人気ブログランキング | 話題のタグを見る

8月6日(土)柴原山林(枯損木処理、笹刈り)

参加者:14名(体験者2名を含む) 天候:くもり

今回は前回に引き続き、柴原山林での伐倒作業と下草刈りです。
こちらの現場ははじめてですが、足を踏み出すたびにバッタとコオロギが跳び出すので虫好きとしては気分が上がりますね。

朝礼では熱中症対策にこまめに水分をとること、刈り払い機とチェンソーを扱うので充分周囲に注意するようにと呼びかけがありました。前回の枝打ち時のヒヤリハット報告後、気を引き締めて作業に入ります。今回は2名体験参加の方がいらっしゃいました。

下草刈りは刈り払い機班と手鎌班に分かれます。
午前中は肩の丈ほどのササが茂っている広場の下草刈りに参加しました。ササに埋もれている幼木を刈らないよう、目印を立てていきます。小さすぎて踏んづけてしまいそうな幼木も次々と見つける北山さん。頼もしいです。
8月6日(土)柴原山林(枯損木処理、笹刈り)_c0173813_12180943.jpg

ノニレ、キタコブシ、イタヤカエデ、ヤマモミジ、コシアブラ・・・実はたくさんの木が育つ広場でした。

刈り払い機班は森手前の再び生え出した下草を丁寧に刈っていきます。体験の方のうち1名は刈り払い機で下草刈り作業に参加、余裕の笑顔を見せてくれました。
8月6日(土)柴原山林(枯損木処理、笹刈り)_c0173813_12180983.jpg

もう一名はノコギリで細い木を倒すレクチャーを受けています。木を倒すのははじめてとのことでした。
8月6日(土)柴原山林(枯損木処理、笹刈り)_c0173813_12180980.jpg

お昼は冷麺をいただきました。そして宮田さんからニシン漬の差し入れが!ほどよい塩味が染み入ります。
めいめい過ごすお昼休憩、北山さんが図鑑のコピーを持ってきてくれたので、アカマツとアカエゾマツとエゾマツの違いについて見比べる一画もありました。

午後からは一部の刈り払い機の燃料が切れたので、伐倒作業、丸太運びと枝の片付けが中心です。手際よく次々と倒していきます。枝打ちもなんだか競争のよう。
8月6日(土)柴原山林(枯損木処理、笹刈り)_c0173813_12254730.jpg

そして丸太を運び出すため軽トラを林内まで移動させ、ひたすら乗せる、運ぶ、下ろすの繰り返し。
途中車体の下に丸太が転がり込み軽トラが進めないハプニングもありました。ですがそこは屈強な4名の一押しでなんなく脱出。
8月6日(土)柴原山林(枯損木処理、笹刈り)_c0173813_12254892.jpg

そして増えすぎていたシラカバを倒し尽くした後のやり切った背中です。爽快な眺めでした。
8月6日(土)柴原山林(枯損木処理、笹刈り)_c0173813_12254819.jpg

撤収を始めかけたときに枝と一緒に転がるミズナラの枝を発見。「もったいない!」と場が沸き、あっという間に玉切りにされ、荷台へ。ミズナラの人気がうかがえますね。
最後は降ろした丸太をそれぞれが自分の車に積んでいきます。更に33センチ(30センチではダメだそうです)に切り分けていく方も。
8月6日(土)柴原山林(枯損木処理、笹刈り)_c0173813_12254860.jpg

今回はヒヤリハットもなく無事終わりました。
作業しやすい気温に涼風、毎回こうだとありがたいです。
持ち帰られたみなさん、薪割りがんばってくださいね~。

記:柴崎

# by woodies | 2022-08-07 12:38 | 活動記録  

7月24日(日)柴原山林(枯損木処理、笹刈り)

参加者:16名 天候:くもり

道北方面でぼっちキャンプを予定していましたが、生憎の天気予報のため中止し、急遽参加することにしました。ちなみに私は、此処での作業は今回が初めてになります。
さて、本日の現場は、真駒内滝の霊園のお隣にある柴原山林です。道道真駒内御料札幌線のすぐ脇なのですが、入り口が分かりづらいため、海岡さんが迷子になったようです。佐藤さんが迎えに行きますが中々戻って来ません。道路脇に宇宙人の看板も立っているような地域なのでチョット心配になりましたが、作業を開始して間もなく無事に到着したようです(一安心)。

