人気ブログランキング |

<   2008年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

刈払機・チェーンソー特別教育講習  8/29,9/25~26

c0173813_23154517.jpg参加者数 6名 
 8月29日 刈り払い機の講習会、初めて行く白旗山営林事業所に地図で散々確認して出かけ、高速を降りるころは洪水になる位のどしゃ降り。講義が始まる頃には雨も止み、林間学校のような森の中の屋根だけの教室で刈り払い機の刃の特性、作業手順などテキストを見ながらの講義。普段なら眠たくなるはずの「勉強」なのに、ウッディーズの例会のときに聞いていた傾斜の上下では作業をしないとか、隣と10メートルくらいの間隔空けるとか、「そうそう言っていた」という事が目を覚ましてくれた。実技は聞くとは大違いで、刈った草はバラバラに飛び~経験が足りない!

 9月25日、26日 チェンソー講習は機械の整備に始まって整備に終わるというのを実感しました。ソーチェーンの目立ての大切さと何処に刃を付けなければいけないかが実際に木を切ってみてよく分かりました。またウッディーズの皆さんがいとも簡単にしている倒木の輪切り、間伐など知識と経験の素晴らしさを改めて感じさせられました。
それと本当に「晴れ男」はいる!講師の北川さんはご自分で言っていらっしゃいましたが本当に雨の天気予報でも晴れ、帰り支度が終わった頃に降ってくる。すべてが感動の3日間でした。
(吉村)

by woodies | 2008-09-26 00:00  

下山山林(室蘭)視察・施業 9月14、15日

c0173813_10483297.jpg参加者数 11名 天気:晴れ

 以前から、皆で検討していた「下山山林」の視察を兼ねた臨時活動の実施。
 南東から北西(伊達市との境界、チマイベツ川)に向かって緩やかに下る傾斜地。
 元は牧場で、過半を占める牧草地と、若干の除伐だけでほとんど手入れを必要としないと思われる自然林と、点在するこんもりとした背丈を越える笹で構成されている。

 下山さんの希望で、まずは中心部に位置する牧草地の南西の境界に沿って、その後はそのラインと平行に、牧草と笹を刈ることに。
 背丈まであったものが寝てしまった牧草を根元から刃を入れて刈るのも、背丈を越える笹(根元はやはり寝ている)を2段切りしてから根元から刈るのも、技術的にとても難しく、いい勉強になった。9月も半ばなのに、夏の暑さが抜けきらず、急がずゆっくり作業したが、たっぷりと汗をかいた。

 くたくたの作業後、落としたコーヒーとマサカリかぼちゃのおやつは、疲れた体力を回復してくれた。また、夕食に、初めて食した炭で焼いた「半身チャンちゃん焼き」の美味しかったこと、刈った牧草のジュウタンの上に張ったテントの寝心地、十五夜の月を愛でながら火を囲んで語り合ったこと、忘れられない! (那須川)

by woodies | 2008-09-14 00:00  

定例活動 '08-13  北の沢第二都市環境林

c0173813_23234455.jpg9月13日(土)   天気:晴れ
参加者数 15名(見学者2名)
  かかり木になった風倒木の処理に終始する。
先導してくれる太田さんについていくのは、女の私には結構きつい。笹の急斜面を太田さんはぐいぐい直登していく。やっとの思いでついていき、直径40cmほどのイタヤカエダの現場に到着すると、太田さんも作業前に息を整えていた。ちょっと安心!
修理を終えたチルホールの威力と、3人寄れば文殊の知恵、人間とのチーム力で、作業は順調に進む。
予備用に持参したマイチェンソー。予備用に使われただけだったが、「よく切れる」とお褒めの言葉をいただき、私の目立ても少しはうまくなっているのかな?と嬉しくなる。
 昼食時には明日からの「下山山林」での活動の打合せをする。
明日の活動に備え、午後からは継続している作業を片付けるだけとし、早めに切り上げる。
(那須川)
 同じ町内の知人ご夫妻2名が見学にこられた。
 昨年植樹した場所と現在風倒木処理の作業をしている現場を案内する。
 事前に「森林人通信」を読んで頂いているので、植樹や風倒木の処理について納得して帰られた。  (田中)

by woodies | 2008-09-13 00:00