平成24年10月20日 道民森づくり ネットワークの集い2012 天候:雨時々曇 参加人数:13名

今日は「道民森づくり ネットワークの集い2012」の出展参加です。

c0173813_2146345.jpg

普段の活動とは雰囲気がガラリと変わり、多くの人で賑わう街中での活動となります。
場所は札幌市の中心部、道庁赤レンガ庁舎前の広場(テント村)です。
出展参加団体は44団体、各種イベントや趣向を凝らした展示などで道行く市民や観光客をもて成します。これは、道が行っている「森づくりフェスタ」の一環のイベントで、森林ボランティア団体などが集まって、森の楽しさ、素晴らしさを一般市民に伝えるための恒例のイベントです。
「札幌ウッディーズ」は、東門の入り口一等地にテントを構えました。

c0173813_21535312.jpgc0173813_226775.jpg









朝、8時30分集合で各自準備に掛かります。

c0173813_2294514.jpgc0173813_2210816.jpg
c0173813_2212219.jpg

メインイベントの木こり体験コーナー、樹種は、落葉松や白樺、エンジュなど7種類。
IH君たちのヒノキチップ販売や山仕事で使う道具類の展示、私たちが日頃行っている活動の紹介パネル展示など、多くの方に日頃の活動を知ってもらう良い機会になります。

c0173813_22172544.jpg


が、しかし、隣のスペースに何やら大きな水槽らしき設備が・・・何と下川町からやってきた団体さんの鮭の掴み取り(無料)コーナーです。
イベントをいっそう盛り上げてくれそうですね。




今年の開会式は、高橋知事が出席して植樹を行うなど盛大に行われました。

c0173813_2328513.jpgc0173813_22233962.jpg










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
札幌ウッディーズのテント前は何故だか時折人だかりになります。

c0173813_22283686.jpg

木こり体験では、手鋸による玉切りをしてみたいという人たちで賑わいます。

c0173813_22303191.jpg





小さなお子さんからお年寄りまで、皆さん好き好きに樹種を選んでギコギコしていました。

c0173813_2233880.jpg


切った木はお持ち帰りできます。
コースターなどに使いたい人が多かったですね。

c0173813_2236128.jpg




あいにく札幌の天気は、晴れたり曇ったり雨が降ったりと安定しない天候でしたが、会場は多くの人で賑わいました。



木工が得意なTK君が、冶具が良く出来ていると喜んでいたので、他のテントで行っていた箸作りを見てきました。小さな子供でも数分で立派な箸が出来ます。これは素晴らしい!一家に一台欲しいくらいです。

c0173813_2241276.jpg

その他にも各団体趣向を凝らした企画が盛りだくさんありました。


c0173813_22443524.jpg




木や草花を使った色々なクラフト、丸太のピーリング(皮むき)体験、樹木医による樹木相談、キノコの展示や試食などなど、ブラブラと他のテントを覗いて歩くだけでも楽しいです。


中でも一際注目を集めていたのが、チェンソーアートの実演です。
実は、私もチェンソーアートには以前から興味を持っていて、チェンソーアートを日本に広めた第一人者であるチェンソーアート・ジャパンの城所氏に教わりに、和歌山県まで行ったこともあります。

c0173813_22531744.jpg

下川町をベースに活躍する木霊氏による実演は、迫力とスピードがあり、見る人を魅了します。丸太ん棒が見る見る間に立派な木彫作品に仕上がります。それも道具はチェンソーだけでですよ!

c0173813_2256758.jpg
c0173813_22563766.jpg

どの作品も作品の持つ表現力が素晴らしいです。
出来上がった作品も芸術ですが、作品を作る工程そのものも芸術なんですね。
機会があったら是非一度見学してみてください。楽しめると思いますよ。

c0173813_2324821.jpg

IH君、TK君は隣の鮭の掴み取りに飛び入り参加して、立派な鮭をゲットしました。
「獲ったどー!」状態です。凄く嬉しそうです。当然、ヒノキ販売は、ほったらかしです。

c0173813_239249.jpg

札幌ウッディーズのブースは、外国や本州から観光に見えた方なども含めて、樹木に興味を持つ人たちで終始賑わっています。

c0173813_1084121.jpg



一番人気はエンジュでした。白樺、イタヤ、アオダモと続きます。

c0173813_2312173.jpg



IH君が木箱一杯に用意したヒノキチップも、ほぼ完売して大成功。

c0173813_23153461.jpg



何時もとは180度全く雰囲気の違う活動でしたが、本当に楽しい一日でした。
これを機に新しい会員さんたちが増えてくれると嬉しいですよね。


(菊地)


