人気ブログランキング | 話題のタグを見る

9月27日(日) 新篠津村防風林 列状間伐

天候:曇り 参加:17名(うち体験1名)

今日の現場は新篠津村防風林です。9時に新篠津役場に集合し、そこから車で5分程移動して現場に到着。
いつものように、、、(とは言っても私はまだ2回目の参加で勝手がわかっていませんが、体験前に活動記録で見ていたので間違いないでしょう!)そう、いつものようにミーティング。
9月27日(日) 新篠津村防風林 列状間伐_c0173813_18415995.jpg

今日の作業内容は、隣地際広葉樹の列状間伐500m。
この作業内容は事前にブログで書かれていましたが、私は木を切るんだ程度の理解でいました。ミーティングで詳細の説明を受けると、なるほど漢字そのまんまだと納得。
役場所有の防風林が隣地の畑に日陰を作っているので、畑から見て1列目の広葉樹(タモの木)を間伐するというものでした。隣地際広葉樹の列状間伐・・・素晴らしい要約。と思ったのは私だけでしょうか。
9月27日(日) 新篠津村防風林 列状間伐_c0173813_18420257.jpg


ミーティングの後はいつものようにラジオ体操をして、作業開始♪

間伐する木の隣に畑があり、その反対側は2列目以降の防風林。時計で言うと3時の方向に畑、9時の方向に防風林があり、必然的に木を倒す方向は12時又は6時の方向しかないという難易度MAXの現場のため、熟練の木こり2名が木を倒し、他のチェーンソーを使える人は木を玉切りにし、残りは枝払いという具合で、2班に分かれて作業することに。

9月27日(日) 新篠津村防風林 列状間伐_c0173813_18420045.jpg

私はチェーンソーを触ったこともないので、M田班の枝払い。
テレビや映画で木を切るシーンを観たことはあるけど、こんな至近距離で木が倒れるところを見るのはもちろん初めてで、最初は木が倒れた瞬間のドスンという振動に驚きました。
でも、その驚きを超える神がかり現象?いやいや、熟練の技術を目の当たりにしました。

きっちり12時の方向に倒す倒す。そして玉切り、枝払いの係も慣れてきてスピードアップ。5分くらいで1本の木を処理していたのではないでしょうか。
9月27日(日) 新篠津村防風林 列状間伐_c0173813_18420088.jpg


そうこうしているうちにお昼。

私はこのお昼の時間が大好きです。
というのも、体を動かした後に食べるおにぎりが美味しいからです(笑)
そして、みんなの何とも言えない面白いやり取りを聞くのも好きです。
漫才でも習っていたのか?と思えるくらい面白い人が多いです。
あと、K山さんの手作りお菓子も美味しいです。疲れた体に餡子はしみます。
そんなこんなで、今日もお腹いっぱい。

9月27日(日) 新篠津村防風林 列状間伐_c0173813_18420254.jpg
9月27日(日) 新篠津村防風林 列状間伐_c0173813_18420163.jpg

さて、午後の作業開始です。

午後からも、M田氏は絶好調。みんなとの連携プレーも上手くいっています。
畑側(3時方向)に傾いた難しい木は、ロープを掛けて10時の方向に引っ張りながら適当な木を支点に90°曲げ7時方向に皆で引っ張る。そしてM田氏が追い口を入れることで木が12時の方向に倒れる。
いやぁ、これまた小さな感動です。知恵がたくさん詰まっています。
こういう非日常の体験は、私の普段のデスクワークの仕事では味わえないので、面白いです。

その後も順調に作業が進み、14時少し前に終了の声が聞こえました。
本日の目標は、事前に刈り払いされた200mくらいの部分の木をすべてキレイにすることでしたが、あと少しというところで終わりとなり、残念。

最後は片付けをして、薪を持ち帰る人の車にみんなで積み込みました。
かなりの積載量となっていた車もありましたが、安全運転で帰ったことでしょう(^-^)

朝礼でF本氏が、「仕事ではないので、安全第一で楽しくやりましょう」と言っていましたが、この会の皆さんは、本当に安全第一で、楽しく、そして頭を使いながら効率的に動く。
今日も、事故なく笑った笑った。

新篠津役場の皆さんも朝からずっと一緒に作業を手伝っていただき、ジュースの差し入れまでいただきました。ありがとうございました。

おわり (H間 記)

# by woodies | 2020-10-03 18:46  

9月12日(土)北山山林 風倒木処理 薪材収集


9月12日(土)曇り時々晴れ 北山山林 参加:9名(うち体験者1名)

