人気ブログランキング | 話題のタグを見る

5月23日(日) 北山山林 間伐・材の搬出等


参加:15名(内子供2名) 天気:曇りのうち晴れ

 5月23日(日)の定例活動は千歳市の北山山林 間伐・材の搬出等でした。
朝、目が覚めると天気は小雨。残念ながら活動は中止かなと頭を過ぎりましたが、なんと開催!更に、現地に着いたら晴れていました。気持ちの良いスタートとなりました。

 現地に到着後、今回の活動リーダー南部さんが司会をして開始のミーティングが行われました。合わせて、冨士本会長より、新型コロナウイルス感染症に伴う緊急事態宣言の為、活動時間が午前中で終了になる事や、注意事項等の説明がありました。山主の北川さんからのお話も頂きました。お話の中で、熊出没注意との話もありました。熊除けの鈴でも買おうかな・・・。緊急事態宣言の為、ラジオ体操は行わず(非常に残念!)、陰で、個人的にアキレス腱を伸ばし、いざ作業へ。

 作業は、二班に分かれ行いました。枝打ち班とチェーンソーを使用した玉切りと薪作り・運搬班です。枝打ち班は、伸びきった枝をカットし、成長している木が引き続き成長していけるように作業をしました。
5月23日(日) 北山山林 間伐・材の搬出等_c0173813_09105925.jpg

5月23日(日) 北山山林 間伐・材の搬出等_c0173813_09175001.jpg

 玉切りと薪作り・運搬班は、昨年作業した残りの丸太や恐らく樹齢70年近くの倒木があったため枝払いをし、薪材を取り出しました。皆さんで力を合わせたため、沢山の薪作りが出来ました。薪割りをすると中から蟻が沢山出てきて少しびっくりしましたが、きっと蟻のほうがびっくりしたことでしょう。ごめんなさい。私は、チェーンソーを使用した玉切りをメインに行いました。しかしながら前回、初参加のウッディーズにてチェーンソーの使い方を習ったにも関わらず、使用方法を忘れてしまいました・・・。再度、一からご指導を頂きながら、作業に取り掛かりました。ご指導頂きまして有難うございます。youtubeで復習します。そんなこんなであっという間に、無事に作業が終了しました。全体を通してヒヤリハットも無しとのことでした。

 解散後には、おにぎりで腹ごしらえをして、希望者でフキを収穫しました。自然の中で食べるおにぎりは最高です!クマゲラの鳴き声も聞こえいい感じでした。私は、まだ初心者で、手ノコを持っておりませんが、フキの収穫に参加させて頂きました。そんな私を哀れに思ったのか、優しい先輩会員の皆さんがフキを恵んでくれました。近々ホームセンターで手ノコを購入したいと思います。自分でも山菜取りが出来る日を楽しみにしています。まだまだ未熟物ではありますが、今後も親切な会員の皆さんと、「安全第一」・「楽しく」活動して参ります。今後とも宜しくお願いいたします!最後になりますが、フキ美味しかった!!高川さんから頂いた椎茸も美味でした!!また一段と太りそうです。

↓会員のお持ち帰り薪材

5月23日(日) 北山山林 間伐・材の搬出等_c0173813_09110227.jpg
5月23日(日) 北山山林 間伐・材の搬出等_c0173813_09110125.jpg


# by woodies | 2021-05-26 09:24 | 活動記録  

5月8日(土) 新篠津村 耕地防風林 部分伐採


参加:19名(内子供1名、体験3名) 天候:曇り

5月8日(土)の定例活動は新篠津村の耕地防風林部分伐採でした。
新篠津村役場に集合後、村役場の方の先導で現場である防風林に移動しました。
今回の活動リーダーの佐藤さんが司会をして始まりのミーティング。
冨士本会長さんから作業と注意事項の説明がありました。

5月8日(土) 新篠津村 耕地防風林 部分伐採_c0173813_14290436.jpg


畑に接する防風林の一部分を皆伐するということでしたが、ほぼ白樺林で本数は多く、面積も結構な広さです。
足元に笹が生い茂っていることもあり、また、初めて参加される体験の方もいるということで、
あらためて安全を重視した作業をするように会長さんからお話がありました。

5月8日(土) 新篠津村 耕地防風林 部分伐採_c0173813_14290473.jpg


いつものようにラジオ体操を行った後、作業開始です。
作業分担はチェンソーで立木を伐採する担当が2名、他8名がチェンソーで
枝払い、玉切りをしていきます。残りの人は枝の片付けと薪材の運搬です。
現場の奥側と手前側の2グループに分かれて作業を進めていきました。

