<   2015年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

平成27年11月28日(土) 第10回山林調査(山林施業計画策定)ワーキンググループ 天候:曇り 参加:11人

この日は雪が積もっていました。降り出しは平年より遅かったものの、一気に積もりました。車を止めるだけでも大変です。

c0173813_00064464.jpeg

この日は高川山林の山林調査を行いました。
皆さん紙を持っていますが、これは高川山林の空中写真を見ているのであり、聖歌を歌っているわけではありません。ケガをしないように、準備運動を行いました。寒いと体がこわばり、ケガのリスクも高まるため、皆さん気合が入っています。

c0173813_00090521.jpg

残された標準地は二つでしたので、二班に分かれて作業を行いました。私は小屋近くの林分を担当する班に入りました。

c0173813_00103432.jpeg

小屋のすぐ真上の林分は手前では間伐が入っていることもあり、遊歩道近くと奥では林相が著しく異なるため、斜面方向に細長い標準地(水平距離で50m×20m)を取りました。水平距離は、三角関数の式から算出します。傾斜角と斜距離から水平距離を一目で見れる換算表がありますので、現場ではそれを使用しました。

基準点を設定し、そこから長方形の区画を取りました。班は二手に分かれ、並行して区画内の調査木(胸高直径6cm以上の樹木)にラベルを張り、胸高直径を測りました。私は区画を取る組の一員として、標準値の区画の境界をビニールのリボンを外苑の木や笹に巻きつけていきました。「このリボンのついてる木より内側(リボンのついてる木は含まない)は調査対象だぞ」という意思表示です。
角には2本巻きつけます。もたもたしていると、調査木ラべリング組から「どこまで調査対象なのかわからないので早くテープつけて」と催促されました。なるべく早く境界線をはっきりさせなきゃいけませんね。

c0173813_00132343.jpg

葉っぱはすでに落ちてしまっていたので、樹種同定は難しかったです。樹皮や冬芽の形状や付き方から樹種を同定しました。我らの森林調査の師であるKN師匠によれば、樹皮の生皮も見分けるコツだそうです。アイヌの服の材料にも用いられているオヒョウの生皮を剥ぐと、繊維が刃物につくみたいです。また、季節によってはヤマグワの樹皮を傷つけるとオレンジ色の乳液が滲出するらしいです。写真の木は何なのかわかりません。私もまだまだ勉強不足です。

c0173813_00142445.jpeg

樹高は測量用コンパスを使って、算出しました。コンパスを巧みに操るASさん。

c0173813_00152713.jpg

もう一つの班の様子。赤い服とひげが特徴的なKN師匠の指導の下、チェーンソー用耳当て付きヘルメット装備のFMさん、黄色いヤッケと白い帽子のMHさん達メンバーが着々と作業を続けていました。こちらの林分では、野球のバットの材料として有名なアオダモが高川山林において初めて見つかったそうです。KN師匠によれば、冬芽は近縁種のヤチダモに似ているそうですが、樹皮はヤチダモに比べてスベスベで、ブナみたいな感じになるそうです。ちなみに、立木ではわかりませんが、製材すると、アオダモよりヤチダモのほうが道管が著しく小さいです。ヤチダモおよびアオダモは同じトネリコ属ですが、ヤチダモはシオジ節、アオダモはトネリコ節に分類され、シオジ節の樹種は全体的にトネリコ節の樹種より道管が大きいという研究報告もあります。また、アオダモの切り枝を水に挿すと、水が青くなるそうです。おもしろそうですが、この林分に多くは生えてないらしいので自重しておきます。

c0173813_00161764.jpeg

雪と枯れ木で、寒々とした冬の日本海。一昔前に流行ったジェロの「海雪」が思い出されます。奥地にいるメンバーを追って、岸壁のような斜面にいますが悲しみで愛を見失ってはいません。愛に満ちあふれています。

