人気ブログランキング | 話題のタグを見る

6月11日(土)髙川山林 作業道づくり、笹刈り

天候:朝通り雨、曇りのち晴れ 参加:21名(子供2名、体験1名)

本日のフィールドは銭函の高川山林(ワオーの森)である。
前回の秀逸なブログの後はハードルが高くなり、皆様が尻込みするのでは・・・
と僭越ながら手を上げた次第ですが、さて、実際困ったな~と。
まっ、仕事の時と同様に『報告書、困った時は、箇条書き』で行こうと思います。

まずは本日リーダーの宮田さんによる朝礼、作業内容の確認です。
班編成は、2班で前回の続きの遊歩道づくり、ほかに1班で南尾根の遊歩道周囲と展望台左側斜面の笹刈りをおこないます。
作業時の足元確認や落石に対する注意、刈払い機は始業前点検をおこない、保護具を着用のうえ作業時は10m以上離れること、熱中症対策として水分はこまめに摂取すること、作業中は各自マスクを適切にはずすこと等々の安全指示がありました。
6月11日(土)髙川山林 作業道づくり、笹刈り_c0173813_10174683.jpg

そしてラジオ体操(本日は福島弁)。それぞれの本日の体調確認と準備運動をおこなった。
その後、遊歩道づくり班は現地へ向かい、笹刈り班は会長による刈払い機の点検・取り扱い方法、作業終了後のメンテナンス・長期保管時の注意などのレクチャーを受けた。
いままで知らないことがいかに多かったと認識される非常に内容の濃いものでした。会長ありがとうございました。
6月11日(土)髙川山林 作業道づくり、笹刈り_c0173813_10174690.jpg

始業前点検をして、いざ笹刈りへ。
他のメンバーと南尾根へと向かうが、この山道が運動不足の体にはたいそうこたえる。
ハアハア言いながら施業エリアへ到着。一呼吸おいてから10m以上の間隔をとり遊歩道周囲の作業開始。リーダーは一人展望台へ。
黙々と笹を刈るが急斜面に転石、ひねくれたように曲がった笹の根元に悪戦苦闘し思うように作業が進まない。それでも踏ん張りながらひたすら笹を刈る。刈る。刈る。
6月11日(土)髙川山林 作業道づくり、笹刈り_c0173813_10174661.jpg

6月11日(土)髙川山林 作業道づくり、笹刈り_c0173813_10175339.jpg

6月11日(土)髙川山林 作業道づくり、笹刈り_c0173813_10175377.jpg

そうこうしているうちに昼食の合図である。施業場所が分散し移動に時間がかかるため、バラバラと集まってきて各々が持参の弁当を頬張る。
暖かい日差しと爽やかな風。裏表のない人そして裏面しかない人達による、軽妙でたわいのない会話、あるいは冗談とも本気とも知れない毒舌のやり取り。
笑顔と笑い声のなんと心地良いことか。
6月11日(土)髙川山林 作業道づくり、笹刈り_c0173813_10174759.jpg

さてさて、午後からは午前の作業の続きです。
なんと、遊歩道づくりは早くも予定の尾根までが終了し、尾根筋まで手を掛けています。前回は遊歩道づくりに参加したが、この作業は中腰状態が多くとても腰がつらい。

6月11日(土)髙川山林 作業道づくり、笹刈り_c0173813_10322155.jpg

笹刈りは午前中の続きだが、この斜面での笹刈りは非常にキツイ。
笹で足元が滑る、傾斜で何度もずり落ちてしまうを繰り返すうちに、いつの間にか遊歩道全体が見渡せるほどになった。
この達成感があるからやめられない。というか、つらい作業にも耐えられるのだと思う。
リーダーが展望台から下りてきて作業終了の指示があり、パンパンに張った足を引きずりながら見晴らしの良くなった南尾根を後にした。
6月11日(土)髙川山林 作業道づくり、笹刈り_c0173813_10175333.jpg

