吉村山林 笹刈り・枝払い

5月29日(土) 参加者:18名  天気:はれ

きらきらと太陽がまぶしい。
でも、もうじき6月にしては空気がちょっと冷たい。
絶好の山仕事日和。

吉村山林での活動は、昨年の予定が雨天のため中止になったので、久しぶりだ。
満開の梅が迎えてくれた。バックのカラマツの芽吹きとのコントラストが美しい。
c0173813_1222921.jpg

笹刈り、枝払い、倒木処理、フットパス整備に分かれて作業を始める。

今日は、広場周りの笹刈りを重点的に行なう。参加者の半数を配する。
刈り払い機のエンジンの唸りが重なる。
背丈ほどに伸びた笹刈りはきつい。
刃の研ぎ具合の真価が問われる。

c0173813_123589.jpgc0173813_123391.jpg広場のあちこちに大きな石が現れたのを懐かしそうに眺めている吉村さん。
子供の頃、当時、ここはとうもろこし畑だった、と・・・

鳥たちのさえずりを聞きながら、
カラマツの新芽の緑のシャワーを浴びながらの枝払いは、心地よい。
でも、10cm程の枝はなかなか手ごたえがある。
時間に追われるわけではない。ゆっくり楽しみながら引けばいいのだけれど・・・
c0173813_191516.jpg
それにしても、カラマツの芽吹きはかわいくて、やさしい。
院生いわく、
“カラマツの材は、硬く荒々しいのに、新芽はキュート!”

今日も、山菜のお土産が豊富だ~!ウド、フキ、ミツバ、ニラ、ワラビ、、、等々
(那須川記)
[PR]

by woodies | 2010-05-29 00:00 | Comments(1)  

Commented by Ai at 2010-06-02 03:14 x
やっと北国にも緑あふれる季節がやってきましたね。
落葉松、紅葉、楓、様々な木々の芽吹きが美しい。
下草もこれからですね。虫さされにご注意を。
こちらも蕗、独活など山の恵みに預かりました。美味しい!!!

<< 北海道神宮境内林 草刈 柴原山林 風倒木処理 >>