カテゴリ:活動記録( 126 )

 

平成24年11月3日(土) 荒巻山林 天候:曇り 参加:10名

c0173813_20541245.jpg
紅葉真っ盛りの定山渓付近の山々、荒巻山林の作業も今年最後となりました。



c0173813_20542578.jpg

荒巻山林は、お寺の跡地で、蓮の葉が浮かぶ池や参道、廃墟跡や灯篭などが点在し、嘗ての面影を薄っすらと感じさせます。
また、羆の生息地であるため山の入り口には、札幌市によって注意喚起が出されており、「熊出没注意 立ち入り禁止」の看板があります。


そんな中での作業ですが、作業は参道横に広がる赤松林の間伐です。平坦な地形な上、直径20cm前後の樹ですので、チェンソーや手鋸による伐採のよい練習ができます。

c0173813_213255.jpg

←前回の作業ではKH君がチェンソーによる伐採にトライしました。


c0173813_214810.jpg




しかし、危なかしい場面もチラホラ、ISさんから「もうちょっと覚えてからやれよ」とNGが出され、今日は人力作業となりました。→


10月28日はMIさんが、今日はHRさんが体験参加され、手鋸による伐採をしました。

c0173813_2117718.jpg

ISさんの教え方が良いのか、あるいは女性陣が優しいので気を許してしまうのか、今回も入会頂きました!

c0173813_21113311.jpg





優しいのは入会する前までですよ・・・ニヤリ。




今回の間伐も順調に進み、数年越しの作業の成果が表れています。
フカフカの松葉の絨毯と緑のコケが、雲の合間から時折林の中に差し込む光に映えます。
見通しも良くなり、明るい感じがしますね。

c0173813_2143643.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
c0173813_21315644.jpg
これは前回記録用に撮った写真ですが、作業風景写真に「オーブ(玉響)」が写っています。
「これはもしかすると・・・」と期待しましたが、ネットで調べると空気中のゴミに光が反射して起こる現象との見方が多く、ちょっとガッカリですね。夢が無いというか、未知のものに対する畏れが無いというか、現実的なんですね。

c0173813_21355471.jpg

スピリチュアル肯定派の中には「神聖な光」とか「精霊」とか「高いパワースポットに発生する」とか好意的な見方が多いです。夢がありました。
強引な見方をすれば、古来、お寺とか神社は磁場の強い場所に建てるので、あながち嘘だとも言えないなと。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
c0173813_21452667.jpg

作業終了後、メンバーが集まり今後の作業計画について話し合いました。
長い時間がかかりますが根気よく作業をこなせば、まだまだ良くなりそうです。





本日もお疲れ様でした。
休む間もなく、明日は集中作業中のオーンズスキー場、木々の伐採です。

(菊地)

KH君と昼休みに熊の話題になり、その時に話した久保俊治さんの書いた「熊撃ち」という本です。
c0173813_189776.jpg
著者の久保さんは、HBC制作の伝説(?)のドキュメンタリー「大草原の少女みゆきちゃん」のお父さんだそうです。読み終わった後にあとがきを読んで知りました。つまり、みゆきちゃんのお父さんの若い頃のお話ですね。
あのドキュメンタリーも衝撃的でしたが、この本も衝撃的でした。
描写は素晴らしく、山の風景や生活が、まるで目の前で起きている出来事のような臨場感があります。凄い人もいるんだな・・・と、つくづく。

秋の夜長、山の風景を思いながら読んでみては如何でしょうか。お勧めです。
[PR]

by woodies | 2012-11-03 21:49 | 活動記録 | Comments(0)  

