人気ブログランキング | 話題のタグを見る

11月28日(日)苫東環境コモンズ 育林コンペ(枯損木処理、林床整理、薪材集め)

参加者:9名  天候:晴れ
人の記憶は曖昧なものです。今日の活動境界のことで、こんなやり取りがありました。
「この先に沼がある」「柵だよ」「沼」「柵」「4人で行ったんだから間違いないよー」
”会長 対 レディーズ” はレディース圧巻勝利の瞬間でした。
この風潮はどの世も違わず、我らがウッディーズも例外ではないようです。

さて、気を取り直して、今回の任務?失礼しました現場は丁度一年前、私を森人ライフへ誘った苫東環境コモンズ 育林コンペ、通称?苫東コモンズ。11月2回目となる今回は、シーズンを締めくくる最終日に相応しく雪景色からのスタートでした。

11月28日(日)苫東環境コモンズ 育林コンペ(枯損木処理、林床整理、薪材集め)_c0173813_10204057.jpg

待ち合わせ場所の苫東中央ステーションまで自宅から通常30分とかかりませんが、昨日まで東京へ出張している間に道路も薄ら冬化粧に様変わりしているため、いつも以上に慎重に集合場所へ向かいました。現場までは、薄氷の水溜りや雪混じりの泥林道を数分走って到着です。
途中ひっそりと小屋があるをご存知かと思いますが、周辺に積まれた薪を持っていく不届き者がいたとの情報を得ております。後日積み残しの薪材を運搬する際は、くれぐれもその様な輩と間違われることのない様、手続きと細心の注意が必要です。

11月28日(日)苫東環境コモンズ 育林コンペ(枯損木処理、林床整理、薪材集め)_c0173813_10204099.jpg

ミーティングでは前回お話があった通り1㏊当たり1,500本程度の樹林密度を目標に管理しつつも、本コンペ活動参加5年?にして作業ポリシーの一部を見直す岐路にあるのではとの意見もちらほらとありましたが、その辺りは役員会に委ねたいと考えます。また恒例の安全啓発ですが、今回残念ながら不参加となった松田さんより託された安全に関する諸注意事項を冨士本会長より再徹底されました。加えて、「沢山の危険を排除することで少しばかりの安全が成り立っている」との名言を残し、会長の威厳が回復されたところで標準Ver ラジオ体操を行い、作業の開始です。

11月28日(日)苫東環境コモンズ 育林コンペ(枯損木処理、林床整理、薪材集め)_c0173813_10204156.jpg


寒さと前回の作業進度を考慮し、枯損木の処理と間伐材の運搬及び積載作業後のラーメンタイムを掲げたため、手際とチームワークで首尾良く作業を昼までに完了することができました。登山者が山頂でカップラーメンを食べて満足感を得るのと同じく、軽く汗をかいて一定の成果を得られた後のラーメンは自然環境と相まって本当に気持ちが良いものです。まさに「整いました!」色々準備して頂いた佐藤さんはじめ、お湯等の持ち寄りありがとうございました!

また、恵庭市役所より頂いたお菓子とサンガリヤコーヒーを余すことなく分配し、早めの解散となりました。

11月28日(日)苫東環境コモンズ 育林コンペ(枯損木処理、林床整理、薪材集め)_c0173813_10204196.jpg

今回も透き通った青空や森の香り、同じ志を持った仲間との会話を楽しむことができ、参加された方々にとって充実した一日となったことと推察致します。

残す行事は忘年会とのことですが、未だ宿敵コロナは姿形を変貌させ警戒の隙を突いて忍び寄るかも知れません。会長の名言をお借りしまして、「沢山の感染リスクを排除することで少しばかりの森林保全活動が成り立っている」と変換させていただき、この一年を振り返りながら本年最後の活動を楽しんでいただければと考えます。

海岡:記

# by woodies | 2021-11-29 10:23 | 活動記録  

11月13日(土)苫東環境コモンズ 育林コンペ(枯損木処理、林床整理、薪材集め)

