<   2016年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

平成28年10月29日(土) 高川山林 ツル切り、倒木処理

活動内容:ツル切り、倒木処理
天気:晴れ
参加:8名


先週に引き続き、高川山林です。作業も先週に引き続きツル切り、ツル切り、倒木処理作業です。
すっかり気温が下がり、寒いの、寒いの…です。

ツル切りは上から思わぬところに枝葉が落ちてくるので、まわりにいないようにすること、また上からの落下物に十分に注意すること、とキケン情報の確認をしてスタートしました。
c0173813_21405058.jpg

現地に上がっていくだけで、息が切れるという、ふがいない状況です。

ツルも高いところで絡まっているので、届かないわ、ほぐれないわで、なかなか頭を使いながら、あっちを切りこっちを切り、またいろいろな方向に引っ張ったりで、タイヘンですが、ほぐれたときはきれいになるし、快感です。
c0173813_21444550.jpg
c0173813_21505999.jpg
c0173813_21504445.jpg

お昼は簡単にできる、ちらし寿司とインスタント味噌汁で、賑やかに、また高川さんの小屋に入ってあったかく食べることができました。
作る、食べるで夢中で、また写真を撮り忘れてしました。

午後からは午前中の作業の続きを1時間ほどして終了となりました。

c0173813_22001733.jpg
c0173813_21402571.jpg
(さとう)


[PR]

by woodies | 2016-10-31 21:31 | 活動記録 | Comments(0)  

2016年10月16日(日) 高川山林 自然観察会

活動内容:自然観察会
主催:間伐ボランティア札幌ウッディーズ・かもめ保育園共催
天気:晴れ
参加者:46人
(うち 小学生14人。ガイドとして北海道ボランティアレンジャー協議会 6名)



さわやかな秋晴れの中、5月に続き、高川山林の遊歩道完成後の秋の観察会が開催されました。

高川山林の山小屋前には札幌ウッディーズと、かもめ保育園の児童と保護者が集結。それに北海道ボランティア・レンジャー協議会(ボラレン)の解説員6名にお越しいただき、ガイドをしていただきました。
c0173813_23311264.jpg
子供たちは始まる前から、元気いっぱい!春に設置された看板の前で「これアオバトだよ」と教えあったりしながらワイワイ遊んでいました。

山主の高川さんとボラレンの方からのあいさつの後、いよいよ出発です。
6班に分かれて山を歩きます。
c0173813_23335772.jpg
私は春の観察会には参加できなかったので、今年はじめての高川山林。
立派な看板や樹名板がつけられ、森林公園のような雰囲気になっていました。
整備に参加した遊歩道の階段を「ここ大変だったけどしっかりしてるな~」なんて思い出しつつ、満足感に浸って歩きます。

歩きながら所々で止まり、ボラレンの方が解説をしてくれます。

■解説の一部
・「シオデ」というツルの植物は、山菜としてとってもおいしい。
・「クルマバソウ」は、クマリンという芳香成分が含まれており、葉を揉むと桜餅のような香りがする。ワインの香りづけにも使われている。
・「キハダ」の皮は染料や胃の薬に。
・葉の裏と表が同じような「リョウメンシダ」に、葉が水平に出て十文字に見える「ジュウモンジシダ」。
・「オオウバユリ」は、種を自分からできるだけ遠くに飛ばすように、種の入っている殻が気流を起こす構造になっており、弱い風では飛ばず、強い風で遠くに飛ぶようになっている。種から花が咲くまでに7年程かかるが、元株の横に子株があり、ここから育つものは、3年程で花が咲く。
・「シナノキ」の皮は丈夫で、アイヌの服に使われていた。
・「イタヤカエデ」と「アカイタヤ」の見分け方。「アカイタヤ」の方が、切込みが浅く横長の5角形で、7裂する葉がない。
ちなみに「カエデ」の名は、カエルの手に似ていることからきていると言われていますが、「アカイタヤ」の葉を見ると、それも頷けます。
c0173813_23343852.jpg
(左が普通のイタヤカエデ、右がアカイタヤ)

