2018年7月8日(日) NPO新山川草木 22世紀の森 支援活動 下草刈り作業

2018年7月8日(日) 天候:晴れ 当別22世紀の森 参加19名 内子供3名

当別22世紀の森は、2003年から2012年まで、広範囲で植樹されたエリアで、
NPO法人新山川草木を育てる集いさんが主体となって、植樹されて間もない木々の成長を助けるため
この時期、周囲の下草を刈る作業を行なっている。
植林したら木々は勝手に成長すると思われがちだが、そうではない。
植林後の手当が大切で、手当なしでは木々は雑草の成長に負けて、光をもらえず順調に育っていかないのだ!
なんて、偉そうに..ウッディーズに入ってかれこれ5年くらい経つ私、初めてこの地に足を踏み入れた。

c0173813_10594580.jpgc0173813_11001968.jpg

ここ数日、梅雨前線の北上と台風の影響もあり梅雨のような北海道。
c0173813_10590750.jpg雨が続いた影響で、途中通過した当別ダムの水位も満杯状態。
だが、打って変わってこの日は朝から晴天に恵まれて、暑い、そして熱い一日になりそうな天候だった。

さて、現地にウッディーズメンバー総勢19名と、
当別シラカンバさんグループ、NPO法人新山川草木を育てる集いさんグループが終結した。
(久しぶりにI田さんが駆けつけてくれましたよ!)

前回の柴山山林の草刈り作業で、F本さんから「当別での一人分の作業は、柴山の3〜4倍くらいの面積はあるかな」とか、「昨年の作業は少人数&広範囲でかなり大変だった」との前情報を聞いていたので、かなり厳しい作業になるであろうと覚悟を決めてやってきた。
ブログでも『熱中症の危険があるので、水分補給を忘れずに!』と前もってKY活動が発令されていた。

お昼は恒例の『焼肉』が用意されているとのこと。これは頑張らなくてはなりません!
気合い満タン、ガソリン満タン入れて、いざ作業開始!


c0173813_10593409.jpg各団体ごとに、予め作業区分が決められており、ウッディーズが担当するのは、赤ラインの道路脇の草刈りのようだった。

あれ?道路周辺だけ?
もっと広範囲を想定していた私だったのだが、聞いたところ毎年の下草刈り援助活動もあり、植樹した木々は順調に育ち、一定の高さまで成長したので大丈夫との判断だったよう。


c0173813_10595532.jpg作業分担を決め、女性軍とお子様軍は草刈り鎌での作業を、男性軍は草刈機での作業を行うことに。今回は人数も多く、作業エリアも少ないせいもあり、作業を開始して約1時間ほどで予定エリアの作業が終わってしまった。
(ちょっと物足りない感じだったな〜 ┐(´ー`)┌)
集いさん担当の、植列1104の奥側の導線エリアもウッディーズ数名で入り、そのエリアを終わらせたところでしばし休憩。お楽しみを待つことに。
(S本奥様が、熱中症のような症状で調子を壊し、先に帰宅されました...大丈夫だったでしょうか。やはり水分補給・休憩は取らないといけません。改めてKY活動+その実践は大切ですね)

まもなくしてお楽しみの焼肉時間となった。
天気も良く、仕事した後の綺麗になった周囲を見渡しながらの焼肉は格別!空気もうまいし、お肉もうまい!
大した作業もしてないのに、なんだかすいません!新山川草木を育てる集いさん、ご馳走さまでした!
c0173813_11004026.jpgc0173813_11003227.jpgc0173813_11005721.jpgc0173813_12070560.jpgc0173813_11005628.jpg

最後は記念にパチリ。みなさま、お疲れ様でした〜!



(宮田 記)
[PR]

by woodies | 2018-07-09 12:29 | 活動記録 | Comments(0)  

<< 平成30年7月29日(日)恵庭... 2018年6月24日(日) 草... >>