2016年12月3日(土) 大島山林 風倒木処理

天候:晴れ 参加:3名

毎年恒例となっている大島山林(安平町)での作業である。
札幌ウッディーズは、NPO法人苫東環境コモンズさんのフィールドで共同作業も行っている。

安平町遠浅(とあさ)。
広大な勇払原野の北東部にある酪農開拓の地。
1930年代に不毛の火山灰地を開拓。北海道の酪農先進地域として発展。
日本で初めて国産チーズ専門工場の大規模生産を始めた発祥の地である。
酪農開拓の歴史の象徴・文化財として「木造サイロ」があったが、老朽化が進み
多くの人たちから惜しまれつつ2015年12月に解体される。

その町に、大島山林がある。苫東環境コモンズさんが町内会など地域住民と共に
「自然環境を守りながら利用させてもらう」仕組みがとられている森である。
森を育て、整備し、除伐木は薪として販売するなどの活動がなされている。
「コモンズ」とは共同利用地を意味し、草原、森林、牧草地、漁場など自然の資源を、
立場の異なる多くの人間たちが共に一緒に利活用する仕組みである

エントランス(森の入り口)からすでに気持ちのよい見渡しである。
c0173813_22271345.jpg


もともと馬や牛が放たれていた場所を整備し、森の中にはトレイル(小路)が作られて
心地よく散策ができるようにされている。
c0173813_22275026.jpg


何一つ人間が手をかけなければ、鬱蒼とした陽の光の入らない森であっただろう。
林床には落ち葉がたくさんあり、土壌の微生物たちによって分解されるのを待っている。
苫東環境コモンズさんたちはすでに到着し、作業を始めていた。
ビニールハウスで使用する鉄骨にブルーシートをかぶせた立派なベースキャンプがあり、
風雪を防ぎ人間たちを包み込む。その中では薪をくべられた暖かなストーブが待っていた。
淹れたての美味しいコーヒーをいただく。 心まで暖まるようだ。
苫東環境コモンズの草刈さんと当会の事務局長が森づくりの情報交換をおこなっている。
c0173813_22283856.jpg

札幌ウッディーズ3名の作業は、チェーンソーにて倒れかかった風倒木の処理がメインだ。
額に汗する作業中の写真を撮ったつもりだったがどこを探しても保存されていない。失礼・・・

働くと、腹が減る。自然の摂理である。
チェーンソーを置き、頭の中は昼飯で100%占められる。
車で少し行ったところにある手打ちそば屋さんへ急行する。
c0173813_22290224.jpg


大盛もりそばを頼む。ぞ・ぞ・ぞ-っとすする。たまらなく美味しい。そばの実が入ったご飯も頼む。
擂(す)ったとろろ芋がそえられている。ず・ず・ず-っと腹に流し込む。
これもうまい。食べた食べた。すっかり満足したので作業場へ戻ろう。

午後からも、おだやかな秋の陽射しを受けながら作業は続く。
c0173813_22292015.jpg


もうすぐ本格的な冬が来る。今年の札幌ウッディーズの作業は、本日で終了。
ケガもなく無事に一年が終われたことに感謝しつつ、また来年を望みつつ、
皆様の健康を祈念し筆を置く。

以上
(森井)

苫東環境コモンズさんのサイトにも紹介されてました。(ページの下のほう)
http://hayashi-kokoro.com/aigo4-94.html

同じサイトの「小田桐久一郎師範を招いてチェンソーワークの奥義を聞く」も一読の価値あり。(上から三分の一あたり)
http://hayashi-kokoro.com/aigo4-93.html
(大竹)

[PR]

# by woodies | 2016-12-12 23:43 | 活動記録 | Comments(0)  

平成28年11月27日(日) 高川山林 玉切り・搬出・選木等

参加:11名(体験1名)
天気:晴れのち雪

作業内容
① 前回伐採・玉切りした樹木の搬出
② 前回伐採し、玉切りをせずにおいた樹木の玉切り・搬出
③ 次回間伐のための選木・マーキング
④ 風により折れかけた枝の枝打ち