分かりやすい解説により、何度も入っている高川山林ですが、新たな気づきが多くありました。

なかなか覚えきれないですが、少しずつでも脳に刻んでいきたいものです。
また機会がありましたら、観察会に参加したいと思います。
(桑原)
c0173813_23351125.jpg



観察会終了後、30人の方がアンケートに答えてくれました。

●説明内容はわかりやすかったか?
 自分のレベルに合っていた 30(全員)

観察会に満足できましたか?
 とても満足した 26
 まあ満足した 4

自由記入欄へのコメント
・春にはこれから花を咲かせようとしていた植物が種をとばし、枯れている姿、落ちたドングリから根が出ている姿など、この時期ならではの様子を楽しむことができました。
・定期的に参加したいです。
・いつも活動している山を別な歩き方ができて感心しました。
・ゲーム、インターネットのはびこるなか、子どもたちには良い経験になると思います。
・とても楽しかった。もっと聞きたかったのですが、欲張りですよね。また参加します。
・植物の知恵をもっともっと知りたい。
・もっと聞きたい。楽しかった!
・ワオーの森で毎年やって欲しいです。
・難しい話も身近な話題を絡ませて解りやすく説明してくれました。楽しかった。
・普段は気にすることのなかった草木の種類や成長の仕方を知ることができたり、考えることができて楽しかったです。



そのほか、かもめ保育園関係の参加者からは以下のような感想が寄せられました。

ガイドの方が教えてくださった植物の名前を覚えきれないのですが、心に残ったことがあります。
一つは、植物の知恵のすばらしさです。葉が重なると上の葉が少し欠けるような形になって下の葉に光が当たるようにする!鳥がくわえやすいように糸を引いてぶら下がる種!一年ごとに雌雄交代して子孫を残せるように工夫する種(しゅ)がある!そんな、感心するようなことがたくさんありました。
もう一つは、「知る」ことにより、色々なものが見えてくるということです。「気にしていないときは見ずに足早に通り過ぎてしまうけれど、植物のことを知ると、足を止め気付くようになるんです」というお話を聞き、普段の生活でも同じことが言える、と思いました。
来年の春にはかもめの「山菜パーティー」でボラレンの方とご一緒できたら更にお話しが盛り上がるのでは…と楽しみになりました。
(園児母)

私は2回目の参加でした。高川勝さんから「来る?」というメールをもらって、とてもうれしかった。
勝さんに「押し花しおりを作ってきて、みんなにみせてあげて」と頼まれて、あわてて庭とか学校帰りに花を集めて、しおりにして渡しました。
リスとネズミが食べたクルミのからを見くらべたのが面白かったです。
同じようなくるみを食べているのに、穴の大きさが全然ちがっていました!
それと、胃の薬になるっていうニガキのくきを少しなめました。思ったより苦かった。
ガイドの熊野さんが面白い人で、いろいろ話をしてくれました。
今回は、道にドングリが一杯落ちていて、みんな一生懸命あつめていました。
私も大きなドングリを一つ拾い、家にもって帰りました。
ぜひ、また観察会に行きたいです。そして、何かの機会にしおりをたくさん作って配りたいです。
(小5)

いろいろなしょくぶつを見つけたり、セミのぬけがらがあったり、どんぐりのぼうしが3つ ついたのがあったりたのしかったです。
ともだちがいちょうえんでこれなかったことがちょっと心のこりだけど、いろんなことがしれてうれしいです。
また、よろしくおねがいします。
(小2)

