<   2009年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

09’-19 定例活動 柴原山林の整備

12月6日(日) 参加:22名 天気:曇り時々はれ(ぱらっと雪)
柴原山林で本年度の仕事納
 
朝方まで嵐が続いて実施が危ぶまれたのに、
最終回だからという思い入れもあったのか大量22人の参加、
一年の最後を飾るに相応しい盛況だった。
 
自称幽霊会員・Hさんが、
「今年の最後だから、皆さんに足があるところを見てもらいたくて…」とおどける。
c0173813_20435395.jpg
作業は、除伐、風倒木処理など。
作業班を編成して林内に散らばる。

女性陣全員がチェーンソーを手に、
玉切り・伐木に挑戦した。
「簡単そうに見えたので、
私にもできそうと思ったけど、
イヤー、難しかった!」という述懐が聞こえた。
 
c0173813_20443170.jpg
山田プロの「模範伐倒術」
をみんなで見学させてもらった。

狙い定めた方向へ

保存木をすり抜けるように

確実に倒す妙技に痺れた。

「本物の木樵」ってスゴイ!と思わせる職人技。
「とても、あのレベルには行けない」という諦めに似た思いと、
「少しでも近づきたい!」と自らを鼓舞する思いが交錯した。
 

おじいちゃんの、もう一つの「遺産」
作業後、山主・Dさんが「今年、最後ですから」と挨拶された。

「柴原山林はおじいちゃんが孫や曽孫に遺してくれた大切な宝です。
おじいちゃんの思いを引き継いで山林の手入れをすることにしたために、
ウッディーズの皆さんと出会うことができました。
おじいちゃんは山とともに、人という財産を遺してくれていた、ということに気づきました。」
(高川記)
[PR]

by woodies | 2009-12-06 00:00 | Comments(0)