平成25年4月28日(日) 高川山林 天候:曇り時々雨 参加:22名

 5:30起床。
平日より30分ゆっくりできた。卵かけご飯をいただく。入会して日が浅い私は、初めての高川山林である。駐車場所に戸惑っている私に対し、大先輩からの親切かつ的確な助言をいただき感謝での一日スタート。 

 ワオーの森と呼ばれる高川山林。ワオーはアイヌ語でアオバトだと知る。北海道では夏鳥であるアオバトがもうすぐやってくるのだろう。バイケイソウが芽吹き始めている。カラマツの上梓には野鳥の巣痕もある。遠くに目をやると、あっ、海だ。白波が見える。眺望がとてもよい。よいところだなぁ。
c0173813_21344297.jpg

 ラジオ体操を鋭敏にこなす。テキパキと作業班が編成され作業開始だ。今日は新入会員のUさんも初参加!何か新しいことを始めてみたいという入会同期とのとこ。気合十分。 さて・・・。何をすればよいのか分からない。技術もノウハウもない私は肉体労働あるのみと勝手に理解する。

 山中で切り出された木材を上から下ろす作業。前日は勤め先での慣れないゴルフによりすでに筋肉痛の身である。 ましてここ2年間で馬体重5kg増加により身体はカンペキに鈍っている。最大斜度30度はあろう山腹斜面を、残雪に足を捕られつつハアハアと息を切らせて直登する。久々の春山登山には少々きつい。
登りきって見下ろせば、裾野ではチェーンソー部隊が冷静な匠の技で粛々と玉切りを行なっている。

 木材をブルーシートに束ねて包み、ロープで縛る。先頭に立つ副会長のかけ声のもと、ロープをしっかり掴んでK君と私も束ねた木材とともに滑り降り、チェーンソー部隊へと運搬する。また登る。また滑り降りる。また登る・・・また降りる・・・を、数十回。滑り降りる、から転げ落ちるへと変わり始める。山主Tさんも木材満載の真紅のソリで時速100kmで滑り降りている。体力消耗。ボクシングのゴングに救われるように休憩のホイッスルが鳴る。

 昼食はログハウスでいただく。驚くほどのごちそうが並んでいる。会員奥様創作料理、カレー味ボルシチ風コンソメスープに舌鼓を打つ。冷えた身体がみるみる温まっていく。おかわりどうぞの声に即反応、私が声を上げようとする刹那、2~3名から空っぽの器がどしどしと差し出される。私は2杯いただき大満足。4杯完食の方もおられた。
(写真担当の広報Sは、食べるのに夢中で写真を撮り損ねました、ごめんなさい)

 作業は大詰め。諸先輩方はみな熟練された技術をもって斧を振り下ろす。腰の入り方が違う。パカーン!と一刀両断。気持ちよく薪が二つになって飛ぶ。
c0173813_21361278.jpgc0173813_21362952.jpg












 そして薪割り初体験の私の出番。 ゴゴッ・・・と鈍く斧の刃先が木に食い込む。刃を抜く所作もままならず、再び斧を振り下ろすも二度と同じ箇所に刃が当たらない。 しかし貴重な、待ちに待った経験である。母親が薪割りに汗していたことを思い出す。

 割られた薪は、どんどん野に積み上げられていく。崩れないよう、太いもの細いものが反幾何学的に、反人工的に、「ちょうどよく」人間の手と頭脳によって組み上げられていく。コンピューターでは無理だろう。丁度良い「あんばい」というのは。ほんとうにお見事である。
c0173813_21365618.jpg

 ワオーの森は、かもめ幼稚園の自然教育の活動フィールドとのことである。写真がオーナーのTさんと体験のKさん。
c0173813_21383661.jpg

小さな子どもと叡智を持つベテランが交流を図れる世の中になれればどんなによいことかと常々思っている。
今日は少しだけでもお手伝い出来たことを本当にうれしく思う。皆様ありがとうございます。



☆今回は、先週に引き続き一年生会員のMさんです。
いろいろな見方や感じ方がすごく素敵だと思いますので、みなさんブログ書いてくださいね。
Mさん、ありがとうございます。(広報S(^^)/)
[PR]

by woodies | 2013-04-29 21:53 | Comments(1)  

Commented by みやた at 2013-04-30 13:09 x
皆様、お疲れ様でした!筋肉痛は大丈夫でしょうか?
普段から動かれている方々ばかりなので、へっちゃらでしょうかw
あの芽吹き始めた植物はなんだとうと話していましたが、「バイケイソウ」だったんですね。なんかすぐに忘れそうな名前ですね・・・

<< 平成25年5月6日(日) 野幌... 平成25年4月20日 高川山林... >>