<   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

平成24年10月28日(日) 荒巻山林 天候:曇りのち雨 参加:14名 

紅葉も深まってきた今日この頃に、荒巻山林にやってまいりました。

熊スポットだということで、笛をならし、声をあげ、チェーンソーをならし....スタートです。
今日は、下草刈り、30本程度の間伐ということです。久しぶりの荒巻山林なので、みんなで森の中を歩き、状態を確認しながら、間伐すべき木の目安をつけていきます。

今日は体験で森井Hさんが参加されました。みんなで「やさし~く、やさし~く」ですね。
入り込んだ森は、なかなかの暗い状態、笹もたくさん生えています。
c0173813_21564645.jpg



歩いていくと、「ふんっ」いや、フンがありました。Mさん曰くアライクマではないか...とのこと。
c0173813_2158428.jpg







小さな”秋”を見つけました。
c0173813_21593896.jpg











草刈り斑は、林道を歩いてだいたいの作業の目安を付けてから、スタート地点へ戻
り刈り始めます。
c0173813_222054.jpg
c0173813_2221886.jpg







草刈り班の”作業後”です。
c0173813_2224717.jpg
c0173813_2233964.jpg







伐採斑のいる林内へ入ると、皆さんの賢明なる作業姿です。
c0173813_224769.jpg
c0173813_2242732.jpg







c0173813_2251355.jpg


Nさんは、手ノコで頑張ってます。
体験のMさんも頑張っています。
c0173813_2254946.jpg









そして、作業後には、奥の暗かったところから、向こうの紅葉がのぞき始めました。
c0173813_229479.jpg
c0173813_2291454.jpg








だんだん雨が降ってきて、つらくなってきましたので、チェーンソーの講習会をして、終了となりました。
c0173813_2211876.jpg

体験のMさんは、めでたくご入会となりました。ありがとうございました。
今後、ぜひ頑張ってご参加いただいて、一緒に汗を流しましょう!

                   今日はTSが書きました。
[PR]

by woodies | 2012-10-29 22:11 | Comments(0)  

10月27日(土) 北海道神宮 天候:秋晴れ 14名参加

北海道神宮での今年初めての作業、天気にも恵まれ気分はサイコー!!

今日の作業は下草刈り、打ち合わせ後に下草刈り現場へ

毎年6月に下草刈りをしていたのが、「神宮の森」は草ボウボウの無残な姿になっていて驚いたしガッカリ…「新山川草木…」の応援部隊として境内の参道脇の枝払いが最初の関わり。最近は植樹個所の下草刈りが主体となる作業だったのでなおさらなのかもしれない。
c0173813_19535495.jpg


また「ゴボウ」という名の荒地で育つらしい花が大量に自生していた。
やっかいな花で体中に団子状態でくっつき「チカチカ」と痛くて痒く凄くつらいのです

今日は下草刈り後に「新山川草木…」主催の植樹も行われた

普通は植樹をすると数年、下草刈り作業はつきもの…
参道だけを考えずに周りの木々や植樹後の手入れなども考えてもらえたらと願う。
今後もボランティア精神で神宮の森に関わっていきたいものです
c0173813_19544478.jpg
c0173813_19562570.jpg








昼食時には差し入れの豚汁をいただきました…美味しかった!
寒い作業の時は温かい汁物の差し入れは大変ありがたいです。

c0173813_201993.jpg


作業中にキツネかタヌキと思われる巣穴を発見、ねずみの巣穴には遭遇した事はありましたが、もっと大きい!土の柔らかさを考えると最近ものだと思う。
c0173813_19553393.jpg

出会い
少し障害のある中学生位の子供が道路から中に入り、何故か私の刈払い機の音が気に入り作業を見学(?)。一緒の方の話しではエンジン音が好きらしく私の後ろを離れない。
危ないので作業を中断して少し離れて帰ったのを見て再開、でもまたエンジン音で気が付き寄ってきた。
今年の目標は刈払い機が上手く使える事、でも刈払い機の音が先に目標を達成?彼が私のウデを証明してくれたかな。。。。??