平成24年10月20日 道民森づくり ネットワークの集い2012 天候:雨時々曇 参加人数:13名

今日は「道民森づくり ネットワークの集い2012」の出展参加です。

c0173813_2146345.jpg

普段の活動とは雰囲気がガラリと変わり、多くの人で賑わう街中での活動となります。
場所は札幌市の中心部、道庁赤レンガ庁舎前の広場(テント村)です。
出展参加団体は44団体、各種イベントや趣向を凝らした展示などで道行く市民や観光客をもて成します。これは、道が行っている「森づくりフェスタ」の一環のイベントで、森林ボランティア団体などが集まって、森の楽しさ、素晴らしさを一般市民に伝えるための恒例のイベントです。
「札幌ウッディーズ」は、東門の入り口一等地にテントを構えました。

c0173813_21535312.jpgc0173813_226775.jpg









朝、8時30分集合で各自準備に掛かります。

c0173813_2294514.jpgc0173813_2210816.jpg
c0173813_2212219.jpg

メインイベントの木こり体験コーナー、樹種は、落葉松や白樺、エンジュなど7種類。
IH君たちのヒノキチップ販売や山仕事で使う道具類の展示、私たちが日頃行っている活動の紹介パネル展示など、多くの方に日頃の活動を知ってもらう良い機会になります。

c0173813_22172544.jpg


が、しかし、隣のスペースに何やら大きな水槽らしき設備が・・・何と下川町からやってきた団体さんの鮭の掴み取り(無料)コーナーです。
イベントをいっそう盛り上げてくれそうですね。




今年の開会式は、高橋知事が出席して植樹を行うなど盛大に行われました。

c0173813_2328513.jpgc0173813_22233962.jpg










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
札幌ウッディーズのテント前は何故だか時折人だかりになります。

c0173813_22283686.jpg

木こり体験では、手鋸による玉切りをしてみたいという人たちで賑わいます。

c0173813_22303191.jpg





小さなお子さんからお年寄りまで、皆さん好き好きに樹種を選んでギコギコしていました。

c0173813_2233880.jpg


切った木はお持ち帰りできます。
コースターなどに使いたい人が多かったですね。

c0173813_2236128.jpg




あいにく札幌の天気は、晴れたり曇ったり雨が降ったりと安定しない天候でしたが、会場は多くの人で賑わいました。



木工が得意なTK君が、冶具が良く出来ていると喜んでいたので、他のテントで行っていた箸作りを見てきました。小さな子供でも数分で立派な箸が出来ます。これは素晴らしい!一家に一台欲しいくらいです。

c0173813_2241276.jpg

その他にも各団体趣向を凝らした企画が盛りだくさんありました。


c0173813_22443524.jpg




木や草花を使った色々なクラフト、丸太のピーリング(皮むき)体験、樹木医による樹木相談、キノコの展示や試食などなど、ブラブラと他のテントを覗いて歩くだけでも楽しいです。


中でも一際注目を集めていたのが、チェンソーアートの実演です。
実は、私もチェンソーアートには以前から興味を持っていて、チェンソーアートを日本に広めた第一人者であるチェンソーアート・ジャパンの城所氏に教わりに、和歌山県まで行ったこともあります。

c0173813_22531744.jpg

下川町をベースに活躍する木霊氏による実演は、迫力とスピードがあり、見る人を魅了します。丸太ん棒が見る見る間に立派な木彫作品に仕上がります。それも道具はチェンソーだけでですよ!

c0173813_2256758.jpg
c0173813_22563766.jpg

どの作品も作品の持つ表現力が素晴らしいです。
出来上がった作品も芸術ですが、作品を作る工程そのものも芸術なんですね。
機会があったら是非一度見学してみてください。楽しめると思いますよ。

c0173813_2324821.jpg

IH君、TK君は隣の鮭の掴み取りに飛び入り参加して、立派な鮭をゲットしました。
「獲ったどー!」状態です。凄く嬉しそうです。当然、ヒノキ販売は、ほったらかしです。

c0173813_239249.jpg

札幌ウッディーズのブースは、外国や本州から観光に見えた方なども含めて、樹木に興味を持つ人たちで終始賑わっています。

c0173813_1084121.jpg



一番人気はエンジュでした。白樺、イタヤ、アオダモと続きます。

c0173813_2312173.jpg



IH君が木箱一杯に用意したヒノキチップも、ほぼ完売して大成功。

c0173813_23153461.jpg



何時もとは180度全く雰囲気の違う活動でしたが、本当に楽しい一日でした。
これを機に新しい会員さんたちが増えてくれると嬉しいですよね。


(菊地)


