人気ブログランキング |

2019年5月26日(日)【定例活動】北山山林 作業道整備(倒木処理)

天候:晴れ 参加:8名
今日の北海道は暑かった。 “灼熱の大地” 北海道である。
道東の北見方面・佐呂間町では39.5℃などという観測史上最高を記録した。
この日の上位5位までのすべてが北海道の観測地点。異常気象と呼ぶべきか。
そんな中、千歳市に向かう。今日の作業は、北山山林での作業道整備・倒木処理だ。

c0173813_00300138.jpg 北山山林は広大であるため、昨年の台風被害の状況についての全貌をいまだ把握できていない。今日は作業道および林内の状況を確認する。
皆、やる気満々で集まってきた。

c0173813_00300251.jpg作業に入る前に、あまりにも無断入林が横行しているため注意喚起の看板設置を行なった。

勝手に山に入り込んだあげく、さらにゴミを不法投棄する連中が後を絶たない。今後は監視カメラで見つける寸法。


c0173813_00300004.jpg全員で作業道を車で進む。道路は車が通過できる状況。山林を囲むように周回する長~い作業道をほぼ一回りして目視で状況確認する。

あぁ、倒れてるわ・・かなり。
根っこごと引き倒されている木も散見される。
被害の多い地点、そして日光の直射を避けられる場所に停車。

c0173813_00300094.jpg

倒木処理を開始する。
自宅で薪ストーブを使用している参加会員にとって、やがてやってくる冬に備えて薪材を確保したいという思いは、どんなに猛暑の真夏にあっても常に心の中に存在しているのである。

c0173813_00300098.jpgc0173813_00300156.jpg

本日の労働の対価=この薪材の現物支給、というシステム?とあって、参加者たちは働く、働く。それは働く。疲れも知らずに。暑いのに。冬のためである。家族のためである。父ちゃんガンバレ。
いや父ちゃんだけではないぞ、女性会員も働くのである。薪ストーブがなくても働くのである。
私もヒジがここのところずーっと痛いのだが働いてしまうのである。
それはどうしてか?
それは森を・自然を愛しているからである。本当のことである。
きれいごとに聞こえるだろうか。
では、灼熱の北海道で、休日に、きれいごとだけでこれほど働ける人がいるだろうか。
いるのなら教えてほしい。 会って、当会への入会を勧めるから。

休憩中。こまめにメンテナンス。


そして、今日の作業によって集められた材。


少しずつではあるが、荒れた森では、森を・自然を愛するひとたちが一歩一歩片づけの手伝いをしていくのである。
あなたもいっしょにいかが? 次回もこの場所。6月8日。
(森井浩樹 記)

by woodies | 2019-05-27 12:55 | 活動記録  

<< 2019年6月8日(土)【定例... 2019年5月11日(土)【定... >>