参加者:17名(こども2名) 天候:晴れ
今年4月に入会した園田です。よろしくお願いします。
初回の参加以降、コロナの影響やキャンプ活動のため、夏場は参加できませんでしたが、自分のキャンプシーズンも終わり、秋口からは積極的に参加させてもらっています。
さて、今回の現場は、毎年定例となっている苫東地区の育林コンペです。
集合場所の苫東中央ステーションまで、自宅のある北区からは下道で1時間半ほどかかりますが、国道337号の自動車専用道を通ると思ったよりも快適に走れました。
集合場所から現地までは、泥濘や水溜りだらけの林道を数分走って到着です。
まずは、北山さんから育林コンペの経緯についてお話があり、1㏊当たり1,500本程度の樹林密度を目標に管理することや、冨士本会長からは直径5m以上の“穴”を作らない、でも薪材の確保も必要である、など、実際の作業方法について指示がありました。
その後、いつものラジオ体操(今回は標準語Ver.でした)を行ってから、各自散らばって作業開始です。
11月13日(土)苫東環境コモンズ 育林コンペ(枯損木処理、林床整理、薪材集め)_c0173813_10355006.jpg

11月13日(土)苫東環境コモンズ 育林コンペ(枯損木処理、林床整理、薪材集め)_c0173813_10355028.jpg

私としては、とりあえず枯損木の処理を優先して、間伐についてはベテラン会員さんにお任せです。
11月13日(土)苫東環境コモンズ 育林コンペ(枯損木処理、林床整理、薪材集め)_c0173813_10355066.jpg


天気も良く、作業していくうちに暑くなりましたが、自然の中の作業は本当に気持ちが良いですね。
そうこうしているうちに、12時前には午前の作業も終わり、お昼ご飯です。
前回は“高級カップラーメン”が提供されましたが、今回は“一般カップラーメン”?の提供です。でも、わがままを言ってカップヌードルをお願いしたら、ちゃんと買ってきてくれました。佐藤さん、ありがとうございます!
11月13日(土)苫東環境コモンズ 育林コンペ(枯損木処理、林床整理、薪材集め)_c0173813_10355095.jpg

11月13日(土)苫東環境コモンズ 育林コンペ(枯損木処理、林床整理、薪材集め)_c0173813_10355740.jpg

午後は、午前の間伐材を収集して、持ち帰り分が足りなければ間伐するという予定でしたが、午前中の間伐で十分賄えたようで、残っていた枯損木を処理して早めに終了です。
11月13日(土)苫東環境コモンズ 育林コンペ(枯損木処理、林床整理、薪材集め)_c0173813_10355783.jpg

車は泥だらけで大変なことになっていましたが、良質な薪材も手に入り、充実した一日を過ごすことが出来ました。
次回で今年度の活動も終わります。時期的にお天気が心配ですが、最後の活動を楽しみにしています。
(園田:記)
11月13日(土)苫東環境コモンズ 育林コンペ(枯損木処理、林床整理、薪材集め)_c0173813_10355770.jpg
11月13日(土)苫東環境コモンズ 育林コンペ(枯損木処理、林床整理、薪材集め)_c0173813_10355823.jpg

# by woodies | 2021-11-17 10:43 | 活動記録  

11月6日(土)恵庭市防風林 灌木処理

11月6日(土) 天候:快晴 参加者:12名

本日の現場は恵庭です。
札幌市西区住みのわたくしには、1時間強の道のりはちと遠い。けれども天気は上々だし、道は(まだ早いから)空いてるし、早朝ドライブと思えばいい感じ。
しかし待ち合わせ場所に着いてみると、さらに遠く2時間かけてやって来たという人がいてびっくり。根性が違いますねえ。さて、面子が揃ったところで現場に向かいます。

作業内容は「圃場横の防風林の灌木処理」ということですが、広大な畑地に忽然と現れた防風林がその場所。畑に面した約1列分の、高さ約2mほどの灌木を処理するというミッションです。林内を見ると枯損木も少なくないのですが、防風林の機能が損なわれる恐れがあるということで、あくまでも表側だけが目標となります。
11月6日(土)恵庭市防風林 灌木処理_c0173813_15234259.jpg


