2017年4月23日(日) ワオーの森 薪作り体験

恒例行事の高川山林ことワオーの森での薪作り体験です。
整備も整い、すっかりと様変わりした高川山林は、大看板も設置され「ワオーの森」として地域の人達の憩いの場となっています。ちなみに、「ワオー」とはアオバトの鳴き声、アイヌ語のワゥオー(アオバト)から。林内には、クマゲラやアカゲラなどの希少動物の憩いの場ともなっていて、訪れる人たちを楽しませてくれます。詳しくは、かもめ保育園のHPを見てもらうこととして、肌寒さは少し残りますが雪解けも進み、前回(4月8日)の活動から今シーズンの活動も本格的に始まっています。

c0173813_10075318.jpg

この日の参加は10名と少な目でしたが、6名+ちびっ子の体験参加者が加わり、何時もながらに賑わいました。
近所の親子連れが朝ご飯のお弁当を持って森にやって来ましたが、落ち着かなかったのか、お弁当を食べただけで帰ってしまったのが申し訳なかったです。休日の朝に森を楽しみながら朝ご飯を食べようと、折角お弁当まで作って来てくれたのに、毎度お騒がせしてしまいました。懲りずにまた来てくださいね。

c0173813_10420671.jpg

薪作りは、山から丸太を運んでくる人、丸太を玉切りにする人、薪を割る人、割った薪を小屋に仕舞う人の連携プレーです。各々が気の向く作業をしながら薪作りを体験して楽しみました。どの作業も体力仕事ですが、肌寒かった体も汗が噴き出るほどに暖かくなってきます。

c0173813_10492194.jpg

心地の良い汗をかいたところで燻製作りです。おじさんやおばさんの燻製が出来ました・・・・・・・・嘘。

c0173813_11020158.jpg

実はジンギスカンの準備です。炭になかなか火が着かずに燻ってしまい、煙まみれになりながらの準備です。NMさんが気を利かせて生木を投入したお陰で煙も勢いを増し、燻製作りに弾みがつきます。それにしても、立派なバーベキューコンロが目を引きますね。TGさんのご友人の手作りで、凄くしっかりとした作りの一生モノという風格の立派なコンロです。MTさんの手作りソーセージも登場して、ジンギスカンランチの始まりです。天気も良く、山林から眺める小樽の海も青く輝いています。最高ですね。

c0173813_11143390.jpg
c0173813_13560916.jpg


しかし、手作りのソーセージとは凄いですよね。素朴な味わいで、市販のソーセージとは一味違ったワールドワイドな美味しさです!

c0173813_11205807.jpg

更に、MTさんの奥様特製スープも登場して、豪華なランチとなりました。ピリ辛の中華風とも韓国風とも言えそうなスープで、具沢山で出汁も効いていてとても美味しかったです。おかわりする人もいて、大鍋いっぱいのスープはあっと言う間の完食でした。MTさんご夫妻にお世話になりました。ごちそうさまでした。

動いていると体は温まりますが、座ると汗も引いて少し肌寒くなるので、暖かなスープと熱々のジンギスカンが体を温めてくれました。

c0173813_11373833.jpg


昼食の後は薪作りの続きです。
雪解けで足場も悪かったのですが、ちびっ子たちが活躍してくれました。泥んこも気にせずに薪運びに威力を発揮です。

c0173813_12384032.jpg


おじさん、おばさんたちも負けてはいられませんよ・・・と思いたいですが、お腹いっぱいになった後はペースも落ち気味です。

c0173813_13140056.jpg


そんな感じで、出来高は薪小屋8分目くらいでしょうか?
お決まりですが、参加者の体が痛くなるのは、何故だか数日後です。お疲れ様でした。今年も張り切ってまいりませう。

c0173813_13204074.jpg


(菊地)

[PR]

by woodies | 2017-04-24 13:21 | 活動記録 | Comments(0)  

<< 2017年4月30日(日) 山... 2017年4月8日(土) 高川... >>