人気ブログランキング | 話題のタグを見る

11/27(日)苫東環境コモンズ 育林コンペ(間伐・枯損木処理、薪材採集)

参加者:15名 天候:晴れ・雪

さて、今年も最後の活動となりました。恒例の苫東に、寒空の中、子供ちゃんたちも含め15名が集合。時折雪がちらつきつつもおおむねお日さまが差して、なかなか気持ちの良い日でした。
11/27(日)苫東環境コモンズ 育林コンペ(間伐・枯損木処理、薪材採集)_c0173813_13141006.jpg

苫東での活動はいつも通りで、薪材取りも兼ねた間伐や倒木・枯損木の処理。みんなだいぶ手慣れた体で、おのおの広い林内に散らばって作業を進めます。
11/27(日)苫東環境コモンズ 育林コンペ(間伐・枯損木処理、薪材採集)_c0173813_13141078.jpg
11/27(日)苫東環境コモンズ 育林コンペ(間伐・枯損木処理、薪材採集)_c0173813_13141091.jpg

昼には「高級カップ麺」の配給がありましたが、リーダー南部さんが「昼だよー、カップ麺なくなるよー」と触れ回っていたのには個人的にツボりました。本当に数が少なくて、椅子取りゲームみたいだったら嫌ですね(熱心に仕事を続ける人ほど食いっぱぐれるという…人生の縮図ですね)。
11/27(日)苫東環境コモンズ 育林コンペ(間伐・枯損木処理、薪材採集)_c0173813_13141067.jpg
11/27(日)苫東環境コモンズ 育林コンペ(間伐・枯損木処理、薪材採集)_c0173813_13141086.jpg
11/27(日)苫東環境コモンズ 育林コンペ(間伐・枯損木処理、薪材採集)_c0173813_13141047.jpg

食後は、伐った木を欲しい人の車に粛々と積み込み、予定より若干早い時間に作業終了となりました。
11/27(日)苫東環境コモンズ 育林コンペ(間伐・枯損木処理、薪材採集)_c0173813_13141022.jpg

終礼で、午前中に見えられた苫東環境コモンズ主宰・草苅さんのお話が披露されました。林内の評価や今後の作業方針について会長・副会長らとお話をされたということでしたが、その内容の一部を少しメモしてみます。

当林は1ヘクタール当たり1,500本を目標にして施業して来たが、それはおおむね達成された。ここの施業は景観を整えるというのが大きなテーマであり、見通しがさらによい「思わず入って行きたくなる」ような林を目指したい。ということは、今後は1ヘクタール当たり1,200本、1,000本、700本…と、もっと間伐をすすめて構わない。

具体的には、例えば株立ちの木は1本にする。上部で枝同士が触れないように間引く。当林は臨床が浅く、根も深く張っていないことから、1本の木があまり太くならないようにする(あまり太いと、薪材としても扱い難くなる)。

「従って、薪を取るにしてもあと10年分くらいは優にある!」と、会長の言葉は非常に力強く、かつ魅力的な結論で締めくくられたのでありました(ただし、まだ暫定的な意見だそうです)。

例年、初冬時期に充てられて来たここの活動、来年は葉のある時期に入る計画であるとも。樹冠を見た方がいいんでないかな、と個人的にも考えていたので、これには大いに賛成ですね。材は重くなりますがね。

さて、ウッディーズの林を出て奥方向へ行ったところに、600本/haの実例があるというお話もあったそうなので、解散後クルマで走ってみました。600本というとウチの半分以下、下手すると1/3くらい。ならばさぞかし疎林に見えるのではと思ったのですが、そういう場所は見当たりません。やはり一人でプラっと行っても分からんかな。

林道が続いているので、どれ奥がどうなっているのか見てやろうとさらに走ります。でも、まるで底なし沼にズブズブと飲み込まれるがごとく、走れども走れども同様な林が途切れません。呆れた広さですね。久々の林道走りは楽しかったのですが、途中で飽きて帰って来てしまいました(途中、会長のクルマとすれ違いましたが、みんなは来なかったのかな?)。

