<   2016年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

2016年12月10日 忘年会

ところ:札幌駅前 楽蔵
参加者:26名
幹事兼司会兼余興担当:佐藤

12月3日の大島山林で今年の活動を終了し、1週間後の忘年会。
いつもの顔ぶれはもちろん、ここしばらくご無沙汰だった方々もひさしぶりに顔を合わせ、
思う存分の語らいで楽しいひとときとなりました。
あっという間でしたね。

楽しそうな表情のいくつかをご紹介します。


c0173813_15043453.jpg

[PR]

by woodies | 2016-12-13 22:47 | 活動記録 | Comments(0)  

2016年12月3日(土) 大島山林 風倒木処理

天候:晴れ 参加:3名

毎年恒例となっている大島山林(安平町)での作業である。
札幌ウッディーズは、NPO法人苫東環境コモンズさんのフィールドで共同作業も行っている。

安平町遠浅(とあさ)。
広大な勇払原野の北東部にある酪農開拓の地。
1930年代に不毛の火山灰地を開拓。北海道の酪農先進地域として発展。
日本で初めて国産チーズ専門工場の大規模生産を始めた発祥の地である。
酪農開拓の歴史の象徴・文化財として「木造サイロ」があったが、老朽化が進み
多くの人たちから惜しまれつつ2015年12月に解体される。

その町に、大島山林がある。苫東環境コモンズさんが町内会など地域住民と共に
「自然環境を守りながら利用させてもらう」仕組みがとられている森である。
森を育て、整備し、除伐木は薪として販売するなどの活動がなされている。
「コモンズ」とは共同利用地を意味し、草原、森林、牧草地、漁場など自然の資源を、
立場の異なる多くの人間たちが共に一緒に利活用する仕組みである

エントランス(森の入り口)からすでに気持ちのよい見渡しである。
c0173813_22271345.jpg


もともと馬や牛が放たれていた場所を整備し、森の中にはトレイル(小路)が作られて
心地よく散策ができるようにされている。
c0173813_22275026.jpg


何一つ人間が手をかけなければ、鬱蒼とした陽の光の入らない森であっただろう。
林床には落ち葉がたくさんあり、土壌の微生物たちによって分解されるのを待っている。
苫東環境コモンズさんたちはすでに到着し、作業を始めていた。
ビニールハウスで使用する鉄骨にブルーシートをかぶせた立派なベースキャンプがあり、
風雪を防ぎ人間たちを包み込む。その中では薪をくべられた暖かなストーブが待っていた。
淹れたての美味しいコーヒーをいただく。 心まで暖まるようだ。
苫東環境コモンズの草刈さんと当会の事務局長が森づくりの情報交換をおこなっている。
c0173813_22283856.jpg

札幌ウッディーズ3名の作業は、チェーンソーにて倒れかかった風倒木の処理がメインだ。
額に汗する作業中の写真を撮ったつもりだったがどこを探しても保存されていない。失礼・・・

働くと、腹が減る。自然の摂理である。
チェーンソーを置き、頭の中は昼飯で100%占められる。
車で少し行ったところにある手打ちそば屋さんへ急行する。
c0173813_22290224.jpg


大盛もりそばを頼む。ぞ・ぞ・ぞ-っとすする。たまらなく美味しい。そばの実が入ったご飯も頼む。
擂(す)ったとろろ芋がそえられている。ず・ず・ず-っと腹に流し込む。
これもうまい。食べた食べた。すっかり満足したので作業場へ戻ろう。

午後からも、おだやかな秋の陽射しを受けながら作業は続く。
c0173813_22292015.jpg


もうすぐ本格的な冬が来る。今年の札幌ウッディーズの作業は、本日で終了。
ケガもなく無事に一年が終われたことに感謝しつつ、また来年を望みつつ、
皆様の健康を祈念し筆を置く。

以上
(森井)

苫東環境コモンズさんのサイトにも紹介されてました。(ページの下のほう)
http://hayashi-kokoro.com/aigo4-94.html

同じサイトの「小田桐久一郎師範を招いてチェンソーワークの奥義を聞く」も一読の価値あり。(上から三分の一あたり)
http://hayashi-kokoro.com/aigo4-93.html
(大竹)

[PR]

by woodies | 2016-12-12 23:43 | 活動記録 | Comments(0)  

平成28年11月27日(日) 高川山林 玉切り・搬出・選木等

参加:11名(体験1名)
天気:晴れのち雪

作業内容
① 前回伐採・玉切りした樹木の搬出
② 前回伐採し、玉切りをせずにおいた樹木の玉切り・搬出
③ 次回間伐のための選木・マーキング
④ 風により折れかけた枝の枝打ち

作業は、作業内容により3班に分けて行った。

1班は以前、伐採・玉切りしておいた木をブルーシートに乗せて搬出した。
c0173813_07341114.jpg
c0173813_07343804.jpg

ブルーシートを二つ持って現場まで斜面を登り、一つのブルーシートに丸太を1~2本乗せた。
そして二人ないしは一人でブルーシートを引っ張り、斜面を下った。
斜面下部の丸太集積スペースまでは斜距離にして約50メートル程で、障害物もなく搬出の条件は良好であったが、それでも重い丸太を引っ張ることで汗をかいた。引っ張り続けると林床の落葉落枝が丸太の前方部分に溜まり、進み具合が次第に悪くなり、そのたびに手で落葉を除くという作業を繰り返した。途中でブルーシートの一つが破れてしまった。丸太を載せるときに、出っ張った枝などがブルーシートに当たっていないかどうか確認する必要があった。

二班は、以前伐倒だけ終えた樹木をチェーンソーにより玉切りする作業を行った。
c0173813_07351235.jpg
c0173813_07353371.jpg

チェーンソーは2台で、そのうちの一つは小径木用の小さいチエーンソーであった。
玉切りすべき樹木は径が大きく、小さいチェーンソーでは苦心する大きさであったが、担当者が器用にチェーンソーを上下左右に動かしながら切っていた。
この樹木は直径の2倍程度の短い長さで玉切りし、斜面を転がして搬出した。

三班は次回以降に間伐する林分において、胸高直径を測りながら、樹木にマーキングを行った。
c0173813_07360781.jpg
c0173813_07362496.jpg

以上の作業を午前中に行い、昼食を山小屋にて摂った。キムチ鍋が用意され、それぞれがもってきたお弁当と合わせて味わわれた。

午後は搬出作業の続き、風で折れかけた枝の処理を行った。
幹が途中から折れてしまっていた樹木もアリ、その木は根元から伐採した。
伐採は受け口をつくり、斜面に対して斜め方向に倒した。折れかけた枝は高枝用のこぎりで切った。
午前中から続いた材木の搬出は、3時前まで搬出をかけて、この日はこれで終わることとした。

(三川)


[PR]

by woodies | 2016-12-03 13:06 | 活動記録 | Comments(0)