作業して気がついた事、缶・ペットボトル等のごみも沢山ありました
…「神宮の森」は草ボウボウだから見えないから捨てちゃえーの気分なのかな…..
やっぱり、草ボウボウは良くないことですね。

帰りに家に向かう途中で住宅地から山の稜線に霞みがかかっており、雨でも降ったのかな思っていたら…
 なんと!雪虫の大群だったのです。話には聞いていました、凄い雪虫の猛威に圧倒されました。

                        本日の筆者は K.Wです。
[PR]

by woodies | 2012-10-29 20:06 | Comments(2)  

平成24年10月20日 道民森づくり ネットワークの集い2012 天候:雨時々曇 参加人数:13名

今日は「道民森づくり ネットワークの集い2012」の出展参加です。

c0173813_2146345.jpg

普段の活動とは雰囲気がガラリと変わり、多くの人で賑わう街中での活動となります。
場所は札幌市の中心部、道庁赤レンガ庁舎前の広場(テント村)です。
出展参加団体は44団体、各種イベントや趣向を凝らした展示などで道行く市民や観光客をもて成します。これは、道が行っている「森づくりフェスタ」の一環のイベントで、森林ボランティア団体などが集まって、森の楽しさ、素晴らしさを一般市民に伝えるための恒例のイベントです。
「札幌ウッディーズ」は、東門の入り口一等地にテントを構えました。

c0173813_21535312.jpgc0173813_226775.jpg









朝、8時30分集合で各自準備に掛かります。

c0173813_2294514.jpgc0173813_2210816.jpg
c0173813_2212219.jpg

メインイベントの木こり体験コーナー、樹種は、落葉松や白樺、エンジュなど7種類。
IH君たちのヒノキチップ販売や山仕事で使う道具類の展示、私たちが日頃行っている活動の紹介パネル展示など、多くの方に日頃の活動を知ってもらう良い機会になります。

c0173813_22172544.jpg


が、しかし、隣のスペースに何やら大きな水槽らしき設備が・・・何と下川町からやってきた団体さんの鮭の掴み取り(無料)コーナーです。
イベントをいっそう盛り上げてくれそうですね。




今年の開会式は、高橋知事が出席して植樹を行うなど盛大に行われました。

c0173813_2328513.jpgc0173813_22233962.jpg










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
札幌ウッディーズのテント前は何故だか時折人だかりになります。

c0173813_22283686.jpg

木こり体験では、手鋸による玉切りをしてみたいという人たちで賑わいます。

c0173813_22303191.jpg





小さなお子さんからお年寄りまで、皆さん好き好きに樹種を選んでギコギコしていました。

c0173813_2233880.jpg


切った木はお持ち帰りできます。
コースターなどに使いたい人が多かったですね。

c0173813_2236128.jpg




あいにく札幌の天気は、晴れたり曇ったり雨が降ったりと安定しない天候でしたが、会場は多くの人で賑わいました。



木工が得意なTK君が、冶具が良く出来ていると喜んでいたので、他のテントで行っていた箸作りを見てきました。小さな子供でも数分で立派な箸が出来ます。これは素晴らしい!一家に一台欲しいくらいです。

c0173813_2241276.jpg

その他にも各団体趣向を凝らした企画が盛りだくさんありました。


c0173813_22443524.jpg




木や草花を使った色々なクラフト、丸太のピーリング(皮むき)体験、樹木医による樹木相談、キノコの展示や試食などなど、ブラブラと他のテントを覗いて歩くだけでも楽しいです。


中でも一際注目を集めていたのが、チェンソーアートの実演です。
実は、私もチェンソーアートには以前から興味を持っていて、チェンソーアートを日本に広めた第一人者であるチェンソーアート・ジャパンの城所氏に教わりに、和歌山県まで行ったこともあります。

c0173813_22531744.jpg

下川町をベースに活躍する木霊氏による実演は、迫力とスピードがあり、見る人を魅了します。丸太ん棒が見る見る間に立派な木彫作品に仕上がります。それも道具はチェンソーだけでですよ!