突然ですが、木こり体験人気樹種ランキングー!
1位 エンジュ 鮮やかなツートーンカラーの切り口が良いです。昨今、なかなか手に入り難い材ですね。
2位 白樺 樹皮の白色、北海道の樹というイメージが人気です。
3位 イタヤ 繊細な目理がクラフツマン心を刺激します。
4位 アオダモ 野球のバットに使われる木ということで、野球少年(?)に人気です。
5位 桜 香りが良いです。スモークハムが食べたくなります。
6位 ミズナラ 樹皮はゴツゴツしていて無骨ですが、味があると思います。薪材としては一級品ですが・・・。
最下位 落葉松 ・・・ノーコメントです。

c0173813_11111475.jpg

イベント終了間際の丸太たちです。エンジュ、もうありません ><
[PR]

by woodies | 2012-10-20 23:21 | 活動記録 | Comments(3)  

平成24年10月13日(土) 田嶋山林 天候:晴れ(時々小雨)参加人数:13名

c0173813_2353538.jpg

先週に引き続き田嶋山林の草刈&除伐作業です。朝の気温は12℃、9月の猛暑は何だったんだと思うくらい秋らしい天気です。


c0173813_2252188.jpg



間伐は急斜面の笹薮での作業になり危険ですので、ベテランのISさん、WTさん、MYさんの3人が担当です。残りのメンバーは草刈と高枝切り作業です。


間伐班は、斜面が急で足場が悪いので、かなり難航しています。
切った木が転がったら、逃げ場無しで大怪我してしまいそうです。
c0173813_2333875.jpgc0173813_2371256.jpg
c0173813_23113357.jpg











草刈班は速いペースで作業が進みます。



c0173813_23173352.jpg



実は、もう一つの重要な任務があります。
それは・・・お楽しみキノコ狩りでーす。
OBさん、ボリボリ(ナラタケ)大量ゲットです。




草刈は順調で早く終わったので、キノコ狩りに参加!
もしかすると全く記憶に無いので、人生初のキノコ狩りかも知れません。

その辺にニョキニョキ生えてるのかと思って頑張って探してみましたが見つけられません。
道路脇に生えてるボリボリらしきキノコを少量ゲットしましたが、道すがら見かけたST(K)さんが大量の落葉キノコを採っていたので、早速弟子入りしました。

c0173813_23241241.jpg

おお、ありました、ありました。

c0173813_23262557.jpgc0173813_23282734.jpg









白いのは、あまり美味しくないので採らずにスルーするとのこと。ラジャー!です。師匠!
途中、正体不明のキノコや見た感じ絶対毒キノコらしきキノコを観察しながら、ひたすら落葉キノコを追い求めます。落葉キノコ(ハナイグチ)に似たまぎらわしい毒キノコは無いので素人向けのターゲットですし、原木栽培ができないので季節限定、旬の食材です。

師匠のST(K)さんはキノコ狩りが上手いですね。見る見る間に大量ゲットです。

c0173813_23292663.jpg

お昼休みに各自収穫したキノコを集めて、皆で分け合いました。
すごい量です!皆さんキノコ探しが上手ですね。

c0173813_23321027.jpg
c0173813_23323788.jpg


午後は全員で間伐作業です。
掛かり木になった木の処理も急斜面のため作業が難航します。

c0173813_23365732.jpgc0173813_23374664.jpg









倒した木の枝に付いていた宿り木です。
全く違和感が無いので、知らない人が見ても気が付かないでしょうね(何を隠そう私のことです)。上手に寄生するんですね。

c0173813_23414488.jpg
宿り木はクリスマスの飾りなどでよく使われていますが、こんな風になっていたんですね。
ヨーロッパでは不思議な力を持つ木とされ、イギリスでは宿り木で作った飾りの下にいる女の子にはキスをしても良いという習慣があり、キスをしたカップルは結ばれると伝えられています。
なるほどね。


遊びに行ってきた感たっぷりなブログ内容になっていますが、ちゃんと仕事しましたよ。
信じるか信じないかは、貴方次第です!m9(`Д´)