いつものラジオ体操(今日は何弁?)後、今回のリーダー桑原さんから注意事項等の伝達、会長からは本日の作業内容について話があり、倒木処理班と笹刈り班に分かれて、いざ出陣です。
7月24日(日)柴原山林(枯損木処理、笹刈り)_c0173813_14075538.jpg
7月24日(日)柴原山林(枯損木処理、笹刈り)_c0173813_14075533.jpg

まずは倒木の処理を行ったのですが、そのほとんどがエゾアカマツで、立っているエゾアカマツを見てもほぼ枯損木のような状態にあり、台風などが来ると大丈夫なのか心配になります。この木だけ不健康に見えるのは何故なんでしょう?
7月24日(日)柴原山林(枯損木処理、笹刈り)_c0173813_14075537.jpg
7月24日(日)柴原山林(枯損木処理、笹刈り)_c0173813_14075509.jpg

気温はそんなに高くはないんだけれど、湿度が高いため結構バテバテになったころ、ランチタイムです。
天気も良くなり暑くなったと思ったらセミの大合唱が始まります。セミは25℃以上で活発に行動するようなので、それ以上気温が上がったんでしょうね。用意してくれた冷麺がとても美味しく頂けました。佐藤さん、ありがとうございます!
7月24日(日)柴原山林(枯損木処理、笹刈り)_c0173813_14075547.jpg

午後からは笹刈りにチャレンジです。密集し成長した笹はかなりの強敵で、思わず刈払い機を持つ手に力が入ります。それでも、刈払った場所が開けてくると、作業した甲斐があったなぁと嬉しくなります。

最後に、(バッタの幼虫がいっぱいいたけど)入り口の原っぱの草刈をしていると笛が鳴って、本日の作業は終了です。吸血昆虫も少なく、まずまずの天気で楽しく作業が出来ました。
改めて、健全な山林を育てるためには、想像以上の手間と時間を要することが実感できました。これからも微力ながらお手伝いしていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

(園田:記)
7月24日(日)柴原山林(枯損木処理、笹刈り)_c0173813_14075664.jpg

# by woodies | 2022-07-27 14:10 | 活動記録  

7月9日(土)NPO新山川草木 22世紀の森 草刈り

天候:曇りのち晴れ 参加:16名

 今回の活動は、当別町青山の「22世紀の森」。「22世紀の森づくりの会」さん、「シラカンバ」さんと合同で、年に一度のお手伝いです。札幌からはちょっぴり遠い活動場所ですが、どろ亀先生ゆかりの森ということで、今年も張り切って向かいました。
 朝8時半にJR当別駅に集合の後、会長の車を先頭に、恒例の大名行列で「22世紀の森」に向かいました。余談ですが、道中、西田さんがテンに追われるリスを見かけたとのこと。思わず「頑張れ〜!」と(リスに)手を振ったと聞いて、朝からほっこり和みました。

 現地に到着したら、刈払い機等、道具一式を並べて確認。
7月9日(土)NPO新山川草木 22世紀の森 草刈り_c0173813_12153506.jpg

 そして、恒例の“方言訛りの激しい”ラジオ体操で、身体も気分もほぐれたら準備完了です。刈払い機使用メンバーは、道と植樹エリアの2班に分かれて作業を分担。残りメンバーは手鎌で植樹された苗木周辺の除草を行いました。雑草に埋もれている低木を切らないように注意しながら、背丈ほどに生い茂った雑草を、ひたすら刈って行きます。
7月9日(土)NPO新山川草木 22世紀の森 草刈り_c0173813_12153507.jpg

 最初は薄曇りの天気でしたが、そのうち陽射しが出て直射日光が当たりはじめると、じりじりと暑くなってきます。私は手鎌の作業だったので、しゃがんで草陰に隠れながら草刈りを続けましたが、暑さで次第にペースが落ちていくのを感じます。「昨年は熱中症になった人がいた」会長の言葉が頭をよぎります。今日は、頑張り過ぎないように気をつけよう…と、自分に言い聞かせながらの作業となりました。

 暑さと疲れで限界を感じ始めた11時頃には、周りのメンバーもすっかりバテたのでしょうか、気がつくと全員が木陰に座り込んで休憩していました。
7月9日(土)NPO新山川草木 22世紀の森 草刈り_c0173813_12153664.jpg

