定例活動’08-2

2008.3.30 参加者数 13名

ガンバレ「ワオーの森」!!
c0173813_21472879.jpg「ワオーの森」は穏やかな作業日和となりました。
昨年苦労しながらお手伝いした支柱は植樹した木を雪から守る役目を充分に果しているようです。
稚樹の木の芽は少し膨らみ春が楽しみな状況~
この様な手間のかかる支柱を選んだオーナーの目は鋭い!! 除間伐した木の枝などは子供たちが山を駆け回る事を考え、また早くに自然に戻る事も考慮して極力小さくして作業を行った。 「ワオーの森」の存在はここに集う人々にとってかけがえのない場所になっていく事を期待し、またそんな場所にしたいとナー…
[PR]

# by woodies | 2008-03-30 00:00 | Comments(0)  

大きいトロフィーがウディーズに!?

2008.3.22

コミュサポまちづくり支援事業発表交流会
c0173813_21451766.jpg 発表資格があるのかな?と思いつつ・・・「そうか?!我らウディーズの活動は『まちづくり』の一環なのだ!!」
 日頃の活動は楽しくて・楽しくて、名称にも「間伐ボランティア」と成っている事も忘れて、ひたすら『楽しみ』でしたから『まちづくり支援事業』としてプレゼンテーションをするなんておこがましいと思っていました。
 発表された他の7組織は、未知の分野を切り開いている活動の説明を熱く語られたり、有意義な活動なのに不足している財政を訴え支援を呼びかけたり、なかなか熱い組織が多い中、ウディーズは、淡々と昨年までの大まかな実績・作業内容の変化・進展を報告し、会員勧誘をして来ました。
 我々の活動の意義を再認識して、今まで通り「楽しく」「安全第一」に進んでいきましょう!!
[PR]

# by woodies | 2008-03-22 00:00 | Comments(0)  

定例活動’08-1

2008.3.15 参加者数 13名

待ちに待った本年初の山作業!
c0173813_21424442.jpg楽しみにしていたのに、何だか怪しい空模様!一端高川別荘に上がり込み、暖を取り暫しお喋り。
伐り倒したい虫が騒いで、小雪の舞う中へ。山主の付けた印に従って、木を伐り・片付け・・初日の性か?マシーンの整備不良が彼方此方で発生。ロープの出番が多かったような?
昼には、高川奥様のブタ汁で暖まり元気を盛り返しました。
新入会員の脚力に圧倒されたり、体験薪割りの馬力に圧倒された日でも有りました。
[PR]

# by woodies | 2008-03-15 00:00 | Comments(0)  

第7回総会(2008全体集会)

2008.03.2 参加者数 17名

c0173813_21331492.jpg札幌エルプラザ2F会議コーナーで13:00より全体集会が行われました。
1.平成19年度活動報告・会計監査報告
2.平成20年度活動予定
3.規約改定・活動に係る費用弁償細則
4.平成20年度役員選出
等が活発な討議により決定されました。
全体集会終了後有志で懇親会がなごやかに行われました。
[PR]

# by woodies | 2008-03-02 00:00 | Comments(0)  

白旗山 冬の観察会(冬の散歩)

2008.02.11 参加者数:15名

c0173813_213295.jpg2月11日(建国記念日)冬季限定冬芽(とうが)観察会が白幡山で賑々しく開催された。ちらちらと粉雪が舞うが、風もなく穏やかな日和の中、15名の会員が参加しました。出発してほどなく、とど松林の中を、エゾリスがわれわれを迎えてくれ一同大感激。
白幡山のカンジキコースを、いつもの調子でわいわいがやがや、あちこちでグループが出来て「この木なんのき?」とお勉強会です。冬は「葉っぱが無いから難しいなー」と思うが、夏は「葉っぱがズーット上のほうにあって、どんな葉っぱか判らない」。もっと木に親しまねばなかなか覚えられないんですね。冬芽には、葉になる芽と花になる芽があり、葉芽は細長く、花芽は丸く膨らんでいる。
林内に「神樹(シンジュ)」と言う名の中国原産の木あり、さっぱり役に立たない木として有名だそうである。別名ニワウルシというが、漆の木ではない。国蝶オオムラサキが食卓にするエゾエノキも2本植えられている。つた漆の実を見つけた。直径6ミリメートル位で縦縞があるきれいな実です。今は冬なので触ってもかぶれたりしない。 
動物の足跡も興味深いもの。特に野うさぎの足跡は非常に多く、幼木の食痕は鉈で斜めに切ったように鋭くとがっている。ウサギの歯の鋭さに驚かされます。
気がついてみると、もう午後1時でカンジキ1時間コースを3時間もかけて歩きました。「この木なんの木?」、「あの足跡は何?」等といって歩いていると時間の経つのも忘れてしまった1日でした。
[PR]

# by woodies | 2008-02-11 00:00 | Comments(0)