2017年8月5日(土) (札幌市南区)荒巻山林 枝打ち

天候:晴れ  参加:12名

本日は札幌市南区 荒巻山林の人工林ゾーン(アカエゾマツ)の枝打ち作業です。

朝方の雨も上がり、湿度が高く感じられる晴天です。
c0173813_00254844.jpg

現地到着するや、すでに草刈り作業をしている人影が。
あ、会長、副会長だ。 ずいぶん気合い入ってるなぁ。
WTRさんも応援に駆けつけていただいていました。

シンボリックな池。 蓮の花がみごとです。
c0173813_00262113.jpg
トンボが、双発機のごとくかっこよく飛んでいきます。 
早くて、止まりもしないので、種類を同定できません。 止まっていても、わかりません。


このフィールドでの作業は、春の山林調査からはじまり、枝打ち作業へと、今年も活動は盛んです。

今日は常連さんとなった“大人たちの人気もの”、小学生の姉弟さんも参加してくれました。
お父さん・お母さんとともに4人もの応援はうれしいかぎりです。

朝のミーティングです。 本日のリーダーはSTさん。 出席名簿を読み上げます。
c0173813_00253256.jpg
c0173813_00253625.jpg
続いて、重要である施業上の注意事項について、FMさんから伝達されます。

小さなお子さんもいるので、いつも以上に分かりやすく伝えます。

ハチ,アブ,毛虫,ヘビ,クマ。 この山にはみんないるよ。
ハチが飛んできても手で払いのけないこと。 上下左右をよく見て動くこと。 みんなから離れて一人で行動しないこと。
作業中の大人のそばには近寄らないこと。
池があるね。蓮の花がきれいでも、トンボを追いかけたくても、池には絶対に落ちないこと。

幽霊を連れて帰らないこと(笑)。
c0173813_00252406.jpg
今日は高枝切りノコギリをフル活用します。
危険距離内にはお互いに近づかないこと、脚立(きゃたつ)を使用しての作業時は身体をしっかりロープでつなぐこと、等、
しっかり心に刻みます。

続いて、作業の意味合い(意義)についてKYさんからお話し。
Q.森の役割り、役目とは? 
A.二酸化炭素の吸収・酸素の供給、水の確保、土壌の安定化、生物多様性、などみんなから次々と返答。

挙げるとたくさん出てくるが、「木材の生産」という観点あり。
枝打ち作業は、「節のない」、「まっすぐな」、「太い」良質な材へと育てるという大切な作業であることを伝えました。

Q.枝を切り落とすのだが、ではどの部分から切るとよいのか。
A.幹と枝の付け根の膨らみ=枝座(しざ)を残して打ち落とす。 
その意味は、枝打ち後、樹皮に再び包まれる“巻き込み”が早くなる、つまりは病原菌の侵入を防ぐことができるため。
c0173813_00255437.jpg
(枝座ってどこだ? 大きな木を使って、場所を解説中)


作業開始前にじっくりとレクチャーが行われ、それでは作業開始です。
全員ヘルメットを着用し、道具を持って森へ入ります。
作業風景をどうぞ。
c0173813_00254458.jpg
(脚立に上り、手ノコで枝打ち。しっかりロープで身体を支えます。いつも仕事で慣れているFMさん。)

c0173813_00255161.jpg
(高枝切りノコギリ。5mは伸びる。かなり重い。周囲に気を付けて作業するIBさん奥様。)

c0173813_00254029.jpg
(枝打ちすることによって、林床に日光が入る。 薄暗い森の健全化へ。)

林床には新しい木々の誕生の姿を見ることができました。
c0173813_00255796.jpg
c0173813_00260131.jpg
c0173813_00260739.jpg
脚立に上っての作業、高枝切りノコギリでの作業、いずれもかなりの労力が必要となります。
途中こまめに小休止を入れつつ、午前中の作業を終了しました。

さて、昼食を摂りましょう。
本日は豪華なデザートの差し入れをいただきました。
(桃! メロン! 夕張名物 「うさぎや菓子舗」さんのシナモンドーナツ!) 
次々と手が伸びます。
c0173813_00261696.jpg
午後も1時間ほど作業を続け、本日の作業は無事に終了しました。
来週もまたこの場所で作業の続きです。

はい、今日の集合写真です。
c0173813_00261190.jpg
子供たちも、大人の言うことを聞いて一日がんばってくれたね。ありがとう。
うんこ漢字ドリル、がんばるんだよ~。

(記: 森井 浩樹)


[PR]

by woodies | 2017-08-07 02:24 | 活動記録 | Comments(0)  

<< 2017年8月11日(金) 山... 2017年7月29日(土)北ノ... >>