今回も、新しいことをたくさん教えてもらい、うれしい気持ちでいっぱいです!
雌雄が性転換するというマムシグサの話を聞いて驚いたり、もちろんそんな植物が育っていたのも見つけてなかった。
植物が子孫を残すために生きていて、自然がどんなに偉大なものなのかという奥の深い話しをさらりと話されて、だから植物が大好きです!って聞いて、感動せずにはいられませんでした。
観察員という方々の、ただの物知りなんかじゃなく、熱い思いを感じました!
山菜パーティーに参加したいそうです。
(園職員)


大勢のかたに参加していただき、楽しんでいただけたようでなによりでした。
(たかがわ)



[PR]

by woodies | 2016-10-30 23:28 | 活動記録 | Comments(0)  

平成28年10月23日(日) 高川山林

天候:雨のち曇り
参加:6名


急に秋になってしまった、かのような寒さと見事な紅葉具合です。
今日は先週の高川山林の作業計画に基づき、つるを切る作業です。
第5ゾーン(という作業区分表による)の蔓がなかなかひどいというので、整理することになりました。

最近は参加人数もちょっと寂しめ、6人でスタートします。
10分ぐらいの登山でもなかなか息が切れます!蔓もすごい有様です。
それぞれに作業に入りました。どうになっても木に張り付く蔓の凄さに、生きる力を学びながら。
c0173813_22554456.jpg
c0173813_22561320.jpg

お昼は寒いのでトン汁を作りました。
アスレチック遊び場を修理している方たちの分も一緒に作ったので、具たくさんの味噌汁になりました。
c0173813_22543354.jpg
c0173813_22545843.jpg

本日は午前中で終わり!来週はさらに本格的に蔓切り作業です。
秋の紅葉を見ながら、ひんやりした空気の中での作業もなかなかすがすがしいです!
皆さん、是非ご参加ください。

c0173813_22531655.jpg
<ビフォー>

c0173813_22534189.jpg
<アフター>

(佐藤)



[PR]

by woodies | 2016-10-23 22:57 | 活動記録 | Comments(0)  

2016年10月15日(土) 高川山林 山林調査打ち合せ

活動内容:山林調査結果を踏まえて高川山林の施業計画策定
場所:高川山荘・山風庵
参加者:7名
ゴール:今後の作業のよりどころとなる施業計画をとりまとめる


今日はいつもの活動とは異なり、室内での話し合いです。
Iさんが事前に用意してくれたたたき台資料にもとづいてディスカッションを行いました。
これまで継続的に現地調査に参加してきたメンバーからさまざまなアイデアが出ましたが、最終的にはおおむねたたき台に沿った計画に落ち着きました。
概要は以下のとおりです。

【基本構想】
◆子どもから大人までの地域住民が、安心して散策でき、森林の楽しさを感じ楽しめる里山を造成する。

【里山づくりの主要課題】
◆多種多様な樹木・野草・動物が共存・共生する場とするために、伐採や下刈りを計画的・定期的に実施する。
◆住宅地に接する部分は、「緩衝ゾーン」と位置付けて、継続的な管理を怠らず整備する。
◆子供たちのため、遊び・学びの場を整備する。
◆山林北側の「沢」の両斜面から薪の材料を伐り出すための作業道(兼遊歩道)を整備する。

今後はこの方針にもとづいて1~6の各ゾーンごとに計画的な施業を行っていくことになります。来年以降の活動計画にも関わることですので、詳細については来年3月の総会でも説明されることになると思います。

この日の活動は午前で終了の予定でしたが、施業計画の一部に関連して昼食後に現地調査を行うことになりました。その結果は以下のとおり。

●住宅境界5メートル整備(ゾーン3)
 現地調査の結果、住宅境界は10メートルの整備が必要と判断されました。
c0173813_23080038.jpg

●つる切り(ゾーン5)
 蔓に絡まれている樹は殆どが折損木か枯木となっているため、蔓切り→伐倒を2年くらいかけて行い、跡地に植林も考慮しようという意見が出ました。
c0173813_23080879.jpg
 また山主からは、野鳥の餌場として或いは蔓に覆われた木の姿はこんなものという「モデル」として1本くらい残してもイイかな、という意見も出ました。
(情報提供:高川、構成:大竹)



