定例活動 ’09-1 小樽市銭函 高川山林

3月14日(土) 参加者:16名 天気:曇り

 今年度最初の活動は、高川山林「ワォーの森」で行なわれた。冬型の低気圧の接近で実施が危ぶまれたが、高川さん(山林所有者)は迷った末に実施を決定、国道沿いよりも多い積雪の中で集合したのは16名。常連の顔も見えずやや寂しいスタート。でも、今回が初めて…の方も2名出席して、会員増に結びつくとはさすが。

 田中事務局長から事務連絡の後、高川さんから’’のある木の伐採など、作業内容について説明があり、8名ずつ二班に分かれ左右の尾根に向かった。c0173813_8474533.jpg
 この時点で降雨の心配はなかったが、腐った雪は深く踏み抜くことしきり、かんじきを履く手間を省いたことと運動不足が響く。まだ風が強いので、大木はあきらめ手ごろな木を捜す。そのうち更に3~4人の小班に分かれ、次々と間伐処理を進め、2~3回休憩してもまだ11時20分。

  わかったことは作業前の道具の保守点検の必要性。チル・ホールを用いたが、バーを忘れてきていたし、チェーンソーの工具も携行していなかった。無論使用後の再点検も欠かせない。また、ついつい力任せに作業を進めることがあるが、安全面を考えると決して褒められたものではない。

 しかし、少人数で任された仕事を次々と仕上げていくのは、小気味よいものだ。

 午後は、初回でもあり、2時で作業終了。辛夷の芽が出た枝を各自いただいて、帰路についた。                                 (東前記)
[PR]

by woodies | 2009-03-14 00:00 | Comments(2)  

Commented by ワオーの森 高川 at 2009-03-20 23:07 x
先日は悪天候のなかを駆け付けていただきありがとうございました。
あれから毎日のように、玉切りした間伐材を大きなソリで小屋まで下ろしています。
ソリに引きずられて頭から突っ込だり、腐れ雪を踏み抜いて転んだり、残雪の斜面をこけつまろびつしながらの作業ですが、なかなか面白いものです。しかし、やはり老躯には応えます。間もなく、腕が痛くて力が入らなくなってしまいました。
一休みして、森づくりの構想を練ったり、樹名板をつけたり、散策したりなど、森遊びを楽しむことにします。
月末にはまたお願いいたします。(高川)
Commented by 笛木 at 2009-03-21 11:31 x
3月29日は「ワォーの森」でツリーイングの体験会も企画しました。
ツリーイングは、ロープを使った木登りです。
今回の体験会は無料ですので、気軽にご参加ください。
当日、手入れ作業に疲れたら、気分転換にもどうぞ。
木の上からの日本海の眺めも格別ですよ。

<< 定例活動 ’09-2 小樽市銭... 定例活動? ’08-20 北海... >>