人気ブログランキング | 話題のタグを見る

4/13(土)髙川山林 薪割り・材下ろし・玉切り・チェーンソー取扱講習

参加人数:33名(うち体験7名) 天候:晴れ

長く厳しい冬が明け、ようやくウッディーズ活動の季節がやってきました。
2024年最初の定例活動は小樽市高川山林にて薪割とチェーンソー取扱講習でした。
毎年人気の髙川山林は、今回もたくさんの参加者で過去最高の33名となりました。体験者は7名とこちらも過去最高です。
4/13(土)髙川山林 薪割り・材下ろし・玉切り・チェーンソー取扱講習_c0173813_08171780.jpg

4/13(土)髙川山林 薪割り・材下ろし・玉切り・チェーンソー取扱講習_c0173813_08171747.jpg

天候は快晴で、気温も暖かくこれ以上ない活動日和です。意外に昨年よりも残雪があり、足元に気を使いながら活動をスタートさせました。
さて、リーダーの宮田さんの進行のもと活動開始です。安全な活動のため注意事項の確認、山主さんの挨拶、準備運動(ラジオ体操)を行いました。

この日の活動は薪割り・薪運びのほか、チェーンソー講習を行いました。
4/13(土)髙川山林 薪割り・材下ろし・玉切り・チェーンソー取扱講習_c0173813_08171798.jpg

チェーンソー講習は、チェーンソーの構造や基本操作方法、チェーンの張りの調整方法など基礎的な事を学んだ後、伐倒体験(見学)と玉切り体験を行いました。
4/13(土)髙川山林 薪割り・材下ろし・玉切り・チェーンソー取扱講習_c0173813_08171874.jpg

4/13(土)髙川山林 薪割り・材下ろし・玉切り・チェーンソー取扱講習_c0173813_08171996.jpg

今年のチェーンソー講習は後日でも取り扱いの復習ができるように動画撮影をしましたので、今回参加できなかった皆様もぜひ見ていただければと思います。

薪割りと薪運びは雪で足元が悪い中ではありましたが、作業人数が多かった分、着々と作業が進みました。
4/13(土)髙川山林 薪割り・材下ろし・玉切り・チェーンソー取扱講習_c0173813_08171859.jpg

ただし、作業人数が多いということは、人と人の間隔が狭くなりがちで危険と隣り合わせなので、注意が必要です。事前の注意があったこともあり、周りの安全を確認しながら活動されていたようです。素晴らしい!

お昼は具沢山の豚汁が振舞われました。
4/13(土)髙川山林 薪割り・材下ろし・玉切り・チェーンソー取扱講習_c0173813_08171850.jpg

特大鍋2つに「食べきれるの?」と思うほど大量の豚汁が入っていましたが、お代わり続出であっという間にカラに。大量調理で具材の旨味が溶け込んだ豚汁がおいしいのはもちろんですが、自然の中で食べるとおいしさ倍増です。
4/13(土)髙川山林 薪割り・材下ろし・玉切り・チェーンソー取扱講習_c0173813_08171928.jpg

疲れた身体に沁みました。調理班の皆様、ありがとうございました。

午後からは全員で薪割を行いました。参加した皆さんが交替しながら薪割、薪運びをして、薪小屋にはかなりの薪が積み上がりました。
4/13(土)髙川山林 薪割り・材下ろし・玉切り・チェーンソー取扱講習_c0173813_08171820.jpg

薪割りは気持ちよく一発で割れてくれる材もあれば、何度斧を振っても割れてくれないものもあり、重労働です。薪割り経験がほぼ無く、不器用な小生は、体が大きいわりに斧の扱いがヘタくそで上手く割れませんでした。周りの方々を見ているとパワーではなく、斧の扱い方にコツがあるようです。斧の刃の入り方など少しずつコツを掴めるように次回の薪割りも頑張ろうと思います。
4/13(土)髙川山林 薪割り・材下ろし・玉切り・チェーンソー取扱講習_c0173813_08171967.jpg

何はともあれ、小春日和の中での今季最初の活動は、ヒヤリハットもなく、幸先の良いスタートとなりました。皆様、お疲れさまでした!