後で地形図を見てみると、林道は社台スタリオンの向こうまで続いているようで、どこかで右折しないかぎり道道には出られそうにありません。調子に乗って「どんつき」まで行かなくてよかったかも。

さてさて、朝礼・終礼でも話が出ましたが、今年も大きな事故なく一年活動できたということでした。なによりでしたね。

コロナ禍再燃を受けて、今年も忘年会は中止と決まったようで、次回お目にかかるのは来年になります。お互い、また元気な顔で集まれますように。

(H坂 記)

# by woodies | 2022-12-01 13:24 | 活動記録  

11/12(土)苫東環境コモンズ 育林コンペ(間伐・枯損木処理、薪材採集)

参加者:17名(体験4名) 天候:晴れ

札幌から高速で1時間のところにある苫東環境コモンズへ行ってきました。今回の活動は、年に2回ある育林コンペの1回目。次回は、11月27日(日)に開催されます。
11/12(土)苫東環境コモンズ 育林コンペ(間伐・枯損木処理、薪材採集)_c0173813_10174919.jpg

主な活動は、間伐、枯損木処理、薪材採集となります。薪ストーブユーザーからは「ここのナラは最高にいい」ととっても喜んでいました。私も薪ストーブを使っているため、とてもわくわくして活動に参加させていただきました。ご興味のある方は、ぜひ次回はご参加ください。
今回の活動には、通常のメンバーに加えモエ・ヘネシーさんから4人の方が体験にて参加してくださいました。
11/12(土)苫東環境コモンズ 育林コンペ(間伐・枯損木処理、薪材採集)_c0173813_10174947.jpg

今回の活動の主な目的は、何よりも林を整えること。冨士本会長から初めに森林密度についての話をいただきました。
この場所での活動は、まず森林密度を測り、木の本数が密集しないように本数を数えるところからスタート。ビニール紐を持ち合いながら木の本数をみんなで数えていきます(直径7センチ以上の木を数える)。
11/12(土)苫東環境コモンズ 育林コンペ(間伐・枯損木処理、薪材採集)_c0173813_10174948.jpg

そして、余分な木を選び、倒していくことになります。選ぶ基準としては、萌芽したものや倒した際にかかり木にならないものを選ぶなどの難しさがありましたが、先輩の方々の木を選び方がとても参考になりました。やはり現場で学ぶのが一番。奥が深い世界でした。冨士本会長からのありがたいお話の後活動に移ることになりました。
今回の活動の注意点としては、笛を吹いても周りに人がいないかを自分自身でしっかりとチェックすること。枯損木を切った際に、倒れるときに木が折れて頭に落ちてくることに注意。私は、2回目の参加となるため、このような一つ一つのアドバイスがとてもありがたい。そして、自分自身が笛を持っていないことに焦りを感じています。次回は、必ず持参したいと思います。

活動にはいるとそれぞれ各地に散らばり、素早い手つきで木が倒されていきました。山の中に、こだまするチェンソーの音と笛の音。時間があっという間に過ぎていきました。
11/12(土)苫東環境コモンズ 育林コンペ(間伐・枯損木処理、薪材採集)_c0173813_10174934.jpg
11/12(土)苫東環境コモンズ 育林コンペ(間伐・枯損木処理、薪材採集)_c0173813_10175008.jpg

お昼になると佐藤友子さんからのキノコや野菜のたくさん入った温かいお味噌汁をいただきました。外での活動では、何よりも染みるものがあります。緊張した時間と体力勝負の現場では、とてもありがたいです。感謝しかありません。
11/12(土)苫東環境コモンズ 育林コンペ(間伐・枯損木処理、薪材採集)_c0173813_10175048.jpg

お昼が終わると一旦車に薪を積み込みました。みなさん積み込み量のギリギリまで積み込み、顔には笑顔。協力して「まだ入る、まだ入る」と言いながら積み込むのも楽しい時間です。
11/12(土)苫東環境コモンズ 育林コンペ(間伐・枯損木処理、薪材採集)_c0173813_10175015.jpg

