苫東環境コモンズ 大島山林 視察と支援(風倒木処理)

2月7日(日) 参加者:9名 (苫東ウッディーズから2名) 天気:曇り時々はれ

昨晩は嵐のような天気。夜中に目が覚めるほどの強い風。
今日の活動も危ぶまれたが・・・
大島山林(早来町遠浅)までの道も、国道を外れると吹き溜まりがあったり、
地吹雪で真っ白な世界になったり、、、。

昨日までは、ほとんど雪がなかったという大島山林だが、
新雪が20cmほど積もってスノーシューでないと埋まってしまう。

今日の活動は、
枯損木・不良木・風倒木等の整備を、2箇所に分かれて行う。

自分の技術に合う処理木を見つけ、c0173813_22275823.jpg
どんな風に料理しようか構想を練り、
チェーソーのエンジンをかける。
万一、どの方向に倒れても
人の居ないことを確認し、抜倒する。
ツルが効いて、
ゆっくり、ゆっくり倒れることを理想とする。
なかなか理想どおりにはいかない。


でも、自分で選んだ木を、
ベストの処理方法を自分で決めて
最後まで自分のペースで処理できる、
こんな仕事は今の社会ではなかなかない。
家に戻り、チェーンソーの歯を研ぎ終わり、
今、充実感が心を満たしてゆく

ちょっとした縁から始めることとなった
苫東ウッディーズへの支援。
この気持ちのよい大島山林が、
地域の住民たちの開かれた身近な森として、
これからずっ~と続いていくために、
札幌ウッディーズの手を借りていただけるのは
とってもうれしいことです。
                (那須川 記)
[PR]

by woodies | 2010-02-07 22:28 | Comments(7)  

Commented by 笛木森之助 at 2010-02-08 07:00 x
遠浅には珍しい大雪で、印象深い日になりました。
膝下まで埋まる壺足での作業だったので、作業量の割には
疲労感がありますが、それも次第に充実感へと、、、
珍しいといえば、昼食は「そば哲」で賑やかに美味しい蕎麦
でおなかを満たし、冷えた躰も暖かい部屋でぬくぬくに、、、
楽しい一日でした。
Commented by Wao at 2010-02-08 12:27 x
朝の7時半に家を出て帰宅は5時半頃だから、都合10時間。
実働時間が短くて物足りなさを感じましたが、マァ、これもボランティア活動だからこそでしょう。
そして、飯を食ってパソコンに向かったら、即、コックリコックリが始まるという始末だから偉そうなことは言えません。
それはともかく、苫東の平坦な疎林は、素人集団が手がけるには最適なフィールドですね。
手入れの効果がその度に歴然とするというのも励みになり、遠距離を駆ってでも行きたくなります。
今度はいつになる?
Commented by noko at 2010-02-08 19:57 x
那須川さま
昨日は 大変お世話になりました
手ぶらで行ってしまい。。。大切な鋸を拝借させていただき有難うございますm(__)m

自分の持ってる鋸と那須川さんのとの違い!! 
切れ味抜群だったのは! 普段からのお手入れの賜だという事を
教えてくれました。

私の方が年上なのに・・・(笑)
那須川さんが、とても頼もしく! おおらかで!  憧れの人に 惚れてしまいそう~~なお人柄に スッカリ!!フアンになりました(#^.^#)

ノコリ、ノコリとノロマなnokoですが
これからもどうぞ宜しくお願いしますm(__)m



Commented by take at 2010-02-14 18:05 x
草苅ですぅ。nokoさんが投稿されたと聞き、わたしもしゃしゃり出てきました。もうはるかまえの出来事のように思い出しますが、お疲れ様でした。

もう少し、かっこよく楽な現場をお見せしたかったのにあたわず、いささか残念でしたが、あんまり甘く見られるのも癪だと神様が考えて、こうしたのでしょう。(爆

色々な意味でレッスンの場とも言えるのかもしれません。レッスンというのは、テクだけでなく、身の周りの風景を変えていく実感、というものも含めて。

また、お会いし、そば哲で歓談する日をお待ちします。

あ、札幌ウッディーズのこぼれダネ、苫東ウッディーズのtakeでした。m(__)m
Commented by Ai at 2010-02-22 02:12 x
苫小牧地区は私の父母の故郷です。荒れた山々を見ると
昔を思い出し寂しく思っておりました。皆様の活動を病弱な
私はお手伝いできませんが何かお役に立てたらと思っています。
皆様お体に気をつけてご活躍下さい。2回目の書き込み者より。
Commented by Wao at 2010-02-23 12:13 x
Ai さん,
お励ましありがとうございました。
三岸好太郎美術館の「ゲスト・パフォーマンス週間」、終わりましたね。プロデュースお疲れ様でした。
高橋さんのメゾ・ソプラノ、坂田さんのピアノ、耳に残っております。ファンになりました。
彼等のコンサートがあれば、またご案内いただきたく。
これからも、当ブログにお立ち寄りいただければ幸です。
Commented by Ai at 2010-02-24 00:09 x
Wao様。三岸においで頂いてどんなにうれしかったことでしょう。
分野がちがっても夫々全国で活動していると励まされた昨年、
今年でした。私の主治医夫妻もお出で下さいました。
Sapporo Woodeisも素晴らしいですね!Wa様さすがです!
高橋、坂田、誠実に音楽に向き合っておりまだまだ発展途上です。
でもかれらには『音楽が、音楽への誠実さがあります。
一生応援します。またの機会に是非おいで下さい。
お待ちしています。

<< 北海道神宮 梅林剪定 09’-19 定例活動 柴原山... >>