<   2017年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

「北の国・森林づくり技術交流発表会」へ参加!

 本発表会は森林・林業に係わる技術情報等の交換を図るため、北海道森林管理局主催で毎年行われているもので、国、道の関係機関のほか、NPOやボランティア、高校生などが参加し発表を行っています。


このたびウッディーズは、2月2、3日に北海道大学で開催された標記行事に参加し、石田事務局長と坂本さんの二名が発表を行いました。

c0173813_22010149.jpg


ウッディーズは、平成27年から取り組んできた森林調査の取り組みとその成果をテーマとして選び、発表用資料の作成とプレゼンの練習等の準備を約2ヶ月にわたり入念に行ってきました。(私はプレゼン資料づくりをお手伝いさせていただきました)

さて、発表会当日です。今年度は「森林保全部門」、「森林技術部門」、「森林ふれあい部門」について39課題の一般発表のほか、森林総合研究所、北海道立林業試験場から特別発表がありました。ウッディーズは「森林ふれあい部門」にエントリー。発表は15時50分からだったのですが、下山会長は朝一番から会場に乗り込んでおられました。私も午前から聴講しましたが、それぞれ興味深く参考になる発表でした。


※ウッディーズほか発表要旨がご覧いただけます。http://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/press/sidou/attach/pdf/170206-2.pdf

※ウッディーズ発表用原稿がご覧いただけます。https://www.dropbox.com/s/5t4c05i4gsm7afr/技術発表会原稿2_1.pdf?dl=0

さて、発表メンバーは14:00に顔を合わせ、打ち合わせを入念に行いました。発表者の坂本さんは、準備も完璧だっただけに緊張もさほど見られず、さすが現役、場慣れしているもんだと感心しました。

会場は学術交流会館の小講堂。「小」とはつくものの中々立派なステージです。徐々に発表時間も近づくにつれ、発表者ではない私も緊張してきました。いよいよ本番、4名の審査員の前に登壇した二人!どうかうまくやってよ!と祈る思いでした。12分の発表時間も予定通り1分を残し無事終了。審査員からの質問も比較的あっさり(?)すんで、万場の拍手のもとにステージを降りる二人。本当にお疲れ様でした!

c0173813_22011049.jpg
c0173813_22012513.jpg

1日目の公演終了後は、応援に駆けつけた下山会長、太田副会長、北山さんを交えた6名でおつかれさん会へ、とりあえず大舞台をこなした二人のホッとした表情が印象的でした。

c0173813_22014048.jpg


2日目は、通常発表の後に表彰式が行われ、下山会長、石田局長と私の3名が参加しました。前日は、公表された発表要旨を見て、「受賞するんじゃない?もしかして」などと冗談を飛ばしていたのですが、いざ発表の瞬間が近づくとドキドキするものです。

果して結果は?・・・・

残念!受賞ならず!(悔)

表彰にあたっての講評では「さまざまな機関との協働」というキーワードが、ふれあい部門の評価対象ということでした。その点、これまでのように、行政からの指導だけに頼らず、一般市民の自助努力により、森を調べ施業方針を見いだすという、我が会の取り組みは、どちらかといえば技術論にバイアスがかかっており、同部門では異質なものだったようです。          

しかし、発表会の評価によって山づくりの方向性が揺らぐ訳ではなく、やればできるという信念の元に、専門家の助言も取り入れながら、会員力を合わせ頑張っていきたいと思います。

最後に、私たちの講演を聞いた国有林の職員や森林インストラクターの方からは、「素晴らしかった!」「専門家として頭が下がります!」など評価のコメントをいただいたことを申し添えて筆を置きたいと思います。

発表された方、応援に駆けつけてくださった方、本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。(笠)





[PR]

by woodies | 2017-02-06 22:04 | 活動記録 | Comments(0)