5月8日(土) 新篠津村 耕地防風林 部分伐採_c0173813_14290367.jpg


白樺林の防風林には途中で折れたり、倒れているものも多くありました。
中には強風で傾いた白樺がすでに架かり木になっている危険な状態もありましたが、慎重に伐採していきました。

5月8日(土) 新篠津村 耕地防風林 部分伐採_c0173813_14290342.jpg


また、畑の傍の白樺の多くは傾いていて、そのまま伐採すれば畑を直撃しかねません。
伐採の作業を横目に農家の方がブロッコリーの苗を植えていく様子に、『絶対に畑には倒せない』
というプレッシャーの中、伐採担当の冨士本さん、宮田さんが素晴らしい技術で狙い通りの方向に倒していきました。

5月8日(土) 新篠津村 耕地防風林 部分伐採_c0173813_14290353.jpg


昼食はソーシャルディスタンスを意識しながら、いつものようになごやかに・・・。
5月8日(土) 新篠津村 耕地防風林 部分伐採_c0173813_14290380.jpg
5月8日(土) 新篠津村 耕地防風林 部分伐採_c0173813_14290231.jpg

午後からも引き続き伐採、伐採・・・最後は空が広く見えるようにすっきりした・・・
ところもありますが、まだまだ続きがあるようです。「つづき」は秋頃の予定だそうです。
好ご期待?!

さて、最後まで怪我もなく、無事に終了して、数名がお土産に薪を頂き解散しました。
そして、体験参加の方々もめでたくご入会です。(^▽^)/

(by 久方ぶりの参加のありさだ)

# by woodies | 2021-05-12 14:32 | 活動記録  

4月10日(土) 高川山林(薪割り、間伐、チェーンソー講習等)


参加:27名(うち、子供4名 体験7名) 天候:曇り

 4月10日(土)高川山林(ワオ-の森)で2021年度の活動が始まりました。
参加者は、なんと27名。内、体験者の方は7名です。
冨士本会長より、「昨年はコロナウイルス感染症の為、活動に制限がかかってしまった。
しかし、今日の参加人数は、集まって皆で活動したかった!という皆さんの気持ちの表れだと感じている。


4月10日(土) 高川山林(薪割り、間伐、チェーンソー講習等)_c0173813_12260018.jpg
4月10日(土) 高川山林(薪割り、間伐、チェーンソー講習等)_c0173813_12244066.jpg

感染対策をしっかりしながら、今日一日気持ち良く活動しましょう。」という挨拶をいただきました。
私と息子(小5)も1年ぶりの活動です。「同居家族以外と飲食を共にしてはいけない。集団には極力行かない」という職場の規制があり、昨年は最大のお楽しみのキャンプにも参加できませんでした。久しぶりの高川山林から眺める景色の美しいこと!空気の美味しいこと!久しぶりの活動に心が踊ります。
 チェ-ンソ-取り扱い講習会グループ、ネズミ除けシ-トを外す子どもグループ、薪割り&薪運びグループに分かれて活動を開始しました。
4月10日(土) 高川山林(薪割り、間伐、チェーンソー講習等)_c0173813_12260447.jpg

早速、気持ちの良い薪割の音が、山に響き渡ります。薪割りベテラン会員さんは、素早く次々と割っていきます。

4月10日(土) 高川山林(薪割り、間伐、チェーンソー講習等)_c0173813_12251513.jpg4月10日(土) 高川山林(薪割り、間伐、チェーンソー講習等)_c0173813_12250792.jpg4月10日(土) 高川山林(薪割り、間伐、チェーンソー講習等)_c0173813_12262389.jpg4月10日(土) 高川山林(薪割り、間伐、チェーンソー講習等)_c0173813_12261000.jpg
初体験の方には、丁寧に教えてくださる会員さんがつき、すすめられます。子ども達も、せっせと自分たちに与えられた仕事をこなしています。
今回は参加者が多かったので、あっという間に、玉切りされた薪割用の木がなくなりました。今度は山の上で切られた木を、下まで降ろす作業に入りました。今年は春が早く、例年雪の上を滑らせながら運んでいた木を雪のない中で降ろす作業は、かなりの力仕事です。しかし、皆さんスイスイと降ろしていたので、その逞しさに驚きました。途中の休憩中には、クマゲラが鳴きながらその姿を見せてくれました。

それぞれ、距離をとっての昼食後は、チェ-ンソ-グループが伐倒の実践に入りました。
4月10日(土) 高川山林(薪割り、間伐、チェーンソー講習等)_c0173813_12252162.jpg

