平成28年5月22日(日)北山山林 天候:晴れ 参加:9名

 今週も朝から素晴らしいお天気に恵まれる。一週違うだけで緑の勢いが違う。それでもまだ真緑ではなく春の若芽の勢いである。

 今週も北山山林。先週の山菜の収穫とは違い、作業をメインとする。その中に今週は“アオダモ”をメイン材料とした講習会を企画した。元千歳森林組合長のS氏をお招きし、アオダモや広葉樹の樹種の見分け方を習う。
c0173813_23475450.jpg

 アオダモは堅く粘り強い材質なので、有名な使い道としては野球のバット材だそうです。バットは、1本の幹から4本を想定するそうです。しかも、芯を除くのだそうで、芯の周りから4本を取るというから、かなり太いものを使うようです。100年ぐらいはかかるうのではないかと?

 また皮が薄く、剥いで水に浸すと水が青色になり染料ともなるそうです。そのようにみてみると、うっすらと幹に青色が見えるような、見えないような.....??
c0173813_23481326.jpg

<アオダモ、斑点が特徴>

c0173813_21422005.jpg

<アオダモの稚樹、羽状複葉

c0173813_23551153.jpg

年輪のつまり具合、きれいな幹の中


 そんな特徴を踏まえながら林の中を歩くと、これまた気持ちがいい~!!そして、本日は“一つ”アオダモを見分けられるようになりました。この森のオーナーは、ここではアオダモが良い具合に混在しているので、傷めない様に育成して行きたいと思っていますとのことです。
 その他にも資料もご準備いただき、様々な樹種を幹で教えていただきましたが、なかなか難しいものでございます。

お昼は、またみんな輪になってゆっくりと、青空のもと、いい気温の中、ゆっくりとおしゃべりしながらお休みをしました。
c0173813_21452869.jpg

 午後からは先週に引き続き、アカエゾマツの枝打ちです。先週は写真を撮れませんでしたが、今週はバッチリ撮りましたので、よく見てください。
c0173813_23484460.jpg
<枝打ち前>


すぐにきれいになって、林は明るくなるし、マツはスッキリとして、作業の私たちも非常にやりがいのある作業でした。
c0173813_23490785.jpg
<枝打ち後>

お疲れ様でした。(佐藤)
c0173813_23573766.jpg
<林床に咲く可憐な花>


[PR]

by woodies | 2016-05-22 23:50 | 活動記録 | Comments(0)  

<< 平成28年5月28日(土) 柴... 平成28年5月14日(土)北山... >>