<   2012年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

平成24年11月23日(金) チェンソーメンテナンス講習会 天候:雪 参加:19名

この日はエンジニアのIGさんを招いて、エンジン機材のメンテナンス講習会が開かれました。この講習会は札幌ウッディーズ恒例の定例活動で、毎年開かれています。参加人数は、体験参加者のMNさんを入れて19名と多く、会員の機材への関心が高いことが窺われます。
c0173813_859023.jpg

各自シーズン中に酷使したチェンソーや草刈機などの愛機を持参して集まりました。
c0173813_9212590.jpgc0173813_11104065.jpg
c0173813_11115074.jpg

第一部の草刈機のメンテナンスでは、シャフト部分の構造やエンジン調整の仕方などを教わりました。また、低速や中速での使用も多い機材ですので、どうしても付いてしまうエンジンやマフラーのカーボンの処理方法やナイロンコードを使う場合の注意など、現場で即役立つ情報も教えていただきました。
c0173813_9372471.jpgc0173813_9381787.jpg










第二部のチェンソーのメンテナンスでは、9月23日の活動でも、その後の活動でも不調だった3号機を自信満々に教材にしましたが、この日は調子がメチャ良かったです。えー!あの時ダメダメだったじゃん!止まれ!と心の中で叫んでみてもエンジン絶好調。一発始動で吹き上がりも問題なし。何事も無かったように調子よく動いています。何でー!?何か嵌められた気分・・・(-。-;)
c0173813_958745.jpgc0173813_10151489.jpg
他のメンバーのチェンソーも教材になるような酷い状態のものは無かったです。
殆どの不調は簡単な清掃や調整で元に戻りました。キャブレターなどを弄らないと直せないケースは殆どないらしいので、不調な機材をお持ちの会員は、まずは掃除から始めるのが吉です。特にキャブレターの調整ネジは「魔法のネジ」ではないので、無暗に弄らない方が良いです。素人がキャブレターの調整ネジやキャブレターを闇雲に弄っても良い事がないので、まずは正しい知識を身に付けましょうとのこと。
c0173813_10182868.jpg
c0173813_1025749.jpg

c0173813_10294340.jpg

そんなこんなで「あ!」と言う間に時間も過ぎて、とどのつまりは目立てです。
やはりここに行き着きます。ガイドバーの状態や刃の状態を入念にチェックして、正しい目立てをするのが基本です。
c0173813_10393597.jpgc0173813_10472395.jpg
c0173813_10483679.jpgc0173813_10563714.jpg

目立てを制するものはチェンソーを制す・・・ですね。
IGさん、ありがとうございました。知っている様で実は知らない機械のメンテナンス、凄く為になりました。また次回もよろしくお願いします!
c0173813_117134.jpg


それにしても3号機・・・。

(菊地)
[PR]

by woodies | 2012-11-24 11:20 | 活動記録 | Comments(0)  

平成24年11月17日(土) 【支援】大島山林 天候:雨 参加12名

朝から雨が降っていました、のに、集合場所の「遠浅駅」にはちゃんといる!いいですぇ、みなさん!
現地へ移動し、さてさて、やっぱり「中止」。だけど、そのママは帰らない。急きょ、「散策」に早変わりとなりました。
c0173813_20473177.jpg









苫東ウッディーズKさんとオーナーご夫妻と散策を始める。みんな、すきだなぁ...雨の中を傘を差し、カッパを着ながら進んでいく。
そこで、薪入れの小屋の骨組みに出会う。ここ苫東コモンズは、間伐材の利用として薪材を販売している。そのため、作った薪を保存しておくのでしょう。よくできた枠組みです。
c0173813_20573182.jpg


落ち葉だらけの散策道は、まぁ、さっくさく....気持ちいい~~!!水たまりを長靴でジャブジャブ入るように、がさがさという音を楽しみながら歩く。
c0173813_210275.jpg
c0173813_2115713.jpg

あ、きのこだ!   なんだ、このきのこは。。。??きもちわるーい...

みんなで、あーでもない、こーでもないと、歩く楽しさは山好きの仲間。
途中、小さな小川が流れていて、ほんとに自然にできた川。その中に落ち葉が落ちていて、なんだかとってもきれーーー!絵をみているようでした。
c0173813_214483.jpg
c0173813_2142197.jpg


最後にWさんがなめこを見つけ、あるある、たくさん!今年はキノコの当たり年ですと! みんなで分けて頂く。

かれこれ、2時間ぐらい散歩し、ミーティングをして終わりました。こんな雨の中、緑がきれいになり、歩くのもマイナスイオンたっぷりできもちのいい散策でした。...
とは札幌ウッディーズか!?

