平成27年9月12日(土) 高川山林 天候:曇り時々雨 参加:11名

朝から怪しいお天気の中、久しぶりの高川山林です。

今回から5回にわたって、高川山林の遊歩道等の整備です。今日はまず、遊歩道用の土留めをするのに準備された丸太と鉄筋を階段から上まで上げること。丸太を2等分して、長さを適切にし、切り口に防腐剤を塗る。その丸太を留める鉄筋をU字に曲げること。また、樹名板を付けて行くため、その樹木の選択です。

ミーティングでその説明。今日は若い女性のSさんが見学に参加してくださっています。(左端)
c0173813_21201563.jpg

ホームページを見ての参加です。マラソンで登山するという趣味をお持ちだそうで、ウッディーズとしては好ましいその体力!

階段下にある丸太と鉄筋をこの長~い階段で上に運ぶのはタイヘン!ということで、今日は10名の頭数、順に並んで人間ベルトコンベアとしました。50本はあったでしょうか、途中休まないと大変なほどでしたが、それでも人間ベルトコンベアになると、何とかなる!!有難いです。

ようやく、丸太と鉄筋が上がりました。私もベルトコンベアに入っていたので、この見事な風景を撮り忘れ、エセ写真を載せます。このわざとらしいシャシン、素敵でしょ(^○^)
c0173813_2126483.jpgc0173813_21261630.jpg


















こんどは上げた丸太を印をつけて切っていき、切り口に防腐剤を塗ります。防腐剤塗を見学のSさんがやってくださいました。
c0173813_21272396.jpgc0173813_21273655.jpg


















そして、楽しみのお昼。今日はお味噌汁を作って食べました。あれやこれやとたわいないおしゃべりをしながら、この休み時間は楽しみであり、活動の源であります。
c0173813_21291318.jpgc0173813_21292769.jpg

























午後からは手金を曲げる組、樹木を選ぶ組に分かれて作業です。
鉄筋曲げはなかなか技のいることで、二人の息も合わないときれいなU字になりません。
c0173813_2131726.jpgc0173813_21312123.jpg























樹木板は、できるだけわかりやすい、見やすい木を選んで、ピンクテープで名前を付けて行きます。
シュウリザクラ、白雲木、アカシア、エゾマツ...みんなで図鑑を見ながら「ああでもない、こうでもない」と、それはゆっくりとした楽しい時間でした。
c0173813_2133481.jpg
c0173813_2134422.jpg



これはシンボルツリ?となる頂上の樹、イタヤカエデ!見事です。
c0173813_21351985.jpg


本日もお疲れ様でした。  (さとう)

そして、今日の見学者Sさんから感想を頂きましたので、掲載します。
久しぶりの?若い女性で皆様方、とってもやさしかったですよ(^_-)

=====

森づくりの知識も経験もない全くの未経験者なので、体験参加を申込んだ時は作業について行けるのか不安でした。でも皆さん親切で丁寧に教えてくださるので、わからないながらも作業に参加することが出来てうれしかったです。
木の名前を教えてもらいながらゆっくり山を歩くと、樹木によって個性があることがわかり観察することが楽しくなりました。
いつも何気なく歩いている山道は誰かが作ってくれたものだということ、森の木は勝手に生えているわけじゃなくてお世話している人がいるのだということ、そうやって環境が守られてるんだと知って勉強になりました。もっと森づくりについて知りたいと思いました。
なにより自然の中で体を使うのは楽しく、あっという間に時間が過ぎました。参加して良かったです。ありがとうございました!
=====
[PR]

by woodies | 2015-09-13 21:42 | 活動記録 | Comments(1)  

Commented by Wao at 2015-09-14 18:32 x
ヤラセ写真2葉、それぞれに演技力が試されましたね。
杭丸太を積むシーン、迫真の演技です。惜しむらくは、あの体躯の男性があの丸太を扱うのにそんなに踏ん張るかな…と思われ、些か演技過剰の感あり。
その点、鉄筋を担ぎ上げる方は、全くの自然体。演技を感じさせない演技力と言いましょうか、お見事です。
そして、体験参加者の素朴でいて的を射た感想が素敵です。
当欄「活動の記録」は、いつも脱力感にあふれた画像とルポがイイですね。

<< 平成27年9月19日(土) 第... 平成27年8月29日・30日 ... >>