遊歩道づくりの方は尾根筋に丸太階段を設置するまで進んだらしい。すばらしい(パチパチパチ)。施業の成果は写真を見て確認いただきたい。
施業を通じてこの森が着実に良くなっていくのを感じる。
6月11日(土)髙川山林 作業道づくり、笹刈り_c0173813_10175380.jpg

どの施業も誰かの役に立っているという実感と喜びがあるが、施業の先に“未来の希望である子供たち”の笑顔があるという点で、このワオーの森は他の施業場所とは一線を画しているように思う。

個人的な感想だが、このボランティアに参加していつも不思議に思う。年齢・職業・社会的立場の違うさまざまな人たちが休日に集まり、普段はほとんどしないであろう肉体労働で汗を流す。自分のためではなく他の誰かのために、しかも皆笑顔である。人は周囲の人に支えられて生きている。それを命の連環体と言うらしい。
連環体が鎖のように連なって連続体となり、未来へとつながる。今、私たちはワオーの森の連続体を形成しつつあるのかも知れない。

昨年お亡くなりになった『知の巨人』立花隆さんが、本州によくある竹藪について語ったことがある。竹はすべてが地下茎で繋がっていて、ひと山全部が一つの植物、生命体であると。
このウッディーズに集う面々は地下茎の如くどこかで繋がっているのではないか・・・
笹を刈りながら、そんなことを想った。

では又、次回にお会いしましょう。   (まつだ)

※間伐ボランティア「札幌ウッディーズ」は、真如苑(一般社団法人環境パートナーシップ会議(EPC))様他、様々な団体様からの助成金を頂き活動しております。

# by woodies | 2022-06-13 10:31 | 活動記録  

5/29(日)北山山林 枝打ち・間伐

参加者17名 曇りのち晴れ 気温19℃風強

古の言葉に、段取り八分仕事二分とありますが、役員の皆様による熱いご指導とご心配の思いを背に此度初めてリーダーとなりました。大凡準備は順調に進み、当日を待つのみと相成りました。前日もとい未明までZOOM懇親会が長引いたものの、朝5時に何とか邪念と布団を払い退け窓の外へ目をやると、この季節特有の「海霧」でした。もう少し様子を見ようとしたところオレンジ色の光に包まれ、気が付くと短針が2時間進んでいました。
地球外生命体の仕業に違いない。連絡用ブログのパスワードが直ぐ出てこない。さては記憶まで消されそうになっていたようです。

千歳市と苫小牧市の間、新千歳空港滑走路傍にある今回の現場は自宅から10分の通勤経路周辺であるものの、自然がいっぱいの素敵な北山山林です。
5/29(日)北山山林 枝打ち・間伐_c0173813_21111882.jpg

前回から、集合に際しては連絡事項や打ち合わせに続いて安全告知、特に当日の作業に即したヒヤリハット報告を再確認することになりました。また、今回は久しく行っていない枝打ち作業もあるため、顔面保護具等の装具を確認し、いざラジオ体操標準語Ver 因みに数日前、周辺ではクマの目撃情報が数件あり、皆さん更に熊対策の装備も用意していました。

昨年から幾度と続いた強風せいか、いつもの道は倒木等で狭隘となり、多くの方がオーナーの先導を受け迂回路を目指しました。黒板に爪を立てるように不快な音は車の外板を攻撃するかの如く自然界が文明の侵入を拒んでいるようにも聞こえました。すれ違えないような一本道を暫く進むと漸く数メートルに育った蝦夷アカマツが校庭で並ぶ児童の様に我々を出迎えてくれていました。

巻き付いた蔦を外し、人の背丈程を枝打ちすることにより、より多くの陽の光を招き入れ、栄養を幹に集約できるようにする様は、お出かけする子供の支度を手伝っている様な気持ちになりました。作業前と比べ鬱蒼とした木々の周りも木漏れ日が差し込み、スッキリ明るくなりました。これらは動力を使わない作業であり、感染対策以上の距離をとる必要性が無いため、楽しくコミュニケーションを取りながら一斉に手を進めることができました。
5/29(日)北山山林 枝打ち・間伐_c0173813_21111814.jpg