c0173813_00182907.jpeg

頂上では、この山林のオーナーであるTMさん、そして私と同じ班であるITさんとSAさんが将来の計画について話し合っていました。この雪がなくなるころには私は北海道にはいませんが、この山林とウッディーズの活動はずっと続いていきます。ウッディーズフォーエバー。

c0173813_00193048.jpeg

要領よく作業が進んだ結果、午前中で作業は終了し、私たちは小屋へと戻ってきました。豚汁もあり、あったかかったです。

c0173813_00204296.jpeg

両方の標準地調査が終了したことにより、12/5の活動はなくなりました。これで本年度の活動は役員会・忘年会を除いて終了しました。ここからは内業に入り、年明けからは樹種ごとそして胸高直径ごとに集計して資源状況を定量化したりする集計作業に入るようです。あともう少しですが、学んでいきたいです。皆さんお疲れ様でした。

c0173813_00212974.jpeg

(北原)

[PR]

by woodies | 2015-11-28 23:00 | 活動記録 | Comments(1)  

平成27年11月21日(土) 北山山林 天候:晴れ 参加:10名

本日の作業内容は林道の草刈りと間伐でした。
この日は雪が降るとの予報で、札幌では霙でした。北海道大学構内ではキツネが寒さに震えていました。

c0173813_23041737.png

しかしながら、千歳では快晴で、絶好の森林作業日和でした。刈払機6台以上と、チェーンソー1台の軍団で、いざ出陣!

c0173813_23103796.jpg

風倒木は、ベテランTM師匠が熟練のチェーンソーさばきで料理していきました。

c0173813_23191188.jpeg

想えば遠くへ来たもんだあ♨
c0173813_23242385.jpeg

道路内の灌木、稚樹はタイヤに刺さると危険とのことなので、土ごと刈りました。もはや剃ってます!

c0173813_23254181.jpg

曲り道を抜けて、 さらに刈りすすみ、
最後に待っていたのは植林地でした。オーナーのKK氏によると、この日は1kmほど刈り進んだそうです。
c0173813_23284109.jpg
c0173813_23301976.jpeg

こんなにきれいになりました。

c0173813_23440455.jpg

戦利品の桜の枝を得てドヤ顔の筆者。

c0173813_23453492.jpeg

お昼にはチーズとシシャモ、オーナーKK氏一押しシナモンドーナツが出ました。晴れてるとはいえ、寒い日でしたので、五臓六腑にしみわたりました。

c0173813_23470853.jpg

昼からは場所を変えて、除伐を行いました。かなり混んでいるので、暴れ木などを切っていきました。
大きなサクラの木を前にして、伐木教室が始まりました。倒す方向をコントロールするために、スイカのように切り取った「受け口」。斜めに正確にノコを入れるのが難しかったです。これの反対側から水平に「追い口」を入れ、木を倒していきます。

c0173813_23491363.jpeg
c0173813_23500616.jpg

伐木の結果。まっすぐに刃を入れることができなかったため、両端部の「つる」がなくなっていました。木の枝振り、倒したい方向によってつるの厚みを調節するそうですが、このつるが完全になくなってしまうと、木が切り株の上で回転してしまってあらぬ方向に倒れてしまうそうです。初心に帰って伐木について改めて学ぶことができました。

c0173813_23503619.jpeg

今回は、来年本州に帰ることになっている私にとって、ウッディーズではおそらく最後の草刈りおよび伐倒作業でしたが、奇跡的に晴れてくれた上に、初心に帰って伐木について学ぶことができました。伐木の神様が恵みを与えてくださったのでしょう。ここでの経験を生かしていきたいです。


(北原)

[PR]

by woodies | 2015-11-21 23:00 | 活動記録 | Comments(0)  

平成27年11月14日(土) 大島山林 天候:曇り 参加:8人

この日は苫東環境コモンズさんとの共同作業でした。
昨年度は雪で中止になったため、2年ぶりの活動でした。我ら札幌ウッディーズは遠浅駅に集合しました。現場では各自入念にストレッチをしました。

c0173813_17345534.jpg

施行場所は奥なので、いざ出陣!