木を切る作業は危険がつきものなので、安全に正確に伐倒する技術は欠かせません。毎年、会長は丁寧に講習してくれます。
皆さん、晴天の中、それぞれが気持ちの良い汗を流し活動出来た一日だったのではないでしょうか。
その証拠に、なんと体験の6名の方が会員となってくださいました。
今年度は、高川山林での活動が6回予定されています。
仲間が増えて、ますますこれからの活動が楽しみになってきました。
4月10日(土) 高川山林(薪割り、間伐、チェーンソー講習等)_c0173813_12261488.jpg



# by woodies | 2021-04-15 12:41 | 活動記録  

10月25日(日)苫東環境コモンズ 育林コンペ (枯損木処理、林床整理、薪材集め)

参加:11名(うち、子供2名 体験1名) 天候:はれ

10月10日に続いて、2回目の苫東環境コモンズ育林コンペのフィールドです。
雨が心配されましたが、参加の皆さんの日ごろの行いのおかげでしょうか?
秋晴れの中での施業となりました。
私にとっては、ウッディーズへ入会して初めてのフィールドです。
集合は日高自動車道の苫小牧中央インターにある苫小牧中央ステーション駐車場です。
全員集合したのちフィールドへ移動。
国道235号線を浦河方向へ、間もなく左折、動物検疫所の手前をさらに左折して森の中へと進みます。前日の雨でぬかるみありのなかなかの悪路を7・8分走ったところが今日のフィールドです。

10月25日(日)苫東環境コモンズ 育林コンペ (枯損木処理、林床整理、薪材集め)_c0173813_18395980.jpg

本日の作業内容は枯損木処理、林床整理、薪材あつめ。
ミーティング、ラジオ体操(どこの方言だったか?)のあと本作業開始前に『樹林密度測定』をおこないました。このフィールドは樹林密度1ha(10000㎡)あたり1500本を目標としているとのことでその100分の1にあたる100㎡で15本程度となっているかを検証します。
10月10日の施業場所2か所を測定したところ、目標に近い本数であることが確認されました。(Good Job!!!)
その後、ソーシャルディスタンスを確保しつつそれぞれが森の中へ。
ツルを切る、枯損木を伐採する、間伐する、玉切りした薪材を運ぶ、少人数ではありますが着々と作業は進みます。
10月25日(日)苫東環境コモンズ 育林コンペ (枯損木処理、林床整理、薪材集め)_c0173813_18394804.jpg
10月25日(日)苫東環境コモンズ 育林コンペ (枯損木処理、林床整理、薪材集め)_c0173813_18394733.jpg
10月25日(日)苫東環境コモンズ 育林コンペ (枯損木処理、林床整理、薪材集め)_c0173813_18394858.jpg


ナラの木が多く薪材としてはありがたいのですが、重量が重く森の奥から道路まで運ぶのは重労働です。しかし、子供たちも含め頑張って運びました。
季節的に冷涼な空気の中での作業でしたが、動くほどに汗をかきます。

10月25日(日)苫東環境コモンズ 育林コンペ (枯損木処理、林床整理、薪材集め)_c0173813_18394953.jpg
10月25日(日)苫東環境コモンズ 育林コンペ (枯損木処理、林床整理、薪材集め)_c0173813_18395008.jpg

お昼になり、木漏れ日差す林の中で車座になっての昼食です。
お約束のシナモンドーナツの差し入れ(北山さんいつもありがとうございます)そして、いつものように冗談が飛び交います。
和やかな雰囲気の中で、体験された海岡(かいおか)さんが即決で入会されました。
10月25日(日)苫東環境コモンズ 育林コンペ (枯損木処理、林床整理、薪材集め)_c0173813_18395791.jpg
10月25日(日)苫東環境コモンズ 育林コンペ (枯損木処理、林床整理、薪材集め)_c0173813_18395603.jpg


寒くなってきたので昼食を早めに切り上げ、午後からの作業にかかります。
少しずつではありますが森の中がスッキリとしたように思います。


と、『会長が見当たらないぞ』と誰かが。
『いや~なんもないわ。ボリボリもらくようも』って、『どこ行ってんだ~』とツッコミが。
そうこうしているうちに無事作業終了となりました。
使用した機械の清掃・整備ののち反省会と終礼をおこないその席で、海岡さんからの感想
『想像以上に楽しく参加させていただきました』との言葉をいただきました。
楽しく・・・
そうです。ウッディーズは楽しいからやめられないのです。(あくまで個人的な感想です)
今年多くの方に入会いただいたこと、大変ありがたくまた力強く感じます。
フィールドの面積が広く年2回の活動でどこまで整備できるかなぁ~という感じはしますが、継続して整備の必要な、そしてとてもステキ森でもありますので今後(来年)も皆さんふるって参加しましょう。
10月25日(日)苫東環境コモンズ 育林コンペ (枯損木処理、林床整理、薪材集め)_c0173813_18395895.jpg