 しばらくの間、誰も立ち上がらず、「木陰から出たくない!このまま、早めのお昼にしようか?」などと言いながら、しばし休憩。「10年前はもっと若くて動けたのになぁ〜」と、ぼやく会長(多分、皆、同じくですよね…)。そうこうするうちに、宮田さんが颯爽と動き始めたのを見て、皆さん「もう1丁やるか…」と重い腰をあげて、作業再開。再び、どんどん雑草を刈っていきました。
7月9日(土)NPO新山川草木 22世紀の森 草刈り_c0173813_12153677.jpg

 12時少し前になると、待ちに待ったお昼の笛が鳴りました。皆さんお楽しみの焼肉です。お手製のおにぎり、お肉、野菜にシーフード、盛り沢山のご馳走でした(いつもご馳走様です)!
7月9日(土)NPO新山川草木 22世紀の森 草刈り_c0173813_12153617.jpg

7月9日(土)NPO新山川草木 22世紀の森 草刈り_c0173813_12153689.jpg

 沢山いただいてエネルギーが満タンにチャージされたところで、午後の作業再開です。刈り残した箇所や、道をメインに草刈りをして、ほどなく終了となりました。最後に、サプライズで昔懐かしのチューブ入りアイスキャンディーが配布されて、暑さでへばっていた一同、大喜び!子供の頃を思い出すような、懐かしい味でした。

 今回は、これまでの活動の中でも、トップクラスの暑さだったんじゃない?という話が出たくらい、暑い中の作業でしたが、最後まで体調を崩す人もいなくて、無事に解散となりました。皆様、お疲れ様でした!
7月9日(土)NPO新山川草木 22世紀の森 草刈り_c0173813_12153631.jpg

(記:佐藤ひ)

# by woodies | 2022-07-19 12:20 | 活動記録  

6月26日(日)髙川山林 作業道づくり、笹刈り

天候:曇り時々晴れ 参加:19名
 こんにちは、今回ブログ担当の役を仰せつかりました -イエローメット- です。

(と言っても特に新規会員の方にとってはこの -イエローメット- とは何者ぞとお思いのことでしょう、簡単に言えばこのブログを書くときのペンネームです。詳しく知りたい方は確か去年の夏のこのコーナーまでさかのぼると登場します。)


 今回のミッションは、先回にひき続き『高川山林』の「作業道作り」と「笹刈り作業」です。ところでここ「髙川山林」は現在8箇所ある『ウッデイズ』の活動ステ-ジの中では特殊な地域に在ります。どの様に特殊かと言いますと、他のステージは周囲が森林や農地等の人里から離れた地域に在るのに対して、ここは閑静な住宅街と隣接しているという点です。という事はただ単に山の環境のみ考えての作業では足りず近隣住民の住環境に配慮した山作りが必要になってくるのではないかと私は思います。例えば『住環境と自然環境の融和」みたいなテ-マでね。
 そう言えば朝のミーティングで山主の挨拶の中で作業道ができ始めて様々な來山者が増えている事と、そんな山でアート作品の展示や演奏会等を開いたりの山の活用方法の構想が語られていました。これこそこの地に相応しい山作りではと感銘を受けた次第です。
6月26日(日)髙川山林 作業道づくり、笹刈り_c0173813_16064409.jpg

前置きはこれくらいにして作業内容に入ります。
 今回の参加人数は19名です。天候は「曇り時々晴れ」先週末まで付いていた雨マークは解除になり、作業しやすい天気です。
集合場所である「高川山林」の管理小屋の『山風庵』前広場へ続く急勾配な石段を、一人、二人と参加メンバーが登って来ます。また先に着いた者が後の者の手伝いにおりたり、はたまた忘れ物を取りに戻る者がいたり、上に下への騒ぎです。その内どこかでつまらないオヤジギャグの応酬が始まり出すと、広場に収まり切れない人数になり、今回のリーダーの掛け声で出発の儀式が執り行われました。
 いつもの様に「ラジオ体操」、「安全作業、コロナ、熱中症等の対策の注意勧告」、そして先に少し触れましたが「山主の挨拶」そして「作業分担の振り分け」。
作業は「笹刈班」4名と残りが「道作り班」で各班がそれぞれ二つに分かれ行われる事になりました。
 作業開始です。「道作り班」は、前回の続きの作業を黙々と行います。
6月26日(日)髙川山林 作業道づくり、笹刈り_c0173813_16064454.jpg

6月26日(日)髙川山林 作業道づくり、笹刈り_c0173813_16064583.jpg

私は「笹刈班」なので刈払い機の安全点検をして安全防具を装備して急な斜面の山道を先回の続きの場所へ向いました。
 作業中はミーティング中の会長の助言を思い出し、地面すれすれの位置で刈るよう心掛けました。そうするとつまずきの原因の突き出た笹の根が無い分歩き易くなり、作業が先回より楽になりました。
6月26日(日)髙川山林 作業道づくり、笹刈り_c0173813_16064566.jpg