午後も午前と同様に活動を行いました。天気と気温に恵まれて快適に活動をすることができました。そして、時間よりもやや早めに活動は終了。

体験で参加されたモエ・ヘネシーの方からは、日頃は経験することができないことを体験することができ、今後の仕事に活かしていけると充実した1日であったことが伺えるコメントをいただきました。
11/12(土)苫東環境コモンズ 育林コンペ(間伐・枯損木処理、薪材採集)_c0173813_10175027.jpg

今回も充実した1日となりました。私自身ももっと戦力になれるよう頑張りたいと思います。ありがとうございました。
(江田 記)

# by woodies | 2022-11-14 10:23 | 活動記録  

11/6(日)ものつくり「ZEALAND」

参加者:17名(体験1名) 天候:晴れ

 早朝の冷たい空気を感じながら車を走らせること30分余り。途中橋の上は凍結しており四駆に入れていない車(軽トラック)はテールを振りながら走行していく。もうすぐ雪のシーズン到来である。行先は札幌市中央区にある幌見峠の頂上「ZEALAND」が運営するフィールド。
 この「ZEALAND」、なんと女性二人のみで鎌と鉈を頼りに山林を開墾し展望デッキを製作。現在は女性4~5名で畑を耕しいくつかのイベントを企画・運営しながら来年開業予定のキャンプ場造成に力を入れている。我が「札幌ウッディーズ」はそのお手伝いとして除伐作業に行ってきた。
11/6(日)ものつくり「ZEALAND」_c0173813_10180277.jpg

 今回は臨時活動。年間予定には無い突発的に生じた現場であり単発の現場。告知期間も短く参加者はそれほど多くはならないであろうとタカをくくっていた。ところがいざ活動日が近づいてくるとあれよあれよという間に参加希望者が増えていき、なんと17名もの参加となった。「ZEALAND」側と協議の上、急遽駐車場確保として広場に有ったドロの木を3本伐ってもらい何とかスペースを造成してもらう。その甲斐有ってかろうじて全台数の車両が駐車することが出来た。
 いつものごとく方言ラヂオ体操(今回は関西弁)。朝礼後、作業分担をしていざ現場へ。
11/6(日)ものつくり「ZEALAND」_c0173813_10180246.jpg

フィールド内数カ所に分かれて作業に当たるが人数が多いため進行具合が殊の外早い。
開始後2時間ほどで玉切り材の山が出来てきた。
11/6(日)ものつくり「ZEALAND」_c0173813_10180215.jpg
11/6(日)ものつくり「ZEALAND」_c0173813_10180210.jpg

 お昼は前回中止で出来なかった焼肉。温かいスープや現地で栽培されている下仁田ネギ、ニセコ産原木シイタケなども有りとても豊かな食事となった。
11/6(日)ものつくり「ZEALAND」_c0173813_10180385.jpg
11/6(日)ものつくり「ZEALAND」_c0173813_10180377.jpg

 午後からは、本日もう一つのお楽しみとなる高性能林業機械の作業を見学する。
その名も「フェラーバンチャ―ザウルスロボ」。立木を掴んでハサミで切断。伐倒後はバケットで伐根・整地までこなせるすごい機械。全員が手を止めて力強い重機の作業を食い入るように見学した。
11/6(日)ものつくり「ZEALAND」_c0173813_10180381.jpg
11/6(日)ものつくり「ZEALAND」_c0173813_10180305.jpg

 その後作業路に有る切り株も抜いてもらい、軽トラックで玉切り材をピストン輸送する。
「ZEALAND」で使用する薪材、会員多数が持ち帰る薪材を無事に集めることが出来、順次積み込んで流れ解散となった。

 久しぶりに新しい現場で新しい出会いが有りフレッシュな気持ちで活動することが出来た。これもひとえに準備や段取り、打合せ等を忙しい中進めてくれた仲間達が有ってのこと。感謝である。

 そして残念ながらヒヤリ・ハット報告が一件。詳細は省くとして次回以降の課題になった。このように日々反省と改善を繰り返しながら次の活動がより良い活動となるよう努力を重ねることが大事。全会員でPDCAサイクルを考えながら活動できることが理想である。

(冨士本 記)