作業は、作業内容により3班に分けて行った。

1班は以前、伐採・玉切りしておいた木をブルーシートに乗せて搬出した。
c0173813_07341114.jpg
c0173813_07343804.jpg

ブルーシートを二つ持って現場まで斜面を登り、一つのブルーシートに丸太を1~2本乗せた。
そして二人ないしは一人でブルーシートを引っ張り、斜面を下った。
斜面下部の丸太集積スペースまでは斜距離にして約50メートル程で、障害物もなく搬出の条件は良好であったが、それでも重い丸太を引っ張ることで汗をかいた。引っ張り続けると林床の落葉落枝が丸太の前方部分に溜まり、進み具合が次第に悪くなり、そのたびに手で落葉を除くという作業を繰り返した。途中でブルーシートの一つが破れてしまった。丸太を載せるときに、出っ張った枝などがブルーシートに当たっていないかどうか確認する必要があった。

二班は、以前伐倒だけ終えた樹木をチェーンソーにより玉切りする作業を行った。
c0173813_07351235.jpg
c0173813_07353371.jpg

チェーンソーは2台で、そのうちの一つは小径木用の小さいチエーンソーであった。
玉切りすべき樹木は径が大きく、小さいチェーンソーでは苦心する大きさであったが、担当者が器用にチェーンソーを上下左右に動かしながら切っていた。
この樹木は直径の2倍程度の短い長さで玉切りし、斜面を転がして搬出した。

三班は次回以降に間伐する林分において、胸高直径を測りながら、樹木にマーキングを行った。
c0173813_07360781.jpg
c0173813_07362496.jpg

以上の作業を午前中に行い、昼食を山小屋にて摂った。キムチ鍋が用意され、それぞれがもってきたお弁当と合わせて味わわれた。

午後は搬出作業の続き、風で折れかけた枝の処理を行った。
幹が途中から折れてしまっていた樹木もアリ、その木は根元から伐採した。
伐採は受け口をつくり、斜面に対して斜め方向に倒した。折れかけた枝は高枝用のこぎりで切った。
午前中から続いた材木の搬出は、3時前まで搬出をかけて、この日はこれで終わることとした。

(三川)


[PR]

# by woodies | 2016-12-03 13:06 | 活動記録 | Comments(0)  

平成28年11月12日(土) 高川山林 野ネズミ被害防止対策、倒木処理

晴れ時々曇り
参加者9名 (うち、体験参加1名)


札幌で11月上旬に20センチの雪がふったのは21年ぶりだというが、ここ高川山林でも同様に20センチを優に超える雪が降った。
そのために、かつて見たことのない光景が現出した。
まだ葉が落ちない木の枝に雪が降り積もり、その重みで大木の太い枝があちこちで折れた。幹がまだ細い木は先端が地面に接するほどしなっている。紅葉しないまま散り落ちた葉が林床の雪面を敷き詰めるように覆っている、などなどだが、「圧巻」は直径40センチを超えるカラマツが根元から折れたことである。
そんなわけで、今日の作業は晩秋恒例の野ネズミ被害対策に加え、倒木の処理である。

c0173813_00381227.jpg
<雪面に散り敷いたヤマグワの落葉>


野ネズミ被害防止には、エゾヤマザクラの幼樹にアスファルトフェルトを巻きつける。野ネズミというのはエゾヤチネズミで、体長10cm前後と小柄で見てくれは可愛いのだが、これが冬から春にかけて悪さをする。エゾヤチネズミに樹皮が幹を一周するように囓られた樹は枯れてしまう。野ネズミ被害は、北海道ではカラマツが多いようだが、高川山林での被害木はエゾヤマザクラとズミ(コリンゴ)である。
被害防止のために一般的には金網や合成樹脂のプロテクターなどで被覆したり、忌避剤や殺鼠剤を散粒したりするが、高川山林ではアスファルトフェルトを巻き付ける。
 (註)アスファルトフェルトとは、防水・防湿のために外壁などに用いられる建築資材で、フェルト状の原紙にアスファルトを浸透させたもの。