本日のリーダー松田さんの朝礼がとても印象的でした。「現場には危険しかありません。安全とは、その危険を回避することです」 なんとシンプルで強いメッセージでしょうか。この言葉、いつかわたくしも拝借したいです。(終礼の時の「ヒヤリハット事例の300回に1回は重大事故だと言われています」にもハットさせられました。プロの言葉は重みが違います)

差し渡し4〜500mもあったでしょうか、横に長〜い現場にメンバーそれぞれが散らばり、灌木をチェンソーで伐ったり倒木枯木を林内に片付けたり、という作業にいそしみます。木は混んでいるし、ツル性の植物が夥しく絡まっていて、もう何がなにやらといった感じですが、みんなでやれば作業も早い。昼を迎える頃には、目標の列はすっかりきれいになっていました。
11月6日(土)恵庭市防風林 灌木処理_c0173813_15234260.jpg

11月6日(土)恵庭市防風林 灌木処理_c0173813_15234244.jpg

11月6日(土)恵庭市防風林 灌木処理_c0173813_15234394.jpg

誰かの「人数の割に作業量が少なかったね・・・」というつぶやきとともに本日のミッション終了、お昼タイムとなります。みんなで農道の日だまりに腰を下ろし、特配(手弁当が基本ですが、会のほうから時々配給があります)の「高級カップ麺」を受け取り、お湯が沸くのを待ちながら、のんびりと話の花が咲きました。
11月6日(土)恵庭市防風林 灌木処理_c0173813_15234267.jpg


「毎日が地獄です」と書かれたほっかむり(会長職って辛いのね)
サンガリア事件(詳細自粛)
11月6日(土)恵庭市防風林 灌木処理_c0173813_15234294.jpg

遙か遠くで建設中の、話題の新球場(「ビッグボス」、気になりますね)
向こうの家のほうで激しく吠える多数のワンちゃんたち(なんだったんでしょうね)
終礼で振られた「今日の感想は?」に、「つまんない!」の瞬殺回答(お昼で終わりだったからね)
11月6日(土)恵庭市防風林 灌木処理_c0173813_15293087.jpg

などなど・・・短い割には話題豊富な、今日も楽しい1日(半日)でありました。
(早G:記)
11月6日(土)恵庭市防風林 灌木処理_c0173813_15234303.jpg


# by woodies | 2021-11-11 15:33 | 活動記録  

10月24日(日)髙川山林 作業道づくり・笹刈り

10月24日(日) 天候:晴れ 参加者:15名

秋です!
今日のフィールドは前回に引続きのワォーの森。3週間ぶりに訪れると山の木々達はすっかり色付いています。
10月24日(日)髙川山林 作業道づくり・笹刈り_c0173813_11022213.jpg

空気も心なしかひんやりとした秋晴れの空の下、朝一番の仕事は土留めに使用する丸太を固定するための鉄筋曲げ。ベンダーを使って先端を120φのフックにしていきます。ベンダーのレバーを上下するM氏と会長のコンビネーションプレーで鮮やかに仕上がっていきます(自画自賛)!
10月24日(日)髙川山林 作業道づくり・笹刈り_c0173813_11022361.jpg

そうです。会長とは名ばかりの朝から快調なのは私です。(会長と快調。ぷぷぷっ!ナイスなオヤジっぷりです)

そして今日も山頂の笹刈りが待っています!!ここを活動場所としているもう一つの団体「認定こども園 かもめ保育園」の園児のために〈熊さんバイバイ作戦その2〉の発動です。
本日は4人でフォーメーションを組んでいきます。まるでミスチルならぬフォーリーブスのようないぶし銀の面々が徒党を組んで山を駆けのぼっていきます!膝が痛い、腰が痛い、動悸が息切れが。。という心の声はなぜか木霊のように響き渡っております。独り言が大きかったみたいです。
10月24日(日)髙川山林 作業道づくり・笹刈り_c0173813_11022312.jpg

