【支援】苫小牧 遠浅 大島山林 除伐・整備

10月30日(土) 参加者:11名 天気:はれ 

c0173813_20275873.jpgほぼ半年振りの大島山林。
作業前にフットパスを歩く。
林を渡る風を、深まる秋を、感じながら・・・

足元は落ち葉が何層にも重なった、
自然が作ったフワフワの腐葉土。
歩くだけで、
身体が自然に同化していく感じがする。


腐葉土に突き刺さった枝。
不思議な自然現象。
10センチ内外のものもあれば、
c0173813_20272780.jpg1メートル近いものもある。
草苅さん曰く。森の中でこの現象に出会えるのは、
とても縁起がいいこと。
でも、どんな力加減でこの現象が起きるのかはわからない、
とのこと。

一周約1時間半の散策は、
副産物としてムキタケ・チャナメツムタケ・シロノハイイロシメジを収穫し、
その上、意識の中にはないのだが、心の隅にドロッと留まった重たいものが森の中に掃きだされ、
森のにおいが浸み込んでいるきりっとした森の空気が心を満たしている。

昼食はそば哲で・・

c0173813_20283434.jpg午後からは、草苅さんの指示の元、
三々五々散って、除伐作業をする。
森林美学で言うところの
「美しい雑木林」を目指して、
枯死木、ツル、傾斜木、萌芽木を除去し、
枝先が触れているかを目途に
混み過ぎ状態を緩和するように除伐。
薪に使用可能なものは、
120センチ程度に玉切り、ヤブ出しして、
フットパス沿いに10本程度野積みする。

大島山林のあるべき姿が言葉として現され、聞く者がそれを一枚の絵として描く事ができる。
それって作業がとてもやりやすい。(那須川記)
[PR]

by woodies | 2010-10-30 00:00 | Comments(1)  

Commented by 草苅 at 2010-11-03 08:34 x
作業コメント、ありがとうございます。
雪で林道がふさがれるまで、今年も安全を第一に、
美しさとやりがいを第2に、おつきあいください。
コミュニティの林といえるまで、まだ大分時間がかかりますが。

<< '10-16定例活動 ... '10-15定例活動 ... >>