5/29(日)北山山林 枝打ち・間伐_c0173813_21111806.jpg

5/29(日)北山山林 枝打ち・間伐_c0173813_21111867.jpg

5/29(日)北山山林 枝打ち・間伐_c0173813_21112444.jpg

5/29(日)北山山林 枝打ち・間伐_c0173813_21112494.jpg

今度は風倒木と傾斜木の処理。「俺のチェーンソー」の出番です。女性会員も小ぶりながら「アタイのチェーンソー」のお披露目となりました。オーナー様より森に穴を空けないようにとの厳命がありますので、調子に乗って彼方此方切り倒す訳にはいきません。

しっかりと選定の上、安全を考慮し作業開始。冒頭の打ち合わせ通り、合図の笛と人払いそしてもう一度周り見る、を徹底! やはり植樹の樹木ではないため、密集度合いが高く掛かり木になりやすい環境でしたが、手順に則って安全に作業を進めることができました。

途中、夫々持参したお昼ご飯をいただきましたが、木々の隙間から見える陽の光、青い空、流れる雲、揺れる葉の音、森の香りそして仲間との会話が添えられたそれらは決して豪華ではありませんが、何んとも言い表せられない贅沢な逸品でした。 食事中タイミング良く木の枝が落ちてきましたが、それも自然を楽しむ微笑ましい出来事となりました。
5/29(日)北山山林 枝打ち・間伐_c0173813_21112457.jpg

聞くところによると、冒頭枝打ちをした木々が木材とし出荷されるのは40年程経った頃となるそうです。我々の活動は即、目に見えるものばかりではないかも知れませんが、何代もの人々が携わりバトンタッチをして初めて整えられる環境にロマンと愛おしさを感じつつ日々の安らぎを享受して貰っていることに改めて感謝の念を抱き最敬礼。

今回は幸いヒヤリハット報告がありませんでしたが、敢えて言うならば初リーダーにて二度寝にヒヤリハット致しました。お後がよろしくないようで・・・
(記:俺のチェーンソー 海岡)
5/29(日)北山山林 枝打ち・間伐_c0173813_21112465.jpg

# by woodies | 2022-06-05 21:17 | 活動記録  

5/14(土) 新篠津村 耕地防風林 部分伐採

参加者:22名(うち子ども2名・役場の方2名) 天候:曇り時々雨
 さて今年度3回目となる今回の活動は、新篠津村にある篠津運河沿いの防風林の間伐作業です。
場所は、当別町との境界付近で新篠津村の北側の端っこです。前日までの天気予報では雨が予想され開催が微妙な感じでしたが、当日リーダーの友子さんをはじめ会員の熱い思い?が天に届き、開始直後の一瞬の小雨以外はおおむね曇りで時折日差しも降り注ぐ、まずまずの天気での開催となりました。
5/14(土) 新篠津村 耕地防風林 部分伐採_c0173813_12002707.jpg

参加者は20名を超え、いつも通り朝のミーティングにて本日の作業内容や注意事項の説明、ラジオ体操後に作業開始です。
作業内容は、畑の際の防風林の立木が風で畑に倒れないよう、選抜した20数本を間伐し、倒した木の枝打ちと玉切り、玉切りした木の集材、運搬作業となります。ここで問題が一つ、防風林の間伐ということで間伐する木は防風林なだけにいつも一定の方向から風を受け一定の方向に傾いているようです。(どこの防風林もこんな感じかどうかは知りませんが・・)その風で重心の大きく傾いた木を畑と反対側に倒すのが本日の大きなミッションです。

