<   2017年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

2017年8月11日(金) 山の日特別企画 荒巻山林(札幌市南区) 臨時活動枝打ち&BBQ

天候:曇りのち雨 参加:14名+2名

前回に引き続き枝打ち作業です。
この日は「山の日」ということで祝日金曜日の活動です。

「山の日」とは聞き慣れない祝日ですが、これは「改正祝日法」により2016年から施行された祝日で、1996年施行の「海の日」以来、20年ぶりに新設された祝日です。趣旨は、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことですが、実は特別な理由はなく、お盆休みと連動する休日を設けることが本当の理由だそうです。

山林に携わるボランティアとして、この「山の日」に活動しない手はないということで、札幌ウッディーズも活動を行いました。

c0173813_11012928.jpg

この日の施業リーダーはOTさんです。

c0173813_11042904.jpg

手に持っているのは日程表です。作業内容や注意点やあんなことやこんなことが書いてあります。この書類に従い、作業や安全の確認を行います。最近始めました。

今まで事務局や施業および機材管理を担当してくれたIDさんが、体調の理由から退会(休会)してしまったので、役員一同、新体制構築の手探りの段階です。一応、考えられるアイデアを駆使して運営の効率化を進めていますが、何かと混乱気味です。そんな訳で、会員の方々にはご迷惑をお掛けしていますが、温かい目で見守ってください。また、ご意見、ご提案も積極的によろしくお願いします。

c0173813_11241168.jpg

大型のアブ(ウシアブ?)が飛び交う中の作業になりますが、打ち合わせ確認、降雨に備えたタープの設置など抜かりはありません。アブに噛まれると結構痛いので気をつけてください。

c0173813_11392441.jpg

森の中に分散して枝打ちをしました。高枝切りノコと熟練会員はハシゴを使った枝打ち、素人にはお勧めできませんが、約1名木登り枝打ちです。

c0173813_11454873.jpg

お昼も近づいた頃、狼煙が上がります。

c0173813_11515805.jpg

お待ちかね、焼き肉の時間でございます。これだけが楽しみです。?・・・いやいや、嘘です・・・枝打ちが楽しみです。さあ、食べましょ。

c0173813_11582685.jpg

この日は何時になく豪華版、羊肉のスペアリブとSYさん持参の鹿肉にアイヌネギを混ぜ込んだ鹿肉ソーセージもあります。知人のハンターさんが仕留めたエゾシカの肉だそうです。

予定していたお盆のお墓参りを返上して家族で参加したIBさん一家は、ゴザを敷いてピクニックぽい雰囲気です。野菜もたくさん持参してきてくれました。アザシタ!

c0173813_12143942.jpg

OTさんもブルーベリー山盛りとサンチェ箱ごと持参してきてくれて、肉あり、野菜あり、果物あり、デザートありと豪華な楽しいランチとなりました。途中雨が降ってきましたが、コンロをタープ下に移して焼きそばです。秘伝のタレを使った焼きそば屋のおばちゃんが板に付いています。助手のちびっ子二人は、謎の粉をふる係です。

c0173813_12270612.jpg

KH君もいないのに焼きそば3回転完食です!

満腹食べた後は、午後の枝打ちです。

c0173813_12303919.jpg

間伐した木々に生えた苔が年月を物語ります。長きに渡り、間伐して枝打ちしてスッキリとした赤エゾマツの林は、見違えるような森になったと思います。

c0173813_12384645.jpg

作業の後は、道具に付いた松脂を掃除してお開きとなりました。
参加の皆さん、お疲れ様でした。IBさん、ちゃんとご先祖様に謝っておいてくださいね。


c0173813_12462117.jpg




(二日酔いで戦力外の菊地でした)

[PR]

by woodies | 2017-08-12 12:49 | 活動記録 | Comments(0)  

