定例活動 ’09-2 小樽市銭函 高川山林

3月29日(日) 天気:快晴 参加者:20名
 石狩湾をはさんで、雪をいただいた増毛連峰の山々がこんなにくっきり見える中での活動はめずらしい。重い荷物を抱えて「ワォーの森」への階段を登っていくと、既にツリーイングの方々は到着している。ロープのかけ方を見たかった私としてはあわてて現場までかけ上る。
c0173813_20573832.jpg真っ青な空に、木々の小枝のシルエットツリーイングのロープの色が鮮やかに映えている。今日も、いい活動日になる予感!

 「ツリーイング体験班」と、プロの会員山田さんを講師に新人「チェーンソー研修班」に分かれて活動開始。山田さんがまず、不良形質木を3本倒してから、研修に入る。山田さんの伐倒の技術はいつも芸術的だ。でも、それは、経験だけでなくそれを根拠とした学習の賜物なのだ。
”基本はあるが、常識では考えられない色~んなパターンが発生する。そのパターンを頭にインプットしていく。c0173813_21172714.jpg常に、万一のことを想定し、チェーンソーの刃を入れている。”

    経験を積むことが一番だが、
    理論として倒れる仕組みが
    頭に入っていることも大事を実感。

 午後からは、ツリーイングを体験。コツをつかむまでちょっと時間がかかったが、ロープの力が大きいものの、自分の手と足でここまで登ってきたという達成感か、気持ちが「ハイ」になっているのを感じる。
足を上げること、立ち上がること、ロープを上げることの3点に集中している時間(ベテランの方は数秒で登ってしまうらしい)と、余り体験することのない木の股に身を預けているという解放された時間の組み合わせからきているのだろうか、専門的なことはわからないが、ただ快い感じだ。遠く眼下に見える増毛連峰を眺めながらあっはっはの時間を過ごす。       (那須川)
[PR]

by woodies | 2009-03-29 00:00 | Comments(0)  

<< 定例活動 ’09-3 札幌市南... 定例活動 ’09-1 小樽市銭... >>