<   2014年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

平成26年吉日 今年の活動は無事終了!

会員の皆様

今年の施業活動は、11/23をもちまして全て終了致しました。大変ご苦労様でした。
大きな事故もなく安全作業で終わりましたことは、参加頂きました皆さんのおかげです。ありがとうございました。

来年も引き続きご協力方よろしくお願い致します。

あとは、「忘年会」のみとなりました。
先般予定のお知らせを行いましたが正式にご案内致します。是非ご参加お待ちしています。

◆12/13(土)
◆海鮮炉端 ●●●●●●
 札幌市中央区●●●●●●
◆17:30~
◆会費 2000円 
◆参加希望者は、12月5日(金)までにIS・STまでご連絡下さい。

事務局 IS


というメールが事務局から来ましたね。
最後gdgdしましたが、無事終了した様です。
詳しくは掲示板の方で確認してください。

c0173813_09280990.jpg

[PR]

by woodies | 2014-11-27 09:34 | 告知 | Comments(0)  

平成26年11月23日(日) 植苗の森 天候:晴れ 参加:12名

今年最後の定例活動日ということで12名の参加がありました。が、最後ではありませんでした。
何やら状況が変わった様子で、伐採木を処理する業者の事情で回収作業が頓挫してしまいました。
ということで、伐採木の片付けをする事になりました。全部という訳には行きませんが、出来る範囲でということです。
業者が重機で回収することを前提に何も考えずに倒してしまったので、木々が重なって大変なことになっています。

c0173813_21125028.jpg

予定としては、枝払いをしてから細い木や払った枝をフィールドから森の中に移動して放置します。
ウッディーズには、枝などの細い木を処理する手段がないので、腐り待ちするしかありません。
何年もかかるし、ネズミなどが棲み付く場合もあるのですが、仕方がないです。

c0173813_21280074.jpeg
c0173813_21212308.jpg

午前中はそんな感じで作業をしました。
お昼は、骨折中のSTさんが豚汁を作ってくれました。このためだけに、この日の活動に参加してくれました。

c0173813_21325490.jpeg

OTさんが参加できなかったので、MIさんがOTさんの時計型ストーブを持ってきてくれました。
そのストーブで豚汁と本シシャモを焼いて、皆で食べました。何故かイモ無しでしたが、美味かったです。

c0173813_21364169.jpg

ところで、これは「ぶた汁」ですか?・・・それとも「トン汁」ですか?
北海道では「ぶた汁」と呼びます。本州では「トン汁」と呼ぶ地域もあります。
記憶が曖昧ですが、関西で「ぶた汁」と呼ぶ地域があったと思います。
何時も呼び方で迷いますが、北海道ですから「ぶた汁」で通しています。中身は同じですので気にしないでください。

c0173813_22020166.jpg

似たような話題で、KH君たちが「カペリン」の話をしていました。
「カペリン」とは通称「カラフトシシャモ」と呼ばれている魚で、本州の人たちが「シシャモ」として食べている小魚です。「カラフトシシャモ」などと呼ばれていますが、シシャモではありません。よくよく比べてみると違いが分かるのですが、大きさが似ているので、シシャモを食べ慣れていないと違いが分からないかも。北海道では昔からシシャモをよく食べるので、「カラフトシシャモ」と「(本)シシャモ」などと区別されてきました。なので、北海道に来て初めて違いを知ったという本州の人も珍しくありません。とは言え、カラフトシシャモはお値段が手頃なので、北海道人もよく食べます。

KH君はこの違いが分からなかったので罰ゲームとして「ぶた汁」の一気食いです。一気!一気!

c0173813_21573603.jpg

嘘です。おかわりをしてきたKH君に誰かが「鍋ごと食え」と言った冗談を真に受けて鍋ごと食いました。面白かったのでそのまま見ていました。
さあ!食ったからには存分に働いてもらおうか!

c0173813_22085012.jpg

少し片付きましたが、一日では無理ですね。なので、後2回臨時活動があるそうです。

c0173813_22192397.jpg


(菊地)




[PR]

by woodies | 2014-11-24 10:57 | 活動記録 | Comments(0)  