10年程前に、あるウッディーズ会員に「親から伝授された」と、この手法を教えてもらった。以来、被害は皆無となった。とても安価で有効なのに、他にこの手法を講じているという記録を見たことがない。これが採用されないのは何か問題があるからだろうか。
作業は、先ず、アスファルトフェルトを適当な幅に裁断することから始まり、それを予めピンクテープがつけられたサクラなどの幼樹にビニール紐やホチキスで巻き付けていく。作業効率を上げるため2人でペアを組む。作業そのものは単純といえば単純だが、手袋を着用して、しなりやすく細い幼樹にゴワゴワした紙を巻き付けるのは、なかなか難しい。
c0173813_00391756.jpg
<アスファルトフェルトを丁寧に巻く>



12年前に植えたサクラは今では花時に山をピンクに彩るように成長し、見る人の目を楽しませてくれる。‘この幼木も無事に生長してくれるだろうか。早く花を咲かせて欲しい’と願いながら丁寧に作業を進める。
ふと見ると、雪が消え残る林床には動物たちの足跡が…。KYさんが「動物たちも、等高線に沿って歩いてるね」と言う。
遊歩道に動物の足跡を見かけては、‘連中も歩きやすいところを選んで歩くんだなぁ’と感心していたが、等高線には思いが及ばなかった。動物は賢い!

野ネズミ被害対策と併行して、カラマツやその他の倒木の処理を行う。
カラマツが周りのニセアカシアなどを‘巻き添え’にして、隣接する小樽市の管理区域に倒れてしまい、そこにある施設へのアプローチを妨げている。カラマツの根元を一目して‘なるほど!’と倒れたワケを納得した。根元部分には大きな空洞があり、そこから腐食が広がり、枝葉に積もった雪の重量に堪えられなくて倒れたのだ。
c0173813_00411605.jpg
<今までよく倒れなかった!>

雪で滑りやすい急斜面でISさんが的確に玉切り処理をし、それを他のメンバーがソリに積み込んで運んだり、放り投げたりして下の材木置き場まで運ぶ。
c0173813_00401083.jpg
<カラマツの倒木を玉切りする>



作業を体験したいと参加されたMKさんは、作業を熱心に観察し、自らも玉切り材の山出しに汗をかいてくれた。
正午過ぎまで頑張り、お昼は山林入り口のコテージ「山風庵」で持ち寄りのサケ汁やお菓子に舌鼓を打ちながら談笑する。
c0173813_00414943.jpg
<ストーブのぬくもりに話が弾む>


体験参加のMKさんのお話を伺った。「パーマカルチャー研究所」に拠り、「持続可能な生き方・暮らし方」を実践されているという。
お話から、エネルギー問題解決のためのライフスタイルを模索し、徹底した「省エネ」生活を実践していることが窺えて興味を覚えた。この後、暫く一家でタイへ行き、そこで生き方のヒントを得てくるとのこと。
嬉しいことに、来年、帰国後にウッディーズに仲間入りしたい…と。

その三栗さんに当日の感想を寄せていただいた。


エネルギー問題解決のためには化石燃料の大量消費は控えたほうが良い。
薪のエネルギーを上手に使いながら、森林とともに健全に生きるのがよいのではないか。
以上が自分の考えではありますが、森を整備したり薪を作ったりなど、自分にはほとんど経験がありません。そのため現状では、その考えが生きた言葉でしゃべれない状態です。
今回参加させていただいたことで、山から木を切って運び、薪としてストーブに入れて熱エネルギーを得るまでの過程が、体感として少しわかったことが大きな収穫でした。
(三栗)


そして、飛びっ切り若い女性会員のNNさんの感想も紹介する。


先日の活動では、雪の時期のネズミ対策の作業を手伝わせていただきました。
高川山林周辺は、札幌市内とは景色も変わって、めっきり冬景色で季節の移り変わりを感じました。
もちろん、札幌近郊のような雪の多い場所にいたことがないので、今回の作業は初めてで興味深いものでした。
細い苗木を一本ずつ巻いていく作業で思いのほか繊細です。これで、苗木が春まで持ちますように。
今回男性陣はハードな 伐採作業だったということで、私も次回はハードな作業やるのもいいな(見ている分には)と思いました。
新メンバーとなった三栗さんのエコ生活のお話も興味深く、高川さんの奥様の作ってくださった、だしの効いた石狩鍋がとっても美味で温まりました。ありがとうございました。(NN)


三栗さんのホームページとブログ
ホームページ「パーマカルチャー研究所」 http://www.permaculture-lab.com/
ブログ「パーマカルチャー研究所のブログ」 http://plaza.rakuten.co.jp/hokkaidopapa/


