平成26年4月12日(土) 植苗病院 天候:晴れのち曇り 参加:18名

長い冬も開け、活動シーズンいよいよ本番のウォーミングアップ、今年もやって来ました植苗病院内森林の整備、苫東コモンズさん(NPO法人 苫東環境コモンズ)の支援活動です。

c0173813_12052278.jpg

桜の木も花は蕾、まだまだ咲きそうにありません。
ちょっと寂しい感じの林ですが、その方が作業はやり易いです。
その辺は微妙な感じで、緑は恋しいが作業効率も捨て難い。

さ、第一回目のラジオ体操からスタートです。
腕を前から上にあげて大きく背伸びの運動から・・・チャンチャンチャンチャン・・・

c0173813_12115565.jpgc0173813_12125881.jpg












危険な作業も伴いますので、寝起きの体のストレッチは大切です。
怪我予防の効果が大きいので面倒がらずにちゃんと体操しましょう。

体操の後は、コモンズのKKさんから本日の施行内容の説明がありました。

c0173813_12285196.jpg


大きく3つのエリアに分けて作業が振り分けられました。
我々ウッディーズは、林の間伐整備と遊歩道の整備、コモンズさんはレクリエーション広場の整備などです。

c0173813_12400775.jpgc0173813_12401661.jpg












遊歩道は草がボウボウと伸びているので、目印を付けて一気に300メートルの距離を整備します。

c0173813_12444838.jpgc0173813_12440742.jpg
c0173813_12464002.jpg

間伐は、枯れ木や曲がった木、密集した木などを切り倒し、切り倒した木は薪として利用するので、サイズを整え道脇に寄せます。

c0173813_12583417.jpgc0173813_12573209.jpg












今日の体験参加者は3名、SKさんとSKさん、OKさんです。
若い方のSKさん、OKさんは共にイケメンの22歳です。おお、フレッシュだ!

c0173813_13054278.jpgc0173813_13052857.jpg












コモンズさんのレクリエーション広場もスッキリと整備され、キャンプファイヤーの炉が引き立ってきた所で本日の作業は終了です。
天候にも恵まれ、幸先の良いスタートとなりました。

c0173813_13291476.jpg

春本番、蕗の薹も顔を出し始めました。ウッディーズの活動もこれからが本番です。今年も怪我の無いよう、楽しみましょう!

c0173813_13325274.jpg



(菊地)

P.S. WindowsXPのサポート切れを期にLinuxを使い始めました。
アプリケーションとかファイルの操作に慣れていないのと、文字変換がちょっと・・・はんかくせ~
なので、誤字脱字は指摘してください。ブログのレイアウト崩れもご指摘お願いします。

ブログの執筆のために苫小牧東部地域を調べている時に、苫東開発や千歳川放水路など懐かしくもある問題を思い出しました。
空の玄関口、千歳空港と海の玄関口、苫小牧港、高速道路、鉄道などのインフラが整い、日本有数の工業基地として注目を集めると共に、豊かで貴重な自然を有する土地。
一時は核施設熱核融合実験炉)誘致などの案も出されました。
この複雑な環境の中、開発と自然環境保護の狭間で常に揺れ動いた地域でもあります。

そのバックグラウンドがあり、「苫東環境コモンズ」の活動があるのだと思うと、「何かスゲーな」と思いますが、(難しい事はさて置き)山や森林が好きで自然が大好きなのはウッディーズと同じなので、違いは無いのかも知れないと(強引に)思う次第であります(オイオイ)。

2月にW事務局長のISさんからも案内がありましたが、同会の事務局長のKKさんは書籍も執筆していますので、興味のある方は一読するのも良いと思います。

雑木林&庭づくり研究室
コモンズ 地域再生と創造

[PR]

by woodies | 2014-04-13 13:56 | 活動記録 | Comments(3)  

Commented by 笛木森之助 at 2014-04-16 10:15 x
ご支援、ありがとうございました。
一人作業の味わいは捨て難いですが、共同作業には格別の楽しさがあるものですね。
でも、人数が多いときほど基本が大事。
機械作業している人には、必要以上に接近しない。
特に、刈払機は作業者の意思に関係なくキックバックを起こします。
カタナを振り回しているのと同じことなので、十分以上に距離を空けましょう。
Commented by Wao at 2014-04-16 20:35 x
笛木さんのコメント、染みます。
共同作業の楽しさ…。
そうですね、「兄弟(姉妹)」で力を合わせてする作業のような…、ホント楽しかった。

そして、基本の遵守。
頭では知っていることが、実際には行動が伴わないんですよね。
刈り刃が石などに当たって欠けて飛んでくる…なんて事例もあるとのこと、刈払機は要注意だね。

植苗はオレが社会人として歩み始めたエリアにあって、当時、酪農家が厳しい経営と生活を強いられていた。
その後、「開発と自然環境保護の狭間で常に揺れ動いた地域」となるのですが、こんな形で関わりができるなど、思いも寄らなかった。
そんなこともあって、余計に印象深く、楽しい。
Commented by Penguin at 2014-04-17 13:51 x
安全な作業は大事ですね。
作業後に長靴を脱いでいたら足がつりました。それも、両足。
久しぶりの作業で筋肉が疲れたんだと思いますが、足がつる原因は諸説あるらしいのですが、スポーツ選手などは筋肉が疲労した時に、よく起こるそうです。筋肉の使いすぎでエネルギ-の補給が間に合わなくなり、乳酸という物質が筋肉に貯まり痙攣を引き起こすらしいです。

他にも、脱水で血液中の電解質のバランスが崩れた場合や、頸椎や腰椎などの神経の病気、変形性膝関節症など、筋肉、神経、血液、関節など様々な原因で、筋肉の痙攣が起こるそうです。

直接の因果関係は解明されていませんが、筋肉疲労からアキレス腱断裂などの大怪我に結びつく可能性もあるそうですので、気をつけましょう。

予防法は入念なストレッチング、スポーツドリンクやバナナなどの果物でナトリウム、カリウム、カルシウムといった電解質を補充することだそうです。

本当に怪我にだけは気をつけたいですね。
今年もよろしくです。

<< 平成26年4月19日(土) 高... 平成26年3月23日(日) 第... >>