苫東コモンズのKさんから、この大島山林の薪材の売れ具合などを聞き、当会も間伐材の活用にと参考にさせていただきます。ありがとうございました。

このあと、恒例の”そば哲”にみんなで食べに行き、おいしいおそばに舌鼓をうちながら、解散とあいなりました。

                                                    さとう著
[PR]

by woodies | 2012-11-18 21:14 | Comments(0)  

平成24年11月10日(土) オーンズスキー場 (活動外活動) 天候:曇り 参加:5名

この日は北山山林での臨時活動が会の正式活動ですが、伐採作業が行われていたオーンズスキー場でも予定外活動が行われていました。
c0173813_1272883.jpg

c0173813_129209.jpg

作業日程は9日までとなっていましたが、最後の方の切り倒した木が散乱したままの状態なので、それが気に入らないメンバー数人が集まり後片付けをしました。




c0173813_12112921.jpg
本当は予定外活動として、伐採した木の破材が若干あったので、それを薪材などに欲しい会員に持って行ってもらおうと計画していて、現場管理に役員の方が付き添う段取りでしたが、人が集まらずに役員と手伝いに来た会員だけが参加した形になりました。薪材じゃなくても直径50cmくらいの木の根元の材などもあったので、ガーデン用に丸太のテーブルや椅子などが欲しい人にも良かったかもしれませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、今回の作業は丸々2週間におよぶ大仕事でした。
連日のように雨や風にみまわれ、過酷な条件下での作業が続きました。

c0173813_12251180.jpg
倒した木は大小合わせて約130本にもなり、多くは高さ20m、直径30cmを超える大木でした。
正直、本業者顔負けの作業内容ですが、限られた人員と機材のなか、ここまで出来る(やる)ボランティア団体ってあるんでしょうか?

c0173813_12263429.jpg



また、これだけの危険な作業を長時間こなして怪我人を一人も出さないのは、スキルレベルの高さを表しているのではないでしょうか。
全国的にも珍しい団体だと思います。



平日の作業が多い今回の活動の主力メンバーは高齢者や主婦でした。
c0173813_1230674.jpg

日曜日の活動だった4日を除けば、集まるメンバーは大体5人前後です。振り返ってみて、幾つかのキーワードが浮かびますが、やれば出来るものなのだとつくづく思います。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
作業開始前の現場です。

c0173813_12462720.jpg

スキー場の一画にある鬱蒼とした松林、熊笹の生い茂る林道の下草刈りから始まりました。

c0173813_13141756.jpg

木を一本、また一本と倒すうちに開けてくる視界、その積み重ねが安全に効率よく作業を進めるための作業場を作ります。

c0173813_13221550.jpg
特に今回はスキー場オープンまでの短い期間に仕上げなくてはならず、ピッチも上がりますので、安全管理は最重要です。
4日の活動では人数も集まり作業も進みましたが、この間までに作業環境が整っていたので、メンバー全員が安全に作業が出来ました。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
11日はスキー場オープンです。
このスキー場は経営難のため一度閉鎖されたのですが、存続を願う地元住民の声に、兵庫県の会社が経営を引き継ぎ再開されることになりました。

c0173813_13253251.jpg

人口雪で斜面を覆い、セレモニーの準備が進んでいます。今回の作業現場も新たなコースとして多くのスキー客で賑わうこととなるのでしょう。


c0173813_13272568.jpg





参加の皆様、長老方、本当にお疲れ様でした!
迫力満点の大仕事でした。



因みに、今回の活動で極太丸太の玉切りの最中、おニューのチェンソーが壊れてしまいました。・・・(;∀;)

(菊地)
[PR]

by woodies | 2012-11-13 13:32 | 活動記録 | Comments(2)  

平成24年11月10日(土) 北山山林 天候:快晴 参加:10名 

昨日の雨もやみ、朝から見事な秋晴れ!きれいな青空を眺めながらのドライブです。千歳に向かい、36号線を遠くに恵庭岳を眺めながら、ほれぼれするような風景です。

北山山林は平地にあり、作業もしやすいけど、なんともいい林です。いつも春に入るのですが、珍しく秋に入り、葉が落ちた林はこれまたなんとも落ち着いたいい茶色になった林です。今日はNさんが体験でお入りくださいました。どうぞご堪能されますように。
c0173813_16525995.jpg

本日は間伐ですが、木は背丈ほどで直径もまだまだ2,3センチぐらいです。火山灰地ということで、低木はまだ切らず、背丈ほどの木を3メートル間隔ぐらいになるように、間伐していきます。選木班が赤いテープをつけて残す木を示してくれます。いつもの作業に比べれば、とっても楽!青空を楽しみながら、のんびりと作業していきます。こんな作業日も珍しい!
c0173813_1656316.jpgc0173813_16564023.jpg