今回のミッションの依頼主であり、防風林の所有者である村役場の方は「最悪は畑側に倒してもオッケーと、畑のオーナーに承諾はいただいています。」とおっしゃっていましたが、実際に作業を開始してみると口で言うのは簡単ですが、そのミッションの困難さを身に染みて体感しました。
私も偉そうに活動記録を書かせて頂いていますが、ウッディーズ参加は本日が2回目の、ずぶの素人で知識も技術も超未熟なこともあり、私が考える様に思い通りに木は倒れてくれないばかりか、まったく正反対に倒れ、さっそくヒヤリハットを経験する始末です。
5/14(土) 新篠津村 耕地防風林 部分伐採_c0173813_12002646.jpg

伐倒作業は大きく二手に分かれて実施していたので、防風林の奥側での作業状況は分かりませんでしたが、伐倒木の状況や風の状況などから今回のミッションは難易度が高く危険が危ないということで、役場の方のお言葉に甘えて伐倒方向は無理せず畑側へ変更となりました。
5/14(土) 新篠津村 耕地防風林 部分伐採_c0173813_12002682.jpg
5/14(土) 新篠津村 耕地防風林 部分伐採_c0173813_12002693.jpg
5/14(土) 新篠津村 耕地防風林 部分伐採_c0173813_12003995.jpg

作業を継続するうちに、あっという間にお昼休みです。風があったので風よけに隣接する納屋を開放していただき、各自持参したお弁当と、おやつやコーヒーをいただき鋭気を養いました。
5/14(土) 新篠津村 耕地防風林 部分伐採_c0173813_12003991.jpg

午後からの作業は、ミッションを変更したこともあり、間伐を予定していた木を全て伐倒完了、玉切り材を車の入る場所まで人力で運びます。
5/14(土) 新篠津村 耕地防風林 部分伐採_c0173813_12003902.jpg
5/14(土) 新篠津村 耕地防風林 部分伐採_c0173813_12004070.jpg

運んだ材は薪ストーブの薪材等として持ち帰りOKということで、参加会員の需要が満たされるまで供給(運搬作業)が続きました。
最後は会長のピッカピカの軽トラに玉切り材が満載されたところで、本日の作業が全て終了しました。
5/14(土) 新篠津村 耕地防風林 部分伐採_c0173813_12004076.jpg

会員の皆さんは良い汗と心地よい疲労と共に、玉切り材をゲットし、依頼主の新篠津役場の皆さんからも感謝の言葉をいただき、気持ちよく帰路につきました。
帰りは「道の駅新篠津」も近くにあり、私は寄り道して新篠津産の野菜もゲットし充実した一日となりました。皆さん大変お疲れ様でした!

(記 佐藤)

# by woodies | 2022-05-20 12:08 | 活動記録  

4月24日(日) 髙川山林 薪割り・道づくり・遊歩道点検・清掃

参加者:25名(体験者1名を含む) 天候:晴れ

前回の活動では、あれほど残っていた雪もすっかりなくなり、乾いた地面が露出していました。桜の開花はもう1週間早い感じですが、コブシの白い花があちこちで咲いていて春を感じます。
4月24日(日) 髙川山林 薪割り・道づくり・遊歩道点検・清掃_c0173813_12091551.jpg

気温は17℃。作業するにはちょうど良い気温で、今回の活動も、前回に引き続きたくさんの参加者で賑わいました。子ども・体験者を含め25名の参加です。さすが人気の髙川山林です。
今日は二年ぶりに復活の「お昼に焼肉」を目当てに参加率が高かったのかな?笑

特記すべきは、今日、前年度まで役員をしてくれていた村上くんが(今期から松前に転勤)わざわざ遠方から(6時間もかかるのに!)駆けつけてくれ、一緒に薪割りで汗を流してくれるという!よくきた村上くん!君は神だ!
4月24日(日) 髙川山林 薪割り・道づくり・遊歩道点検・清掃_c0173813_12091694.jpg

さて、今回の作業内容は、①玉切り・薪割り ②道づくり ③遊歩道点検・清掃 です。メイン作業は前回に引き続き、玉切り・薪割りとなり、午後からは全員で道づくりという予定を組んでいました。
さすがにこれだけの人数になると、予め作業の割り当てを決めておかないと、すぐに作業に移れないこともあり、前日から私(今回のリーダーの宮田です)が、チームを決めておきました。えらいな俺。真面目だ。

朝の朝礼は、コロナ禍で大きな声を出さなくてもいいように、今回初お披露目「拡声器」を使いました。いいですねこれ!とても声が大きく出て、声を張らなくていいので、楽ちんです。
作業内容を説明し、メンバー配置・安全告知、注意事項・ラジオ体操を行い、いざ作業開始!

