平成25年3月30日(土) 植苗の森 天候:雪 参加:14名

先週に引き続き植苗の森」で伐採作業です。

c0173813_12492661.jpg

先週、道具を運びながら現場までの長い歩きを経験しましたが、今回はその対策にソリを持参するメンバーが多くいて助かりました。もうそろそろ雪も解けて歩きやすくなってるんじゃないかとの淡い期待も裏切られ、それどころか更に悪化して足がズボズボぬかりまくりで非常に歩き難くなっています。

c0173813_12465169.jpg
ぬかると膝くらいまでは沈むので50cmは積雪しているのでしょうか。
雪解け時期は地熱で積雪した雪の地面側も解けるのでこうなってしまうのです。落とし穴の上を歩いている様なものです。


c0173813_12535883.jpgc0173813_12544072.jpg








今日の作業目標は、指定したエリア内の木を全て伐採し終わるというものです。
具体的な目標があると作業が早いですね。

c0173813_125508.jpg

二人一組の伐採班三組と枝払い班に分れての作業は良いペースで作業が進みます。
ここは木の太さが中小クラスの込合っていない平坦地なので、初心者の練習には丁度良いフィールドです。




しかーし、私が切ると何故か木が横や後ろに倒れます。
綺麗に真横に倒れた時はかなり凹みました。
自然相手では次の瞬間に何が起こるかは分らないので、目視安全確認と警笛を怠ってはいけませんね。もっとも、私の場合は自然相手の偶然の所為ではなく、単にツルを変な形に偏って切ってしまったのが原因です。木は素直に倒れてくれたのですが、倒れた方向が意図と反しているので完全な知識と技術の不足と言えます。その他、受け口が浅すぎたり、受け口と追い口が平行じゃなかったりと散々でしたが、その都度ISさんに指摘してもらったので勉強になりました。安全の為にも是非マスターしたいですね。

c0173813_12595990.jpg

先週の作業で鉛筆くらいの太さの枝が撥ねて手の甲に当たったのですが、赤く腫れて数日間痛かったです。鉛筆でこれですから侮れません。恐るべしです。
どんなに小さく思える事でも伐採作業では怪我に結びつく可能性があるんだと、今年の活動初日に警告を受けました。今年も安全を第一に心掛けます。

隣を見るとFJさん、OTさんペアの木が後ろに傾いています。
FJさんがクサビを打つ度に後ろに傾いた木がグングンと起き上がってきます。
使ったことはないのですが、クサビって凄いですね。

時折ボタ雪が降り頻る中、目標を99%達成しました。
残りの1%はこれ。

c0173813_1334160.jpg

なぜだか白樺が一本、誰にも倒されずに残っています。
なぜだろう・・・すごく不思議です。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

c0173813_1373263.jpg特別参加のジュン吉です。
犬ぞり用に連れてきました。(ウソ)
皆が作業している間、一心不乱に穴を掘っていました。
お宝探しです。(これもウソ)
昼食時にNKさんから肉団子を貰っておきながら、なぜかSYさんに貰ったおにぎりの味が忘れられずに、SYさんの腕に顎を乗せておねだりしていました。
犬のくせに肉団子よりおにぎりが好きなのか?
てか、恥ずかしいからやめれ!

先週から気になっていたのですが、歩きの途中で何か大型動物の足跡を見ました。
帰る途中によく見てみると糞が落ちています。草を食べたのでしょうか、パサパサした感じです。
SYさんいわく、羆の糞だろうと。
北海道の山林で大型動物というと羆くらいしか思い浮かばないのですが、苫小牧近辺で羆出没情報をあまり聞かないのでいないのかと思っていましたが、いるんですね。
森から道路に出てまた森の方へと足跡が続いています。

羆も冬眠から覚める時期、ウッディーズの活動もこれからが本番です。
今年も安全第一で楽しみましょう!
帰り際にIH君からもらったハスカップ饅頭を食べながら強く心に誓うのであった・・・。

(菊地)

撮影:T.S
[PR]

by woodies | 2013-03-31 10:35 | 活動記録 | Comments(0)  

<< 平成25年4月6日(土) 植苗... 平成25年3月23日(土) 植... >>