人気ブログランキング | 話題のタグを見る

森づくり・「木づかい」グループ 大集合

10月25日(土)   天気:晴れ  参加者数:14名

今年で4回目となる「道民森づくりネットワークの集い」(主催・北海道、共催・北海道森林管理局)が開催された。道庁(赤れんが庁舎)前庭いっぱいに、約50の団体・企業が「森のテント村」を開設、それぞれが活動の様子を知らせる写真や資料を展示して森づくりの大切さや楽しさをアピールしたり、「木づかい」グッズや商品を展示・即売して木のぬくもりの素晴らしさを知ってもらったりした。

訪れた親子連れや観光客など多くの「お客さん」が物珍しそうに各ブースを覗き、展示資料を読んだり木工などを体験して楽しそうだった。しかし、最も楽しんだのは出展者自身だったかも知れない - みんな生き生きしている!

ウッディーズは、パネルや写真、林業用機械・道具を展示して活動を紹介したが、「呼び物」は会場に持ち込んだ直径10cmほどの丸太を「お客さん」にノコで輪切りにしてもらうことだった。
森づくり・「木づかい」グループ 大集合_c0173813_20513728.jpg
皆さんは悪戦苦闘して切り終わると、意外(?)に滑らかな切り口を撫でさすり、満足げにバッグなどに納めて去っていった。薄く切ったものは持ち帰ってコースターなどになるのだろう。

それにしても、ノコを手にして真剣な面持ちで或いは楽しそうに木を切っていった人々の多くは、土に触れることもなく、木々のざわめきに身を浸すこともないに違いない。
半分ぐらいは子どもだったが、この先、土も樹もないネット世界だけが彼らの身の置き場になるのだろうか、そうだとしたらこの上なく痛ましい話だ、と勝手に自問自答し、森づくり運動への思いを新たにした。
(高川)

by woodies | 2008-10-25 00:00  

<< 定例活動 ’08-16 北の沢... 定例活動 ’08-15 北海道神宮 >>