2017年8月5日(土) (札幌市南区)荒巻山林 枝打ち

天候:晴れ  参加:12名

本日は札幌市南区 荒巻山林の人工林ゾーン(アカエゾマツ)の枝打ち作業です。

朝方の雨も上がり、湿度が高く感じられる晴天です。
c0173813_00254844.jpg

現地到着するや、すでに草刈り作業をしている人影が。
あ、会長、副会長だ。 ずいぶん気合い入ってるなぁ。
WTRさんも応援に駆けつけていただいていました。

シンボリックな池。 蓮の花がみごとです。
c0173813_00262113.jpg
トンボが、双発機のごとくかっこよく飛んでいきます。 
早くて、止まりもしないので、種類を同定できません。 止まっていても、わかりません。


このフィールドでの作業は、春の山林調査からはじまり、枝打ち作業へと、今年も活動は盛んです。

今日は常連さんとなった“大人たちの人気もの”、小学生の姉弟さんも参加してくれました。
お父さん・お母さんとともに4人もの応援はうれしいかぎりです。

朝のミーティングです。 本日のリーダーはSTさん。 出席名簿を読み上げます。
c0173813_00253256.jpg
c0173813_00253625.jpg
続いて、重要である施業上の注意事項について、FMさんから伝達されます。

小さなお子さんもいるので、いつも以上に分かりやすく伝えます。

ハチ,アブ,毛虫,ヘビ,クマ。 この山にはみんないるよ。
ハチが飛んできても手で払いのけないこと。 上下左右をよく見て動くこと。 みんなから離れて一人で行動しないこと。
作業中の大人のそばには近寄らないこと。
池があるね。蓮の花がきれいでも、トンボを追いかけたくても、池には絶対に落ちないこと。

幽霊を連れて帰らないこと(笑)。
c0173813_00252406.jpg
今日は高枝切りノコギリをフル活用します。
危険距離内にはお互いに近づかないこと、脚立(きゃたつ)を使用しての作業時は身体をしっかりロープでつなぐこと、等、
しっかり心に刻みます。

続いて、作業の意味合い(意義)についてKYさんからお話し。
Q.森の役割り、役目とは? 
A.二酸化炭素の吸収・酸素の供給、水の確保、土壌の安定化、生物多様性、などみんなから次々と返答。

挙げるとたくさん出てくるが、「木材の生産」という観点あり。
枝打ち作業は、「節のない」、「まっすぐな」、「太い」良質な材へと育てるという大切な作業であることを伝えました。

Q.枝を切り落とすのだが、ではどの部分から切るとよいのか。
A.幹と枝の付け根の膨らみ=枝座(しざ)を残して打ち落とす。 
その意味は、枝打ち後、樹皮に再び包まれる“巻き込み”が早くなる、つまりは病原菌の侵入を防ぐことができるため。
c0173813_00255437.jpg
(枝座ってどこだ? 大きな木を使って、場所を解説中)


作業開始前にじっくりとレクチャーが行われ、それでは作業開始です。
全員ヘルメットを着用し、道具を持って森へ入ります。
作業風景をどうぞ。
c0173813_00254458.jpg
(脚立に上り、手ノコで枝打ち。しっかりロープで身体を支えます。いつも仕事で慣れているFMさん。)

c0173813_00255161.jpg
(高枝切りノコギリ。5mは伸びる。かなり重い。周囲に気を付けて作業するIBさん奥様。)

c0173813_00254029.jpg
(枝打ちすることによって、林床に日光が入る。 薄暗い森の健全化へ。)

林床には新しい木々の誕生の姿を見ることができました。
c0173813_00255796.jpg
c0173813_00260131.jpg
c0173813_00260739.jpg
脚立に上っての作業、高枝切りノコギリでの作業、いずれもかなりの労力が必要となります。
途中こまめに小休止を入れつつ、午前中の作業を終了しました。

