<   2014年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

平成26年5月25日(日) 植苗の森 天候:晴れ 参加:7名

この日、植苗の森では植樹祭が行われました。
赤エゾマツのクリスマスツリーのオーナーになり、ご自身の手で植樹を行うというイベントです。
日本全国から約240名の参加者が集まりました。遠い所では九州からも来ているそうです。

c0173813_11420788.jpg

ウッディーズも、この日のためにフィールド整備をしてきたのですが、こんなに大勢の人たちが集まるとは驚きです。関東地方からも35名の参加者が来ていましたよ。
遠くから来ている方たちに北海道の森の雰囲気を楽しんでもらうためにも、天気が良くて良かったです。

c0173813_13362355.jpg
c0173813_13360031.jpg

会場では、主催者側からの挨拶、赤エゾマツについての説明や植樹の仕方などの説明の後、植樹が行われました。我々は植樹のイベントには直接関係ないのですが、お手伝いできることがあれば協力しようということで、早朝から現場に集まりました。が、実際そんなにやることは無かったです・・・。

c0173813_13400582.jpg
c0173813_13410141.jpg
c0173813_13411538.jpg

植樹は小さな子供からお年寄りまで、ご家族で参加している方が多く、とても和やかな雰囲気でした。それぞれが其々の思いを寄せて植樹をしていました。

c0173813_13423492.jpg
c0173813_13422813.jpg

賑をみせたイベントですが、植樹の後は記念撮影をして、昼食会場へと移動して行きました。

c0173813_13442220.jpg
c0173813_13433247.jpg
c0173813_13442524.jpg

.....................................................................................................................................................

Quiet after a(the) storm・・嵐の後の静けさ、会場は何時もの静かな森に戻りました。

c0173813_12311142.jpg

実は、植樹というのは始まりであって、木が成長するこれからが大変なんです。
この木が健康に大きく育つまで森の整備をするというのは簡単なことではありません。
数年、数十年単位の過酷で地味な管理作業が欠かせなくなるのです。

先々週に草刈りした植樹エリアは、既に草が伸びていました。
早速、草刈りをすることにしましたが、この日は参加者がめちゃ少なく、受け持ちの範囲が広いです。広すぎます。記録では7名の参加ですが、1名は作業終了間際からの参加なので、実質6名での作業となりました。

c0173813_13464463.jpg
c0173813_13465620.jpg

それにしても人少くないよー。ちょっと寂しいですよね。

イベント日だからそんなに作業はないと思って、昼食用の500mlのお茶しか用意してこなかったので、脱水症状寸前でした・・・。

c0173813_12504831.jpg

イベント後から始めた作業は午後の作業終了時間まで続けて、ハイ!この通り!きれいになりました。会の活動で、ここでの作業は秋までありません。


(菊地)


[PR]

by woodies | 2014-05-26 14:01 | 活動記録 | Comments(1)  

平成26年5月17日(土) 北山山林 天候:曇り時々雨 参加:12名

昨日あたりから、また気温が下がり本日はなかなか寒い雨降りの朝でした。が、中止の連絡はなく、やはり数少ない作業ではないお楽しみ山菜狩りだからでしょうか、みなさんちゃんと集まってきました。

北山山林に向かう道々、先週よりもまた一段と緑が映える道すがら、きれいなドライブロード、北山山林に入るとこれまたきれいな緑の林です。緑一色とは言わず、緑もこんなにたくさんの色があるのかと思うほど、多彩な緑....これを見ただけでも、この空気を吸っただけでも本日のご馳走です。
c0173813_12422899.jpg


いざ、本日は12名とオーナーのご親戚のご夫婦が参加されました。そのお二人がなんと沖縄からやってきたということです。今日は本当に寒くて、私たちも手がかじかむほどですが、沖縄のお二人は「沖縄の真冬より寒い」というお言葉でした。ありゃりゃ....
c0173813_12424885.jpg


まずは山菜採りといえども、ちゃんとラジオ体操をしてスタート!皆さん、夢中になって迷子にならないようにとキツクご注意を頂き、あとは早々に散っていきました。
なかなかタラの芽が見つかりません。もうだいぶヒトが入ってしまったようで、ほとんど採られてしまったあとです。人間の欲は果てしないもので、一つの芽も残さずにとってしまうものだから、タラの木が枯れてしまっているのもずいぶん見ました。
c0173813_1243865.jpg