※今回の参加者人数制限について
今回の活動ですが、当初の参加希望者が体験者を含めてなんと33名にもなりました。たくさんの参加があるのは大変嬉しいことでしたが、高川山林は住宅街と隣接しているため駐車スペースの関係でやむを得ず人数制限をさせていただきました(辞退いただいた皆様、申し訳ございませんでした)。
想定外のこととはいえ、参加者が多いことは嬉しいことです。今後の活動については改めてお知らせいたします。
(記:伊藤)

# by woodies | 2024-04-16 08:26 | 活動記録  

第23回 ウッディーズ定時総会

2024年3月9日(土) 14:00 参加者:30名
 北海道建設会館にて第23回定時総会が開催されました。
第23回 ウッディーズ定時総会_c0173813_23074788.jpg

参加者は昨年よりも大幅に増え、30名での開催となりました。14時定刻に開催が宣言され、酒井会員の議長選出承認により議事を進行いたしました。

◆第一号議案:2023年度活動報告
 今年度最大のトピックは2023年4月28日に開催された「第17回みどりの式典」(会場:パレスホテル東京)において当会が「第17回緑化推進運動功労者内閣総理大臣表彰」を受賞したことです。長年の取り組みがこのような最大の栄誉を頂けたことはもちろん、当日表彰を受けた13団体と2個人を代表して当会の冨士本会長が岸田首相から直接表彰状を受け取られたことは会員としても誇らしいですね。
 また、この受賞に伴い、各メディアで紹介されたことから新入会員が増加し、参加率も高かったことから平均参加人数は22人と昨年度から5人増となり、作業もはかどるようになっています。
 決算では新規の助成金獲得により予算比大幅増になった一方、会員数増加に伴う活動昼食費をはじめとした交流費が若干増えたことが報告されました。また、初めての取り組みとしてウッディーズTシャツを製作したので、来期の収入増に寄与することが期待されます。

◆第二号議案:2024年度事業計画、予算案
 大幅な変更もなく、スムーズに承認されました。

◆第三号議案:役員選出について
 次期役員について、役割を分散させて1人ひとりの負担を軽減させることを目的に大幅な改選が行われ、伊藤会員が新たに役員に加わりました。
 柴崎会員から立候補もあり、今後役員会で役割等の検討を行うことになりました。

◆その他:参加多数の会員に感謝の賞品としてウッディーズ手ぬぐいが贈呈されました。ヘルメットのインナーとして汗取りやケガの手当てにも使える代物です。贈呈された皆様、1年間お疲れ様でした。
第23回 ウッディーズ定時総会_c0173813_23034945.jpg

 総会終了後は、冨士本会長が講師となり「ヒヤリ・ハット報告書の活用と新ルールの説明」について講演がありました。
第23回 ウッディーズ定時総会_c0173813_23034951.jpg

 会員数が増加し、毎回たくさんの参加者が集まることは喜ばしいことでありますが、一方で重大な事故のリスクも増えてしまいます。そこで会員が安全に、楽しく活動を継続するための新ルールが策定されたので、その内容が説明されました。安全確保のためにヘルメットとホイッスルを全員が用意することや伐倒時の笛の吹き方など様々な変更があり、会員から質問や意見が多数上げられ関心の高さがうかがえました。(新ルールについては、総会資料の中に同封されていますので、しっかり頭に入れておきましょう)
第23回 ウッディーズ定時総会_c0173813_23034952.jpg

 また、過去のヒヤリ・ハット報告書から危険予知について各々が考えることや、今後の事例共有も重要であることも説明がありました。
総会終了後の懇親会は「炭火焼と海鮮、手づくり豆富 まいど!」で行われ、17名の参加者で美味しい料理とお酒を前に、ウッディーズの活動についてや各々の近況について話が盛り上がり、盛会のうちに終えることができました。
 最後に、助成金を頂いている “森と緑の会” より、資金協力の依頼があり、緑の募金箱を設置したところ、9,804円の募金が集まったことをここにご報告いたします。ありがとうございました。
(記:伊藤)

# by woodies | 2024-03-12 23:12 | 総会・イベント  

冬のイベント「七条大滝の散策 & 新千歳空港管制塔見学」

2024年2月23日(金・天皇誕生日)天気:曇りのち晴れ 参加:13名(欠席1名)

先に、今回ウッディーズの冬のイベントとして「七条大滝の散策 & 新千歳空港管制塔見学」という二本立てイベントが行われました。段取りや指揮を行ってくれたリーダーの海岡さんのお陰で、冬のイベントは計画・実行されました。ありがとうございます。