平成26年11月8日(土) 植苗の森 天候:晴れ 参加:8名

植樹エリア拡大のための伐採3回目の植苗の森です。
先週でマーキングしたエリアの伐採が終わったので、今回は新たに5メートル奥に進みました。
OTさんが時計型ストーブを持ってきてくれたので、お湯が使えます。
というわけで、カップ麺を持ってきましたよ。

c0173813_18283811.jpg

人数も少ないので、2班に別れての作業です。
ISさん率いるチェンソー練習組とSYさん率いるベテラン組です。
私は撮影とかいろいろなのでノーカウントです。遊軍ということで・・・。

c0173813_18334638.jpg

最初のミーティングで話がありましたが、ここでは危険行為が多いということで、十分に注意して作業するようにと話がありました。先日(6日)も、湧別町で伐採作業中の作業員の死亡事故もあったので、各自安全管理を徹底するようにとのことです。3日には北見市で、5日には熊本県で伐採作業をしていた人が死亡する事故がありました。
湧別町の死亡事故は、伐採した木が倒れた際、枝が絡まって別の木も一緒に倒れ、長さ約12メートル、直径約15センチの木の下敷きになったそうです。
10月には1件、今月に入って既に3件の伐採作業中の死亡事故ですので、本当に気を付けましょう。

練習組は、KHさんと体験参加の方、ISさんの3人です。KHさんは細い木からスタートです。体験の方は手ノコです。

c0173813_18582432.jpg
c0173813_18594358.jpg
c0173813_18593950.jpg

ベテラン組は、SYさん、OTさん、KYさん、THさんの4人です。
この中では、THさんが伐木経験が無いか浅いので、SYさんから指導を受けていました。
本人曰く「苦手なんだよね〜」なので、軽くレクチャーを受けた程度で終わった様です。

c0173813_19061643.jpg

ここは今月に後一回入るだけなので、出来るところまでという感じで、ゆっくりとしたペースで作業しました。中途半端にならないように、奥行き5メートルくらいを目安にして伐採です。風も穏やかで、先日のようなハードさはなかったです。

c0173813_20573775.jpg
c0173813_20563732.jpg

お昼はストーブを囲んで昼飯ですが、火を着けるのが遅くてお湯が湧いていません。
カップ麺を持ってきていたのが私を含めて2人ですが、OTさんが気を利かせてくれて、持参のガスストーブでお湯を沸かしてくれました。食後はインスタントコーヒーなど、お湯(火)があると何時もと違う雰囲気で良い感じです。

c0173813_21030975.jpg

午後も同じ構成で伐採作業をしました。
初日が111本、二日目が112本、この日は138本の木を伐採しました。
不思議な数字となりましたが、嘘はないと思います・・・細い木などが多かったのではないでしょうか?先日の二日間と比べても、ペースとしてはそんな感じだと思います。

c0173813_21190504.jpg

帰りはストーブの火の始末をして、残った水で念入りにしっかりと消火しました。

c0173813_21225183.jpg

ここは、後残り一回の作業があります。
伐り残した木の伐採と若干の整理で終わる感じですね。

c0173813_21255906.jpg
c0173813_21261409.jpg

終わりのミーティングで忘年会の話がありました。
今年は春香小屋が使えませんので、街中の居酒屋での忘年会です。
慌しい時期なので早目の予約が必要なため、今月の12日までに出欠の連絡をしてくださいとのことです。

(菊地)

[PR]

by woodies | 2014-11-09 21:32 | 活動記録 | Comments(0)  

平成26年11月5日(水) 高川山林 天候:晴れ 参加:8名

前々日は雪が降りつもり、前日はそれが消え残って底冷えのする日だったのに、今日は正に小春日和。何という幸せ~! と叫びたい好天だ。本年最後のウイークデイ活動日。

本日の作業は、野鼠(エゾヤチネズミ)被害の防除対策である。
高川山林で被害に遭うのはエゾヤマザクラであり、植栽した幼樹でもシウリザクラやキタコブシが被害にあった例はない。
樹幹を地際から0.5~1メートルほどアスファルトフェルトで巻いてやるとほぼ完璧に被害を免れる。
百本ほどのサクラ木に手当てをしていくが、陽気は良いし、力の要る仕事でもない。どこか、去って行く秋を楽しみながら…という感じで作業が進む。

c0173813_11454966.jpg

「おっ、虫が性行為をしているぞ!」とIさん。何かの昆虫が番って(交尾して)いるらしい。それにしても、身も蓋もない言い方をするなぁ。「恋をしている」とか「愛の営み」とか婉曲に言うもんでしょうが。のどかなシーンだが、彼等は命を継ぐ営みを終えれば間もなく息絶えるわけだ。小春日和が優しいだけ切ないなぁ。