途中、「背高泡立ち草」がまさしく背が高くなっていて、作業と共に口や目に入ってきます。
c0173813_16582949.jpg


また、ふと眺めると、ここはアフリカ!?と思えるような背の高い木が青空にそびえたち、眺め入ってしまいます。
c0173813_16592120.jpgc0173813_16591726.jpg











あっという間にお昼になり、ちょっと小寒い中、みんなでお昼ご飯。今日はりんごに柿にバナナと豊かなお昼ご飯でした。

作業は午前中で終わり、午後からは組合さんが作業してくれた「列状間伐」があるので、Kさんが見せてくださるということで見学へ。
ほんと、きれいな間伐状態です。
c0173813_1734116.jpgc0173813_1732813.jpg







列状間伐は、作業効率よく間伐ができるということだそうです。
みんなで気持ちのいい林を歩きながら....カラマツの茶色が青空のもと、まさしく黄金色!本当にきれいでした! お疲れ様でした。Nさん、どうかご入会いただけますように。
c0173813_1794419.jpg

                                                  TS著
[PR]

by woodies | 2012-11-11 17:10 | Comments(0)  

平成24年11月6日(火) オーンズスキー場 天候:曇り 参加:5名

c0173813_2283381.jpg
11月11日のオープンに合わせ、急ピッチで伐採作業が続いているオーンズスキー場ですが、平日の活動ということもあり、定年退職したメンバーなどが主力となります。つまり、老人パワー全開です。
今日の参加者は5人でしたが、仕事を休んで参加するメンバーもいますので、もう数人多い日もあります。


老体に鞭打ち、さぞかし難儀しているだろうと覗きに行きましたが、老体どころか巨木をバッタバッタと切り倒しまくっていて、逆に足手まといになってしまいました。実を言うと、ウッディーズの年配者は山に慣れ親しんだ人が多く、そこらの若者よりも足腰が強く体力もあります。高齢者と呼ぶには違和感をおぼえる人たちなのです。

c0173813_22261795.jpgc0173813_22275146.jpg










c0173813_22302613.jpgc0173813_2231611.jpg









c0173813_2231353.jpg

年配者じゃない人もいますよ。念のためと身の安全のため言っておきます。(;^_^A アセアセ・・・

c0173813_22354661.jpgc0173813_22383065.jpg










重たい荷物はネコ車に載せて移動です。

c0173813_22393651.jpg


次から次へと木を倒し、これだけ重労働しても体力はまだまだ余っていて、WTさんの見つけた高い木の上の方にある山葡萄を、総力を挙げて採りに行きます。

c0173813_2246659.jpgc0173813_22465711.jpg










c0173813_22494496.jpgc0173813_2250256.jpg










c0173813_22521369.jpgc0173813_22523026.jpg









チームワークは、バッチリですね。
霜の影響で葡萄の甘味が増していて、良い山葡萄酒ができそうだとMYさん。
メンバー其々、レジ袋一杯の山葡萄の土産ができました。

c0173813_22594081.jpg


この作業(木の伐採の方ですよ)は、9日まで続きます。残り十数本です。

(菊地)
[PR]

by woodies | 2012-11-06 22:21 | 活動記録 | Comments(1)  

平成24年11月4日(日) オーンズスキー場 天候:雨 参加:13名

海が見えるスキー場として全国的にも珍しい、小樽市にあるオーンズスキー場では、10月29日から11月9日までの間、継続的に伐採集中作業が行われています。

c0173813_095914.jpgc0173813_0113117.jpg









今日は日曜日ということもあり、平日は仕事で参加できないメンバーも顔をそろえました。
メンバーのYAさんは現職の木こり(林務作業者)です。

c0173813_0133858.jpg

プロっぽい感じの人なので、初対面の私は、安全管理のために付き添いに来た依頼主さん側の人かと思っていました。普段の活動では殆ど会う機会はないのですが、この日は参加して他のメンバーに作業全般にわたっての技術指導をしてくれました。生の現場で培った経験や技術ですので、この上なく参考になります。

c0173813_0143972.jpgc0173813_0145699.jpg









作業の細かなコツや安全管理、伐採技術についての詳しい説明は、会員其々のスキルアップに一役買ってくれそうです。

c0173813_0283182.jpg

仕事で木を切って休みの日に趣味で木を切るのは複雑な気持ちでしょうね。
偶にしか顔を見せないというのも理解できます。どことなく、あの人に似ているナイスガイです。

c0173813_0364951.jpg
樹齢50年以上のカラマツは、直径50cmを超えています。高さ20メートルを超える高木を倒すと、ザザザバキバキと枝葉を揺らしながらズシーン!と倒れます。かなりの迫力です。