6月26日(日)髙川山林 作業道づくり、笹刈り_c0173813_16064510.jpg

またもう一つ気が付いたことが有ります、それは刈払い作業とは刈り終わった草やら笹を排除するという生産性のない作業というイメージを私は持っていましたが、実は笹薮の中に埋もれようとしている幼木に陽の光を当て生育させるという山作りに欠かせない作業であり、決して非生産的な作業で無いことに気付かされました。
 そうこうするうちに中々無くならない刈払い機のガソリンも昼近くになるとやっと無くなったので最後にもう一度スターターロープを引いて完全にガソリンがなくなったのを確認して集合場所の広場へ戻るべき山道を刈払い機を担いで下りました。

 いよいよ昼食です。今回は前もって会員用ブログにて告知されていた通り、佐藤会員特性のカレーです。しかもライスとサラダ付き、そのうえ、かもめ保育園からドリンクの差し入れがあり、至れり尽くせりのランチタイムでした。
6月26日(日)髙川山林 作業道づくり、笹刈り_c0173813_16065146.jpg

そしてそのカレ-の味は・・・、恐らく大量のチキンでとった出汁のコクと玉ねぎなどの野菜から出た甘味そして適度な香辛料が醸し出す香りが合いまった芸術的な味で思わず「!うまいっ!!」といわざるをえませんでした。
6月26日(日)髙川山林 作業道づくり、笹刈り_c0173813_16065162.jpg

そんな至福のひと時を味わいながら山に目を向けると以前よりも木々が高くなり空の領域を追いやって山が襲っている様です山の成長を感じまました。(皆さんの苦労の賜物ですね。)

 午後からは、全員が「道作り作業」に取り掛かります。焼き丸太を使った階段作りにも慣れてきたようで、尾根までの道がついに完成したようです。
6月26日(日)髙川山林 作業道づくり、笹刈り_c0173813_16065152.jpg

6月26日(日)髙川山林 作業道づくり、笹刈り_c0173813_16065126.jpg

 私は使用した機械の清掃をしてから「道作り」へ参加するつもりでしたが「刈払い機」の刃のカバー部分の汚れがしぶとく結局「道作り作業」の終了時までかかってしまいました。その後「終礼」が行われ今回の活動が締めくくられると、メンバーは朝上って来た石段を降りて行来ます。それを尻目に1度も作業道の出来栄えを見る事が出来なかった私は、誰もいなくなった作業道へと逆戻りしました。
 10メートル程進むと全長1メートル程の「青大将」と思われる蛇の横断に遭遇、向こうも気が付いた様で作業道の山側から海側に向かって横たわったまま海を見下ろす形で固まっているではありませんか。私がそっと後戻りすると彼(彼女)は静かに海側へ降りて行きました(おそらく「青大将」だけではなく他の生き物もこの道をすでに活用して居る事でしょう)。私は今回の作業の最終地点まで行き戻りましたが、作業道を一人歩いてみて「來山者」が増える状況がしみじみと実感できました。
ひょっとしたらこの「山」自体がアート作品なのかもしれません。と言う事で「山作り」のアーチストの皆さんお疲れさまでした。そして「青大将」に代わってお礼を申し上げます[アリガトウゴザイマシタ]これにて今回のブログの「マウス」を置きます。

記:イエローメット

# by woodies | 2022-07-09 16:25 | 活動記録  

6月11日(土)髙川山林 作業道づくり、笹刈り

天候:朝通り雨、曇りのち晴れ 参加:21名(子供2名、体験1名)

本日のフィールドは銭函の高川山林(ワオーの森)である。
前回の秀逸なブログの後はハードルが高くなり、皆様が尻込みするのでは・・・
と僭越ながら手を上げた次第ですが、さて、実際困ったな~と。
まっ、仕事の時と同様に『報告書、困った時は、箇条書き』で行こうと思います。

まずは本日リーダーの宮田さんによる朝礼、作業内容の確認です。
班編成は、2班で前回の続きの遊歩道づくり、ほかに1班で南尾根の遊歩道周囲と展望台左側斜面の笹刈りをおこないます。
作業時の足元確認や落石に対する注意、刈払い機は始業前点検をおこない、保護具を着用のうえ作業時は10m以上離れること、熱中症対策として水分はこまめに摂取すること、作業中は各自マスクを適切にはずすこと等々の安全指示がありました。
6月11日(土)髙川山林 作業道づくり、笹刈り_c0173813_10174683.jpg

