札幌市南区豊滝 田嶋山林 カラマツの間伐

4月3日(土) 参加者:12名 天気:曇り時々はれ一時雪

駐車場までの道は、まだ雪で閉ざされていた。オーナーに連絡を取り、ブルを入れてもらう。

                        急斜面に立つ、c0173813_23431463.jpg
木の重心は山側にあるカラマツを谷側に倒す。
枯損木から始める。枯損木は張りがないので、
コントロールが利かないのだという。そうなのか。
c0173813_23405126.jpg
ゆっくり倒れていくのに、
倒れる角度が大きいからだろう、
ドーンという轟音とともに、
切り口から、
5mも吹っ飛んでいく

すごい!見ているだけなのに、
チェーンソーの一うなり
クサビの一打ちの度に、木の枝先の動きを見つめ、
緊張する

いろいろ学ばせてもらった。
一本一本すべて条件・結果が違う事を・・・
そして、考えられる可能性すべてを予期すべき事を・・・

田嶋山林のお隣さんからお菓子、豚汁、コーヒーの差し入れをいただき、
心も体も暖かな昼食になった。ごちそうさま!

午後からは、お隣さんから依頼があった、畑の日当たりを遮っているトドマツ2本を伐倒した。
お隣さんは、空が大きくなったと喜んでおられた。
ゆうに40㎝はある、素性もいいと思われるトドマツを伐ってしまうのは、ちょっぴり残念な気がした。
でも、畑の収穫が上がり、材も有効に利用されるのだから、とやかく言うことなし!
c0173813_23243117.jpg

4/23以降、右の写真のカラマツは皆伐される。
この美しい、
やさしい陽の木漏れ日

見ることができなくなる。
もっといい景色となってくれるには、
ややしばらく時間がかかるだろう。(那須川記)
[PR]

by woodies | 2010-04-03 00:00 | Comments(1)  

Commented by Ai at 2010-04-05 21:45 x
落葉松林の芽出し、黄葉、香り、落葉した後の
ふかふかした歩き心地。大好きです。
でも長い目で見ると伐採しなければいけないんですね。
皆様、怪我されませんように。

<< '10-02定例活動 ... 10'-01 定例活動... >>