まずは笹刈りを3名に任せて私は蔓切りです。斜面を見下ろすと樹々にイワガラミ等の蔓がごちゃごちゃと絡んで見通しを悪くしております。トムソーヤのごとく軽快に木に登りもじゃもじゃを取り除いていきます(残念!写真が有りません)。手の届かないものは生え際の太いところを手鋸で切っていきます。ハーハーッ。息が切れますが蔓も切れます。
最後は童心に帰って「アーアアー!」と叫びながらぶら下がります。
10月24日(日)髙川山林 作業道づくり・笹刈り_c0173813_11022308.jpg

10月24日(日)髙川山林 作業道づくり・笹刈り_c0173813_11022339.jpg

笹刈りのほうもなんとかかんとか終了してお昼に下山。
10月24日(日)髙川山林 作業道づくり・笹刈り_c0173813_11022359.jpg

お弁当タイム!この一時のために汗水も鼻水もたらしているといっても過言ではありません。どうですか!このおにぎりのほおばりようと言ったら。今回も「かもめ保育園」からおやつを頂戴しました。青空の下で食べる甘みが体中に染みわたります!ごちそうさまでした。
10月24日(日)髙川山林 作業道づくり・笹刈り_c0173813_11023172.jpg

午後からは道づくり班に合流して作業道作り。この道は5か年計画で今年から着手した大事業です。手作業で山林の外周路を作ります。
10月24日(日)髙川山林 作業道づくり・笹刈り_c0173813_11023153.jpg

10月24日(日)髙川山林 作業道づくり・笹刈り_c0173813_11023114.jpg

散策路・管理道路兼、薪材搬出路となります。そしてこの作業路を作るために各方面から様々なご協力を頂いております。本当にありがたいことです。
10月24日(日)髙川山林 作業道づくり・笹刈り_c0173813_11023130.jpg

10月24日(日)髙川山林 作業道づくり・笹刈り_c0173813_11023270.jpg

そして今日は20mほども進みましたでしょうか。
新しくできた道と既に落ち葉が降り積もった道との対比がおもしろいです。
10月24日(日)髙川山林 作業道づくり・笹刈り_c0173813_11023331.jpg

さて今回で今年のワォーの森は終了です。あとは11月の3回の活動を残すのみ。
今年もたくさんの会員さんに参加していただきました。最後まで無事故でがんばるぞ!
(冨士本:記)

# by woodies | 2021-11-01 11:09 | 活動記録  

10月2日(土)髙川山林 作業道づくり・笹刈り

10月2日(土) 天候:曇り・雨 参加者:16名(体験:1名)

 本日の作業は、髙川山林(ワオーの森)で春先の作業に引き続き、作業道作りと笹刈り。2班に別れての作業となりました。
現地にいち早く到着した会長が、事前に作業箇所の下見をしてくれたお陰で、作業道の方向で少し離れた場所にスズメバチの巣を発見!!危険回避のため、15m手前から立ち入り禁止テープを貼ってくれていました。(発見していなかったら子どもたちもいたので危なかったです!ありがとうございます)

 作業開始前に、高川さんが購入した「電動運搬機」がお披露目されました。作業道ができた暁には大活躍することでしょう!

10月2日(土)髙川山林 作業道づくり・笹刈り_c0173813_09144017.jpg

 【作業道作り班】は春先に引き続き、道づくり作業の継続です。高川さんを先頭に、大きめの石を集め、石を組み、土を削り、約120cmの平坦な道を造るというものです。
 【笹刈り班】は、山頂付近(展望台・かもめ保育園の遊具設置場所)から尾根にかけての笹刈りとなりました。
山頂付近の笹刈りというのは、春先展望台の下付近に「熊の糞」が発見され、山主の高川さんとしてはそんな状況で保育園時を遊ばせるのは不安で、しばらく保育園側に入山を控えてもらっていたそうです。しかし、かもめ保育園関係者の強い要望で、自動撮影カメラを設置したり、遊び場の周囲の笹刈りなどを行った上で警戒を怠らずに今まで通りワオーの森を満喫したいとのお話があり、ウッディーズでそのお手伝いをさせていただくことになったという経緯です。

