても走りやすかったです。ありがとうございました。

木々のトンネルを抜けると荒巻山林です。木々のトンネルは「山にキターっ!」て感じで気持ちが良いですが、車は傷だらけです。とほほ・・・。

c0173813_17033209.jpg

久し振りの荒巻山林には、蓮の花が綺麗に咲いています。ちょうど見頃ですな。

c0173813_17132511.jpg

山林に着き、仕度をしていると、アブの大群が群がってきます。湿度はハンパなく高いし、アブや蚊がつき纏うし、予定していたバーベキューはキャンセルだし、何もせずに立っているだけでも汗が吹き出てきます。何が言いたいかというと、肉を焼いて食いたいです。タレはやっぱり創味専門店の味焼き肉のタレで・・・。

アブに思いっ切り好かれていたのはYNさんです。凄い数のアブが「YNさ〜ん!」と言いながら集まってきます。車も人もアブまみれ・・・人徳でしょうか?

c0173813_17323955.jpg

少人数ですが、キチンとミーティングとKY活動をして、ラジオ体操をして、作業開始です。
手入れした赤蝦夷の幹から松脂が大量に流れています。どうしたのでしょう?

c0173813_17364876.jpg

YNさんが近くで調べてみると、幹の皮が剥がされたような痕を見つけました。どうやら鹿にやられたようです。角を擦ったような痕だそうです。道内はどこでも鹿の被害にあっていますね。YNさんは、猟銃の免許を取って鹿退治しようかとまで言っていました。鹿肉、焼いて食いてー!これはモランボンジャン焼き肉のタレで。

私とIDさんは、以前に視察と白樺を伐採した未整備の地点まで行ってみました。
鬱蒼とした山林に入って笹薮の斜面を進み、伐採した地点に行きました。2本の木が掛かり木になっています。木々が混みあい、ガッチリと掛かっているので簡単には処理できそうにありません。幸いにも人が通るような場所ではないので放置、掛かり木処理は次回以降に行うということで視察は終了です。まあ、このエリアはワーキンググループによる山林調査もするかどうかは未定らしいので、少しづつイメージを養う段階でしょうか。

c0173813_18013447.jpg

赤蝦夷松の林では、枝打ち作業が進んでいます。高枝切りのノコや梯子を使って、高さ4メートル付近までの枝を払います。

c0173813_18084284.jpg

作業の成果です。

c0173813_18151497.jpg

昨年もきれいに整備しているので、ちょっと違いが分かりにくいですね。現場にいると(微妙なところが)一目瞭然なのですが、写真だと感動が伝わりませんね。高枝切りノコで作業していた人は、首が痛いらしいです。それってもしかすると・・・歳・・・のせい? いや、一生懸命やり過ぎたせいでしょう!そうに違いありません。

来週も荒巻山林の枝打ち作業の続きです。そして、何と、バーベキューですよん。午後は仕事になりませんな、多分。


(菊地)

[PR]

# by woodies | 2016-07-30 18:32 | 活動記録 | Comments(0)