c0173813_2256758.jpg
c0173813_22563766.jpg

どの作品も作品の持つ表現力が素晴らしいです。
出来上がった作品も芸術ですが、作品を作る工程そのものも芸術なんですね。
機会があったら是非一度見学してみてください。楽しめると思いますよ。

c0173813_2324821.jpg

IH君、TK君は隣の鮭の掴み取りに飛び入り参加して、立派な鮭をゲットしました。
「獲ったどー!」状態です。凄く嬉しそうです。当然、ヒノキ販売は、ほったらかしです。

c0173813_239249.jpg

札幌ウッディーズのブースは、外国や本州から観光に見えた方なども含めて、樹木に興味を持つ人たちで終始賑わっています。

c0173813_1084121.jpg



一番人気はエンジュでした。白樺、イタヤ、アオダモと続きます。

c0173813_2312173.jpg



IH君が木箱一杯に用意したヒノキチップも、ほぼ完売して大成功。

c0173813_23153461.jpg



何時もとは180度全く雰囲気の違う活動でしたが、本当に楽しい一日でした。
これを機に新しい会員さんたちが増えてくれると嬉しいですよね。


(菊地)


突然ですが、木こり体験人気樹種ランキングー!
1位 エンジュ 鮮やかなツートーンカラーの切り口が良いです。昨今、なかなか手に入り難い材ですね。
2位 白樺 樹皮の白色、北海道の樹というイメージが人気です。
3位 イタヤ 繊細な目理がクラフツマン心を刺激します。
4位 アオダモ 野球のバットに使われる木ということで、野球少年(?)に人気です。
5位 桜 香りが良いです。スモークハムが食べたくなります。
6位 ミズナラ 樹皮はゴツゴツしていて無骨ですが、味があると思います。薪材としては一級品ですが・・・。
最下位 落葉松 ・・・ノーコメントです。

c0173813_11111475.jpg

イベント終了間際の丸太たちです。エンジュ、もうありません ><
[PR]

by woodies | 2012-10-20 23:21 | 活動記録 | Comments(3)  

平成24年10月13日(土) 田嶋山林 天候:晴れ(時々小雨)参加人数:13名

c0173813_2353538.jpg

先週に引き続き田嶋山林の草刈&除伐作業です。朝の気温は12℃、9月の猛暑は何だったんだと思うくらい秋らしい天気です。


c0173813_2252188.jpg



間伐は急斜面の笹薮での作業になり危険ですので、ベテランのISさん、WTさん、MYさんの3人が担当です。残りのメンバーは草刈と高枝切り作業です。


間伐班は、斜面が急で足場が悪いので、かなり難航しています。
切った木が転がったら、逃げ場無しで大怪我してしまいそうです。
c0173813_2333875.jpgc0173813_2371256.jpg
c0173813_23113357.jpg











草刈班は速いペースで作業が進みます。



c0173813_23173352.jpg



実は、もう一つの重要な任務があります。
それは・・・お楽しみキノコ狩りでーす。
OBさん、ボリボリ(ナラタケ)大量ゲットです。




草刈は順調で早く終わったので、キノコ狩りに参加!
もしかすると全く記憶に無いので、人生初のキノコ狩りかも知れません。

その辺にニョキニョキ生えてるのかと思って頑張って探してみましたが見つけられません。
道路脇に生えてるボリボリらしきキノコを少量ゲットしましたが、道すがら見かけたST(K)さんが大量の落葉キノコを採っていたので、早速弟子入りしました。

c0173813_23241241.jpg

おお、ありました、ありました。

c0173813_23262557.jpgc0173813_23282734.jpg









白いのは、あまり美味しくないので採らずにスルーするとのこと。ラジャー!です。師匠!
途中、正体不明のキノコや見た感じ絶対毒キノコらしきキノコを観察しながら、ひたすら落葉キノコを追い求めます。落葉キノコ(ハナイグチ)に似たまぎらわしい毒キノコは無いので素人向けのターゲットですし、原木栽培ができないので季節限定、旬の食材です。