 昨日からまた急に冷え始め、大雪も降った翌朝、支笏湖の七条大滝の駐車場に9時半に集合しました。この時には小雪も止み青空が見えておりました。
寒さ覚悟の元、万全の防寒できましたが、風もなく意外と暖かい空気感。数日前まで異様な暖気で溶けて凍った氷の上にうっすら積もった雪の道は、気を抜くと滑って転んでしまうので、なかなか緊張感です。いざタイムスケジュールに沿ってスタートです。
 皆さん、久しぶりのお顔でごあいつをしながら、各々おしゃべりをしながら七条大滝に向かいます。途中、ウサギらしき足跡や小鳥のさえずりなどを聞きつつ、冷たい爽やかな空気を吸い込みながら、私は幸福感でいっぱいでした。雪道を敢えて歩くということは、中々ない暮らしなので、久しぶりの仲間とのんびり歩く雪道は清々しく、身体も心もポカポカになりました。
冬のイベント「七条大滝の散策 & 新千歳空港管制塔見学」_c0173813_10212292.jpg

 そして30分近く歩いたところに大滝に向かう急な下り坂が現れました。「おぎょ!これは滑るな!」と私は尻込みして、上から眺めることとしました。皆さんはいつ転げ落ちてもおかしくない下り坂を「落ちて」いきました。
冬のイベント「七条大滝の散策 & 新千歳空港管制塔見学」_c0173813_10212241.jpg

後で写真を見たら、なんとも素敵な滝風景でした。
冬のイベント「七条大滝の散策 & 新千歳空港管制塔見学」_c0173813_10212133.jpg
冬のイベント「七条大滝の散策 & 新千歳空港管制塔見学」_c0173813_10212124.jpg

 滝を堪能した後は、また同じ道をのんびりと戻って最後に集合写真。
とてもいい散策イベントでした。
冬のイベント「七条大滝の散策 & 新千歳空港管制塔見学」_c0173813_10212107.jpg


 その後、海岡さんの注意事項を聞きながら、新千歳空港管制塔(航空自衛隊千歳管制隊が運用)へ向かいました。自衛隊の管制塔へ入るために、前もって様々な手続きを細やかに進めて頂いていて、速やかに10台もの車が入ることができました。
 管制塔は、先日テレビ番組でも放映がありましたようで、自衛隊と民間飛行機の全てを管制しているということです。私たちにはわかる由もない無数のボタンと大きなモニター画面で飛行機を制御している様子を丁寧にご説明頂きました。
 私は実家が福島にあることもあって、1年に数度は飛行機に乗ります。自分で飛行機を選んで乗るという「自分が主体」の考え方でしたが、今回の見学で、様々なルールと航空自衛隊千歳管制隊の皆様のおかげで飛行機は安全に飛ばされている、ということを痛感し「飛行機は乗せてもらっているんだ」と思い知りました。
 今回の見学で、空の安全を日々守ってくれている自衛隊の皆さんのお仕事もリアルに感じることができて、国・国民の安全を守る、という仕事は、事故・災害を起こさないように「事故を起こさない仕組みと努力」がある、ということも痛感致しました。
 最後に政府専用機を間近に見学することができました。非日常的な貴重な体験をさせて頂き、参加者みんな、興奮の帰路につきました。

 海岡さん、本日まで細やかなご手配・準備頂き、お陰で貴重な体験ができました。本当にお疲れ様、ありがとうございました。
(さとう 記)

# by woodies | 2024-02-26 10:33 | 非公式活動  

11/11(土)新篠津村 耕地防風林 部分伐採(前回の続き)

参加者:21名(新篠津村職員:1名) 天候:曇り・雪

作業前日の11/10は冷たい雨、からの当日の11/11は寒波で今年初雪の予想。
現場は気温2℃+雪+風10m級・・・。こんな過酷な状況では、誰もが
「こりゃ、中止でしょう」って思っていた、当日の午前5時半

「やります!」というブログの書き込み。

書き込んだのは私、今回リーダーの宮田です。
会長曰く『林業では、伐木は冬に施行が一般的。気温は低くても心は熱く!』
これがウッディーズの指針になっていくのかもしれません笑

うっすらと雪が積もった道路を約1時間走り(前日にタイヤ交換しておいてほんとよかった!)集合場所の新篠津役場に着くとまだ誰〜もいません。なんと私、ウッディーズに入会してかれこれ10数年ですが、初めて現場に一番乗りです!(どーでもいいですね)
徐々に「本当にやる気なの?」という半信半疑のメンバーたちがポツリポツリと集まり始めます。
11/11(土)新篠津村 耕地防風林 部分伐採(前回の続き)_c0173813_08382527.jpg