# by woodies | 2022-11-07 10:29 | 活動記録  

10/1(土)髙川山林 北尾根斜面の遊歩道作り、笹刈り

参加者:15名(子供2名) 天候:晴れ

コシイタ南部です。2ケ月の沈黙を破り、ようやく前線復帰しました。
本日は高川山林、北尾根斜面、新エリアの遊歩道に着手と、残っている笹刈りです。
笹刈り班は午前中3名で笹刈りを行います。斜面なのでなかなか大変な作業ですが、準備を整え作業開始です。
10/1(土)髙川山林 北尾根斜面の遊歩道作り、笹刈り_c0173813_10341577.jpg
10/1(土)髙川山林 北尾根斜面の遊歩道作り、笹刈り_c0173813_10341562.jpg

遊歩道班は、急こう配の北尾根の開拓作業です。
遊歩道作りは、春から鍛えてきたおかげで皆お手の物、三本鍬を手にあれよあれよと進みます。
10/1(土)髙川山林 北尾根斜面の遊歩道作り、笹刈り_c0173813_10341583.jpg
10/1(土)髙川山林 北尾根斜面の遊歩道作り、笹刈り_c0173813_10341602.jpg

想定外のスピードで、エリアマネージャーの宮田氏が「来年の仕事が無くなる!」と心配する程のスピードでした。

が、ここでコシイタ姉妹(佐藤友・南部)に加えて早坂氏が急遽コシイタ連盟に入会。
股関節を痛めて離脱することになりました!
10/1(土)髙川山林 北尾根斜面の遊歩道作り、笹刈り_c0173813_10403880.jpg

あちこちで、首が痛い、腕が痛い、とぼやく声が聞こえてきます。
皆さん、無理は禁物。ほどほどで楽しみましょうね。

午後は遊歩道の完成度を高めていきます。海岡氏は先頭を行く切り込み隊長、女性陣は匠な補正で美しい遊歩道に、園田氏は個性的な土留め作り、そして会長はおたのしみ係り。遊歩道の先には、会長作のターザンロープが出現。未来の会長レイマと、副会長テツが早速試乗。「かもめの園児も乗れる」とお墨付きを頂きました。
10/1(土)髙川山林 北尾根斜面の遊歩道作り、笹刈り_c0173813_10341672.jpg
10/1(土)髙川山林 北尾根斜面の遊歩道作り、笹刈り_c0173813_10341671.jpg

他にも倒木のアーチがあり、それはそれは魅力的なエリアが出来上がりました。

ランチには会提供の美味しい甘味・かもめ保育園からの差し入れジュースを頂き、季節外れの真夏日をしのぎました。
10/1(土)髙川山林 北尾根斜面の遊歩道作り、笹刈り_c0173813_10341620.jpg

次回も来年もその先も、この山の遊歩道作りは続きます。ここで遊ぶこども達を想像すると、鍬を持つ手に力が入ります。10年後20年後も、この山がこども達の楽しい場所であることを願います!!
(記:南部)

※間伐ボランティア「札幌ウッディーズ」は、真如苑(一般社団法人環境パートナーシップ会議(EPC))様他、様々な団体様からの助成金を頂き活動しております。

# by woodies | 2022-10-03 10:42 | 活動記録  

9/25(日)江別市防風保安林 整理伐

参加者:15名(子供1名) 天候:晴れ

ウッディーズキャンプの余韻も冷めやらぬまま、前回の轍は踏まないと心に誓い此度2度目のリーダーに際しては体調を万全に整え臨みました。
早めに集合場所へ到着すると、当会レジェンドT氏がイエローメット氏と道具のお手入れをしながら談笑中でした。

挨拶を交わし、暫し会話に耳を傾けると違和感を覚えました。それは客観的に会話が嚙み合っているとは感じられないためです。「んっ?この間合いは一体何だ?さては、クジラやイルカが群れと連絡をとる際に使うあれか…」但し、若輩者の私には聞き取れない周波数と想像の域は出ませんが、本活動を極めると、この様に特別なコミュニケーションツールで意思疎通の補完がなされているに違いないと思い知らされた一幕でした。