さて、田嶋山林での今年の活動はこれで終わりです。
オーナーさん、キノコのプレゼントありがとうございました。
また来年お会いしましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
追記:MYさんに教わった通りに落葉キノコの下拵えをしました。
表面のゴミを取って少し濃い目の塩水にキノコを浸けます。
(塩の代わりに酢を使う場合もあるそうです。変色を抑えられるとの情報あり)
すると、裏側のスポンジ状の繊維から白くて細い虫がワサワサと出てきます。
暫く観察するか放置して様子見。
だいたい出尽くしたかなと思うタイミング(30分~1時間くらい)で虫たちを洗い流します。
さっと湯通しして冷水に浸け、準備完了です。

早速、味噌汁にして頂きました。おおお、美味い!
ゴミ取りとかしてる時は地味な作業なので腰が痛くなりましたが、耐えた甲斐がありました。
食べ切れなかった分は、塩漬けや醤油漬けに、数日中に食べたい分は、めんつゆに漬けておきます。それにしてもキノコの下拵えがこんなに辛いとは・・・来年はもう少しお持ち帰りの量を減らしますね。

来週は「道民森づくり ネットワークの集い2012」です。
皆さん、遊びに来てくださいね。
札幌ウッディーズでは、パネル展示や木こり体験などなどの催しがあります。
他の団体のテントやイベントなどもありますので、色々楽しめると思います。
お手伝い希望の方は、豪華昼食弁当(?)の手配がありますので、IS事務局長さんの方に早めに連絡してください(とのこと)。

(菊地)
[PR]

by woodies | 2012-10-15 12:41 | 活動記録 | Comments(0)  

平成24年9月23日(日) 高川山林 参加人数:19名、天候:晴れのち曇りのち雨

高川山林集中作業の最終回です。
今回も間伐班と草刈班に分かれての作業です。

c0173813_20571763.jpg

気温は25℃、先週までの暑さとは打って変わって過ごしやすい気温です。これで、ソヨソヨと風でも吹いていると気持ち良いのですが・・・。



c0173813_20574989.jpg


KDさんは体験参加のHSさんとメチャ元気なdogさんのアテンドです。いつもはタフワークモードですが、今日はソフトテンションモードですね。



草刈も順調で笹薮がスッキリとしてきました。

c0173813_21232175.jpgc0173813_21234292.jpg








c0173813_21301962.jpg
間伐班ですが、3号機の調子が悪いです。
アイドリングやフケが良くありません。スロットルを握ると止まってしまうこともありました。
取り敢えずプラグかエアフィルターをチェックすれば良かったのではないかと後になって思いましたが、現場ではキャブの不調だと思い込んでいました。


そんな訳で、3号機は作業の見学です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お昼はお手伝いに来てくれていたMYさんのご家族から、キノコ汁とチャンチャン焼きとカブラ漬けとフルーツ白玉の豪華差し入れがあり、メンバー全員、美味しく頂きました。

c0173813_21383288.jpg

c0173813_21424894.jpgc0173813_21431262.jpg








人数が多いので、簡単な差し入れでも大変なのに、手の込んだ品々、デザートまで用意して頂き感謝です。ありがとうございました。

c0173813_21503034.jpg
c0173813_21525319.jpg

c0173813_21533372.jpg

シーズン中酷使したチェンソーは、刃も大分減ってきて切れ味が悪くなってきました。
何時に無く目立てにも熱が入ります。


c0173813_2214328.jpg

KT君は8月11日の活動で伐採した胡桃の木の青い実を土に埋めていたのですが、それを掘り返しました。良い具合に果肉が腐り、あの見慣れた種になっていました。


c0173813_2223188.jpg



NSさんは木の箸に塗る油として使いたいと言う事でお裾分けしてもらっていました。口に入れる物だから、胡桃の油なら安心して使えるんですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

c0173813_2225313.jpg
ISさんの技で、倒す方向を正確にするために切り口に角度を付けたり、細かく調整しながら切った切り株です。



c0173813_22255430.jpg



見事に木々の間に倒し込みましたよ。
グッジョブ!です。





午前、午後と除伐作業も着々と進み、倒した木の枝葉を取り、運び易い長さに切り分けて歩道脇に寄せます。

c0173813_22324377.jpgc0173813_22334844.jpg
c0173813_22342129.jpgc0173813_2235543.jpg

