師匠のST(K)さんはキノコ狩りが上手いですね。見る見る間に大量ゲットです。

c0173813_23292663.jpg

お昼休みに各自収穫したキノコを集めて、皆で分け合いました。
すごい量です!皆さんキノコ探しが上手ですね。

c0173813_23321027.jpg
c0173813_23323788.jpg


午後は全員で間伐作業です。
掛かり木になった木の処理も急斜面のため作業が難航します。

c0173813_23365732.jpgc0173813_23374664.jpg









倒した木の枝に付いていた宿り木です。
全く違和感が無いので、知らない人が見ても気が付かないでしょうね(何を隠そう私のことです)。上手に寄生するんですね。

c0173813_23414488.jpg
宿り木はクリスマスの飾りなどでよく使われていますが、こんな風になっていたんですね。
ヨーロッパでは不思議な力を持つ木とされ、イギリスでは宿り木で作った飾りの下にいる女の子にはキスをしても良いという習慣があり、キスをしたカップルは結ばれると伝えられています。
なるほどね。


遊びに行ってきた感たっぷりなブログ内容になっていますが、ちゃんと仕事しましたよ。
信じるか信じないかは、貴方次第です!m9(`Д´)

さて、田嶋山林での今年の活動はこれで終わりです。
オーナーさん、キノコのプレゼントありがとうございました。
また来年お会いしましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
追記:MYさんに教わった通りに落葉キノコの下拵えをしました。
表面のゴミを取って少し濃い目の塩水にキノコを浸けます。
(塩の代わりに酢を使う場合もあるそうです。変色を抑えられるとの情報あり)
すると、裏側のスポンジ状の繊維から白くて細い虫がワサワサと出てきます。
暫く観察するか放置して様子見。
だいたい出尽くしたかなと思うタイミング(30分~1時間くらい)で虫たちを洗い流します。
さっと湯通しして冷水に浸け、準備完了です。

早速、味噌汁にして頂きました。おおお、美味い!
ゴミ取りとかしてる時は地味な作業なので腰が痛くなりましたが、耐えた甲斐がありました。
食べ切れなかった分は、塩漬けや醤油漬けに、数日中に食べたい分は、めんつゆに漬けておきます。それにしてもキノコの下拵えがこんなに辛いとは・・・来年はもう少しお持ち帰りの量を減らしますね。

来週は「道民森づくり ネットワークの集い2012」です。
皆さん、遊びに来てくださいね。
札幌ウッディーズでは、パネル展示や木こり体験などなどの催しがあります。
他の団体のテントやイベントなどもありますので、色々楽しめると思います。
お手伝い希望の方は、豪華昼食弁当(?)の手配がありますので、IS事務局長さんの方に早めに連絡してください(とのこと)。

(菊地)
[PR]

by woodies | 2012-10-15 12:41 | 活動記録 | Comments(0)  

平成24年10月6日(土) 田嶋山林 天候:晴れ 参加:9名

とてもさわやかな秋晴の朝です。気持ちよく現場へ向かいます。

今日はお天気いいのに9名、みなさん行楽へ出かけてしまったかなぁ.....

田嶋山林は、去年は程よい回数入り、しっかりと間伐をしてきましたが、今年は2回目。春にみんなと調査してまわり、暗かった場所を間伐していこうと作業です。
久しぶりに入る森はなかなかウッソウとしていました。ただ、足場がとても危険。結構な急斜面の山です。
高枝切とチェーンソーでの作業となりました。

c0173813_16444314.jpg

枝打ち、なかなか高いところでかなり四苦八苦。女性陣二人で変わりバンコに切っていきます。
笹も伸び放題で、これを切っただけでもかなりスッキリするのに。

男性陣は、かなりの急斜面を降りていきます。その斜面にのっての作業ですから、危険は大きい。朝のミーティングでも、山作業の事故が起きているので、十分に気を付けてと再喚起がありました。
よって、写真も上からのぞくようにしかとれず、すみません。
c0173813_16522767.jpg
c0173813_16523939.jpg