( 記録 髙川 勝)


[PR]

# by woodies | 2016-11-21 00:42 | 活動記録 | Comments(0)  

平成28年10月29日(土) 高川山林 ツル切り、倒木処理

活動内容:ツル切り、倒木処理
天気:晴れ
参加:8名


先週に引き続き、高川山林です。作業も先週に引き続きツル切り、ツル切り、倒木処理作業です。
すっかり気温が下がり、寒いの、寒いの…です。

ツル切りは上から思わぬところに枝葉が落ちてくるので、まわりにいないようにすること、また上からの落下物に十分に注意すること、とキケン情報の確認をしてスタートしました。
c0173813_21405058.jpg

現地に上がっていくだけで、息が切れるという、ふがいない状況です。

ツルも高いところで絡まっているので、届かないわ、ほぐれないわで、なかなか頭を使いながら、あっちを切りこっちを切り、またいろいろな方向に引っ張ったりで、タイヘンですが、ほぐれたときはきれいになるし、快感です。
c0173813_21444550.jpg
c0173813_21505999.jpg
c0173813_21504445.jpg

お昼は簡単にできる、ちらし寿司とインスタント味噌汁で、賑やかに、また高川さんの小屋に入ってあったかく食べることができました。
作る、食べるで夢中で、また写真を撮り忘れてしました。

午後からは午前中の作業の続きを1時間ほどして終了となりました。

c0173813_22001733.jpg
c0173813_21402571.jpg
(さとう)


[PR]

# by woodies | 2016-10-31 21:31 | 活動記録 | Comments(0)  

2016年10月16日(日) 高川山林 自然観察会

活動内容:自然観察会
主催:間伐ボランティア札幌ウッディーズ・かもめ保育園共催
天気:晴れ
参加者:46人
(うち 小学生14人。ガイドとして北海道ボランティアレンジャー協議会 6名)



さわやかな秋晴れの中、5月に続き、高川山林の遊歩道完成後の秋の観察会が開催されました。

高川山林の山小屋前には札幌ウッディーズと、かもめ保育園の児童と保護者が集結。それに北海道ボランティア・レンジャー協議会(ボラレン)の解説員6名にお越しいただき、ガイドをしていただきました。
c0173813_23311264.jpg
子供たちは始まる前から、元気いっぱい!春に設置された看板の前で「これアオバトだよ」と教えあったりしながらワイワイ遊んでいました。

山主の高川さんとボラレンの方からのあいさつの後、いよいよ出発です。
6班に分かれて山を歩きます。
c0173813_23335772.jpg
私は春の観察会には参加できなかったので、今年はじめての高川山林。
立派な看板や樹名板がつけられ、森林公園のような雰囲気になっていました。
整備に参加した遊歩道の階段を「ここ大変だったけどしっかりしてるな~」なんて思い出しつつ、満足感に浸って歩きます。

歩きながら所々で止まり、ボラレンの方が解説をしてくれます。

■解説の一部
・「シオデ」というツルの植物は、山菜としてとってもおいしい。
・「クルマバソウ」は、クマリンという芳香成分が含まれており、葉を揉むと桜餅のような香りがする。ワインの香りづけにも使われている。
・「キハダ」の皮は染料や胃の薬に。
・葉の裏と表が同じような「リョウメンシダ」に、葉が水平に出て十文字に見える「ジュウモンジシダ」。
・「オオウバユリ」は、種を自分からできるだけ遠くに飛ばすように、種の入っている殻が気流を起こす構造になっており、弱い風では飛ばず、強い風で遠くに飛ぶようになっている。種から花が咲くまでに7年程かかるが、元株の横に子株があり、ここから育つものは、3年程で花が咲く。
・「シナノキ」の皮は丈夫で、アイヌの服に使われていた。
・「イタヤカエデ」と「アカイタヤ」の見分け方。「アカイタヤ」の方が、切込みが浅く横長の5角形で、7裂する葉がない。
ちなみに「カエデ」の名は、カエルの手に似ていることからきていると言われていますが、「アカイタヤ」の葉を見ると、それも頷けます。
c0173813_23343852.jpg
(左が普通のイタヤカエデ、右がアカイタヤ)

