平成28年1月30日(土) 第6回森づくり交流会 参加9人

楽しかった~!
1月30日、 コープさっぽろ未来(あした)の森づくり基金が主催する「第6回北海道の森づくり交流会」が開催され、16の組織と多くの個人が参加しました。

c0173813_19111004.jpg

交流会はメイン会揚の札幌と全道10会場がテレビ中継で繋がっていて、楽しい体験ができました。「第一部」は写真絵本作家・小寺卓矢さんの講演。小寺さんは十勝・芽室町に在住のカメラマン。「森に息づくいのちの繋がり」をテーマに森林風景を撮影し、作品を「写真絵本」として世に問うという活動をしています。小寺さんが話された一言一言が印象に残ります。


c0173813_19111006.jpg

「少し目をこらせば、何気ない森の風景からも何かが見えてくる」、「森にある全てのものが何かの役割を果たしている。死んだものさえも命の更新を支えていく」などなど。
面白い試みがされました。阿寒の森で撮影された、花、虫、木の芽などの映像6枚をスクリーンに映し出し、テレビで結ばれた各会場の参加者がその1枚ずつにふさわしい言葉(文章)をつけるというものです。それを再現してみると次のようになります。

ハチがイチゲの花の蜜を吸う写真には「おいしいなあ」という言葉が添えられました。
以下、花に取りつくアリ 「きれいな花に、えさ探し」
羽化したばかりのセミ 「きょうね!(生まれた)」
大木の根元に粘りついて上を見上げる(?)カタツムリ 「てっぺんには、いつ着くだろう」
発芽したばかりのオニグルミ 「こんにちは」 2本のブナの実生 「いっしょだよ」

c0173813_19111053.jpg

遥か離れたところにいる、知らない6人が「詩」を紡ぎ出し、一冊の「写真絵本」を作るという斬新な試み。即妙の言葉の新鮮さ、みんなで作るという一体感、和やかさがたまりませんでした。小寺さんのお話しは、森ってこんなところ、子供だちとのワークショップ、何を考えて写真をとつているのか、モリイクのことなどなど興味尽きない盛りだくさんの内容でした。
そうそう、自作の写真絵木「森のいのち」の読み聞かせも良かった。見て、聞いていると日頃のあれやこれやをすっかり忘れて、その世界に入り込んでいましたもの。絵本は子どもだけのものではありませんでした。       

(ここまで 高原 記)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「第二部」は、小寺さんと、「もりねっと北海道」代表・山本 牧さんの対談。
以下、印象に残った山本さんの森づくりに関わる至言のいくつかを。植物は生きものと見なされないことが多いが、生きものそのものだ。植物の方が熾烈な生存競争を生き延びている。(アレ? 小寺さんのお話だったかな)
森は…なるようになる。生きたがっている樹を育てれば良い。人間は森と関わらざるを得ない。その関わり方が問題だが、「罪悪感」を持ちながら、謙虚に、対話しながら…。森は人間の我が儘を許してくれるかも知れない。人間の試行錯誤を森はフィードバックして(返して)くれる。森をつくることで人が育つ。森づくりは人づくり。

c0173813_19111080.jpg

「第三部」は、各参加団体による活動自己紹介。制限時間1分の「アピール・コンテスト?」
昨年は、ウッディーズが「よくアピールしたで賞」(?)を受賞したので、今回も「二匹目のドジョウ」を狙って虎視眈々。一分間ピッタリの、入念な原稿を用意して臨んだが、チョットしたアクシデントが切っ掛けで、声は上ずるは、セリフは忘れるは…。ウッディーズ自慢の活動を述べるズーッと手前で、無情にも終了のブザー(チャイム?)が響く。マイクの前で呆然としていると、脇から係の女性が引っ張り下ろしに来たりして (>_<)
コンテストの結果発表が始まり、うな垂れて、いや、平静を装って健気にも各受賞者に拍手していると、「札幌ウッディーズさん!」とコールされるではないか!「もっと話したかったで賞」の受賞だって (^O^)


トドック! トドック! 主催者の優しい思いやりが失意の老活動家?にトドック!
だから、というわけでは断じてなく、とても楽しい、有意義な集会だった。ただ、久しぶりに会うウッディーズメンバー、交流の機会を設けなかったのが痛恨の極み。(計画していたのに…)
日頃の活動にはなかなか参加できないけど、森や自然に対する関心を満たすこの種の催しには参加するという会員が多いということに改めて気付かされた…という意味でも有意義だった。

(高川 記)
[PR]

by woodies | 2016-01-30 19:00 | 非公式活動 | Comments(0)  

<< 平成28年2月20日(土) 第... 平成28年1月13日(水) 第... >>