そしてラジオ体操(本日は福島弁)。それぞれの本日の体調確認と準備運動をおこなった。
その後、遊歩道づくり班は現地へ向かい、笹刈り班は会長による刈払い機の点検・取り扱い方法、作業終了後のメンテナンス・長期保管時の注意などのレクチャーを受けた。
いままで知らないことがいかに多かったと認識される非常に内容の濃いものでした。会長ありがとうございました。
6月11日(土)髙川山林 作業道づくり、笹刈り_c0173813_10174690.jpg

始業前点検をして、いざ笹刈りへ。
他のメンバーと南尾根へと向かうが、この山道が運動不足の体にはたいそうこたえる。
ハアハア言いながら施業エリアへ到着。一呼吸おいてから10m以上の間隔をとり遊歩道周囲の作業開始。リーダーは一人展望台へ。
黙々と笹を刈るが急斜面に転石、ひねくれたように曲がった笹の根元に悪戦苦闘し思うように作業が進まない。それでも踏ん張りながらひたすら笹を刈る。刈る。刈る。
6月11日(土)髙川山林 作業道づくり、笹刈り_c0173813_10174661.jpg

6月11日(土)髙川山林 作業道づくり、笹刈り_c0173813_10175339.jpg

6月11日(土)髙川山林 作業道づくり、笹刈り_c0173813_10175377.jpg

そうこうしているうちに昼食の合図である。施業場所が分散し移動に時間がかかるため、バラバラと集まってきて各々が持参の弁当を頬張る。
暖かい日差しと爽やかな風。裏表のない人そして裏面しかない人達による、軽妙でたわいのない会話、あるいは冗談とも本気とも知れない毒舌のやり取り。
笑顔と笑い声のなんと心地良いことか。
6月11日(土)髙川山林 作業道づくり、笹刈り_c0173813_10174759.jpg

さてさて、午後からは午前の作業の続きです。
なんと、遊歩道づくりは早くも予定の尾根までが終了し、尾根筋まで手を掛けています。前回は遊歩道づくりに参加したが、この作業は中腰状態が多くとても腰がつらい。

6月11日(土)髙川山林 作業道づくり、笹刈り_c0173813_10322155.jpg

笹刈りは午前中の続きだが、この斜面での笹刈りは非常にキツイ。
笹で足元が滑る、傾斜で何度もずり落ちてしまうを繰り返すうちに、いつの間にか遊歩道全体が見渡せるほどになった。
この達成感があるからやめられない。というか、つらい作業にも耐えられるのだと思う。
リーダーが展望台から下りてきて作業終了の指示があり、パンパンに張った足を引きずりながら見晴らしの良くなった南尾根を後にした。
6月11日(土)髙川山林 作業道づくり、笹刈り_c0173813_10175333.jpg

遊歩道づくりの方は尾根筋に丸太階段を設置するまで進んだらしい。すばらしい(パチパチパチ)。施業の成果は写真を見て確認いただきたい。
施業を通じてこの森が着実に良くなっていくのを感じる。
6月11日(土)髙川山林 作業道づくり、笹刈り_c0173813_10175380.jpg

どの施業も誰かの役に立っているという実感と喜びがあるが、施業の先に“未来の希望である子供たち”の笑顔があるという点で、このワオーの森は他の施業場所とは一線を画しているように思う。

個人的な感想だが、このボランティアに参加していつも不思議に思う。年齢・職業・社会的立場の違うさまざまな人たちが休日に集まり、普段はほとんどしないであろう肉体労働で汗を流す。自分のためではなく他の誰かのために、しかも皆笑顔である。人は周囲の人に支えられて生きている。それを命の連環体と言うらしい。
連環体が鎖のように連なって連続体となり、未来へとつながる。今、私たちはワオーの森の連続体を形成しつつあるのかも知れない。

昨年お亡くなりになった『知の巨人』立花隆さんが、本州によくある竹藪について語ったことがある。竹はすべてが地下茎で繋がっていて、ひと山全部が一つの植物、生命体であると。
このウッディーズに集う面々は地下茎の如くどこかで繋がっているのではないか・・・
笹を刈りながら、そんなことを想った。

では又、次回にお会いしましょう。   (まつだ)


# by woodies | 2022-06-13 10:31 | 活動記録