<   2017年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

2017年9月30日(土) 22世紀の森(当別町青山地区) 草刈り 支援活動

天候:晴れ時々くもり  参加:7名

JR当別駅で待ち合わせる。 秋晴れである。

ここで20行少々のスペースをいただき、個人的な事柄を述べたい。

本日のブログ筆者の愛車 「マッハ号」は、170,000kmという長大な距離を走破し、
このたび惜しまれつつも廃車と相なった。

マッハ号。 本名 スプリンター カリブ平成9年車。
亡き父から引き継ぎ、その後、筆者の心無い過激な運転に不平不満を述べることなく
じっと耐え、走り続けてくれた。
また札幌市南区の活動フィールドの過酷な環境への乗り入れではトランスミッション
から煙のにおいを放ちつつも運転者の指示通りに入山してくれた。 

このたび、静かに引退したマッハ号。 
私はいつまでもおまえの焦げ臭いマニュアルギアBOX、動かないリアワイパー、
開けると閉まらないボンネット、よって閉めるともう二度と開けられないボンネット、
同じく開けると閉まらない助手席のパワーウィンド、そして点灯しない右目スモール
ライトのことは忘れない。閉まりきらないボンネットが高速走行中に風にあおられ、
まるで口をパクパクしているようだと見かねてロープで縛ってくれたFMさんの恩義を
おまえも決して忘れやしないだろう。
ありがとう。マッハ号。
これからはおまえのようには無理強いのきかない純白の軽自動車 「ワゴンR」 とともに
山へ入ることとなる。 おまえより10歳年下の平成19年車だ。
どうか見守っていてくれ。マッハ号。
ありがとう。マッハ号。

c0173813_00565589.jpg


なにが言いたいのか。
車だけでなく、道具はとても大切だ、ということだ。
“愛着が湧く”という言葉を、情報,物品溢れる時代に、死語にはしたくはない。





話しは戻って、 JR当別駅。


本日のリーダーが来ない。

面倒見のよい人格者であり、時間に遅れるような人では決してない。
何かあったのか・・・ 不安がよぎる・・・。

携帯電話をかける。

・・・・。   ・・・・。   ・・・・。   ・・・・。  (!)

つながった・・。
















「ごめ-ん!!時間まちがえてたぁ! 先、行ってて-!」
って、STさ-ん。




何事もなくてよかった。
さあ、行こう。

広大な当別町を北へ、当別ダムを右手に見ながら車列は進む。
(当別ダム 写真: 当別観光協会HPより)
当別ダム


当別は青山地区 「22世紀の森」。
ここは 「NPO法人 新山川草木を育てる集い」さんの活動フィールドだ。
活動の歴史は長い。
(参考)
http://www.shin-sansensoumoku.org/

“どろ亀さん” こと 森林学者で東京大学名誉教授 故 高橋延清先生の
精神を受け継いでいる団体だ。
(参考)
http://www.hk-curators.jp/archives/2558
<Copyright (c) 2013 北海道博物館協会学芸職員部会. All Right Reserved.>

森林を愛し、活動する仲間がいることは当会にとっても心強く、さらに深く長い
交流を続けていきたいと願う。
当会の規約(第2条:目的)にも
“本会は、ボランティア精神にもとづき、自ら森林づくりの体験を楽しみ、
森林に関心を持ち、かつ森林づくりに取り組もうとする人々と手を携えて、
森林のあるべき姿を提案し、豊かな森林を次代に引き継ぐため、その環を
広げていくことを目的とする。” 
とある通りだ。

当会は例年お手伝いとして草刈りに参加させていただいている。
本年は7月8日に続いて2回目の支援活動だ。

7月の作業は暑い暑い日だったと当会の活動の記録ブログにもある。
http://woodies.exblog.jp/26801456/

本日は、すっかり秋めいた冷涼かつ澄みきった空気の中で行われる。
I LOVE HOKKAIDO 
c0173813_00565234.jpg
まず手渡された作業範囲を示す分担図を、みんなで確認。
c0173813_00570708.jpg
    
c0173813_00564919.jpg
前回と同じく、今日も長い作業道の両脇の草を刈るという作業。
前回は長く伸びた草に悪戦苦闘した面々であったが、今回は作業2回目で
幾分落ち着いた草を刈り払うこととなる。伸びた坊主頭をそろえるくらいに。

当会7名の作業エリアを決め、ハーネスを背負い、刈払い機を設置し、出動。
c0173813_00570101.jpg
c0173813_00570423.jpg

一気集中して(もちろん無理なく休憩を入れつつ)作業を進める。

【作業前】
c0173813_00564020.jpg


























【作業後】
c0173813_00563640.jpg



























そして昼食休憩へ。
c0173813_00572266.jpg

 





















焼肉の香りに誘われ、集まる。 
秋の味覚サンマも! 
いつも新山川草木さんの心遣いには頭が下がる思いでいっぱいである。

この時期、各地で繰り広げられる「秋の○○祭り」というものに
行きたいが行ったことがない。
理由は、人間の群れ。ゲキ混み。長蛇の列。1時間半待ち。
牡蠣、さかな,キノコ。 食べたい。食べたいが上記理由により。。
c0173813_00563025.jpg

 
c0173813_00562554.jpg

c0173813_00565821.jpg

 
c0173813_00564770.jpg



今日の作業も無事に終えることができた。
感謝。 ありがとう。

おにぎり6こ食べました。

c0173813_00571404.jpg

(筆: 森井 浩樹)

[PR]

by woodies | 2017-09-30 22:20 | 活動記録 | Comments(0)  

