平成27年3月14日(土) 第14回 総会 参加:24名

今年もエルプラザにて総会が行われました。
26年度の活動報告と収支決済報告、27年度の活動計画、役員選出について決議されました。

c0173813_11090975.jpg

26年度の活動で大きく変わったところといえば、「山林調査ワーキンググループ」を立ち上げ、有志を集って活動を開始したことでしょうか。専門知識によって山林調査を行い、作業する山林の全体を把握(データ化)した上で管理し、施業計画をより具体化させる狙いがあります。内容は過去ログを参照してください。

役員選出については希望者、推薦者なく現役員が留任。ちょっとやってみたいって人、どしどし立候補してくださいよ〜。

c0173813_11095500.jpg
c0173813_11050218.jpeg

その他、参加者から、事故対応のために救急法などの救命技術の全員講習、KY活動の実施などが提案されました。

救急法は良いにしてもKY(空気読めない)活動とはどうよ?確かに空気の読めない人は多いかも知れない。それらの人を生暖かく見守るのではなく指摘し合う活動か?俺のことじゃないだろうな?俺は空気読めるぞ。そう思ってるのは本人だけか?もしかして・・・?。KY活動が提案されている間、参加者の頭の中ではこの様な疑問が渦巻いていた。

そこで空気を読んだFMさんが、KY活動について説明をしてくれました。
KY活動とは、作業前にその作業で予知し得る危険を予測して指摘しあうツールボックスミーティングのことで、危険予測訓練のことらしい。危険性の情報を共有することで予測できる事故を未然に防止する仕組みで、建設業界などでは普通に行われているらしい。

そうなんだ・・・それは必要かも知れない。
安全確保に関する提案が出たところで総会の本題は終了し、第二部の講演会が行われました。
講演会の前にTGさんがスライドショーをしてくれました。未公表の画像などを使って活動を振り返り、楽しく拝見しました。

c0173813_12142285.jpeg
c0173813_12145724.jpg

その後は、森林インストラクターと樹木医の資格を持つKKさんの講演です。
テーマは「樹木のボディーランゲージ〜身近な樹木の観察〜」。
主に街路樹などの観察から、その木の育ち方や健康状態を調べてみましょうという内容です。

c0173813_12301712.jpg

街路樹が制約された環境の中で、その厳しい環境に順応して生きて行くために頑張っている現状がよく理解出来ました。普段何気なく見過ごしている風景ですが、よく観察してみると色々なことが分かるのだと改めて気付かされます。街路樹をテーマにした講演は珍しいので良かったのではないかと思います。

総会の後は恒例の親睦会です。場所は以前に忘年会でもお世話になった「根室食堂」。

c0173813_13083592.jpg

副会長の乾杯の音頭の後、賑やかに宴会が始まりました。

c0173813_13121212.jpg
c0173813_13123307.jpeg

料理は、毛蟹、ツブホタテ鮭イカなどのお造り、イカのぽっぽ焼き、キノコのサラダ、ザンギ、ぶた鍋などなど。話題もご多分に漏れず、政治から下ネタまでバラエティーに富んでいます。

c0173813_13503797.jpg
c0173813_13501638.jpeg

参加の皆様、無事に帰路につけましたでしょうか?
今年の総会も無事に終わり、雪が溶けるのを待つだけです。


(菊地)

[PR]

by woodies | 2015-03-15 13:56 | 活動記録 | Comments(0)  

<< 平成27年3月28日(土) 第... 平成27年2月21日(土) 第... >>