「暫くでした~!」と誰かがやって来た。
太陽を背にしているので誰だか分からない。近くまで来て、「ウワーッ、W kiさんじゃないですか」とわかる。一年ぶりくらいではないかと思うが、一通りの挨拶が終わると、先週も一緒に作業をしたように気持ちが融け合う。

作業を終わって、サクラの木も無事にこの冬を越してくれるだろう…と思いながら斜面を眺める。
まだ、幹が親指の太さくらいの樹もあるが、満開に花を咲かせる木々が年々多くなり、ピンクの樹冠はますます大きくなっていく。もう、春が待ち遠しい。

c0173813_11463624.jpg

作業は午前中に終了したので、昼食時間はたっぷりと取れる。で、ジンギスカンで行こう!ということに。ジンギスカン鍋に舌鼓を打ちながら、活動のあり方についてもじっくり話し合う。間もなくシーズン終了となるが、引き続き学習会などを企画し、冬眠することなく活動を継続しようというところに話は落ち着いた。

c0173813_11465933.jpg

高川山林の作業、今年は4月の薪割り2回に始まって、9月からは遊歩道づくりが5回、そして、この野鼠対策と合計8回にもわたった。
子どもたちが山を訪れてくれる回数が格段に多くなっている。ウッディーズの作業が高川山林を魅力のある景観に変えてくれたからだと感謝している。

追記
翌6日、かもめ保育園の年長児が、前日、ウッディーズが残しておいてくれたエリアでアスファルトフェルトを巻く作業をした。‘大人のやる仕事を自分たちもやった’という達成感があったに違いなく、山林上部の「アスレチック」へ意気揚々と登っていった。

c0173813_11472719.jpg

追記2
5日の作業終了後、一通り完成した「はるか小屋」を案内する。
トイレ、水道、暖房の設備は終了したが、その他の細かい造作はこれからである。
ウッディーズ・メンバーの各種の支援に深謝。

c0173813_11475105.jpg

(記録 高川)


[PR]

by woodies | 2014-11-09 11:49 | 活動記録 | Comments(0)  

平成26年11月1日(土) 植苗の森 天候:曇り 参加:6名

先週に引き続き伐採作業です。
この日の参加は6人、午後は1人減って5人での作業となりました。
c0173813_13353059.png

3班に分かれて伐採をしました。
ここは、ツルや風の影響で木の倒れる方向が予測し難い場合も多々あるので、人数が少ない方が安全かも知れません。この日もツルの絡みや掛り木など、危険な状況になる場面がありました。

c0173813_13450725.jpeg

最近、チェンソーを始めたKSさんは、良い練習の機会となった様です。
ご家族の都合で退会したSDさんのチェンソーを譲り受けてからは、チェンソーワーク技術習得に一層の熱が入っています。

しかし、見ていて少し心配です。
この日もビデオを撮影しながら声を掛けてしまうほどで、編集しながら気づいたのですが、一緒に作業しているISさんと同じことを言っていました。ビデオカメラのマイクでは音を拾っているのですが、現場では他の人の声が聞こえ難いので重複してしまいました。老婆心ながらとでも言うのでしょうか、仕方のない事です・・・。

c0173813_13581214.jpeg

皮肉なのは、KSさんは全くの無事故でしたが、私は腕と腹に、FMさんは膝に跳ねた木で打撲、KYさんは間一髪で逃げ切りと危険な目に会っています。家に帰ってシャワーを浴びていると、腕と腹は大丈夫でしたが、太腿に青アザが2箇所もありました。なんか痛いなと思っていたのですが、覚えがないので気が付きませんでした。一番危険だったのは自分だったという落ちでした。マジ、気をつけないと危ねぇっす。

c0173813_14113371.png

先週印を付けたエリアを略伐採しました。
この日伐採した木の本数は、途中まで数えていた(60本まで)のですが、途中から数えるのを忘れてしまいました。すいませーん。多分、SYさんが数えてくれていると思いますので、大丈夫だと思います。

c0173813_14164948.png

(菊地)





[PR]

by woodies | 2014-11-02 14:28 | 活動記録 | Comments(0)