車から出てくる皆さん、なんか首が短く、そして肩が上がっていました。
みんなどことなく顔が曇って見えたのは、僕の思い過ごしでしょうか。
すんません、前段が長いですね・・

現場について、注意事項・作業の説明・ラジオ体操。
11/11(土)新篠津村 耕地防風林 部分伐採(前回の続き)_c0173813_08382650.jpg

今回は前回の続きではありますが、前日の雨により、畑に軽トラを入れられません。
従って倒した木は畑側ではなく、逆の防風林側に引き寄せることになりました。

気温2℃・雪の中、作業の割り振りは危険回避のためにも、前回と同じ担当で作業を行うことに決定。前回の伐採エリアからさらに遠い場所になったこともあり、皆さん雪の畑の畦道をまるで収容所に向かう囚人のように歩いて行きます。

いざ作業開始です!
伐倒班、ウインチ班、枝払い・玉切り班、枝運び班に別れての作業になりました。
前回の流れがあるので、作業工程は皆さん理解できているのですが、前回と違ってサクサクと作業が進みません。その理由はウインチで引っ張るのが林側(前回と逆)ということで、設置のもたつきもあり・・・
11/11(土)新篠津村 耕地防風林 部分伐採(前回の続き)_c0173813_08382689.jpg

11/11(土)新篠津村 耕地防風林 部分伐採(前回の続き)_c0173813_08382653.jpg

なので、その間、玉切り班、枝運び班は、風の強い畑で強風に煽られ、体温をどんどん失われていくという・・・なかなか過去にない過酷な現場となっていました。
作業の段取りの指示が出来ていないリーダーの責任でもあります!すいません!m( _ _ )m
11/11(土)新篠津村 耕地防風林 部分伐採(前回の続き)_c0173813_08382643.jpg

11/11(土)新篠津村 耕地防風林 部分伐採(前回の続き)_c0173813_08382662.jpg

途中休憩には、新篠津村から冷たいドリンクの差し入れがあり、体はより冷えましたが心がホットになりました。いつもありがとうございます!
11/11(土)新篠津村 耕地防風林 部分伐採(前回の続き)_c0173813_08382667.jpg

その後は本日の目標としていた伐倒木30本には満たないまでも、それに近い本数を倒し、
皆さんの体力も限界に近づいていたのこともあり、午前の部を終了。
11/11(土)新篠津村 耕地防風林 部分伐採(前回の続き)_c0173813_08382696.jpg

いつもは野外で楽しく会話が弾む昼食も、今回は各自車の中で昼食をとるという、これまた過去にないスタイル。各自、車中で体温を戻して生気を養い、午後の活動に備えます。

「午後もまだ作業をやる気なの?」という無言の圧を感じつつも、
午前中に畑に残した数本の木の処理と、お持ち帰りの薪材収集の作業を行います。
11/11(土)新篠津村 耕地防風林 部分伐採(前回の続き)_c0173813_08382645.jpg

ぬかるんだ畑、滑る畦道、重たい玉切り材運び、強い風に冷たい雪・・・
網走刑務所の囚人か!?とは誰も言ってませんが、みなさん最後まで
引き攣った笑顔で作業を頑張ってくれました!本当に本当にお疲れ様でした。

でもね、なんだかんだ言って、みんなこの変態クラブ(南部さん曰く)を楽しんでいます。
そして、こんな過酷な現場を御歳83歳の高川さんが頑張っていることも忘れてはいけません!
11/11(土)新篠津村 耕地防風林 部分伐採(前回の続き)_c0173813_08435220.jpg

