2017年10月14日(土) 大澤山林(当別町弁華別) 間伐作業

天候:晴れ  参加:4名 +山主さん (+スペシャルゲストOTさん)

※10月7日(土)も、ここ大澤山林にて間伐作業をしていますが
  活動記録はおやすみしました。 お許しを。

では、スタートです。
c0173813_21544243.jpg




















~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


本日のリーダーを務めました、FM(名字)です。

私が大澤山林の作業に初参加だったこともあり、先週同様、この山全体を見渡すため山巡りをしました



c0173813_21553068.jpg



このフィールドは、いたるところにある沢状の窪地が特徴的な地形であり、その間の尾根道を散策しました。

それはまるでリアス式海岸のようで、山巡りはさながら岬巡りのようでもあります。
c0173813_21551551.jpg




















そしてその沢筋の集合地点には「大澤沼」が静かに水を湛えているのでありました。

心打たれ、しばし瞑想。。。。。

------------------------------

午前10時に小休止したのち、間伐作業に入りました。

これまでの作業内容とは違い、ただガムシャラに切り倒しはせず、さながら“伐倒教室”の様相ですすめました。

c0173813_21553834.jpg

今回の課題は「追いヅル切り」

伐倒木の 「重心の見極め」,「伐倒方向の確認」,「正しい受け口の作り方」,「“突っ込み切り”でのツルの残し方」,
「クサビの打つタイミング」、等々。
一つ一つを確認しながらゆっくりと作業をします。
c0173813_21554607.jpg

伐倒後も切り株を使ってのディスカッションを
行いました。
やっぱり間伐作業は奥が深く、つくづく面白い。












c0173813_21560259.jpg
c0173813_21561089.jpg











c0173813_21561960.jpg


またこの山林は、当会の活動場所の中で唯一、建築材料として12
尺上で搬出するフィールドでもあります。

PCウィンチ
を使い、林道まで全木を搬出します。
 ※PCウィンチ= 「ポータブル・キャプスタン・ウィンチ」。
  小型エンジンで機動させる、ロープやワイヤーの巻上機。
c0173813_21562775.jpg
私がウインチ操作を担当しましたが、ロープが絡まないように常に張力を維持しながら保持しなければならず、
同じ姿勢をキープすることも重なって、腰にめっぽう負担がかかる。
※翌日いっぱい腰痛に悩まされ、改めて己のひ弱さを実感・・・。 つくづく情けない・・・。いや、まだまだ、がんばるぞ。 

<スキッドコーンを用いての木材搬出の作業風景>
※スキッドコーン= 伐倒した材を引き出す際に、その材の進行方向“頭部”にかぶせる巨大な鉛筆キャップのようなもの。
             地面の起伏や障害物に当たっても、すり抜けられ、材を傷つけず、搬出することが可能となる。
c0173813_21563545.jpg

   
c0173813_21564259.jpg
c0173813_21564939.jpg
少人数・伐倒教室と合い重なって、この日の間伐本数は6
本・搬出は3.8m材で12本程度でした。


帰りには当別の野菜直売所で買い物です(嬉)。

久しぶりの間伐作業に充実した一日でした。


(冨士本)

[PR]

by woodies | 2017-10-14 23:58 | 活動記録 | Comments(0)  

<< 平成29年10月22日(日) ... 2017年9月30日(土) 2... >>