というわけで、かなりバテて早めのランチタイム...と、向かおうとしたら。
なんとなんと、きのこの山!! Mさんは大好きで”取り放題”状態!!
「うわぁ、こりゃひどい! ワヤだぁ~!」と、福島出身の私には”現場の生の北海道弁”。こう使うんだぁ...って感じです。いつも淡々とモリモリと作業をこなしていくMさんが、もうお顔はほころびっぱなし....作業などどこ吹く風!いやいや、人の喜びの顔ってもんは全てをはねのけていきます。

というわけで、本日の収穫「落葉きのこ」~!!
c0173813_16535472.jpg

Mさん、曰く。こんな時期にキノコが採れるなんて初めてだそうです。やっぱり暑かったんで、ずれこんだのだろう、と。しかも昨日は雨だったから、ぐんぐんと伸び、今日の収穫だから虫が入る暇もなく、きれいなきのこで、一級品だそうです。

みんなで分けて、美味しい秋の味覚となります。

午後からは、また間伐ですが、結構枯れている大木も多く、その倒れる音には本当にビックリ!
ど~~~ん!!! 枯れているので途中で折れて倒れていきます。
c0173813_165816.jpgc0173813_16581341.jpg









なかなかお疲れの作業でした。
途中で見つけた、なんともすごいサルノコシカケ!?
c0173813_1659581.jpg

来週も田嶋山林、なかなかハードですが、なかなかのお土産つき!ぜひ袋をお忘れなく!
[PR]

by woodies | 2012-10-15 12:40 | Comments(0)  

9月29日(土) 当別町山田山林 天候:晴れ 参加 13名

前日に降った雨の影響か作業道のぬかるみに少々手を焼きながら(車)やっとの思いで現場に到着、やれやれです。この山田山林、約20へタールに及ぶ広ーい所。
まっすぐに伸びた10~20m位のトド松が林立する大変に印象的な山、おじいちゃん、お父上、そして現在の山主さんと三代も続く山林です
現在は山主さんが農作業のかたわらお一人で山の管理をしていますが、やはり手が回らない様子です。

今日の作業は笹借り。
前週に山を下見して歩き、作業場所に選んだのは、ほとんど手の入っていない山頂部分の一角。

作業道沿いの約100㎡位でしょうか、2列に植林され10~15mくらいに育ったトド松が10本ほど立ち並ぶ小高い所です。
またこの日は山主さんが当別森林ボランティア「シラカンバ」の会員でもある事から、シラカンバとの共同での作業となりました

蛇足ですが・・
私が当別森林ボランティア「シラカンバ」の一員としてこの山に関わり始めて4~5年が過ぎているでしょうか?稚樹の苗畑を作ったり、シイタケやナメコのほだぎによる栽培場所であったり、ヤチブキやウド、タラノメといった山菜採りが楽しめる場所でした。

さて笹刈です。
作業前に必ずある笹刈りレクチャーですがいきなり根元から刈払わないで2段刈りで行いましょう!!
これは視界確保(刈進む先が良くみえる)が出来て安全に作業が進む手段です。
しかし、長い年月に渡りこの地に根付いた笹竹は一筋縄では行きません。2m前後の、あちらに伸び、こちらに伸び、そちらに伸びた笹竹が何重にも重なり行く手を阻みます。多少は上手に刈れたかなと思い刈り跡を振り向くとニョキニョキ立ち上がっている始末。
地際まで刈払ったつもりで一歩、二歩と刈進んだつもりなのに・・・。
やはり完璧は無理なのかと思いつつ。汗だくだくの腕力勝負の作業となります。しかし一人作業では遅々として進まない作業もやはり人数ですね。

お昼前には予定していた作業ポイントはおおむね終了して、昼食は刈払いが終わった一番小高い見晴らしの良い場所。
作業が終わった充実感とその場を見渡しながらの昼食は美味でおつかれさん!!と言わんばかりの微風は大変心地良いものでした。

山田山林での作業は今回が初めてでした。
山主さん、シラカンバさん、ほんの少しづづですが今後ともよろしくおねがいします。
[PR]

by woodies | 2012-10-10 20:17 | Comments(0)