さて、気温2℃・雪・強風の活動は、前例ができました。
今後は皆さん、ブログの『やります!』の文字に快感を得ることになるでしょう笑

(記 宮田)
11/11(土)新篠津村 耕地防風林 部分伐採(前回の続き)_c0173813_08382641.jpg

# by woodies | 2023-11-12 08:57 | 活動記録  

10月29日(日) 新篠津村 耕地防風林 部分伐採

参加者:25名(うち子供:1名 新篠津村職員:2名) 天候:晴れ

 8月に入会いたしました姉﨑より、今回の活動についてご報告いたします。
 すっかり短くなってしまった北海道の秋、当日の朝は肌寒い気温でしたが、爽やかなカラッとした秋晴れに恵まれました。
 今回の現場は、新篠津村の2ヶ所で、前回の江別市の時とは異なり、全員で現地へ移動しての作業でした。朝の集合場所から皆で作業現場へ移動後、本日のリーダー南部さんから朝礼、ラジオ体操、冨士本会長からの作業内容の説明。そして新篠津村役場の方よりご挨拶と、ドリンクの差し入れを頂戴いたしました。有り難うございます。
10月29日(日) 新篠津村 耕地防風林 部分伐採_c0173813_09395554.jpg

 今回の作業は、大きく育ち、田畑へ日陰を作ってしまうなどの悪影響が出ている木や、枯れている木の伐採と整理が目的でした。
 最初の現場では、田んぼ横の防風林の白樺、松を7本程伐採、刻んで防風林内に木材を戻す作業を行いました。
 チェンソーでの伐倒作業は、冨士本会長・西田さん班と、宮田さん・内田さん班です。作業が開始され、1本目の木がドスンという大きな音とともに倒れると、足元が少し揺れるほどの大迫力。歓声と拍手の後は、皆さん指示がなくとも各自作業を分担し、素早く、かつスムーズに枝払い・運搬作業が行われていきます。
10月29日(日) 新篠津村 耕地防風林 部分伐採_c0173813_09395506.jpg

10月29日(日) 新篠津村 耕地防風林 部分伐採_c0173813_09440967.jpg

防風林内にはトゲのある植物も茂っていたために、いつもより作業が大変でしたが、皆さん嫌な顔一つせず、黙々と作業が進みます。
初めて参加した時から感じていますが、このウッディーズのチームワークの良さ、作業中も皆さん自然と笑顔で、そして真剣に取り組んでいる姿には、本当に感心してしまいます。程なくこの現場での作業がひと段落、一休みの頃には私も皆さんも汗だくで、今朝の肌寒さが嘘のように体はポカポカです。

 そして、次の現場へ皆で移動したところで、少し早めの昼食になりました。とてもみずみずしく甘い梨やお菓子、暖かい珈琲の差し入れをいただき、疲れた体が癒されていきます。お心遣い有り難うございます。
10月29日(日) 新篠津村 耕地防風林 部分伐採_c0173813_09395575.jpg

10月29日(日) 新篠津村 耕地防風林 部分伐採_c0173813_09395531.jpg

 午後からの作業は、防風林のタモを150本程、3日に分けて列状間伐するとのことです。こちらも枝払いし、刻んで林内に戻します。玉切された程良いサイズの薪材は集荷場所へ運び出します。
 こちらの現場は、防風林と作業スペースとなる田んぼの間に大きめの側溝があり、伐倒した木がその側溝を跨ぐ形となり作業が進まなくなるため、伐倒後に木をウィンチで作業スペースまで引張り、それから枝払い・玉切り・運搬作業となります。
10月29日(日) 新篠津村 耕地防風林 部分伐採_c0173813_09454105.jpg

10月29日(日) 新篠津村 耕地防風林 部分伐採_c0173813_09395545.jpg

午前にもまして、各自できる作業を黙々と進めていきます。想像以上に早いペースで作業も進み、本日の作業もそろそろ終盤を迎えたその時に、物わぬトラブル発生です。薪材の搬出をしていた軽トラック2台が、作業していた田んぼの中でスタックしてしまいました。何度も行き来していたために、地盤がとうとう緩んでしまったのです。1台は、なんとか人力で脱出に成功しましたが、もう一台はお手上げ状態。そこに救世主登場です。なんと近隣農家さんがトラクターで駆けつけてくださいました。さすがトラクターです、あっという間に救出成功です。そしてトラクターは颯爽と去っていきました。有り難うございました。
10月29日(日) 新篠津村 耕地防風林 部分伐採_c0173813_09395664.jpg

 集荷場所にこんもりと積み上げられた薪材の積込みが終わると、ヒヤリハット報告もなく、無事に今日の作業終了です。
10月29日(日) 新篠津村 耕地防風林 部分伐採_c0173813_09395630.jpg

皆様、大変お疲れ様でした。秋の心地よい日差しの中、清々しい達成感と、思いの外疲労している体で帰路につきました。
(記 姉﨑)

# by woodies | 2023-10-31 09:50 | 活動記録