2017年9月24日(日)北山山林(千歳市) 枝打ち

天候:晴れ  参加:10名

千歳市。 澄んだ空気の朝。 
札幌ウッディーズの有志が集まる。
c0173813_23435242.jpg

本日は、9月9日に続いての北山山林の枝打ちだ。

荒天が続いたのち、今年の秋はいきなりやってきた。
c0173813_23521980.jpg

夏の余韻も残さず、微細な秋の気配を感じ得る間もなく、
スズムシの求愛の羽音はいま突如として足下にあり・・・
などと、秋は詩人のようにきらめく感性が冴えわたる。
という感性は、私にはほぼ無い。

c0173813_00311204.jpg
本日のリーダーはFMさん。
作業内容,目的,注意事項を伝達する。
c0173813_00314123.jpg

ラジオ体操も気持ち良い。
c0173813_00321171.jpg

初めて枝打ち作業する会員へ、枝を打つ箇所を説明する。
枝座を残し、大きく成長した木は地上より4mまで枝を打つ。
さらに大きくなった木は4mごとに手を入れる。
(4m、8m、、、さすがに16mまで枝打ちを必要とする大木はなかなか無い。本州のスギ、ヒノキであれば別であるが)
c0173813_00324289.jpg
先日作業終了した箇所には、ピンクテープで印をつけてある。
c0173813_00334126.jpg





  















ちなみに、枝打ち前の木の姿はこのような状態。
c0173813_00331106.jpg
作業中のMDさん。木々に溶け込む。
c0173813_00341133.jpg

                            



















FMリーダーはしっかり腰を入れて作業中(ハイ撮りま-す⇒ 動き一時停止中)
c0173813_00344178.jpg
手の届かない高さでは、高枝切りノコを活用する。
c0173813_00351118.jpg
c0173813_00354254.jpg

今日は、計画していた枝打ちゾーンをすべて作業完了できた。
よい汗をかき、昼食休憩をとる。
c0173813_00373493.jpg
          
c0173813_00380445.jpg


危険予知活動ボードはここに貼られていた。
c0173813_00370372.jpg

やさしい会員からいつもおいしい差し入れがある。 
(黄緑)シャインマスカット。 (茶)巨峰。 (真ん中)温室みかん。     そして、シナモンドーナツ。
c0173813_00383382.jpg

   
c0173813_00390347.jpg





作業の成果として、恒例の比較写真をどうぞ。

【作業前】 と 【作業後】
c0173813_00393477.jpg

      
c0173813_00400312.jpg

作業後は、キノコを探した。

MTさんも酒の肴とするために力の限りキノコを探した。 それはそれは一心不乱に探した。
やがてMTさんの情熱はキノコを呼び寄せ、それらキノコは今夜の食卓に並べられるために
MTさんの前に姿を現しはじめたのだった。
ただただキノコを探すために森をさまよっているだけに見受けられたMTさんの姿だったが、
実はそれはキノコに会いたいという強い思いを大地へ伝えるための野性のダンスであった。
キノコ。 そう、それは思いを受け入れた森の神様からの贈り物であった。

続く。(いや、続かない) 
詩人のようにきらめく感性が無いため。

今日もお疲れ様でした。

(筆: 森井 浩樹)

[PR]

by woodies | 2017-09-24 23:45 | 活動記録 | Comments(0)  

2017年9月9日(土) 北山山林(千歳市) 枝打ち

天候:雨のち晴れ、曇り 参加:10名

札幌は朝から雨模様だったので活動の有無が心配でしたが、千歳へ向かう途中には晴れに変わり、現場に到着する頃には蒸し暑くなっていました。湿度が高くて蚊が心配ですが、虫除けで大丈夫でしょう。この日の作業リーダーは、お疲れのMIさんです。本人曰く、男性更年期障害じゃないかと疑っていますが、多分、どぶろくの補給が足りていないと思います。

c0173813_10214818.jpg

この日の作業は枝打ちです。北山山林のエゾマツ林は樹高が低い群もあり、手ノコでの作業が中心なので、荒巻山林のように首が痛くなることもありません(の、はずです)。作業に入る前に枝打ち初心者のMTさんは、FMさんから簡単なレクチャーを受けました。

c0173813_10565480.jpg

北山山林の枝打ち作業は手ノコで届く範囲の高さの枝打ちなので、隣との安全確保の距離も短く、お喋りしながらの作業ができます。大体はくだらない内容のお喋りなんですが、オヤジギャグだけは厳禁です。

c0173813_11053099.jpg

サクサクと枝打ちも進み、少し早めのお昼休みです。蒸し暑いのと皆さん日頃の疲れが溜まっているのか、自然と集合場所にボチボチと集まってきました。この日はキノコたっぷりキノコ汁を作ってくれました。

c0173813_11242016.jpg

昼食の後は軽く枝打ちの続きをしました。

c0173813_11315941.jpg

北山山林はエゾシカやクマの生息地なので、エゾシカの被害もあります。

c0173813_11354967.jpg

早めに作業も終わり、印を付けます。この日の成果は、ゆったりしていた割には予定よりも作業が進みました。

c0173813_11395549.jpg

天気も不安定になってきたので、松脂だらけになった道具の手入れをしながら終わりのミーティングです。期待していたキノコは見当たらず、食べられそうにないキノコがポツポツの状態でした。北山山林は山菜やキノコの宝庫なので、次回の枝打ちの続きにも、キノコに再期待したいと思います。キノコってタイミングが難しんだけどね。

c0173813_11474821.jpg

本当は松脂の薀蓄をたれたいと思っていましたが、長くなるのでその内(笑)。以上、菊地でした。

[PR]

by woodies | 2017-09-09 22:50 | 活動記録 | Comments(0)