平成24年11月3日(土) 荒巻山林 天候:曇り 参加:10名

c0173813_20541245.jpg
紅葉真っ盛りの定山渓付近の山々、荒巻山林の作業も今年最後となりました。



c0173813_20542578.jpg

荒巻山林は、お寺の跡地で、蓮の葉が浮かぶ池や参道、廃墟跡や灯篭などが点在し、嘗ての面影を薄っすらと感じさせます。
また、羆の生息地であるため山の入り口には、札幌市によって注意喚起が出されており、「熊出没注意 立ち入り禁止」の看板があります。


そんな中での作業ですが、作業は参道横に広がる赤松林の間伐です。平坦な地形な上、直径20cm前後の樹ですので、チェンソーや手鋸による伐採のよい練習ができます。

c0173813_213255.jpg

←前回の作業ではKH君がチェンソーによる伐採にトライしました。


c0173813_214810.jpg




しかし、危なかしい場面もチラホラ、ISさんから「もうちょっと覚えてからやれよ」とNGが出され、今日は人力作業となりました。→


10月28日はMIさんが、今日はHRさんが体験参加され、手鋸による伐採をしました。

c0173813_2117718.jpg

ISさんの教え方が良いのか、あるいは女性陣が優しいので気を許してしまうのか、今回も入会頂きました!

c0173813_21113311.jpg





優しいのは入会する前までですよ・・・ニヤリ。




今回の間伐も順調に進み、数年越しの作業の成果が表れています。
フカフカの松葉の絨毯と緑のコケが、雲の合間から時折林の中に差し込む光に映えます。
見通しも良くなり、明るい感じがしますね。

c0173813_2143643.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
c0173813_21315644.jpg
これは前回記録用に撮った写真ですが、作業風景写真に「オーブ(玉響)」が写っています。
「これはもしかすると・・・」と期待しましたが、ネットで調べると空気中のゴミに光が反射して起こる現象との見方が多く、ちょっとガッカリですね。夢が無いというか、未知のものに対する畏れが無いというか、現実的なんですね。

c0173813_21355471.jpg

スピリチュアル肯定派の中には「神聖な光」とか「精霊」とか「高いパワースポットに発生する」とか好意的な見方が多いです。夢がありました。
強引な見方をすれば、古来、お寺とか神社は磁場の強い場所に建てるので、あながち嘘だとも言えないなと。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
c0173813_21452667.jpg

作業終了後、メンバーが集まり今後の作業計画について話し合いました。
長い時間がかかりますが根気よく作業をこなせば、まだまだ良くなりそうです。





本日もお疲れ様でした。
休む間もなく、明日は集中作業中のオーンズスキー場、木々の伐採です。

(菊地)

KH君と昼休みに熊の話題になり、その時に話した久保俊治さんの書いた「熊撃ち」という本です。
c0173813_189776.jpg
著者の久保さんは、HBC制作の伝説(?)のドキュメンタリー「大草原の少女みゆきちゃん」のお父さんだそうです。読み終わった後にあとがきを読んで知りました。つまり、みゆきちゃんのお父さんの若い頃のお話ですね。
あのドキュメンタリーも衝撃的でしたが、この本も衝撃的でした。
描写は素晴らしく、山の風景や生活が、まるで目の前で起きている出来事のような臨場感があります。凄い人もいるんだな・・・と、つくづく。

秋の夜長、山の風景を思いながら読んでみては如何でしょうか。お勧めです。
[PR]

by woodies | 2012-11-03 21:49 | 活動記録 | Comments(0)  

<< 平成24年11月4日(日) オ... 平成24年10月28日(日) ... >>