皆さん、一枝にひとっつは残しましょうね、そうするとタラさんも生きていられますから、また美味しいご馳走にアズかれますから。

お昼になり、Wさんご夫婦が早めに来て、強風よけのテントを張っていてくださり、またお昼に天ぷらして食べられるようにと先取りしてくださったタラの芽を、天ぷらにしてくださっていました。ありがたいことです。またそれにはOさんのガスも欠かせず、みなさんいろいろとお世話くださりありがとうございます。
c0173813_12433656.jpg
c0173813_12435134.jpg









見てください!この美味しそうな天ぷらを!
c0173813_12443099.jpg


さくっと揚げてくれたので、本当に美味しい!みんな、ほおばる、ほおばる!なんと贅沢なことでしょう。採ってその場で天ぷらで食べれるなんて!!

Nさんが、タラの芽以外にも食べられるアザミ、ヨモギ...などもとってきてくれて、「ほうほう、ほうほう」と一つづつ味比べ。これまた楽しく贅沢なことです。

にしても、今日は寒い!食べている手がかじかむ。早々に撤収し、アズキナをとって解散となりました。
c0173813_1247270.jpg



オーナーのKさん、いつもこんな機会と場所を提供していただき、ありがとうございます。また来年もよろしくお願いいたします。ご馳走様でした。あ、沖縄の黒砂糖アメも美味しかったです(*^^)v
                                              (S著)
[PR]

by woodies | 2014-05-18 12:52 | Comments(0)  

平成26年5月10日(土) 植苗の森 天候:晴れ 参加:19名+10名

植苗の森の下刈り作業です。
今日は森林のオーナー会社の社員の方たちと共同作業になります。
この会社は会員のIH君の勤めている会社で、クリスマスツリー(松)の植樹をして森林を整備しています。今回、ウッディーズ19名、社員の方達10名、総勢29名での作業になりました。

c0173813_22302531.jpg

作業前に森についての簡単な説明がありました。
この付近は、以前は人が住んでいた時期もあり、植樹も行われていたそうです。
しかし、その後の手入れはほとんどされず、森は荒れたままになっています。
その森を整備するため人工造林を手がけているそうです。

c0173813_22394955.jpg
c0173813_22393382.jpg

これは40年前に植樹されて、その後放置された隣接している森の様子です。
結構荒れてますな。

c0173813_22413088.jpg
c0173813_22415502.jpg

今回我々が手がけている森も以前はこの様な状態でしたが、今はとてもすっきりした空間となっています。経過についてはブログのバックナンバーを参照して下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しつこいようですが、今日は草刈です。
手鎌の人と刈払い機の人、植樹エリアに散乱している雑木整理の人などに分かれて作業しました。

c0173813_22485487.jpg
c0173813_22493648.jpg
c0173813_22505365.jpg
その他、道を付けるためのメジャリングと杭打ちです。

今週の水曜日にウッディーズの平日活動班がここで作業をしていますので、少し片付いている箇所もあります。

c0173813_23030956.jpg
c0173813_23004440.jpg
c0173813_23000471.jpg

来週は北山山林の山菜採りツアーですが、ここは植樹が行われる25日にも作業があります。

c0173813_23143223.jpg



(菊地)

PS. 最近、参加報告をしない人がいる様ですので、「今後参加の場合必ずご連絡をお願い致します(by事務局)」だそうです。
時間変更を確認せず集合時間に遅れたり、場所を間違えたりと言うのは論外ですね。

・・・私です!すみません!今後、努力課題にします。


[PR]

by woodies | 2014-05-10 23:23 | 活動記録 | Comments(0)  

平成26年5月7日(水) ラジオ番組「山鼻あしたもいい天気」「きたネットラジオカフェ」出演

北ネットさんのFMラジオ番組「山鼻あしたもいい天気--きたネットラジオカフェ--」に出演してきました。会の代表としてではないですが、折角の機会ですからウッディーズの活動をリスナー(聴取者)の方々に軽くサラっと紹介しようという趣旨です。

