<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

4月16日(土) 参加:18名 天気:曇りのち雨

道路の雪もなくなり、小樽までの快適な道路で走り出したが、お天気が予報と共にあぶなっかしい朝でした。高山山林は、だいぶ雪も低くなり、メインの斜面は滑るには面白そうな面持ちで私達を迎えてくれました。
作業を始めると、だんだん薄日もさしてくる神様のご配慮。倒木の運び出しはとても大変ですが、ブルーシートやソリに載せてしまえば、あとは雪の力を借りての極めて面白いスベ~スベ~の作業でした。
c0173813_19572464.jpg
そして、お楽しみのお昼ご飯!ホームページを手伝って下さる宮田さんの奥様が、美味しい美味しい豚汁、お手製の漬物などを用意してくださいました。冷えた体に本当に染み渡るおいしさでした。ありがとうございました。

高川さんの小屋にはあったか~い薪ストーブ、これがまたやわらかいあったかさなんです。この美味しいごはんとおいしい陽だまりのような薪の火で、もううたたね寸前の中、お昼前には小ぶりだった雨が、ご飯を食べたらやんじゃって………

午後からも頑張りました!!

久しぶりの山の仕事は、相変わらず苦しく楽しかったです。雪の楽しさも加わり、皆さんと騒ぎながらの楽しい作業の一日でした。これでやめられないんですねぇ。

 今回から、今年広報に新入りの私、佐藤友子が前回の高川さんの恐ろしく豊かな文章を読みながら書かせて頂く、このつらさ!どうか、ガマンして読んでくださいませ。あしからず、でございます。c0173813_19582028.jpg

薪下しの様子(動画です)
[PR]

by woodies | 2011-04-17 20:03 | 活動記録 | Comments(2)  

’11-01定例活動 【支援】NPO苫東コモンズ 植苗病院山林整備

4月9日(土) 参加者:13名  天気:晴れ

今回のフィールドは苫小牧市植苗にある「植苗病院」周辺に広がる雑木林だ。
「病む人と出会い 病む人を支え 病む人に学ぶ」という理念を掲げる同病院は、「森林療法」を施す病院としても注目されている。「森林療法」とは、森の中に入ることで自律神経失調の改善を図るというものだ。森の精気にトランキライザーの効能を期待する…。我々自身が多かれ少なかれ実感しているところである。

今日は札幌ウッディーズと苫東ウッディーズという「兄弟」グループの協働作業である。
双方で20人ほどのメンバーが林内に散って、除・間伐にあたる。

札幌ウッディーズの作業区域は、
伐倒対象木に予め目印のテープがつけられているので、着々と作業が進む。
我々の仕事は伐倒木の枝払いと玉切りまで。
集積・搬出は
患者さんが作業療法の一環として行う。

c0173813_21505214.jpg久しぶりに参加した山田プロが
見事な伐倒術を見せてくれた。
伐倒方向を慎重に見極め、
隣接する木々の両側から
複雑に張り出し交叉する枝に
割り込むようにして倒していく。
それも、
傾き木を重心線に逆らい方向をずらして
次々と倒していくのだから、
見ていて酔いしれる。

この日、Kさんがチェーンソー初トライ。感想を聞くと、「本当はノコが好きなんです。」とのこと。
しかし、チエーンソーの快感を知ってしまって、いつまで「手ノコ派」でいられるかなぁ。
ホラ、
つい先ごろまで、おっかなびっくりだったWさんが手慣れた物腰でチエーンソーを操っているよ。

c0173813_2183764.jpgそれにしても、苫東の雑木林はいつ来ても気持ちイイ。
コナラの小・中径木が優勢な林内は見通しが良く、
林床を枯れ葉が敷き詰め、
草丈の低いエゾミヤコザサが彩りを添える。
時折、目にとまる黄色は慎ましく咲くナニワズの花である。

暖かい日差しと笹を揺らして吹き抜ける風が心地好い。

残雪が山肌を覆う札幌からやって来た我々を、苫東の春が暖かく迎えてくれた。
(文・写真:高川)
[PR]

by woodies | 2011-04-09 00:00 | Comments(1)  

【臨時】田嶋山林 カラマツの皆伐

4月2日(土) 参加者:15名 天気:雪

もう、4月だと言うのに吹雪き模様の天気。
横なぐりの雪がふきつけ風も強い。
高い枝先が大きく揺れている。

3人ずつの班に分かれ、
「今日中に全部倒したい!」と言う石田さんの号令のもと
皆、勇んで森に入り、作業開始。
作業は、カラマツ及び一体の樹木の伐倒と、倒した木の枝払い。

わが班は、バンバンというわけにはいかず、次々に架かり木に・・・
樹径30cmを越える架かり木を処理するのは、頭と技術を要する。c0173813_8441344.jpg
午後からは、チルホールを使って、架かり木の処理。

樹径は細いのに、樹高は結構高く、これ又架かり木に・・
伐った元が雪に埋まってしまい、抜けない。
こんな所で、労力は使いたくないのに・・

号令には遠く及ばず、作業は次回に持ち越し。

今日の反省:架かった木をどううまく処理するかも大事だけれど、
いかに架かり木にしないかが、作業能率を高め安全作業の基本だなぁ~。
(いつも、架かり木にしない努力はしているつもりなのだが・・)
[PR]

by woodies | 2011-04-02 00:00 | Comments(1)