c0173813_17302933.jpeg

札幌ウッディーズメンバーの入場。SY君顔が隠れてしまいごめんなさい。
我ながら、映画「アベンジャーズ」の広告のようなかっこいい写真が撮れました。「日本よ、これが”森づくり”だ」。

現場に入ると、真っ先に見えてきたのがこの風害木。バックにして集合写真を撮ったあとトラクターで引き倒すそうです。手前では苫東の方々がビニールハウスの骨組みを転用した小屋を組んでいました。

c0173813_17393371.jpeg

我ら札幌ウッディーズは苫東環境コモンズのKK氏の指示のもと、奥地に向かって暴れ木などを伐って行きました。ある程度大きな材は薪にするためにスノーモービルで集めるそうなので、木々の間隔が3m以上になるように伐りました。

c0173813_17420636.jpg

中が腐朽していたため、うまく倒れませんでした。こんなこともあるので、気を付けましょう。
内部の腐朽が生じていないかどうか、スイカのように鉈などでたたいて音で確かめてみる必要があるかもしれません。とりあえずケガ人が出なくてよかったです。

c0173813_17454213.jpeg

伐った後は35cm×n(自然数)の長さに玉切りしました。径10cm以下のものや著しく腐朽しているものはバラして土に還るようにしました。集材しやすいように担いで積んでおきました。苫東さんのためならエンヤコラ~♪

c0173813_17475981.jpg

イタヤカエデを玉切りしたときの断面。イタヤカエデは非常に硬く、摩擦熱で焼け付いていました。死闘の跡がありありと残っていました。

c0173813_17513455.jpeg

昼食は毎度おなじみ「そば哲」に蕎麦を食べに行きました。相変わらず古民家を生かした落ち着いた店でした。そば湯はとてもどろっとしていて、栄養豊富そうでした。

c0173813_17533342.jpg

昼からも引き続き作業を行いました。

本日は新人SY君の伐倒デビュー日でした。大ベテランTM師匠の指導を受け、チェーンソーの目立てから手ノコでの伐倒、チェーンソーを用いた枝払い、玉切りをしました。作業後のインタビューにて、SY君は「初めての伐倒で、新鮮な気持ちがしました」と述べていました。その気持ち、大事にしていってください。

c0173813_17574958.jpg
c0173813_17581590.jpeg

途中私が鉈をなくすというハプニングがあり、苫東コモンズ、札幌ウッディーズ合同でローラー作戦を行って捜索するということもありましたが、鉈も見つかり、ケガ人も出ることなくこの日の作業を終えることができました。これからも苫東環境コモンズさんと我ら札幌ウッディーズがよい関係でありつづけることを願い、この記事を締めくくります。皆さんお疲れ様でした。

(北原)

[PR]

by woodies | 2015-11-14 17:00 | 活動記録 | Comments(0)  

平成27年11月7日(土) 高川山林 天候:晴れ 参加:9人

この日は高川山林にて作業を行いました。作業内容はネズミ対策と遊歩道の補修でした。
サクラとズミは積雪期にネズミの食害を受けてしまうらしいので、写真にあるようなシートを木の根元に巻きつけました。DIYショップで買ってきたモルタルの下地用の資材らしく、効果は実証済みらしいです。ちなみに花の咲く木でも、コブシやシウリザクラは食害を受けないらしいです。

c0173813_12033685.jpg

この日はとても寒く、朝は2℃を記録し、一日中曇りだったため気温はずっと1ケタ台でした。木々の葉もすっかり落ちてしまい、カラマツがわずかに葉をつけているのみでした。

c0173813_12475665.jpg

太い木は何枚かのシートを使って一周を覆いました。曲がっていたり、二股の木の場合はシートを短く切って何回かに分けて巻きつけました。また、この地域は2メートル近く雪が降るため、雪の力で枝が折れないように枝をまとめました。雪の沈降力は恐ろしいもので、ガードレールがグニャリと曲がってしまうこともあるみたいです。

