09’-10定例活動 柴原山林の整備

7月26日(日) 天気:曇り 参加者:14名

 体の不調により約1年ぶりに参加するにあたり、
現場の雰囲気はどうなのかな~との一抹の不安?
を 抱いていましたが、皆さん大変やさしく迎え入れて頂き気持ち良く作業が出来ました。
ウッテーズの仲間はありがたいものです。痛感しました。
  
 そして、一歩森に足を入れた途端に慣れ親しんだ山の空気・草木、
今年は多雨のためかカビ臭い空間(これは余分ですか)等々、
身体が反応してモウ~モウ~ 戦闘モード。

 石田さんの作業指示「切倒されている木の玉切りが主体」により活動開始。
蒸し暑い中に皆さんの連携よろしくあちこちに玉切りの山が出現。
  
 午後になってトビの握りが不安定となり「握力が落ちた!」の声を聞きつけたのか
早めに作業終了。
 
 汗シャツを2枚交換した本当に楽しいスッキリした一日でした。(近藤 記)

c0173813_20463439.jpg
 あいにくのお天気で そのうえ蚊が多くて みなさんお疲れになった事と思います。
私は 始めての作業で判らないところだらけでしたが、温かく仲間入りさせていただいて嬉しかったです。

あのように汗だくになるのは 久しぶりで、体内の毒素は汗と一緒にかなり出た様な気がしました。

しかし、疲れたのも事実で 体力不足を感じました。みなさん、本当にお元気ですね。

家でしばらく休むと、疲れているのに 体と気分は妙に気持ちよい・・・という説明
のつかない変ないい気分を感じました。 これなんだ!と納得してました。

じいちゃんの山でかわいい蘭がある事を教えてもらったり、
ナタの見当をつける場所を教えてもらったり、
何故、枝をきれいに払うのかとか等、
全てが新鮮で納得できる事でした。
今日一日で沢山の事を学びました。ありがとうございます。

作業に参加して、今までとは違う山に対しての思いを持つことができました。
それは、きっと自分で汗を流したからなのでしょうね

ウッディーズの一員になれてよかったです♪
これからも、今までどおり柴原山林を可愛がってください。
お願いします。                  (出倉 記) 
[PR]

by woodies | 2009-07-26 00:00 | Comments(0)  

<< 北海道神宮境内林 下草刈 北海道神宮境内林 下草刈 >>