今回は、道づくり作業前に、前回ヒヤリハット報告があった「道づくりの時の石の転がり」を防ぐために、防石ネットを設置しました。やはりこれがあるのと無いのでは、作業をやるときの安心感が違います。
4月24日(日) 髙川山林 薪割り・道づくり・遊歩道点検・清掃_c0173813_12091677.jpg

道づくり班は、高川さんを先頭に5名での作業。高川さんから石組のレクチャーをしていただき、石組み、石集め、鍬で道削り、根切り・土ならしを分担して作業します。
4月24日(日) 髙川山林 薪割り・道づくり・遊歩道点検・清掃_c0173813_12091568.jpg

4月24日(日) 髙川山林 薪割り・道づくり・遊歩道点検・清掃_c0173813_12091588.jpg

遊歩道点検・清掃班は、かつてウッディーズで設置作業を行なった遊歩道上のゴミや石などを清掃しつつ、焼き丸太などの破損箇所が無いか点検です。破損箇所があればピンクテープで印をつけ、次回メンテナンスを行います。この班には作業収容後、お昼の準備を行ってもらいました。

メイン作業の玉切り・薪割り班は、玉切り、薪割り、薪運び、薪組みを作業分担しての作業です。今回体験に来た高橋さんにも薪割り体験をしてもらいます。周囲に気をつける注意事項やコツを一度教えただけで上手にできてセンスがいい!スバラシイ!1時間ほど薪割り体験をしてもらい、道づくりの方も体験していただきました。
子どもたちも薪割りに挑戦!
4月24日(日) 髙川山林 薪割り・道づくり・遊歩道点検・清掃_c0173813_12091537.jpg

4月24日(日) 髙川山林 薪割り・道づくり・遊歩道点検・清掃_c0173813_12091628.jpg

そうこうしている間にも、焼肉炭起こしの煙が、風に乗ってやってきます。ヤキニク!ヤキニク!さあ、もう一踏ん張り頑張りましょう!薪割りは5箇所でやってますが、意外に素性の悪い材が多かったのでしょうか、思っていたほどスピードが上がらず。。当初私は、薪割りは午前中で終わるだろうと想定していたのですが、全然想定違い!スイマセン!

さて、お昼は二年ぶりとなる焼肉です。
コロナ対策で「直箸禁止!トングで取り分け」「野外ですが、相応のソーシャルディスタンス」を気をつけます。美味しい焼肉、美味しい汁物まで!分厚い牛肉や、鹿肉!旬のアスパラ、焼きそば、マシュマロ etc... みんな満足な楽しい昼食となりました。
4月24日(日) 髙川山林 薪割り・道づくり・遊歩道点検・清掃_c0173813_12091534.jpg

4月24日(日) 髙川山林 薪割り・道づくり・遊歩道点検・清掃_c0173813_12091686.jpg

午後の作業は作業進行の想定違いもあって、引き続き、薪割り・道づくりの2班に分かれての作業になりました。玉切りをお願いしていた西田さん、早坂さんも「もう飽きた・・・」と愚痴をこぼしつつ、最後まで玉切り作業をしてくれてありがとうございました!

道づくりも順調に進んだようです。皆さん、最後まで頑張り、いい汗をかいたようです。
ヒヤリハットの報告もなく、今回の活動は無事に終了しました。お疲れ様でした!!

