平成25年5月4日(祝日) 植苗の森 天候:曇り 参加:6名

 本日は、前日に続き「植苗の森」の作業です。
 今日は、前日の申し合わせで現地集合となり、先に現地に着いたIさんとUさんから、ちょっと前に大きなエゾシカが約20頭いて出迎えてくれた?ビックリしたと感動、興奮している様子。私はその場を見る事ができなく残念。 現場には、今まさに満開状態の「ナニワズ」の花が咲き乱れていた。

駐車場脇に可憐な黄色い花「ナニワズ」(ナツボウズ)。
c0173813_21242790.jpg


 全員が集合し、空模様を見るといつ雨が降ってもおかしくない状態なのでまずタ-フを張り雨宿り場所を確保、これで安心だ。

 現場を見て、雑木の山状態になっている箇所を平らにする作業をメインにすることにした。その場所は、今後の作業道を造成する予定地なのだ。

 昨日の作業で残った箇所を全員で検討し作業内容及び分担を決めた。
①伐採後の林床を植樹ができるように支障になる残材等を整理し、薪になるものと土に返す小枝等を分類しそれぞれの場所にリヤカ-で運ぶ作業。
②ブルで寄せた雑木等が混じった2~3メートル幅の山を分類し、薪になる木を土に返す、小枝・腐食した木を分類する作業。
③分類された小枝等を速く土に返すためチェ-ンソ-で細かくする作業
c0173813_21273394.jpg

         分類済みの土に返す小枝等をチェ-ンソ-で細かくし、運ぶところ。

 雑木の山には、薪になる木もたくさんあり、更に蔓や小枝等が絡んでいて分類するのは大変だ。腕に力が入り非常に疲れる作業である。頑張ってもなかなか先に進まない状況だ。
皆さん方は黙々と作業を続け、山は徐々に平らになり、わずかに見通しが良くなり少し風景が変わった気がする。
午前10時半ごろ、おやつの時間がありWさん提供の完熟したメロンをいただき皆さん感激!美味しかった。
その後も同じ作業を続けた。

 雑木等の山が整理され少しづつ平らになっていった。
c0173813_21282649.jpg


 昼食も前日の申し合わせで、「ジンギスカン」を食べようと決定。
 食材等はWさんが担当。火及び鍋はOが担当。
  ・肉は生ラム、釧路からはギョウジャニンニク(Wさん提供)
  ・ジンギスカン鍋は7~8人分は焼ける義経製の大鍋(O持参)
  ・燃料は、炭ではなくて、ガスで実施。

               タ-フの下で、ジンギスカンを舌鼓。
c0173813_21291785.jpg


 野菜及び肉がジュ-ジュ-と焼ける音を聞きながら食べる。なんと美味しい美味しいを口々に箸が鍋に伸びる。特にギョウジャニンニクが最高。楽しい会話も続き楽しい昼食会となった。Wさんありがとう。
連日の作業と言うこともあって、疲れもあり午後の作業を中止し帰ることにした。その後、千歳付近から雨になり切り上げて正解だった。

 残った山の解消は、次回の活動日に委ねることになった。
 このような作業は、人海戦術で行うと意外と早く処理されるのかなと思う。皆さんの作業の様子をみていると、どなたも丁寧に作業をしているな-ととの感想を持った。

                                                    (O記)
[PR]

by woodies | 2013-05-13 21:31 | Comments(0)  

<< 平成25年5月11日(土) 植... 平成25年5月3日 植苗の森 ... >>