さて、昼食を摂りましょう。
本日は豪華なデザートの差し入れをいただきました。
(桃! メロン! 夕張名物 「うさぎや菓子舗」さんのシナモンドーナツ!) 
次々と手が伸びます。
c0173813_00261696.jpg
午後も1時間ほど作業を続け、本日の作業は無事に終了しました。
来週もまたこの場所で作業の続きです。

はい、今日の集合写真です。
c0173813_00261190.jpg
子供たちも、大人の言うことを聞いて一日がんばってくれたね。ありがとう。
うんこ漢字ドリル、がんばるんだよ~。

(記: 森井 浩樹)


[PR]

by woodies | 2017-08-07 02:24 | 活動記録 | Comments(0)  

2017年7月29日(土)北ノ沢第二都市環境林 草刈り・保全作業等

天候:晴れ  参加:10名

本日は札幌市南区 北ノ沢第二都市環境林です。

例年の作業ではありますが、今日はまた違う思いをもって集まります。
c0173813_22565517.jpg
このフィールドとのかかわりは、平成16年(2004年)からです。

平成16年台風第18号(アジア名:ソングダー)は、各地に被害をもたらしながら北上、
東北・北海道へ接近する際にさらにスピードを上げ、激しい強風を伴って猛威を振るい
札幌では最大瞬間風速50.2mを記録、この暴風被害で木々はなぎ倒され、山々は
荒れ果てた姿となってしまいました。

この札幌市北ノ沢第二都市環境林も同様に多大な被害を受けたため、復旧を願っての
お手伝いからお付き合いは始まりました。

風倒木の処理からはじまり、空いた場所への植樹作業、植樹したあとは稚樹の周辺の
下草刈り。 その後は、生い茂るササを減らすべく毎年の笹刈り作業に汗してきました。
笹刈りは、やわらかい草とは違い刈払い機の刃もボロボロになりました。

そしていま。
静かな森には野鳥が飛び交い、散策路の向こうからは笑顔の登山者がやってくる。
c0173813_22545535.jpg
今日、私たちはいつもとは違う思いで森を見つめます。

私たちは今後もこの森に手を貸すべきだろうか。
この森はもうおおかた自然の姿に戻っているのではないだろうか。
散策路をいつまでもキレイにキレイに草を刈り続けることは自然なことであろうか。
いつまでも人間側の思いだけで手を加え続けることはエゴへと変わるのではないか。

もうそろそろ、いいのではないか、と。

みんなで森を歩こう。
機材は持たず、それぞれの思いを胸に。天気が良い。
c0173813_22525523.jpg
これまでの作業で、“残したい、育てたい木”に取りつけたピンクテープのあるものを見つめます。
c0173813_22535448.jpg
ガツガツ作業するだけではなく、こんなふうに森を見つめる日も大切。
c0173813_22542586.jpg
道の脇から少し入って、樹木の育成状況を見つめる。
c0173813_22532589.jpg
ある程度まで育った木々は、頻繁な下草刈りはもう必要としない。
自分の力で大きくなっていく。

メンバーが、秘密の道へと案内してくれます。
一般の散策路からは見えない、ちょっとした絶景スポットへと続くらしい。







5分も歩いたでしょうか、ほら、こんなにきれいな頂上風景が広がりました。
c0173813_22555500.jpg
南区を一望できるヒミツの場所。
どこから分け入ったのか、もう一人では行けません。

ついでに記念撮影もしちゃおう。
c0173813_22552562.jpg


今日は、草刈りも何もしない日。そしてじっくり感じる日、考える日。
c0173813_22562536.jpg
c0173813_22572510.jpg

自然に対して、人がどこまで手を入れるべきか、いつまで作業を繰り返すべきか。
自然に戻った森は、文字通り“自然”に育っていくと信じて、手を引くことも大事ではないか。

今度の活動計画について、この秋にもう一度みんなで検討し、最終的に決定することとなり、
本日は解散となりました。 (記: 森井 浩樹)



[PR]

by woodies | 2017-08-06 23:37 | 活動記録 | Comments(0)