薪材の確保も順調の様です。

c0173813_22382823.jpg

これは前回までに整備した箇所ですが、作業入り前と比べると見違える程スッキリとしています。暑さと闘いながら奮闘した甲斐がありましたねー。

c0173813_22411874.jpg

参加の皆様、お疲れ様でした。

(菊地)
[PR]

by woodies | 2012-09-24 22:19 | 活動記録 | Comments(1)  

【支援】新山川草木 どろ亀さん記念22世紀の森 下刈り

7月16日(土) 参加者:10名 天気:雨

ウッディーズの活動だったら、中止になるだろうと思われる程の強い雨!
新山川草木の方にお聞きしたら、予定に組んだ行事の中止はないのだそうです。
ということで、我々も作業準備に掛かる。
昼食のジンギスカンを楽しみに・・・雨の中でも食べられるようにターフが張ってある。

c0173813_10135893.jpg
重装備でいざ出発。
作業道の左側奥から開始。
一畝に一人ずつ入ってゆく。
直線的に刈れるここの作業は
練習として結構楽しみ。
広い空間だと気づかない内に
曲がったり、
違う方向に行っていたりするので、、、


c0173813_10141317.jpg
雨に濡れた
やわらかい緑に輝く草を刈る。
シュルシュル刃が回る。
刃を草の中に入れると、
一斉にバッタが飛び出す。
エンジンの回転を余り上げず、
刃の動きが見える位にして、
キュン、キュンと
刃が草を刈る瞬間を感じる。
ゆっくり、ゆっくり。
半歩ずつ、半歩ずつ。
                                 刃が地面との際を舐めるように進んで行く。

でも、法の部分や、植樹のために盛り上げた部分は、斜めに刃を移動するのが技術的に難しい。
足の踏ん張りが必要だ。狭い斜めを刈るのはどうしたらいいのだろう。
身体に負担をかけず、(楽をして?)いい成果を得たい。
樹々たちが清々しいだろうと思う人間のエゴと、
自己満足との兼ね合いが作業状況を決めていく。

昼食は、焼きそば入り特製ジンギスカンをお代わりして頂き、午後の作業に備えた。

午後からは一時雨は止んでくれたが、3時までびっちり働いた。
でも、目標まで到達できず、途中で作業を終える。
後は、新山川草木さんの明日の活動に期待して・・・
[PR]

by woodies | 2011-07-16 00:00 | 活動記録 | Comments(1)  

4月16日(土) 参加:18名 天気:曇りのち雨

道路の雪もなくなり、小樽までの快適な道路で走り出したが、お天気が予報と共にあぶなっかしい朝でした。高山山林は、だいぶ雪も低くなり、メインの斜面は滑るには面白そうな面持ちで私達を迎えてくれました。
作業を始めると、だんだん薄日もさしてくる神様のご配慮。倒木の運び出しはとても大変ですが、ブルーシートやソリに載せてしまえば、あとは雪の力を借りての極めて面白いスベ~スベ~の作業でした。
c0173813_19572464.jpg
そして、お楽しみのお昼ご飯!ホームページを手伝って下さる宮田さんの奥様が、美味しい美味しい豚汁、お手製の漬物などを用意してくださいました。冷えた体に本当に染み渡るおいしさでした。ありがとうございました。

高川さんの小屋にはあったか~い薪ストーブ、これがまたやわらかいあったかさなんです。この美味しいごはんとおいしい陽だまりのような薪の火で、もううたたね寸前の中、お昼前には小ぶりだった雨が、ご飯を食べたらやんじゃって………

午後からも頑張りました!!

久しぶりの山の仕事は、相変わらず苦しく楽しかったです。雪の楽しさも加わり、皆さんと騒ぎながらの楽しい作業の一日でした。これでやめられないんですねぇ。

 今回から、今年広報に新入りの私、佐藤友子が前回の高川さんの恐ろしく豊かな文章を読みながら書かせて頂く、このつらさ!どうか、ガマンして読んでくださいませ。あしからず、でございます。c0173813_19582028.jpg

薪下しの様子(動画です)
[PR]

by woodies | 2011-04-17 20:03 | 活動記録 | Comments(2)