講師より
 今回の打ち合わせにより、今後の具体的な作業の整理がされ、また一つ山を越えたという感がありました。
 これからも、現地いきあたりばったりではなく(もちろんフィーリングやインスピレーションも大事ですが)、十分に議論を重ね、それを現地で再確認という流れがWGの基本になると思います。具体的な一つ一つの作業は、WGの調査結果、数値をベースに、計画→実行→評価→改善の繰り返しで行われていくべきと考えます。
 森林施業という視点では本題はこれからです。実行にあたっては(特に除間伐)目標林型の具体的な数値を定め、それに基づいた選木を皆さんで検討しながらやりましょう。
(笠倉)



山主より
 「ワオーの森」高川山林に関して、長期にわたる山林調査、お疲れさまでした。そして本当にありがとうございました。
 おかげさまで、1本1本の木の把握はもちろんのこと、林床の草花に至るまで精緻な情報を集めていただき、わが山林の価値をあらためて自覚しているところです。
 山林調査だけでなく、ウッディーズの皆さんには毎年春から秋までなんども足を運んでいただき、ササ刈りから間伐、遊歩道整備にいたるまで総合的な森づくりの成果が見えてきたなと感慨無量です。
 これからもどうぞよろしくお願いします。また、これまでの成果をほかの山林施業にも生かしてもらえるなら、これほど山主冥利に尽きることは他にありません。
(高川)




[PR]

by woodies | 2016-10-21 23:13 | 活動記録 | Comments(0)  

2016年10月1日(土) 大澤山林 伐倒・搬出(非公式活動・支援)

活動場所:当別 大澤山林
作業内容:トドマツ伐倒、搬出
実績:伐倒8本、搬出3本
天気:晴れ
参加者:9名

大澤山林は面積約10町歩で、約半分の台地状のエリアがトドマツとカラマツの人工林、残り半分は沢沿いの複雑に入り組んだ地形で、ダケカンバやイタヤカエデ、ミズナラなどの天然広葉樹林です。
人工林はすでに林齢が70年を超えているため、天然更新により徐々に広葉樹との混交林に移行することをめざしています。そのために、1本1本の木の樹勢や混み具合を見ながら択伐をおこなう計画です。
また、広葉樹林は明るく気持ちのよい空間なので、散策路を整備して一般の人たちを招待できるようなエリアにする予定です。

この日は天候に恵まれ、風もなく、伐倒には安全な秋の日となりました。
最初に、私が5月からササ刈りをして作った散策道をご案内しながら、各ゾーン(樹種の特徴をある程度眺めた中で凡そイメージした範囲)を説明し、『岬めぐり』と勝手につけた不思議な形状の借景や『木漏れ日テラス』と名づけた広場などを見ていただきました。

その後、あらかじめ選木してあったトドマツ(樹齢70年以上、樹高20m以上)を8本ほど伐倒してもらいました。
経験豊富な女性陣がチェンソーでサクサク枝払いを行う姿は圧巻。手早く、ナタを使いこなされている姿も初めて拝見しました。

午後は、枝払いして4m程度にカットした丸太をPCウインチで林道まで曳き出しました。
PCウインチの調子が今一つでしたが、ロープを綱引きの要領で曳いていく姿は楽しそうでした。
今年はまだまだ全体を把握することができておらず、来年以降も札幌ウッディーズさんに協力をして頂きながら、楽しく、「山学び」ができると嬉しいなと思っております。
この度は本当にありがとうございました。
来年も宜しくお願い申し上げます。(大澤)

