'10-04定例活動 北山山林 枝払い

5月8日(土) 千歳市 北山山林  参加者:20名  天気:曇りのち雨

 ほぼ1年ぶりの北山山林。
ここは樹々の芽吹きが遅いような気がする。
林道から見える木立はまだ冬のいでたちで、
ところどころにキタコブシの花が見える程度だ。

c0173813_2210461.jpg今日は、北山山林での枝打ち。
去年やり残した分を手ノコで一斉にとりかかる。
横一列に並んで奥に向かって列を攻める。

地面に近い枝は、ついこの間まで雪の中に埋まっていたのだろう。c0173813_22104648.jpg
まだ、春の訪れに気づかないで眠っているような濃い緑色。
でも、先端の枝先の芽は、春をめいっぱい表現したやわらかい春色。
近づいて見ているとやさしい気持ちにしてくれる。

午前中の作業は、早々と終了。
一定の高さで枝打ちされた林内は、ずっと遠くまで見通せて、心地よい空気が抜けていく。
c0173813_22124973.jpg

昼食をとるために、去年アカエゾマツを植樹した場所に移動。
サラサラな火山灰土なのに枯れているものは認められない。
活着率はすこぶる良い。
ほとんど100%と言えるだろう。
北山さん曰く、ウッディーズのメンバーの今までの植樹の練習の成果が表れたのだろうと。
いい苗が選ばれたのかもしれないのだが・・・
まずは、我らの技術向上に乾杯!と言うところか、、、

雨脚も強くなった上、山菜(タランボ)の収穫も望めそうもない(まだ芽も膨らんでいない)ので、午後からの作業は中止とし、昼食前に解散となった。(那須川記)
[PR]

by woodies | 2010-05-08 00:00 | Comments(2)  

Commented by 笛木森之助 at 2010-05-12 22:03 x
生憎の空模様、、、山菜も採れず、ガッカリですが、、、

植樹した苗木達の順調な生育振りを見られただけでも
良かったと思えば、、、

雨模様での作業、お疲れ様でした。

いま、白旗山では、アズキナ、シドケが美味しそうです。
タランボはまだのようですが、、、

Commented by Ai at 2010-05-13 04:59 x
千歳付近で知らない所はない!
今年は春が遅くて木々の下草も成長が遅いですね。
アズキナ、シドケ、特にタランボが大好き。
『木を植える男』という本がかつてヒットしましたね。
sapporo-woodiesの皆さんはまさしく地球のお助け役!

<< 柴原山林 風倒木処理 田嶋山林 カラマツの皆伐 >>