c0173813_12574939.jpg

少し遅れて到着したOMさんは自前の刈払い機で頂上付近の笹刈りをなさっていました。

c0173813_12524908.jpg

大方の木の処置が終わったところで、小屋に戻り昼食を食べました。タケノコのようになったサクラやズミを見ると壮観でした。

c0173813_12544444.jpg

本日はなめこ汁が出ました。STさん達女性陣が中心となって煮込んでいました。
高川さんの奥さんがおにぎりと揚げ物、ポテト&ウインナーを作ってくれました。衣サクサク中ジューシーでおいしかったです。おにぎりもご飯がおこわでおいしかったです。ポテトもおいしかったです。ごちそう様です。

c0173813_12562339.jpg

昼からは、仕事の都合で遅れて参加となったMMさんを交え、わずかに残った未処理木の処置と遊歩道の補修を手分けして行いました。下ってみると入れ足りないところがありましたので、そういうところに丸太を足しました。

c0173813_13013507.jpg

下りでは勢いが付きすぎてしまいそうなところも、写真のように階段を足すことで、ブレーキがかかり、歩きやすくなりました。

c0173813_13022438.jpg

ネズミによる食害防止に意外な資材が有効なことや、下りも意識して階段づくりを行っていくべきであるということなど、多くのことを学べた一日となりました。ちなみに、この日の数日前に暖かい日があったからか、ハマナスの返り花が咲いていました。こういうこともあるものですね。今年も残すところあと数回のウッディーズの活動で、こういう発見や学びがなるべく多く得られるように願います。

c0173813_13043001.jpg



(写真・文 北原 岳明)

[PR]

by woodies | 2015-11-10 13:06 | 活動記録 | Comments(0)  

平成27年10月31日(土) 北山山林 天候:晴れ 参加:9名+1名

先週、悪天候のため中止になった北山山林ですが、この日は天気が良く気持ちの良い秋晴れ日となりました。北大生の体験参加者が1名加わり、10名での作業です。

c0173813_12444807.jpg

活動内容は林道の草刈りです。
ところどころ林道を塞ぐように風倒木がありますので、これも処理しながら作業をしました。

c0173813_12490949.jpg

北山山林は広いので林道がとても長く、1日や2日では終わりません。
白樺の幼芽と言うか幼木もヒョコヒョコと生えてきているので、これも注意して刈り取ります。
放置すると来季には車を擦るほど硬くなってしまうそうです。

c0173813_12581581.jpg

寒さも緩く、体を動かすとじんわりと汗をかくほどの気温です。
しかし、森の中で見つけた蜂の巣周辺には、蜂の姿はなく冬の訪れを感じさせます。

c0173813_13024352.jpg

ハロウィーンだからでしょうか?
KYさんが、幻のかぼちゃと呼ばれる「マサカリかぼちゃ」を持ってきて分けてくれました。
味は甘く美味しいらしいのですが、その皮の異常な硬さから敬遠され、道内でも殆ど生産されていません。幻のかぼちゃと呼ばれる訳です。この皮は石のように硬くて包丁では切れず、斧で割るしかないので「マサカリかぼちゃ」と命名されました。
KYさんが渾身の力を込めてぶった切ります。

c0173813_13305509.jpg
c0173813_13312304.jpg
c0173813_13320866.jpg

珍しいものをありがとうございました。

c0173813_13470372.jpg

味噌汁や食後のスウィーツなど、差し入れも盛り沢山。
ゆっくりとしたお昼の後は草刈りの続きをしてお開きとなりました。
11月にもう一度北山山林の活動があります。たぶん、草刈りの続きです・・・広いから。

c0173813_13491038.jpg

(菊地)

[PR]

by woodies | 2015-11-01 13:54 | 活動記録 | Comments(0)