TGさんを筆頭にFMさんと私の3人で行ってきました。

c0173813_22241987.jpg

パーソナリティは「手稲さと川探検隊」の鈴木さんと「北ネット」の相蘇さんです。
鈴木さんは良い声をしていますなぁ・・・。
FMさんも意外と良い声、私は声は小さいし活舌悪いし、嫌になってしまいます。

c0173813_22275308.jpg
c0173813_22274358.jpg

ウッディーズのPRですが、立ち上げから日々の活動まで、TGさんが終始良い話をしてくれていたので助かりました。
FMさんも道産材の利用促進から間伐材の有効利用まで、活動家として率直な意見を述べて頼もしい感じでした。
それに比べて、私は薄っペラペラな内容で、居ても居なくても影響ありません・・・。
「立ってる木を切り倒すってすげーなー」とか、なんのこっちゃ・・・もう嫌になってしまいますです・・・。
本当はもうちょっと喋らないといけない内容もあったと思うんですが、その場で思い付かないので仕方ありません。

c0173813_22401062.jpg

相蘇さんの最近の天気の異常さについての話題は興味があったのですが、ネタがないのでスルーです。すみません。
その他、森林人通信の紹介や活動ブログの紹介、HPの紹介など、ウッディーズの活動に関してそつなく紹介して頂きました。ありがとうございました。

放送時間もあっという間に過ぎて、最後はマキマキでFMさんが美しく〆めてくれました。

TGさん、FMさん、スタッフの皆さん、お疲れ様でした。

番組はインターネット配信で視聴できますので、気になる方は聞いてみてください。
異論は認めます (^^)

ラジオカロスサッポロ FM78.1MHz
http://www.ustream.tv/recorded/47254519



(菊地)
[PR]

by woodies | 2014-05-07 22:43 | 非公式活動 | Comments(0)  

平成26年4月30日(水) 第3回役員会 参加:9名

第3回の役員会が行われました。
今年度の活動内容に関して若干の変更案の決議と、役員の入れ替わりがありましたので、役割分担の話し合いなど、幾つかの項目についての意見交換です。
場所は札幌駅高架下の居酒屋なので、時折電車の通過する音と演歌が流れる中での会議となりました。

c0173813_10000019.jpg

会議はすぐに脱線してしまうので、話がまとまらずに右往左往してしまう場面もありましたが、STさんが無理やり仕切って役員会の体裁を保っています。
STさんがいなければ、ただの酔っ払いのオヤジ集団となるところでした・・・。

c0173813_10073451.jpg
c0173813_10064937.jpg

会議の後半は、ウッディーズの活動に関して其々が熱い思いをザックバランに話合い「船頭多くして船 山に登る」的な勢いがありました。
そう簡単に結論のでる話ではないですが、意見の交換ということで意味のあることだと思います。

北海道の自然保護ボランティア団体として、ウッディーズの活動内容はユニークで類を見ないので、その役割として何をするべきか?というところで色々な意見が出ました。
会員に山林調査の技術を持っている方がいますので、もう少し本格的な山林保護計画が出来るのではないかという期待や、危険な機械を使う作業が多いので、安全管理の面での見直しなどの意見も出ました。

c0173813_10341869.jpg

多様性と柔軟性のある団体ですので、今の時点で方向性は見えなくても、何処かに向かっているんだろうと思います。
が、やはり其々なので、それを無理やり纏めようとするとウッディーズじゃ無くなってしまうのかな?という感じもしない訳ではないです。
生態学でも、環境の変化に適応する能力から、画一的な生物群よりも多様性を持った生物群の方が生き残りやすいと考えられていますからね。

手探り状態が続きますが、「まずはやってみる!」とポジティブな発想のもと、無事に第3回の役員会が終了しました。
山に登った船は川に降りてきました。海まではまだまだ遠そうです・・・。


c0173813_10462041.jpg


役員以外の会員の方も、意見があれば、どしどしお寄せ下さい。
みんなでより良いウッディーズを築きましょう!


(菊地)

[PR]

by woodies | 2014-05-01 10:49 | 活動記録 | Comments(0)