私が承知している限りですが、我々間伐ボランティア札幌ウッディーズの活動には大きく分けて3つの要請元が存在します。山主さん、NPO法人そして行政です。接客を生業とされている方であればお分かりかも知れませんが、お客さんの反応が直接伺える現場は緊張感がありつつも、出来栄えの良し悪しがその場でハッキリとし、大変な状況下であればある程達成感を得られます。他方こと農業行政の事業に於いては作業を進めるに従い、この判断は果たして正解なのか迷ってしまうことも屢々あります。それは本来の要求元は農家さんであり、第三者のお役所が介在します故、場合によってはその意図と反し、暫くしてからお𠮟りいただくことがあると耳にしたことがあります。
9/25(日)江別市防風保安林 整理伐_c0173813_10075591.jpg

つまり、非常に難しい現場であることに間違えありません。
このフィールドにおけるご要望では防風林でありながら、ブロッコリー等葉物野菜には適度な日射と虫よけの風通しが必要との事です。この日の気温は22℃。荒れた連休の最終日は9月下旬らしい秋晴れの爽やかな間伐日和となりました。前回伐倒した木が所々にあるため、手鋸メインでチェーンソー数名の混成仕業です。

9/25(日)江別市防風保安林 整理伐_c0173813_10075436.jpg

人工的に列状植樹された保安防風林に見られる針葉樹の密集度合いは強風により掛木となり易く、上部は枝木が遮り、足元は狭いため道具が入りません。そのため、数名で抱きかかえ、捻りそして引っ張るといった体幹を地味に酷使するハイエージ泣かせ。また、足元が非常に悪く、倒木を乗り越える際はスパイク付きの安全靴で良かったと思うも、細かい枝木があるため、脛当てが必要と感じる平地ながらスパイスの効いたメニューに感じます。

その様な現場ですが、将来の会長候補である最年少レイマの出番です。身軽さを武器に倒木の上をさながら牛若丸のごとく俊敏に動き回ります。
9/25(日)江別市防風保安林 整理伐_c0173813_10195627.jpg

また、鬱蒼と生い茂った林内の細い灌木や枝払いにも大活躍!これには大変助かりました。調子良く掛木を倒していると、あわや隣接する収穫を控えたブロッコリー畑に枯損木をめり込ませそうになりました。幸い自生?している紫陽花に引っかかり事なきを得ました。胸を撫で下ろしていると「お昼だよー」と前回ご都合により欠席された‘お昼のヒロイン‘より午前の作業終了命令が下されました。

休憩場所に辿り着くと、そこにはヒロインお手製具沢山の豚汁が準備されていました。鍋いっぱいに季節の野菜がこれでもかと言う程大ぶりに込められ、彩りと味を更に際立たせた贅沢な逸品が自然の中に添えられました!!身も心も温まったところへ、すっきりと剪定された木々の間をすり抜けた風が少し肌寒いぐらいに感じられました。早速効果的面。
9/25(日)江別市防風保安林 整理伐_c0173813_11134913.jpg

9/25(日)江別市防風保安林 整理伐_c0173813_10075576.jpg

不思議な植物を見つけ、Googleレンズであーでもねーこーでもねーとワイワイした後、気を取り直して午後の作業へ取り掛かると灌木のジャングルエリアに遭遇しました。
9/25(日)江別市防風保安林 整理伐_c0173813_10142192.jpg

そこは黙々と手鋸で枝打ちと倒木処理の繰り返し。恐らく保安林を俯瞰的に見下ろすと、ロールプレイングゲームの様な動きになっているに違いないと勝手に想像していました。

日も傾き始めた頃に作業を終了し、終礼をしようと集まるとレジェンドが薪材集めに再入林。その健常風は圧巻脱帽です。今回も幸いヒヤリハットもなく、無事終了することができました。ちなみに会の母マザーChikaのヤッケズボン(道民風表現)の膝部分が修復不能の状態となりましたことを報告致します笑。途中江別市の職員さんより飲み物の差し入れを頂戴し作業の励みとなりました。有難うございました。
(記:海岡)
9/25(日)江別市防風保安林 整理伐_c0173813_10075555.jpg

# by woodies | 2022-10-03 10:22 | 活動記録