刈払機・チェーンソー特別教育講習  8/29,9/25~26

c0173813_23154517.jpg参加者数 6名 
 8月29日 刈り払い機の講習会、初めて行く白旗山営林事業所に地図で散々確認して出かけ、高速を降りるころは洪水になる位のどしゃ降り。講義が始まる頃には雨も止み、林間学校のような森の中の屋根だけの教室で刈り払い機の刃の特性、作業手順などテキストを見ながらの講義。普段なら眠たくなるはずの「勉強」なのに、ウッディーズの例会のときに聞いていた傾斜の上下では作業をしないとか、隣と10メートルくらいの間隔空けるとか、「そうそう言っていた」という事が目を覚ましてくれた。実技は聞くとは大違いで、刈った草はバラバラに飛び~経験が足りない!

 9月25日、26日 チェンソー講習は機械の整備に始まって整備に終わるというのを実感しました。ソーチェーンの目立ての大切さと何処に刃を付けなければいけないかが実際に木を切ってみてよく分かりました。またウッディーズの皆さんがいとも簡単にしている倒木の輪切り、間伐など知識と経験の素晴らしさを改めて感じさせられました。
それと本当に「晴れ男」はいる!講師の北川さんはご自分で言っていらっしゃいましたが本当に雨の天気予報でも晴れ、帰り支度が終わった頃に降ってくる。すべてが感動の3日間でした。
(吉村)
[PR]

by woodies | 2008-09-26 00:00 | Comments(0)  

<< 「支笏湖周辺台風災害復興の森」... 下山山林(室蘭)視察・施業 9... >>