(記 宮田)
4月24日(日) 髙川山林 薪割り・道づくり・遊歩道点検・清掃_c0173813_12390068.jpg


※間伐ボランティア「札幌ウッディーズ」は、真如苑(一般社団法人環境パートナーシップ会議(EPC))様他、様々な団体様からの助成金を頂き活動しております。

# by woodies | 2022-04-25 12:34 | 活動記録  

4月9日(土)高川山林 薪割り・間伐・チェーンソー取扱講習会

参加者:26名  天候:晴れ
この冬の記録的な積雪にヒーヒー言いながら雪かきしたのも今はすっかりと過ぎ去りし過去となりつつある、はずでしたが…。
4月9日本年度も待ちに待った第1回目の活動が行われました。
市街地や道路は残雪がやや残るもののすっかりと春景色なのですが、山はやっぱりね。まだまだ雪がたくさん積もっております。いや、積もりすぎ。過去に例のない残雪の量にびっくりです。

4月9日(土)高川山林 薪割り・間伐・チェーンソー取扱講習会_c0173813_14592684.jpg

そんな高川山林ですが、会員有志がこぞって協力し除雪に労を費やしていただいたおかげで階段や山風庵前の広場はきれいになっておりました。ありがとうございます。

4月9日(土)高川山林 薪割り・間伐・チェーンソー取扱講習会_c0173813_14592783.jpg

皆さん仕事も家庭も忙しいでしょうに、たまの休みにまで除雪に来てくれたなんて、これもひとえに山主である高川さんの人となりがなせることでしょうか。
例年この春一番の活動は参加人数がとても多いんです。今回も26名の参加!みんな待ってたんですねぇ。

4月9日(土)高川山林 薪割り・間伐・チェーンソー取扱講習会_c0173813_14592726.jpg

今日の活動は、薪割とチェーンソー取扱講習です。
午前中はチェーンソーの講習のためいつもより静かな中、薪割や山中からの薪材降ろしが始まりました。今年は雪が多かったためか鹿の食害が多く、樹皮がきれいに食べられてしまった樹がたくさんあり、まずはその片付けからです。順調に薪割が進んでいきます。

4月9日(土)高川山林 薪割り・間伐・チェーンソー取扱講習会_c0173813_14592767.jpg
4月9日(土)高川山林 薪割り・間伐・チェーンソー取扱講習会_c0173813_14593768.jpg

講習も今年からはチェーンソー作業に携わる会員は全員参加となりまして、なかなか盛況でした。体験参加や新入会員の方々含め大勢の会員が真剣な表情で聞いておりました。

4月9日(土)高川山林 薪割り・間伐・チェーンソー取扱講習会_c0173813_14593715.jpg

お昼休みには伐倒時における合図の確認を行い、午後からの伐倒講習に備えます。
また、白樺の樹液採集も子供たち中心に体験し沢山の樹液が取れました。焼酎を割るとおいしいらしいです。

午後からは、午前中の講習を生かして玉切り作業にチェーンソーが唸ります。
また、希望者を募っての伐倒講習も行われ、2本の大木を伐倒しました。

4月9日(土)高川山林 薪割り・間伐・チェーンソー取扱講習会_c0173813_14593896.jpg
4月9日(土)高川山林 薪割り・間伐・チェーンソー取扱講習会_c0173813_14593821.jpg

倒した樹を玉切りし、山から降ろしてこの日の作業は終了。薪割も随分と進んだ様子です。
体験の方2名も、存分に楽しい汗を流し無事入会していただけることとなりました。
さて、次回は24日。引き続きの薪割作業と、楽しい道作りが待っています。
また大勢の参加を期待しています。
皆さーん!自然の中で春の息吹を感じませんかー?マスクを外して思いっきり深呼吸しましょうよ。

(記 冨士本)

※間伐ボランティア「札幌ウッディーズ」は、真如苑(一般社団法人環境パートナーシップ会議(EPC))様他、様々な団体様からの助成金を頂き活動しております。

# by woodies | 2022-04-12 15:08 | 活動記録