突然ですが、木こり体験人気樹種ランキングー!
1位 エンジュ 鮮やかなツートーンカラーの切り口が良いです。昨今、なかなか手に入り難い材ですね。
2位 白樺 樹皮の白色、北海道の樹というイメージが人気です。
3位 イタヤ 繊細な目理がクラフツマン心を刺激します。
4位 アオダモ 野球のバットに使われる木ということで、野球少年(?)に人気です。
5位 桜 香りが良いです。スモークハムが食べたくなります。
6位 ミズナラ 樹皮はゴツゴツしていて無骨ですが、味があると思います。薪材としては一級品ですが・・・。
最下位 落葉松 ・・・ノーコメントです。

c0173813_11111475.jpg

イベント終了間際の丸太たちです。エンジュ、もうありません ><
[PR]

by woodies | 2012-10-20 23:21 | 活動記録 | Comments(3)  

Commented by Wao at 2012-10-21 14:01 x
ウワー、すごく楽しそうだね~!
って、実は俺も参加していたんだけど、他のブースやイベントに惹かれて放浪しっぱなしだったので…。
会場をほっつき歩いていろいろお勉強させてもらいましたが、エコネットワーク「ブックショップ」で以前から欲しい欲しいと思っていた『生命樹-TREE OF LUFE』を我が手中に収めた(大枚1万円をはたいて)ことが一番。
それは、「素晴らしい!」のひと言に尽きる図鑑。と言いながら「ふた言目」を付け加えれば、森全体を俯瞰したり樹木の全体像を撮ったりした写真と、葉や花、果実を‘ここまで?’と思わせるように微細かつ多様に写し撮った部分写真からなる図鑑です。
解説がまた良い!
「150種の樹木を徹底解剖」した、こんな図鑑見たことない。
「一生の宝物」になりそう (^-^)
写真と文は東川在住の奥田實さん。
以前からすこしだけど存じ上げている方…だということも嬉しい。
(長いなぁ~。でも、まだ続く)
Commented by Wao at 2012-10-21 14:04 x
(長くてスミマセン。続き、です)
実は、「一番」がもう一つありました。
道産のナラやトドマツなどを用いた木製の縦笛によるコンサート。
赤れんが庁舎で、音色に惹かれるように会場に入ってしまいましたが、即、森の中に踏み込んだような気分に。
取っ替え引っ替えの、多種多様な手づくり木製フルート、これも手づくりらしい見たこともないような楽器(小鳥の囀りや森を吹き抜ける風の音を奏でる)、そして、太鼓とシンセサイザーの3人グループ。
もう、ウットリ夢見心地。
演奏会終了後、フラフラと近づいて、感動のお礼を申し上げ、グループ名をお尋ねしました。ブルーレイバンクリエーション(Blue Ravan Creation)。恵庭市が本拠とのこと。
木製の手づくりフルートも製作している、という。
アッ、思いだした。会員のN川さんが、これを買い求めたことがあった…ということを。
CDを買い求めてきたので、いま、聴こうと思ったら、何処へいったんだか…見当たらない。
夢心地で、どっかへ置いてきたのかなぁ… (;_;)

(やっと、終わり、です。お疲れさまでした)
Commented by woodies at 2012-10-21 14:31
どうも姿が見えないと思ったら遊んで・・・あ、失礼、視察していたんですね。
建物の中でもイベントがあったんですね。
イベントてんこ盛りで時間が足りないです。
それにしても1万円の図鑑・・・今度貸してください(笑)。

<< 10月27日(土) 北海道神宮... 平成24年10月13日(土) ... >>