3月10日(土) 天候:晴 参加:20名

平成24年度総会が、札幌駅前エルプラザにて行われました。
23年の活動報告、決算報告、そして本年度の予算、活動計画、そして役員が承認されました。
ほぼ例年通りのものですが、会長が下山秋紀さんになり、その他の役員も少し若い方がお引き受け頂けたこと、また今年の活動フィールドが高山山林にポイントがおかれたこと、そして、厳しい予算というのが、24年度の特徴となりました。会員数としては、最近新入会員さんの申し込みが多く70名現在ということでした。

 総会終了後は、開拓記念館の学芸員であり、会員であります青柳かつらさんの講義をうけることになりました。昭和30年あたりからの、士別町の例をとっての森林作業の変遷、そして、この森林作業と現在の森林ボランティアとのかかわり方について、という大変興味深いテーマを掲げてくださいました。


 一部は昭和30年くらいからの森林作業は、当時のビデオを見せていただきながら、切り出し、そして運搬、その道具などの変遷を見たのですが、川を使っての迫力あふれる木材運搬など、当時の貴重なビデオで見たので、みなさん唸ったり感心したり.....道具やトラックなどの進化や外材の輸入などとともに森林作業に携わる労働者の人口があっという間に激減してく様をご説明いただき、本当にわかりやすく、「うなり」の出る講義でした。

 二部は、現在の森林作業におけるボランティアのかかわり方、行政の位置などを名古屋のボランティア団体の例をとってご説明いただきました。森林を守っていくためにはボランティアの存在が大切なこと、そのボランティアと山主さんとをどうつないでいくか、行政はどのようにこの二つを結んでいくのか、など大変興味深く、我がウッディーズにとっても今後考えていかなくてはいけない課題などが見え隠れして、有意義な講義となりました。

 皆さん、こうして一つの部屋で同じ講義を受け、共有の知識や問題意識をもっていくというこの時間をとても楽しく貴重だと受け止められたようでした。

わかりやすく素晴らしい講義を青柳先生、ありがとうございました。

そして、最後に、会員の皆さん、ウッディーズの予算は大変厳しいものがあります。ご自分の身の回りで獲得できそうな助成金情報などありましたら、ご遠慮なくまずお知らせください。よろしくお願いいたします。
[PR]

by woodies | 2012-03-11 17:55 | Comments(1)  

Commented by Ai at 2012-03-16 22:43 x
欠席申し訳ありません。でもWoodiesへの夢はいっぱい。
そのうち聞いて下さいませ!

<< 平成24年4月14日(土) 天... 3月4日(日) 天候:晴れ 冬... >>