c0173813_22275927.jpg
5月から私がササ刈りをして作った散策道をご案内しました。

c0173813_22283743.jpg
午後からいよいよ、選木してあったトドマツの伐採開始です。

c0173813_22290377.jpg
直径30cmほどのトドマツをねらい定めた方向に見事に倒します。

c0173813_22292779.jpg
あざやかな切り口

c0173813_22295283.jpg
サクサクとチェンソーを操作して枝払いを行う女性陣。

c0173813_22300994.jpg
手際のよいナタさばき。

c0173813_22302580.jpg
玉切りするときにチェンソーの歯が抜けなくなってしまいました。
仲間がいると助かります。
c0173813_22304320.jpg
トドマツを8本ほど伐倒。見上げると空がポッカリ。

c0173813_22310050.jpg
手前のトドマツに括りつけているのがPCウインチ。
ホンダの4サイクルエンジンで駆動します。

c0173813_22311719.jpg
PCウインチは動力と摩擦力を応用した牽引機械です。
人力で引っ張っているように見えますが牽引力は1トン。
直径30センチ、長さ3.8mのトドマツでもするすると曳き出されます。

c0173813_22313314.jpg
伐倒した材をPCウインチで山道まで曳き出します。
スキッドコーンというプラスチックの帽子をつけるとひっかからずにするする曳けます。

c0173813_22273905.jpg
当別の大澤山林に駆けつけて下さった方々です。

c0173813_22315092.jpg
今日は皆様、本当にありがとうございました。
来年も是非、当別 大澤山林へお越しください。
お待ちしております。


以下は参加者の感想です。

「大澤さんの楽しそうで嬉しそうな山への熱い思いが熱いトークとなってみんな圧倒されました。」(Mさん)

「なにより大澤さんの明るさと楽しさが素晴らしかったです。見事な快晴で、青空をバックにした緑は最高でした。」(Sさん)

「何より大澤さんが楽しく・力強く山仕事をしているのが、山全体を希望のオーラで包んでいる様でした。」(Kさん)




[PR]

by woodies | 2016-10-14 22:49 | 非公式活動 | Comments(0)  

2016年10月8日(土) 北山山林 枝打ち

天候は、寒~い!空は今にも降り出しそう!
参加者、6名!!
作業は、北山山林では引き続きの“枝打ち“
危険回避の注意事項を確認後、ラジオ体操で少し体を温め・・これは省けない気温です。
c0173813_23260071.jpg
c0173813_23272001.jpg
茸取りの小父さんに遭遇。曰く「熊の通り道があるよ・・・」「2週間前に一度、ラクヨウもボリボリも出たけど、この3っ日間は全くないね!」全く無いのに毎日山には入るかな???

c0173813_23281477.jpg
c0173813_23284796.jpg
<枝打ち前>

作業は、列条間伐の5列単位を奥へ手前へ進め、作業後の見通しの良さに慰められながら、「機械の音がないから、おしゃべりできる」と、あれや・これや一般教養を高めつつ進めます。
c0173813_23291514.jpg
c0173813_23293706.jpg
<枝打ち中>

KHさんが、新兵器(3m高さまで伐れる電動チェーンソー)の試験運転!家庭用としてはなかなかの優れもの!!
c0173813_23300803.jpg
c0173813_23302220.jpg
c0173813_23333719.jpg
c0173813_23341265.jpg
<根元にも枝がびっしり!>



昼食は、コンロ持参の方がお二人もいて、温かい味噌汁・温かい珈琲で、萎えそうな元気も復活!

c0173813_23304296.jpg
<休憩中にノコギリの手入れ。ヤニが取れました。>

今日の4ブロック目を戻ってきたところで冷たい雨。チョッキリ今日の作業予定は終了。春から始めて頂いたアカエゾ林班(3ha)の枝打ちは、半分を優に超しました!!
有り難うございました!
(北山)
c0173813_23325193.jpg
c0173813_23331065.jpg
<枝打ち後>

c0173813_23313176.jpg
<幹に食い込んだツル>
c0173813_23314909.jpg
<ツルの根元>


[PR]

by woodies | 2016-10-11 22:53 | 活動記録 | Comments(0)