 朝から天気が曇ったり晴れたり安定しない状況で、降水確率も40〜50%といつ雨が降ってもおかしくない微妙な状態でスタートです。朝の安全告知・注意事項を確認し、準備運動。2班に別れて作業開始です。

 笹刈り班は刈り払い機を背負い山頂を目指すのですが、これがなかなかの運動量。日頃の運動不足がもろに足腰にきます。息も絶え絶えで山頂に着く頃にはいい汗かいて、一仕事終わったくらいの疲労感です。刈り払い班は5名。各自、それぞれの持ち場から尾根に向かって刈っていきます。かなりの急斜面で「普通はこんな斜面の笹刈りなんてしないよ!」という声も出ていましたが、安全を意識して頑張ります!

10月2日(土)髙川山林 作業道づくり・笹刈り_c0173813_09144047.jpg
10月2日(土)髙川山林 作業道づくり・笹刈り_c0173813_09273052.jpg
10月2日(土)髙川山林 作業道づくり・笹刈り_c0173813_09144156.jpg

上から下(つま先下り)に刈ることは笹で足がとられやすく、滑って転倒する可能性があって危険です。足場を確保しながら、できるだけ右斜面から左斜面へ平行に刈っていくようにします。
1時間も作業するともう汗だくです。しっかりと給水しつつ休み休み作業を進めます。

10月2日(土)髙川山林 作業道づくり・笹刈り_c0173813_09144043.jpg

そんなこんなであっという間にお昼休憩。笹刈り班は、お弁当を持参して山頂で食べていました。(私はお弁当を忘れたので下山しました。あーあ、また登るのが辛いなぁ・・・・)


 下山時に道づくり班の様子を見てきましたが、実に素晴らしい!順調に進んでいます。

10月2日(土)髙川山林 作業道づくり・笹刈り_c0173813_09144155.jpg
10月2日(土)髙川山林 作業道づくり・笹刈り_c0173813_09144122.jpg

しかも仕事が綺麗!春先の作業でコツを掴んだんでしょうね。作業に無駄がないベテランぶりでした。
完成済みの居心地の良い作業道では、キツネがお昼寝?をしていたようです!ビックリ!笑

10月2日(土)髙川山林 作業道づくり・笹刈り_c0173813_09144191.jpg
10月2日(土)髙川山林 作業道づくり・笹刈り_c0173813_09144230.jpg

 お昼は山風庵前のテーブルで、密にならないように楽しくのんびり昼休憩。みんなの笑顔が弾けます。

 さあ、午後の作業を始めましょうか!というか言わないうちに、パラパラ・・・・・と雨が降ってきました。。小雨程度で済むように祈りながら、笹刈り班はまた山頂へ向かいます。
なぜか北山さんが「私も刈り払いで少し役に立つ!」とやる気だったのが謎です(笑)

 山頂に着いた頃には本降りになってきて、斜面の笹を刈るには足場が滑り危険と判断したので、斜面ではない平坦な部分だけを1時間ほど刈って、下山することになりました。
午前中に頑張った分、結構な領域を刈ることができ、かもめ保育園から体験に来られた後藤さんにも大変感謝されました。

10月2日(土)髙川山林 作業道づくり・笹刈り_c0173813_09144265.jpg

道づくり班も効率よく作業が進み、10数メートル進んだようです。

10月2日(土)髙川山林 作業道づくり・笹刈り_c0173813_09414918.jpg

後半雨に打たれましたが、怪我もなく無事に今回の作業を終えることができました。
次回は9/24日にこの作業の続きを行います。
今回来れなかったメンバーの方々もぜひご参加ください。楽しいですよ〜(道づくりは。。笑)

(宮田 記)

# by woodies | 2021-10-04 09:51 | 活動記録