分かりやすい解説により、何度も入っている高川山林ですが、新たな気づきが多くありました。

なかなか覚えきれないですが、少しずつでも脳に刻んでいきたいものです。
また機会がありましたら、観察会に参加したいと思います。
(桑原)
c0173813_23351125.jpg



観察会終了後、30人の方がアンケートに答えてくれました。

●説明内容はわかりやすかったか?
 自分のレベルに合っていた 30(全員)

観察会に満足できましたか?
 とても満足した 26
 まあ満足した 4

自由記入欄へのコメント
・春にはこれから花を咲かせようとしていた植物が種をとばし、枯れている姿、落ちたドングリから根が出ている姿など、この時期ならではの様子を楽しむことができました。
・定期的に参加したいです。
・いつも活動している山を別な歩き方ができて感心しました。
・ゲーム、インターネットのはびこるなか、子どもたちには良い経験になると思います。
・とても楽しかった。もっと聞きたかったのですが、欲張りですよね。また参加します。
・植物の知恵をもっともっと知りたい。
・もっと聞きたい。楽しかった!
・ワオーの森で毎年やって欲しいです。
・難しい話も身近な話題を絡ませて解りやすく説明してくれました。楽しかった。
・普段は気にすることのなかった草木の種類や成長の仕方を知ることができたり、考えることができて楽しかったです。



そのほか、かもめ保育園関係の参加者からは以下のような感想が寄せられました。

ガイドの方が教えてくださった植物の名前を覚えきれないのですが、心に残ったことがあります。
一つは、植物の知恵のすばらしさです。葉が重なると上の葉が少し欠けるような形になって下の葉に光が当たるようにする!鳥がくわえやすいように糸を引いてぶら下がる種!一年ごとに雌雄交代して子孫を残せるように工夫する種(しゅ)がある!そんな、感心するようなことがたくさんありました。
もう一つは、「知る」ことにより、色々なものが見えてくるということです。「気にしていないときは見ずに足早に通り過ぎてしまうけれど、植物のことを知ると、足を止め気付くようになるんです」というお話を聞き、普段の生活でも同じことが言える、と思いました。
来年の春にはかもめの「山菜パーティー」でボラレンの方とご一緒できたら更にお話しが盛り上がるのでは…と楽しみになりました。
(園児母)

私は2回目の参加でした。高川勝さんから「来る?」というメールをもらって、とてもうれしかった。
勝さんに「押し花しおりを作ってきて、みんなにみせてあげて」と頼まれて、あわてて庭とか学校帰りに花を集めて、しおりにして渡しました。
リスとネズミが食べたクルミのからを見くらべたのが面白かったです。
同じようなくるみを食べているのに、穴の大きさが全然ちがっていました!
それと、胃の薬になるっていうニガキのくきを少しなめました。思ったより苦かった。
ガイドの熊野さんが面白い人で、いろいろ話をしてくれました。
今回は、道にドングリが一杯落ちていて、みんな一生懸命あつめていました。
私も大きなドングリを一つ拾い、家にもって帰りました。
ぜひ、また観察会に行きたいです。そして、何かの機会にしおりをたくさん作って配りたいです。
(小5)

いろいろなしょくぶつを見つけたり、セミのぬけがらがあったり、どんぐりのぼうしが3つ ついたのがあったりたのしかったです。
ともだちがいちょうえんでこれなかったことがちょっと心のこりだけど、いろんなことがしれてうれしいです。
また、よろしくおねがいします。
(小2)

今回も、新しいことをたくさん教えてもらい、うれしい気持ちでいっぱいです!
雌雄が性転換するというマムシグサの話を聞いて驚いたり、もちろんそんな植物が育っていたのも見つけてなかった。
植物が子孫を残すために生きていて、自然がどんなに偉大なものなのかという奥の深い話しをさらりと話されて、だから植物が大好きです!って聞いて、感動せずにはいられませんでした。
観察員という方々の、ただの物知りなんかじゃなく、熱い思いを感じました!
山菜パーティーに参加したいそうです。
(園職員)


大勢のかたに参加していただき、楽しんでいただけたようでなによりでした。
(たかがわ)



[PR]

# by woodies | 2016-10-30 23:28 | 活動記録 | Comments(0)