遠隔地での施業ということで帰宅時間を考慮し早めの作業終了となり、それぞれが帰宅の途につきました。
みなさま大変お疲れさまでした。
(まつだ 記)


# by woodies | 2020-10-28 18:45 | 活動記録  

10月10日(土)苫東環境コモンズ 育林コンペ (枯損木処理、林床整理、薪材集め)

参加人数:15名 天気:晴れ

今回の現場は、NPO法人苫東環境コモンズが管理する現場です。ここでは、一般市民や団体、企業が緑地の環境保全と利活用を目的としてそれぞれ活動・貢献しているそうです。後で髙川さんから聞いた話では、他団体では伐採した樹木は薪やほだ木などに換えて活動資金に充てているそうです。ウッディーズもいずれは?

当日、待ち合わせ場所9時集合!!と思いきや、自分にとっては大先輩の方々数名「来ず」。
心配して連絡を取り合っているが、何か噛み合わない返事が帰ってくる(笑)。理由はともあれ集合時間には間に合わないので作業場所を知っている1名を残し、現地集合ってことで、集まったメンバーで現場へ移動しました。

車は舗装道路をややしばらく走り、林道に入ります。砂利→轍→水たまりとなかなかのオフロード。帰りに薪をたらふく積んだ車は、腹スリスリだったのではなかろうか?

さーて現場へ到着!!
これから作業を行う樹林は、樹齢4,50年くらいでしょうか、中にはそれ以上の樹齢を重ねた樹木もありました。主にコナラやイタヤ、モミジなどです。林床にはほどよく光が差し、癒される空間です。

10月10日(土)苫東環境コモンズ 育林コンペ (枯損木処理、林床整理、薪材集め)_c0173813_15513248.jpg


今回のリーダー北山さんから本日の注意事項と作業内容を言い渡される。今回、自分は体験も入れると3回目の活動で、この活動ブログを任された。
恒例のラジオ体操は、音楽がなく静かな樹林に皆さんの掛け声だけが響き渡ります。
体操終了後、まずは「樹林密度測定」を行いました。100㎡の面積内の樹木数を記録します。

10月10日(土)苫東環境コモンズ 育林コンペ (枯損木処理、林床整理、薪材集め)_c0173813_15492863.jpg


2か所測定した後、昨年、伐採し玉切りした持ち帰り用の薪を林道脇へ運びます。強風で根上がりした樹木を処理する人、そしてツルを切る人、各自持っている道具で手際よ作業を進めます。子ども達3人も大人に混じって頑張ります。

10月10日(土)苫東環境コモンズ 育林コンペ (枯損木処理、林床整理、薪材集め)_c0173813_15494903.jpg


作業をするとあっという間にお昼になります。
恒例、北山さんからのシナモンドーナツを頂きます。(あざーっす)丁寧に1個ずつラップで包みコロナ予防処理してあります。
各自思い思いの談義を交わし、同じ趣味同士で話が弾みます。

10月10日(土)苫東環境コモンズ 育林コンペ (枯損木処理、林床整理、薪材集め)_c0173813_15495886.jpg


休憩後、午後の作業に移ります。
さーって午後の活動は、午前に引き続きツル切り、枯損木処理をメインに行います。中にはキノコ探しをしているお方も居たそうな。(採れたのかなぁ)

ウッディーズの作業を見に苫東環境コモンズの草刈さんが来ていたそうです。自分はちらっと拝見した程度で挨拶なしですみません。

そうこうしているうちに本日の作業終了です。ツル切りはほぼ終了し、枯損木と掛かり木がまだ残っています。苫東へ来たことのない会員の方は、是非10/25に参加してみてください。その頃は、紅葉も綺麗に見られるはず。晩秋の森で一日過ごす贅沢な時間を堪能してみてはどうでしょう。クワガタの幼虫も取れますよ。

10月10日(土)苫東環境コモンズ 育林コンペ (枯損木処理、林床整理、薪材集め)_c0173813_15493318.jpg
10月10日(土)苫東環境コモンズ 育林コンペ (枯損木処理、林床整理、薪材集め)_c0173813_15494035.jpg

(下谷地 記)


# by woodies | 2020-10-13 16:01 | 活動記録