前回に引き続き北山山林で、倒木処理、薪収集の活動を行いました。
いつものようにラジオ体操を行い、作業リーダーから作業内容の確認、会長より作業における安全注意事項(スズメバチに気を付けること、単独行動をしないように気を付けること)が伝えられました。
 その後、二つの班分けが行われ、前秋野活動でスズメバチが現れ最後まで処理をすることができなかったドロノキの大木の倒木処理班、倒木処理をしながら薪を収集する班に分かれて作業を行いました。
9月12日(土)北山山林 風倒木処理 薪材収集_c0173813_10441944.jpg
9月12日(土)北山山林 風倒木処理 薪材収集_c0173813_10462061.jpg

 私はドロノキの倒木処理班になり、スズメバチが現れないように祈りながら作業を行い、スズメバチは現れず無事に作業を終えました。
薪を収集する班にも大量に薪を調達することができました。

9月12日(土)北山山林 風倒木処理 薪材収集_c0173813_10441614.jpg
9月12日(土)北山山林 風倒木処理 薪材収集_c0173813_10441975.jpg

 昼休憩直前に丸太トングが紛失していることに気づき、捜索しました。捜索中に「ウッディーズには物をなくしても必ず見つかるという神話がある」ということを聞き、それはきっと会員の方々は皆、親切で真剣に探してくれるから毎回見つかるのかなと持っていたところ、神話通り丸太トングは無事に見つかりました。
 昼休憩後は作業終了となりました。解散となった後、希望する人達で落葉キノコ採りをして、充実した一日を過ごしました。

9月12日(土)北山山林 風倒木処理 薪材収集_c0173813_10441800.jpg

 最後に、本日体験のサカイ様がご入会くださりました。うれしいことです。
(村上 記)

# by woodies | 2020-09-22 10:52 | 活動記録  

8月23日(日)北山山林 作業道の草刈作業

8月23日(日) 天候:晴れ 参加人数:10名

―出 発―
いつもは一人で現場へ直行するのですが今回は隣町のウッディーズ仲間の「T氏」と『刈払い機』2台とその他を積んで小樽市から千歳市までの珍道中になりました。走り出して1,2分程で「T氏」が「髭そるのを忘れた!」と言い出したので「後ろに積んだ刈払い機で刈ったら」などと冗談を言ったり。「『ウッディーズ』で活動してあちこち行くようになって地理に明るくなった。」という為になる話やらしているうちに、札幌市内を通り抜け千歳市に入ると、集合場所の横を流れているのは「ママチチ川?」、「マチマチ川?」、「ママハハ川?」どっちだろうと言ってるうちに集合場所に付きました。

―集合場所-
「ママチ川」横の集合場所では参加者の確認と体験者の紹介をして、いつものようにラジオ体操(今回は京都弁バージョンどすぇ)を行い、今回の作業で主に使用する『刈払い機』の危険度合いや安全作業の為の注意点等の教育を今回のリーダーと会長から受けました。さらに今日の作業現場の位置と流れ、『熊』『スズメバチ』対策のレクチャーを受け作業現場へ向かいました。

―作業準備-
 現場までは各自の車に乗り合わせて縦列に並んで山林内を移動する事およそ5分、森林組合の方が草刈をしてくださっていたので順調に作業の出発点に到着。さっそく各自『刈り払い機』の準備をし、F氏による『刈り払い機』の講習を受け出発です。(講習の中で『刈り払い機』の刃軸部で地面をこする様にすると短くきれいに刈れ、それにより草の伸び方が抑えられると聞いたので今日はそれを個人目標にすることとしました。)
8月23日(日)北山山林 作業道の草刈作業_c0173813_15514627.jpg


―作業開始―
 今回実施する作業道は道幅およそ2mの高速道路とほぼ平行にはしる部分の2k程(仮名「A道」)と、その道の中程から「高速道路の高架」に向かう幅3m程で距離500m程(仮名「B道」)の部分です。午前中は「A道」を先行組みと後攻組みの二班に別れ行いました。私は後攻組みで「K女史」と同じ班で彼女の作業方法を見る機会にめぐり合い観ていると地面を「こする」というより「なでる」ように『刃』を進めているのを発見、動作事態は同じはずなのですがどこか違うのです。ひょっとすると愛情かも。
8月23日(日)北山山林 作業道の草刈作業_c0173813_15514906.jpg
8月23日(日)北山山林 作業道の草刈作業_c0173813_15514829.jpg


―昼 食―
午前中の作業を終え昼食は「A道」と「B道」の接点に当たる開けた部分にて各々持参の昼食を取り、静かな森の中「マッタリ」としたひと時は腰をあげる事を封印したくなるほどです。ところが昼食中飛び回っていた『蚊』が早く作業しろと言わんばかりに耳元で羽音をさせたり、突付いたりするものですから封印が解かれてしまいました。
8月23日(日)北山山林 作業道の草刈作業_c0173813_15515011.jpg