c0173813_0394933.jpg





伐採班がバッタバッタと次から次へと木を倒すので、処理班は大忙しです。



SYさんとMYさんは、決められた寸法に切られた木を作業場から下ろして整理しています。
この二人は息が合っていて、適度にマイペースなので仄々します。

c0173813_041141.jpgc0173813_0414220.jpg










c0173813_04436.jpg

終了時間も迫った頃、「終わりだよー!」と声をかけるWTさんの声に「もう、三本!」と伐採班からの返事。何時になく伐採に熱が入るチェンソー組に「本当に好きだよね」と、あきれる処理班の面々。雨の中、海の見えるスキー場に木の倒れる音が鳴り響くのであった・・・。

c0173813_0454466.jpgc0173813_0471376.jpg











(菊地)
[PR]

by woodies | 2012-11-05 00:50 | 活動記録 | Comments(0)  

平成24年11月3日(土) 荒巻山林 天候:曇り 参加:10名

c0173813_20541245.jpg
紅葉真っ盛りの定山渓付近の山々、荒巻山林の作業も今年最後となりました。



c0173813_20542578.jpg

荒巻山林は、お寺の跡地で、蓮の葉が浮かぶ池や参道、廃墟跡や灯篭などが点在し、嘗ての面影を薄っすらと感じさせます。
また、羆の生息地であるため山の入り口には、札幌市によって注意喚起が出されており、「熊出没注意 立ち入り禁止」の看板があります。


そんな中での作業ですが、作業は参道横に広がる赤松林の間伐です。平坦な地形な上、直径20cm前後の樹ですので、チェンソーや手鋸による伐採のよい練習ができます。

c0173813_213255.jpg

←前回の作業ではKH君がチェンソーによる伐採にトライしました。


c0173813_214810.jpg




しかし、危なかしい場面もチラホラ、ISさんから「もうちょっと覚えてからやれよ」とNGが出され、今日は人力作業となりました。→


10月28日はMIさんが、今日はHRさんが体験参加され、手鋸による伐採をしました。

c0173813_2117718.jpg

ISさんの教え方が良いのか、あるいは女性陣が優しいので気を許してしまうのか、今回も入会頂きました!

c0173813_21113311.jpg





優しいのは入会する前までですよ・・・ニヤリ。




今回の間伐も順調に進み、数年越しの作業の成果が表れています。
フカフカの松葉の絨毯と緑のコケが、雲の合間から時折林の中に差し込む光に映えます。
見通しも良くなり、明るい感じがしますね。

c0173813_2143643.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
c0173813_21315644.jpg
これは前回記録用に撮った写真ですが、作業風景写真に「オーブ(玉響)」が写っています。
「これはもしかすると・・・」と期待しましたが、ネットで調べると空気中のゴミに光が反射して起こる現象との見方が多く、ちょっとガッカリですね。夢が無いというか、未知のものに対する畏れが無いというか、現実的なんですね。

c0173813_21355471.jpg

スピリチュアル肯定派の中には「神聖な光」とか「精霊」とか「高いパワースポットに発生する」とか好意的な見方が多いです。夢がありました。
強引な見方をすれば、古来、お寺とか神社は磁場の強い場所に建てるので、あながち嘘だとも言えないなと。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
c0173813_21452667.jpg

作業終了後、メンバーが集まり今後の作業計画について話し合いました。
長い時間がかかりますが根気よく作業をこなせば、まだまだ良くなりそうです。





本日もお疲れ様でした。
休む間もなく、明日は集中作業中のオーンズスキー場、木々の伐採です。

(菊地)

KH君と昼休みに熊の話題になり、その時に話した久保俊治さんの書いた「熊撃ち」という本です。
c0173813_189776.jpg
著者の久保さんは、HBC制作の伝説(?)のドキュメンタリー「大草原の少女みゆきちゃん」のお父さんだそうです。読み終わった後にあとがきを読んで知りました。つまり、みゆきちゃんのお父さんの若い頃のお話ですね。
あのドキュメンタリーも衝撃的でしたが、この本も衝撃的でした。
描写は素晴らしく、山の風景や生活が、まるで目の前で起きている出来事のような臨場感があります。凄い人もいるんだな・・・と、つくづく。

秋の夜長、山の風景を思いながら読んでみては如何でしょうか。お勧めです。
[PR]

by woodies | 2012-11-03 21:49 | 活動記録 | Comments(0)