―午後の作業(本日のメインイベントです)―
午後の作業は森林組合の入っていない「B道」ですさすがにやりがいのある状態です。
しかも途中の「どろ」の大木が横たわっていると言う事で「倒木処理班」(F氏とTS氏)と「草刈班」(その他全員)に別れ作業開始です。わたしは『刃』で地面をなでる様にを目標になるべく木陰に隠れる様に作業しました。皆さんの力であのウッソウとしていた作業道が見違えほとんど終わりかけた頃「倒木処理班」の処理していた木の周辺に『スズメバチ』が現れ作業終了の合図となりました。後はいつものように『機械清掃と終礼』を行い解散です。
おっと失礼、刈り忘れが有りました朝一緒に乗ってきた「T氏」の『髭』です。『さすがに刈り払い機』で髭は剃れません。
8月23日(日)北山山林 作業道の草刈作業_c0173813_15514772.jpg
8月23日(日)北山山林 作業道の草刈作業_c0173813_15514835.jpg

(N田 記)

# by woodies | 2020-08-28 15:56 | 活動記録  

8月8日(土)恵庭市防風林 風倒木処理

恵庭市防風林 天候:晴れ 参加者:13名

 恵庭市の防風林は、今年で3年目。
今回は風倒木処理のグループと、枝払いグループに別れて作業を行いました。
枝払いグループは、暗い林の中に入って、枝が全く払われていないぼうぼうの枝を、みんなで懸命に枝切りすると、林の中は明るくなり、木たちが軽くなったのではないかと思える軽やかさになりました。これがこの作業・活動の魅力だと思います。(佐藤)

8月8日(土)恵庭市防風林 風倒木処理_c0173813_15571093.jpg

8月8日(土)恵庭市防風林 風倒木処理_c0173813_15571001.jpg
8月8日(土)恵庭市防風林 風倒木処理_c0173813_15570875.jpg


風倒木処理のグループは、傾いた枯損木を含む風倒木を2人1グループで安全に倒していきます。
私は7月19日柴原山林での体験参加を経て、8月8日の恵庭市防風林から、正式に入会させて頂きました。
間伐作業をテレビでは見たことがありますが、実際に自分の手で木を伐り倒すということは、なかなか経験することのできないものだと思っていました。しかし、ウッディーズさんの活動に参加することで、人生で初めて伐木作業を体験することができました。ありがとうございます。
伐木作業はとても奥が深く、面白みがあり、とても感動しました。
また、森林に対しての関心を持つ良いきっかけにもなりました。これからは、札幌ウッディーズのメンバーとして間伐ボランティア活動に積極的に参加していきたいと思います。(高嶋)

8月8日(土)恵庭市防風林 風倒木処理_c0173813_15570938.jpg
8月8日(土)恵庭市防風林 風倒木処理_c0173813_15570612.jpg



# by woodies | 2020-08-16 16:06 | 活動記録  

7月19日(日)柴原山林 枯損木処理

7月19日(日)柴原山林 天候:晴れ 参加者:11名

暑い。朝からものすごく暑い。まだ作業前だというのに汗が止まらない。
そんな天候の中、精鋭11名。内体験参加2名というけっこうな人数で始まる。
7月19日(日)柴原山林 枯損木処理_c0173813_18234264.jpg

体験の方は、片や公園管理の仕事をされており薪ストーブユーザーでもいらっしゃるY.S.さん。チェーンソーの扱いもプロ並み。なんも言えねぇ(死語)。
片や安全衛生教育を指導する会社で勤務されているM.T.さん。チェーンソーは初めてだったようだが、午後からは古くから居る会員のように溶け込んでいました。もちろん2人とも入会確定!着々と会員数が増えており嬉しい限りです。

作業のほうは、掛木処理有り。薪材の搬出あり。汗みどろです。
7月19日(日)柴原山林 枯損木処理_c0173813_18242148.jpg
7月19日(日)柴原山林 枯損木処理_c0173813_18242192.jpg
7月19日(日)柴原山林 枯損木処理_c0173813_18242276.jpg


お昼休みは皆さんぐったり。(一番ぐったりは筆者なのですが…。)
----宮田加筆分-----
みなさん、ソーシャルディスタンスを保ちつつ、快適な距離でお昼ご飯。ん?一人だけすごい距離のソーシャルディスタンスをとっている方がいます。はい、それは会長冨士本さん。そっかー、そうとうグッタリされていたんですね〜、もうそれは孤独なエリアになっていました。話し声が遠い遠い(笑)
7月19日(日)柴原山林 枯損木処理_c0173813_19024594.jpg


---加筆ここまで----

枯損木処理をしたことで、少しづつ込み合った林内に光が入り、風が通り、稚樹に陽光が注ぐともう、まるで自分に事のようにうれしくなるのは私だけでしょうか?
「ありがとう」と言ってくれている気分に勝手になってしまう。うーん、幸せ!
7月19日(日)柴原山林 枯損木処理_c0173813_18235172.jpg

(冨士本 記)

# by woodies | 2020-07-19 18:35 | 活動記録